お墓参りっていつ行くの?お墓参りの時間について解説します!

お墓参りに行く時間はいつ行くのが正しいのでしょうか?それとも好きに時に不意に行ってもいいものなのでしょうか?そんな疑問を感じたことはありませんか?そこでお墓参りに行く時間帯について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. お墓参りの時間について
  2. お墓参りって何時くらいに行くの?
  3. お墓参りで避けた方がいい時間帯はある?
  4. 納骨堂へのお墓参りの時間は違う?
  5. お墓参りの時期
  6. お墓参りの常識・マナー
  7. お墓参りの時間についてまとめ

お墓参りの時間について

お墓

お墓参りにはできるだけ家族揃って行きたいなあと思われている方もいることでしょう。
しかし、全員が揃って出発するには時間がかかってしまって、お墓に到着するとずいぶんと遅い時間帯になることもあるでしょう。

ところで、お墓参りには行ってはいけない時間帯というものがあるのでしょうか?
どの時間にお墓参りをするのが正しいのでしょうか?
そんな疑問を持たれている方もいることでしょう。

そこでこの記事では以下のようなことを解説します。

  • お墓参りに行く時間は?
  • 避けた方が良い時間ってあるの?
  • 納骨堂の場合はどうなっている?
  • お墓参りに行く時期は?
  • お墓参りのマナーとは?

お墓参りに頻繁に行かれている人は慣れているかもしれませんが、一年のうちめったに行けないという方はお墓参りのマナーについて知らないことが多いですよね。

今回終活ねっとでは、お墓や納骨堂のお参りの仕方や知っておきたいマナーなどを解説していますので、ぜひ読んで参考にしてくださいね。

お墓参りって何時くらいに行くの?

困った人々

お墓参りと言うのはいったい何時ぐらいに行くのが良いのでしょうか?
この章ではお墓参りの時間に注目してみたいと思います。

基本的には、お墓参りはいつ行っても何時に行っても構いません
結論として、行ってはいけない時間というものはありません。

しかし、墓地や霊園によっては行きたくても行けない時間というものもあります。
開園時間が決まっているところもありますので、まずは自分の家のお墓があるところはどのようになっているか確認が必要です。

自由にお墓参りができる場合の「早朝」「夕方」「夜」にお参りする時のそれぞれのメリットと注意点を解説します。

早朝に行く場合

朝早くにお参りするのは気持ちもいいですし、故人やご先祖様に朝の挨拶と共に「今日も一日お守りください」と祈ることができます。
近くにお墓があるなら、朝の散歩やジョギングの時にお墓まで行くというのを日課にされても良いでしょう。

早朝なので雑草が気になったりお墓が汚れていても、本格的な掃除ができないというデメリットもあります。
お花屋さんがまだ開いていないので新しいお花をお供えするということは難しいです。

夕方に行く場合

夏場などは昼間は暑いので、涼しくなった夕方にお墓参りに行くのも良いかもしれません。
朝にお花をお供えしても暑さですぐ枯れてしまいますので、夕方の涼しくなった時間にお花を替えるのも長持ちさせる一つの方法です。

しかし、夕方にお墓参りに行くのは何かの用事のついでになってしまうこともありますよね?
ついで参りはあまりよくありません
なるべくお墓参りを一番に考えるようにしましょう。

夜に行く場合

何時でもお参りすることが可能なところなら夜にお墓参りに行っても構いません。
仕事の帰りにお墓参りをして、故人と今日の出来事をお話しするのも良いですね。

しかし、夜は真っ暗で懐中電灯でもないと足元が見えません。
お墓は墓石があったり足元に砂利や石が転がっています。
階段があるところもありますし、転んだりすると大けがにつながる恐れもあります。
どうしても夜に行きたい場合は、少し離れた安全な場所で手を合わせるだけにしたほうが良いでしょう。

お墓参りで避けた方がいい時間帯はある?

お墓

霊園などで開園時間が決まっているところは、開いている時間帯に行かないとお参りできません。
開園時間などがないところでは基本的には何時にお参りしても構いません。
避けた方がいい時間帯というものはありませんが、お墓は郊外にあることが多く電灯さえないところもあります。
真っ暗な道を歩くのは危険ですので暗い時間帯は避けた方が良いでしょう。

夕方以降にお墓参りに行くと、「悪霊に取りつかれる」「死者に引っ張り込まれる」と言われていることもありますが、これは足元がおぼつかなく怪我をする可能性があるため避けた方が良いという意味の言い伝えの類になります。

納骨堂へのお墓参りの時間は違う?

お墓

納骨堂の場合は営業時間が決まっている場合があります。

納骨堂は屋内にあるため、管理者がいますし電灯やエアコンも常に稼働しています。
夜は管理が行き届かないこともありますし、機械式の納骨堂の場合は夜に故障しても対応できません。
納骨堂は駅前などのビルの一角のところもありますので、ビル自体が夜は閉めてしまう場合もあります。
納骨堂にお参りに行きたい場合は営業時間を確認してから行くようにしましょう。

しかし、納骨堂でも24時間お参りが可能というところもあります。
ご自身の都合に合った時間を選ぶとともに、納骨堂の時間も事前に確認して行きましょう。

お墓参りの時期

お墓

お墓参りは基本的には、いつでも何時に行ってもいいものです。

しかし、一般的には年に数回程度しか訪れることができないという方が多いです。
お盆・春と秋のお彼岸・命日などが主ですが、その他に年末年始にお参りされる方もいます。
お花や故人の好物が手に入った時に急にお墓参りにっても何も問題ありません。

この章では多くの人がお墓参りに行く時期と時間について解説します。

お盆

お盆は現在では8月13日頃から16日頃とされています。
学校は夏休みで会社もお休みのところが多いため、お盆には家族そろってお墓参りに行くという人が多いです。
時間帯としてはいつでもいいのですが、昼間はかなり暑いため熱中症対策を行ってからお参りした方が良いでしょう。
帽子も日差しを遮るので被っていきたいものですがお墓の前でお参りする時には帽子は脱ぐようにしましょう。

地域によっては提灯に灯を入れてお参りする場合もありますので夜にお墓参りを行うというところもあります。
夜にお参りする場合は、昼の間にお墓を掃除してきれいにしておきましょう。

お彼岸

お彼岸は春と秋の二回あり、春分の日・秋分の日をはさんで前後7日間あります。
お彼岸の間はいつ行っても良いのですが、彼岸の入りにぼた餅(おはぎ)をもってお参りされる方が多いようです。

お供え物はお墓にお供えした後はお下がりとしてみんなで食べるのが良いとされていますので、午前中にお参りに行ってお昼頃にその場か休憩所などでみんなで食べたりする方が多いです。
春と秋は季節的にも気持ちの良い時期ですので、子供たちにもお墓参りは楽しいものということを教えてあげられますよね。

命日

命日は一年に一度しかありませんし、年忌法要を行う年もありますのでぜひお参りに行きたいものです。
普段の生活の中では思い出すことが少なくても、命日には故人を身近に感じることができるでしょう。

時間的には何時でも構いませんがせっかくの命日なのですから、故人の好物を持って行ったり好きなお花を供えたりしてゆっくりとした時間を過ごしましょう。
普段あまりできない掃除も命日には念入りにしましょう。
お墓が綺麗になれば個人やご先祖様も喜んでくれますよ。

できれば時間に余裕のある午前中から昼の早い時間にお墓参りをするのが望ましいです。

月命日

月命日は命日以外の月の日にちが同じ日のことです。
やはりとても大事な日ですので、できるだけお墓参りに行った方が良いでしょう。

お参りの際には手ぶらで行って手を合わせるだけでも十分ですが、月命日なのですからちょっとしたお菓子でもお供えしましょう。
お花も新しいものに替えてもいいかもしれません。

月命日はそれほど大げさにする必要はありませんので、時間的に余裕ができたらお参りに行くようにしましょう。
暗い時間帯になってしまったら無理をしてお墓の前までお参りしなくても、安全な場所でお墓に向かって手を合わせるだけでも大丈夫です。

月命日であるということを思い出し故人の冥福を祈ればそれで十分です。

お墓参りの常識・マナー

お墓

お墓参りの時に覚えておきたいマナーや常識を解説します。

お墓参りは故人やご先祖様の供養を祈ることのほかに、自分が今あるのはご先祖様のおかげであるということに感謝するためにお参りするという意味もあります。

作法などは特にありませんが、服装は普段着でもいいです。
しかし、露出を控えた落ち着いた服装で行きたいものです。

また、持って行くものはお花やお供え物、ローソクや線香、掃除道具などです。
時間はできるだけ明るいうちの方がお墓の汚れなども発見しやすいのでおすすめです。

月命日や法要の日ではない平日でもお墓参りには積極的に行きたいものです。
普通の日ならわざわざお供え物などは用意せず、手ぶらでお参りに行っても構いません。
雑草もめだつところだけ軽く抜く程度でよいでしょう。
毎回お花を購入したりお供え物も重たくて持って行くのが難儀ならば、無理に用意する必要はありません。
お供え物や掃除を気にするあまりお墓から足が遠のくよりかは、手ぶらでこまめにお参りした方が良いでしょう。

お墓についたらまず手を合わせて、それからお墓や周辺をきれいに掃除しましょう。
お花やお供え物をセットしたら故人に近い人から順番に手を合わせます。
お参りが終わったら後片付けをして、持って行ったものはできるだけ持って帰るようにしましょう。

寺院にあるお墓の場合は、まずはご本尊にお参りして、住職にご挨拶をしましょう。

納骨堂の場合は、生花や線香を使えないところもありますので、それぞれの納骨堂のルールに従うようにしましょう。

お墓参りは周りの人に迷惑をかけないようにすればそれほどマナーに気を使う必要はありません。

お墓参りの時間についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
この記事ではお墓参りの時間について解説させていただきました。

まとめると以下のようなことになります。

  • お墓参りは基本的にはいつ、何時に行っても良い
  • 避けた方が良い時間帯はないが暗くなってからお参りに行くと足元が見えなくて危険である
  • 納骨堂や霊園の場合は開園時間が決まっているところもある
  • お参りしたくなった時にお参りに行くのが一番である

お墓参りはマナーも大事ですが、お参りをする・したいということの方が大切です。
時間や時期にこだわらずこまめにお墓参りに行きましょう。

今回終活ねっとでは、「お墓の時間」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでぜひ参考にしてくださいね。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓参り・時間」に関連する記事

「お墓参り・時間」についてさらに知りたい方へ

  • 朝行く?それとも午後?お墓参りの時間について解説しますのサムネイル画像

    朝行く?それとも午後?お墓参りの時間について解説します

    お墓参りに行く時間は決まっているのでしょうか?お墓参りには、行ってはいけない時間帯というものがあるのでしょうか?朝の早い時間や夜はどうなのでしょう?そこでこの記事ではお墓参りの時間について解説しますのでぜひ参考にしてください。

  • お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説しますのサムネイル画像

    お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説します

    皆さんはお墓参りにはどのくらいの頻度で行かれていますか?お墓参りには決まった回数や時期というものがあるのでしょうか?そこでお墓参りはどのくらいの頻度で行くべきなのか、回数や時間帯について解説します。お墓参りのマナーを覚えて、故人やご先祖様に会いに行きましょう。

  • お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

    お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

    ご先祖様の供養のために行うお墓参り。お墓参りは、1年でどのくらい行くのが良いのでしょうか。今回はお墓参りの回数について、どのくらいの回数行くが良いのか、そしてお墓参りのマナーについてもまとめてみました。

  • お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像

    お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

    お墓参りはいつ行けばいいの? そう聞かれると、お盆・年末年始・お彼岸・命日が思い浮かびます。 では、それぞれの時期の中でいつ行けば良いのでしょうか? お墓参りに関する色々な情報を交えて、いつお墓参りに行くべきかを解説したいと思います。 ぜひ最後までご覧ください。

  • お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

    お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

    お墓参りには行くけれど、正しいお墓参りの仕方や手順は分からないということはありませんか?今回はお墓参りの仕方について詳しく解説します。持ち物や服装などの基本的なお墓参りのマナーについても説明しますので一般的な知識としてご参考にしてみてください。

  • お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

    お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

    皆さんは、お墓参りに行かれてますか?お墓参りの手順が分からないと躊躇されている方もいるかもしれませんが、いざという時に困らないためにも、お墓参りの手順はきちんと理解しておきたいものです。お墓参りの手順について、マナーやお供えするお花などもあわせて紹介します。

  • お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

    お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

    お盆にはご先祖様が帰ってくるといわれています。ご先祖様を迎えに行く、また会いに行く意味でもお盆にはお墓参りに行きましょう。今回はお盆にぜひ行って欲しいお墓参りについて紹介していきます。

  • 納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?のサムネイル画像

    納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?

    最近では納骨堂というところはお墓と同じという風に考えられている方も増えてきています。屋内にありお墓参りもしやすいのですが、納骨堂には普通のお墓とは違うルールがあるんです。そこで、納骨堂へお墓参りをする時のマナーや注意点について解説します。

  • お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介のサムネイル画像

    お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介

    お墓参りは亡くなった方とご先祖様のご冥福を祈り、感謝の気持ちを伝える大切な機会です。毎月の月命日にお墓参りをする風習もあります。お墓参りは毎月行った方がよいのでしょうか?お墓参りに行く頻度の平均はどれくらいでしょうか?お墓参りの頻度について詳しく解説します。

  • お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒にのサムネイル画像

    お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒に

    お墓参りに行くべき日に、どうしても行けない場合がある…そんな時も多いはずです。お墓参りに行かない場合でも、大事なのはご先祖様に感謝する気持ちです。この記事では、お墓参りに行かない場合にできる対処法をご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓参り・時間」についてさらに知りたい方へ

朝行く?それとも午後?お墓参りの時間について解説しますのサムネイル画像

朝行く?それとも午後?お墓参りの時間について解説します

お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説しますのサムネイル画像

お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説します

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?のサムネイル画像

納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?

お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介のサムネイル画像

お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒にのサムネイル画像

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒に

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと