故人を最も身近に感じる手元供養、分骨アクセサリーって何?

分骨アクセサリーって知ってますか? 故人の遺骨の一部をアクセサリーにして、常に身近に感じることの出来る手元供養の一つです。 最近では様々なタイプの分骨アクセサリーが各事業主から販売されています。 ここでは分骨アクセサリーについて様々な角度から説明していきます。

目次

  1. 分骨アクセサリーについて
  2. 分骨アクセサリーはよくない?
  3. 人気のある分骨アクセサリー
  4. 分骨アクセサリーのメリット
  5. 分骨アクセサリーのデメリット
  6. 分骨して残った遺骨の管理方法
  7. ペットの分骨アクセサリー
  8. 分骨アクセサリーまとめ

分骨アクセサリーについて

葬儀

亡くなられた故人を何時までも身近に感じていたいのは、この世に残されたの者の共通の想いです。

昨今のライフスタイルや宗教観の変化から、分骨や手元供養といった新しい形の埋葬や供養の仕方が徐々に浸透し始めています。

手元供養とは故人の遺灰や遺骨を形見として身近な場所で保管し供養する方法です。
手元供養は身近に故人を感じることができるので、愛する人を亡くしたご遺族の心の傷を癒してくれます。
また昨今の墓地事情から入るべきお墓を確保できなかったり、お墓を継ぐ世代がいなくなってしまったりすることもあって、手元供養を選ぶ人が徐々に増え始めています。

その手元供養の一つの形として現在注目を浴びているのが、故人の遺骨の一部を普段から身に付けれられる宝石やアクセサリーに加工して故人を身近に感じることができる分骨アクセサリーです。

遺骨をアクセサリーに出来るの?と思う方も多いと思いますが、最近の技術の進歩により様々な形態の分骨アクセサリーが各社から販売されています。

今回、話題の分骨アクセサリーに関して以下の項目を順を追って見ていきたいと思います。

  • 分骨アクセサリーを作る際に法律上問題はないの?
  • 分骨アクセサリーはどんな種類があるの?
  • 分骨アクセサリーにはどんなメリット・デメリットがあるの?
  • 分骨して残った遺骨はどうすればいいの?
  • ペットの遺骨も分骨アクセサリーに出来るの?

分骨アクセサリーはよくない?

困った人々

分骨アクセサリーというと、一昔前までは宗教的な価値観からあまり良くない印象を持つ人が多くいました。
また法解釈も定型化されていなかったため、作りたくても作ることに二の足を踏んでいた方も多かったのです。

ここでは分骨アクセサリーを作る際に関係する法律と、分骨アクセサリーを作ることに反対する人の考え方を見ていきたいと思います。

分骨に関する法律

遺骨をアクセサリーに加工するには遺骨を分骨する必要があります。
まずは分骨に関する法律から見ていきましょう。

墓埋法第五条

分骨をする際に火葬場で分骨してもらうのと、お墓に埋葬した後に分骨するのでは提出する書類や手続きが異なります。

お墓に納骨をする前の段階で分骨をする場合には火葬場分骨証明書を発行してもらいます。
お墓に埋葬した後に分骨をする場合には、墓地の管理者分骨証明書を発行してもらわなければなりません。

墓埋法第五条で「墓地の管理者は、他の墓地等に焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者の請求があったときは、その焼骨の埋蔵又は収蔵の事実を証する書類を、これに交付しなければならない。」とあるからです。

この分骨証明書無しに、分骨した遺骨を他の場所に埋葬することは禁じられてますし、墓地や納骨堂など遺骨を埋葬したり管理したりする施設側も分骨証明書がない遺骨は受け取れません。
アクセサリーに加工する際に分骨証明書は必要ありませんが、万が一アクセサリーに加工した遺骨を改めてお墓に埋葬したり、納骨堂などに奉納する場合には分骨証明書が必要になるのです。

刑法190条の死体損壊等罪

次に分骨した遺骨をアクセサリーに加工するということは刑法190条の死体損壊等罪に当たるのではないかという指摘があります。
同法律では「死体,遺骨,遺髪又は棺に納めてある物を損壊し,遺棄し,又は領得した者は3年以下の懲役に処する」とあります。

ここでいう遺骨とは「死者の祭祀・記念のため保存し,または保存すべき骨」のことで、この遺骨を加工することは「損壊」に当たるのではないかと考えられるのです。

しかし、分骨した遺骨でアクセサリーを作るということは故人を供養することが目的であり、憲法で「思想・良心の自由」と「信仰の自由」が保障されているため、刑法190条に対する法務省の見解として「節度をもって行われる限りは違法性はない」ということになります。

以上のように、所定の手続きを踏み、自分の良心に従い節度をもって遺骨で分骨アクセサーを作るのであれば、法律に触れることはありません

分骨に対して抵抗がある人が多い?

年配者の中には「もともと一つだった身体を別々にしてしまったら、あの世に行って成仏できない」と信じている方が比較的多く見受けられます。

東日本ではつい最近まで土葬が多かったためこのような考え方が多く、火葬をした際には骨壺に全ての遺骨を納めるようにします。
一方浄土真宗が多い西日本では「本山納骨」といって、遺骨の一部を各宗派の本山に納骨してもらうことが多く、分骨に対してあまり抵抗がありません

お釈迦様が説いた原始仏教では、人が死んで魂が抜けてしまった遺体はもやは単なる物体でしかありません。
お釈迦様自身も死んで荼毘に付された後は、その遺骨は仏舎利として8万粒も細かく分骨されています。
それによってお釈迦様が成仏できていないなどということは無いでしょう。

もし親族に分骨に反対する方がいる場合には、後々揉めることになる可能性があるので、分骨したからといって故人が成仏できないなどということはないことを粘り強く説得する必要があります。

人気のある分骨アクセサリー

葬儀

現在は分骨に対する認識も徐々に変化してきているため、分骨アクセサリーを作る方も増え始めています。
実際ここ数年、さまざまな形の分骨アクセサリーが提案され、デザインも多様化しています。
分骨アクセサリーは大きく分けて3つの仕様があります。

一つ目は遺骨や遺灰を穴の空いた貴金属製のケースに入れネジ状の蓋をするタイプで、ネジ状の蓋を開閉することで自分で遺骨を砕いて出し入れすることが出来ます。
身につけるということは汗や雨などに触れる機会が多くなるわけですから、選ぶ際にはネジがしっかり締まり防水加工になっているものを選びましょう。
値段の安い海外製のものだと、本来薬を入れるカプセルペンダントとして作られているものを分骨アクセサリーとして販売している事業主もあるので注意が必要です。

二つ目は遺骨をアクセサリーのくぼみに入れ、樹脂でコーティングしてしまうタイプです。
樹脂でコーティングするタイプは販売事業主に遺骨を預け加工してもらう必要があり、別途加工賃が必要な場合があります。
ほとんどの事業主がレジンと呼ばれる透明な樹脂に蒔き込むように加工するため、遺骨が水に触れることはありませんが、どんな樹脂でも紫外線に当たると劣化してしまうので長い年月の間に色がくすんでしまいます。
一生ものとして考えるのであれば樹脂でコーティングするタイプはあまりお勧めできません。

三つ目は遺骨から炭素を取り出し高圧量で焼成することで人工ダイヤを作るタイプです。
こちらはある程度まとまった遺骨が必要で、人工ダイヤを作った後に自分の希望するアクセサリーに加工してもらう必要があります。

まず一般的なアクセサリーであるペンダント、リング、ブレスのそれぞれの分骨アクセサリーを説明した後、遺骨で作る人工ダイヤについても説明したいと思います。

ペンダント型

アクセサリーでもっとも一般的に思い起こされるのがペンダント型の分骨アクセサリーで、やはりほとんどの方が金属製のペンダントトップに遺骨を納めるタイプを選びます。

一昔前までは筒型がほとんどでしたが、最近はハート型、ドロップ型、星型、四葉のクローバー型、クロス型など種類も豊富で、一見しただけでは普通のアクセサリーにしか見えませんので女性が付けるには最適な分骨アクセサリーでしょう。

素材もプラチナといったジュエリーに使われれる貴金属から、アクセサリーとして一般的なシルバー、また金属アレルギーが心配な方にはチタンステンレスを用いたものまであります。

もちろん素材やデザイン、ワンポイントとして使う宝石の種類や量によってもによって大きく値段が異なります。
値段の安いステンレスのものであれば1万円、シルバーで2~3万、プラチナで6万円くらいからありますが、ワンポイントとしてルビーやダイヤなどを使えばその分値段も高くなります。

分骨アクセサリーは祭祀に使う道具として扱われるので相続税の対象になりませんが、富裕層の方であまりに高価な仕様にしてしまうと祭祀に使う道具とは見なされず脱税目的と判断され相続税の対象になってしまう場合があるので注意が必要です。

リング型

リング型指輪に仕立てた分骨アクセサリーで、マウントと呼ばれるトップ部分がケースとなっている場合が殆どです。
このタイプの場合、ある程度ケースの部分に厚みが必要なので普通のリングよりやや厚くできていますが、見た目は普通のアクセサリーにしか見えません。

樹脂でコーティングするタイプの場合、リングの内側に溝を掘り込み、その間に遺骨を埋め樹脂を流し込んで加工します。
このタイプのリングは厚みもほとんどないので、見た目は完全に普通の指輪です。

リングタイプの場合、エンゲージリングと同じように内側にメッセージや日付の刻印ができるサービスがあるのでペンダントに比べても特別感があります。
ただし指輪はペンダントと違い指のサイズを合わせる必要があるので、どの指に付けるか決めたあとサイズを測り、そのサイズの指輪をオーダーする必要があります。

肌身離さず故人の想いをつけていたいという方にはオススメです。

ブレスレット型

ブレスレットでは遺骨が入るケースの部分をチェーンや革で繋ぐタイプと、丸型のケースや、樹脂コーティングした遺骨を丸く加工したものを水晶や虎名石といった半貴石の玉で繋ぐタイプの2種類があります。
どちらも見た目はペンダントやリング同様に普通のアクセサリーにしか見えません。
特にに半貴石で繋ぐタイプは腕株とも呼ばれ、腕株は念珠を装身具にしたものでお守りとしての役割を果たし、使う半貴石によって願いが叶ったりする力を発揮すると言われています。
故人に守ってもらいたい思いが強い方にオススメです。

ただし、ほとんどの腕株タイプのブレスレットは玉と玉を繋ぐ紐の部分にシリコンゴムを使用しているため、付け外しは楽ですが伸ばしすぎたりすると経年劣化により切れてしまいます
国内産のシリコンゴムを使用していたとしても耐久性はせいぜい2年ほどなのでで、切れてしまったら修理に出すか、自分でシリコンゴムを買ってきて結び直すしかありません。
ブレスレット用のシリコンゴムはホームセンターや100円ショップでも販売しています。

人工ダイヤモンド

遺骨をダイヤモンドに加工してアクセサリーにすることもできます。
この加工は日本では行われておらず、日本の代理店の事業主に依頼して加工してもらうことになります。

ほかの分骨アクセサリーの場合、分骨で必要な遺骨はほんの僅かですが、ダイヤモンドに加工してもらう場合は300gほどの遺骨が必要で、成人男性の遺骨の1/4~1/5の量に相当します。
費用はだいたい50万円前後が相場です。

この遺骨から炭素の部分だけと特殊な溶液につけて抽出し、その炭素を高圧力を掛けて加熱することでダイヤモンドができます。
この過程でほとんどの遺骨が無くなってしまうので、残りの遺骨が戻って来ることはありません
ダイヤモンドは炭素で出来ていますが、よほどの高温でない限り燃えることはないので永遠に姿をかえることのない分骨アクセサリーと言うことができるでしょう。

分骨アクセサリーのメリット

お金

分骨アクセサリーで故人を供養することは様々なメリットがあります。

費用を安く抑えられる

分骨アクセサリーを作ることで、葬送にかかる費用を安く抑えられます
基本的な費用はアクセサリーの加工賃程度で、残りの遺骨はこの後で挙げるに永代供養や散骨といった形で弔らえばトータルでも新たにお墓を建てるよりはるかに安い費用が葬送ができます。

身近に感じられる

人というのは愛する者に先立たれた時、なかなか悲しみから立ち直れないものです。
故人のご遺骨をアクセサリーにして身近に感じられることは、故人を無くした直後の喪失感・悲しみを癒すのに最適な方法の一つとなります。

子孫への負担が少ない

お墓を代々受け継ぐというのは費用の面で子孫へ大きな負担をかけてしまうものです。
特に現代社会では、仕事により遠くへ引っ越さなければならない場合もあり、その場合にはお墓参りもままならなくなってしまいます。

分骨アクセサリーなら常に遺骨が身近にあるのでお墓参りに置く必要もなく、引っ越しがあった場合にも分骨アクセサリーを持っていくだけなので距離的経済的負担がなくなると考えることができます。

特別な手続きがいらない

分骨アクセサリーを作る際には、分骨する時に分骨証明書の発行は必要ありません
さらに法律的には、節度を以って行う限り供養の一つとして認められていることなので、基本的には手続きは必要ありません。

ただし、分骨した後にご遺骨を納骨したい場合は分骨証明書を発行しておく必要があります。

分骨アクセサリーのデメリット

困った人々

分骨アクセサリーにメリットがあるように、当然のことながらデメリットもあります。
分骨アクセサリーを作ると決めた際には、以下のデメリットが発生する場合があることを考慮する必要があります。

加工した遺骨は二度と元に戻せないことも

ケース型のアクセサリーに遺骨を納めるタイプであれば再度遺骨を取り出し、分骨用の骨壺に納め直すことはできますが、樹脂でコーティングしたりダイヤモンドに加工したりした場合には遺骨を元に戻すことはできません
分骨アクセサリーを作る際には後悔しないように、自身が心変わりしないことを決心する必要があります。

紛失・破損の恐れがある

分骨アクセサリーが肌身離さず故人を感じられると言っても、時と場合によってはそのアクセサリーを外さなければなりません。
何気なく外してどこに置いたか分からなくなってしまったなどといったことは、日常的によくあることです。
またペンダントやブレスなどではチェーンや部品が壊れてしまう場合もあります。
いつの間にか外れて落としてし紛失してしまった時など、取り返しがつかなくなる場合もあるので注意が必要です。

快く思っていない人もいる

宗教観がかなり変化したと言っても日本にはまだ従来の宗教観を持っている方が数多くいらっしゃいます。

宝石に加工するのですから一部の人から見れば不謹慎であると見なされる場合もありますし、遺骨は死者の者だからやはり気持ちが悪いと考える方もいらっしゃいます。
最近の分骨アクセサリーは見た目は普通のアクセサリーと見分けが付きませんが、それと知っている遺族や周囲の方にはそれとなく配慮する必要があります。

分骨して残った遺骨の管理方法

お墓

分骨アクセサリーに必要な遺骨の量はほんの僅かです。

残った遺骨はどのように取り扱えばいいのでしょう?
残った遺骨埋葬の仕方費用を比較して見ていきましょう。

お墓に納骨

自分のお墓があった場合はお墓に納骨していただいて問題ありません。

墓石を自分で開け閉めするのするのであれば費用はかかりませんが、基本的に納骨式などを行うのでなるので石材店の作業費や僧侶に払うお布施の代金として10万円程度必要になります。

永代供養

自身のお墓が無かったり、お墓を引き継ぐ人がいない場合には永代供養をしてもらっても良いでしょう。
納骨堂がある、または永代供養を行っている寺院・霊園に遺骨を奉納し、それ以降は納骨堂や寺院があなたに代わって供養をしてくれ、最終的には合祀という形で弔ってくれるので無縁仏になることはありません。
はじめから合祀という形であれば公営で10万円くらいからあり、以後供養や管理の為に追加で支払う費用はありません。

手元供養(ミニ骨壺・オブジェ等)

埋葬する場所が決まっていない場合には、同じ手元供養という形で仏壇などで管理できれば法律上問題ありません。

最近では手元供養用に仏壇に入る小さなミニ骨壺分骨用の骨壺があり、素材やも様々なものがあり、デザインも今風で明るい感じのものが増えています。
安いものでは数千円くらいのものからありますが、大体2~3万円台が相場です。

散骨

昨今のお墓事情からお墓を持たない埋葬法として散骨を選ぶ方々もいます。
散骨は節度を以って行えば法律上問題はないのですが、細かなマナーや決まりがあるので注意が必要です。

主に海に散骨する海洋散骨と陸地に散骨するケースの2通りですが、多くの方が散骨を行う事業主に委託する形がほとんどで、どちらも費用は20万円くらいからあります。

樹木葬

同じお墓を持たない埋葬法として樹木葬があります。
墓石の代わりとして樹木を墓標とするもので、墓石と違い代々引き継ぐ必要が無く自然葬の一つの形態として徐々に浸透しています。
散骨と違い埋葬として扱われるため、墓地として許可を得た場所でなければ樹木葬は出来ません。
費用は安いところで10万円くらいからあります。

ペットの分骨アクセサリー

葬儀

人の遺骨が分骨アクセサリーに出来るのであれば、愛するペットの遺骨も分骨アクセサリーに出来るのではと考える方もいるでしょう。
今はペットも家族同然に愛情を注ぐ方が多いので、分骨アクセサリーを人間と同様に心の慰めにする方も多いのです。

ペットの遺骨も分骨できる?

人間の分骨が出来るので、当然ペットの分骨は可能です。

ただし、日本の法律ではペットの遺骸は廃棄物扱いで可燃物として処理されます。
ペットの火葬を執り行う事業主で分骨してもらうだけで、法律で定めるところによる許可証や証明書といった類は一切必要ありません。

どの部分の遺骨を分骨するべき?

分骨の際にどこの骨でなければならないといったことはありません。

基本的にはご自分の好きな部位で構わないのですが、あえて選ぶとしたら歯や爪の根元の再生にまつわる部位の骨を分骨してもいいでしょう。
また火葬をしないのであれば、ペットの毛でも問題ありません。

遺骨カプセルやミニ仏壇も人気

ペットですから人間の場合と違って仰々しい分骨アクセサリーは多くありません

もちろん人間と同様に高価な貴金属を使ったものもありますが、多くはステンレスやシルバーを使った筒形のカプセルタイプが多く、安いものであれば2000円程度で買うことが出来ます。

またペットの場合宗派は関係ありませんので、かなり自由な形態で可愛らしいミニ仏壇ミニ仏具も数多く販売されて人気を博しています。

子供のようにかわいがっていいたペットですから、やはり供養でも可愛らしい場所に奉納したいというのが飼い主の心情なのでしょう。

分骨アクセサリーまとめ

葬儀

如何でしたでしょうか?
最後に分骨アクセサリーで説明してきたことをリストでまとめておきます。

  • 分骨アクセサリーを作ること自体は法律に触れることはありません。ただし、遺族の中には分骨や分骨でアクセサリーを作るこを心情的に反対する人もいるので彼らに配慮する必要があります。
  • 分骨アクセサリーは見た目は普通のアクセサリーと遜色なく、そうと知らせなければ一般の人には分かりません。ペンダント、リング、ブレスレットと一通りのアクセサリーがあるので自分の目的と予算に合わせて作ることが出来ます。
  • 分骨アクセサリーは葬送や供養の手段として費用が抑えられたたり、子孫への経済的・精神的な負担を軽減できるメリットがあります。一方アクセサリーなので破損したりなくしたりしてしまう可能性があるといったデメリットもあります。
  • 分骨アクセサリーを作って残った遺骨はお墓や永代供養、散骨など様々なかたちで埋葬が可能です。
  • 最近ではペットも人間と同様な愛情を注ぐ方もいるので、ペットの分骨アクセサリーも人気です。ペットの分骨アクセサリーでは許可証といったものは一切必要ありません。

分骨アクセサリーは故人の供養の形の一つとしてまだ浸透し始めたばかりですが、故人を身近に感じ残された者の心を癒すといった役割では、価格も手ごろで手続きも簡単な最適な供養であると言うことが出来るでしょう。

ここまで長い間ご拝読いただき、誠にありがとうございました。

終活ねっとでは「分骨アクセサリー」以外にも「手元供養」に関する記事をたくさん紹介しているので、ぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「分骨・アクセサリー」に関連する記事

  • 分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

    分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

    永代供養や散骨、樹木葬など、従来のお墓にとらわれない多様な供養方法に注目が集まる今、分骨についても関心が高まってきています。これまで通りのお墓制度にも、新しい供養方法にも対応できる分骨。その具体的な手続きの仕方や注意点などをご紹介します。

  • 分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

    分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

    「分骨をするのはよくない」と、聞いたことはありませんか?聞いたことがあっても、よくないという根拠は何でしょうか。分骨の必要性やメリットを考察しつつ、よくないとされる理由を探っていきます。

  • 骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説のサムネイル画像

    骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

    昨今の宗教観の変化から遺骨を分骨して手元で供養される方が増えています。 さて、火葬場で分骨してもらう場合は良いのですが、お墓に埋葬した骨壷から改めて分骨して手元供養をすることは出来るでしょうか? 今回は骨壷から分骨する際の注意点についてお話します。

  • 分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

    分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

    家族が離れている・お墓参りに行けない、などの理由から、近年は「分骨」が広まっています。しかし、方法や手順に不安がある人も少なくありません。そこで、分骨の仕方・分骨後の供養の仕方を詳しく紹介します。葬儀前の知識としても役立ちますので、是非お読みください。

  • 故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨についてのサムネイル画像

    故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨について

    人は亡くなると火葬され、お墓に入れるのが一般的ですよね?しかし近年、お墓に入るだけではない様々な供養方法が選ばれるようになってきました。今回はその一つである手元供養、および分骨についてご紹介。遺骨を分骨し、手元供養する際の流れや注意点などについても解説します。

  • お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

    お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

    様々な事情によってお墓からご遺骨を分骨する際、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?お墓から分骨をする方法や費用について詳しく見ていきましょう。近年増加している分骨。手続きも様々なものが必要となりますので、しっかりと知識を身に着けておきたいですね。

  • 手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!のサムネイル画像

    手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!

    火葬後は大体の人がお墓に納骨すると思いますが、手元で供養したい、分骨して故郷にも埋葬したいと思うこともありますよね。分骨用の骨壷があればいいなと思ったことはありませんか?この記事では分骨用の骨壷のご紹介と、分骨に関する必要書類などをまとめてみました。

  • 遺骨を分骨できるペンダントについてご紹介!その種類や特徴とはのサムネイル画像

    遺骨を分骨できるペンダントについてご紹介!その種類や特徴とは

    ご自身の終活中や分骨を考えている時「遺骨ペンダント」もしくは「アッシュペンダント」という言葉を目にしたり聞いたりされたことはございませんか?簡単に言うと遺骨を納める事が出来るペンダントの事です。今回は、遺骨を分骨できるペンダントについてお話し致します。

  • 分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説のサムネイル画像

    分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説

    分骨とは、遺骨を分けてそれぞれ違う場所にあるいくつかのお墓へ納骨して供養する事を指しています。お墓や分骨に関して、あまりよく知らないという方の為、分骨にまつわる疑問について様々な角度からご説明していこうと思います。

  • 分骨の入れ物はどう選ぶ?種類や準備のタイミングを紹介!のサムネイル画像

    分骨の入れ物はどう選ぶ?種類や準備のタイミングを紹介!

    最近は火葬した後の遺骨の一部を分骨し、手元供養をしたいとう方が増えています。 その時必要となるのが分骨した遺骨を納める入れ物です。 本来の遺骨を入れる骨壺は葬儀の時に用意してくれますが、分骨用の入れ物はどのように用意すれば良いのでしょうか?

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「分骨・アクセサリー」についてさらに知りたい方へ

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説のサムネイル画像

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨についてのサムネイル画像

故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨について

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!のサムネイル画像

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!

遺骨を分骨できるペンダントについてご紹介!その種類や特徴とはのサムネイル画像

遺骨を分骨できるペンダントについてご紹介!その種類や特徴とは

分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説のサムネイル画像

分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説

分骨の入れ物はどう選ぶ?種類や準備のタイミングを紹介!のサムネイル画像

分骨の入れ物はどう選ぶ?種類や準備のタイミングを紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「分骨・アクセサリー」についてさらに知りたい方へ

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説のサムネイル画像

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨についてのサムネイル画像

故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨について

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと