永代供養にも種類がある?それぞれの供養の特徴についてまとめました

永代供養といっても、いろいろな形と種類があります。 供養とはご先祖様のこと、家族のこと、そしてその次の世代の子孫のこと。 永代供養のいろんな種類と、それぞれの特徴について詳しくまとめてみました。 ご家族のカタチに合った永代供養があるかもしれません。是非ご覧ください。

目次

  1. 永代供養の種類について
  2. 屋内型の永代供養(納骨堂)
  3. 屋外型の永代供養(永代供養墓)
  4. 樹木葬
  5. 散骨
  6. 遺骨の安置方法による永代供養の種類
  7. 永代供養の種類まとめ

永代供養の種類について

お墓

永代供養って、そもそも何でしょうか?
文字通り、「永代」にわたって「供養」をする事なのですが…。

先祖代々のお墓に入るのと何が違うのか、永代供養の費用って亡くなった後は誰が払うか、どんな種類があるのかなど、わからないことが沢山ありますよね。

うちはお墓があるから大丈夫、と思っていたけど、子供や孫世代のことまで考えたらいろいろな心配事がある、という方も沢山いらっしゃいます。

少子化、都市集中化に伴って、供養の形と常識が変化してきました

今回終活ねっとでは

  • 永代供養=納骨堂ではない!永代供養の種類について
  • やっぱりお墓に入りたい!お墓で永代供養してほしい
  • 里山から宇宙まで!新しい種類の永代供養もある
  • 一人で入る?夫婦で入る?骨壺に入る時のことを考える

など、みなさまの疑問に沿って、永代供養の種類をご紹介したいと思います。

屋内型の永代供養(納骨堂)

お墓

納骨堂は、元々は遺骨の一時保管場所としての役割を持っていました。
お墓を建てるまでの一時保管場所などの用途で使われていたのです。

しかし、近年になって少子化、都市集中化が進むにつれて、永代供養の意味合いを持つことが多くなり、その種類も増えてきました。

永代供養の納骨堂では、納骨堂に納骨する際に使用料と管理料をまとめて支払うことで、管理や供養を納骨堂の管理者に任せることができるというシステムになっています。

ですが、多くの場合契約期間が決まっており、契約期間が過ぎると他のご遺骨と一緒に合祀されます

納骨堂の種類は多種多様に渡っていて、個別の仏壇がある「仏壇型」の他に、扉の付いたスペースに骨壺を収める「ロッカー型」も増えてきました。
また、コンピュータで制御されて納骨箱が運ばれてくる「自動搬送式」なども登場し、注目を集めています。

以下で詳しく解説させていただきます。

仏壇型

仏壇型は、古くから納骨堂に見られる形式で、位牌を飾り、供え物などを捧げる仏壇のスペースを上段に設け、下段にお骨を安置するスペースがあります
霊廟型と呼ばれることもあり、宗派などによっていろいろな種類があります。

仏壇型はどちらかというと家族代々受け継いでいくことが多く、ロッカー型などと比べて料金が高い場合が多いのも特徴の一つです。
もちろん、永代供養をしてくれるものもあります

仏壇のように、位牌だけでなく写真や思い出の品を飾ることも可能です。また、故人が好きだったお酒やお菓子などをお供えすることもできます。(一部、食品などは持ち込み不可の場合もあります。)

以下に仏壇型のメリットデメリットをまとめておきます。

  • メリットは個別の仏壇があるため、遺影や記念品、故人の好みに合わせた供物を供えることができるということ。
  • デメリットはロッカー型などと比較して、料金が高い場合が多いということ。

ロッカー型

ロッカー型は、区分けされた棚に骨壺を入れる形式です。
区分けされた棚の扉に鍵がついており、「棚式」と呼ばれる事もあります。

仏壇型と大きく違う点は、同じ大きさ、形のスペースが集合している点です。
お参りした際に遺骨を個別に出してもらえる場合や、お参りするスペースの裏側に棚が設けてありそちらにお参りする場合など、様々な方法があります。

宗教、宗派を問わず一緒に並べることができることが多いのも特徴の一つです。
ロッカー型は基本的に永代供養として利用する方が多いです。

以下にロッカー型のメリットデメリットをまとめておきます。

  • メリットは仏壇型と比較して、料金が比較的安い場合が多いということ。
  • デメリットは写真や供物などを置くスペースがない場合が多いということ。

位牌型

位牌型は、祭壇に位牌を立てて並べる形式で、骨壺を別のスペース安置することが多い形式です。
位牌は内仏様の周りや脇のスペースに立てて並べてありますが、個別にお参りすることも可能な場合が多いです。

ロッカー式と異なり、骨壺を別のスペースに安置することが多く、分骨して小さな骨壺に安置する場合や、合祀する場合もあります。
位牌型はスペースを最小限に抑えるため、費用を安く抑えることができるのが最大の特徴です。

位牌型はほとんどの場合が永代供養になります。

以下に位牌型のメリットデメリットをまとめておきます。

  • メリットは他の形式と比較して、費用が安い場合が多いこと。
  • デメリットははじめから合祀されることに抵抗のある方が多いことや、家族で1つのスペースを共有することが難しい場合が多いこと。

自動搬送型

自動搬送型専用カードを機械に認識させて、タッチパネルを操作することで、骨壺が自動的にお参りスペースに運ばれて来る形式です。

お参りスペースにはお花やお線香が用意されていることが多く、手ぶらでお墓参りすることが可能です。マンションの入り口のシステムに似ていることから、お墓のマンションと呼ばれることもあります。

自動搬送型は永代供養であることは珍しく、家のお墓として用いられることが多いです。
ですので、自動搬送型の納骨堂については参考程度にしてください。

以下に自動搬送型のメリットデメリットをまとめておきます。

  • メリットは都市部に多く、お参りがしやすく、手ぶらでのお参りも考慮されていることが多いこと。
  • デメリットは機械的で無機質な所に抵抗のある人もいるということ。そして、永代供養であることはあまりないということ。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

屋外型の永代供養(永代供養墓)

お墓

屋外にある永代供養墓もあります。

最も一般的な形としては、地下、あるいは半地下に遺骨を安置するためのスペースを作り、上に彫刻像などのモニュメントを配置するものです。

永代供養墓にも様々な種類があり、遺骨を合同で保管する「合祀墓」、墓石を1つの場所に集めて建てる「集合型」、個別に墓石を建てる「個人型」、夫婦毎に墓石を建てる「夫婦型」などがあります。

「個人型」「夫婦型」に埋葬した場合でも、一定の契約期間を過ぎた遺骨を「合祀型」のお墓に移す場合もあります。
その期間についても様々で、「十三回忌まで」「五十回忌まで」や「使用者の希望するまで」などがあります。

また、供養スタイルも、一般的には春秋のお彼岸とお盆に合同供養を行うケースがほとんどですが、祥月命日の供養や年回忌の法要を行っている所もあります。

以下で屋外の永代供養墓のそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

合祀墓

合祀墓は、遺骨を骨壺から出して、他の方と合同で保管する形式のお墓です。
遺骨は他の方と混ざることになるため、一旦合祀すると後で移動することはできなくなります。

最初から合祀墓に埋葬するケースもあれば、一旦別の形式で埋葬し、五十回忌などの節目の後に合祀墓に改葬するケースもあります。

以下に合祀墓のメリットデメリットをまとめておきます。

  • メリットは他の形式と比較して、料金が安い場合が多いこと。
  • デメリットは後で改葬することができない、合祀に否定的な意見が多いこと。

集合墓

集合墓は、個別の墓石を一区画にまとめて建立するものです。
以下で説明する個人墓との大きな違いは、まとめて建立するため、墓石のスペースが最小限ですむことです。
また、お参りするスペースが共有となっている事が多く、お線香やお花など、お供え物が絶えないので寂しくない、と考える方も多いです。

以下に集合墓のメリットデメリットをまとめておきます。

  • メリットは個別の墓石を持てるが、個人墓よりも料金が安い場合が多いということ。
  • デメリットは墓石の大きさやデザインは統一されていることが多く、自由度が低いということ。

個人墓・夫婦墓

個人墓夫婦墓とは個人や夫婦で墓石を建立し、1区画をお墓とする形式です。

一般的なお墓の形と同じで、お参りするスペースも個別に確保されていることが多く、比較的自由にお花や供物をお供えすることができるのも特徴の一つです。
一般的なお墓では「管理料」「使用料」を支払うのに対し、永代供養墓では「永代供養料」を支払い管理者に管理をお願いします。

以下に個人墓・夫婦墓のメリットデメリットをまとめておきます。

  • メリットは普通のお墓と同じようにお墓を建てることができるということ。
  • デメリットはお墓を建てるため、他の形式と比較して費用が高くなるということ。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

樹木葬

お墓

近年注目されているのが樹木葬です。
文字通り、樹木を墓標として遺骨を埋葬します

埋葬する度に新しい苗木を1本植えるケースだけでなく、墓地の中央にシンボルとなる大きな樹木を植え、その周辺を区画分けして遺骨を埋葬するケースなど、様々なスタイルがあります。

墓標として用いられる樹木は大きくなりすぎない低木が一般的です。
ハナミズキ、ウメモドキ、百日紅、紅葉などが多く用いられています。

樹木葬は墓地として許可された場所へ遺骨を埋葬する形式です。
墓地埋葬法に沿って許可された場所ですので、安心して埋葬することができます。

里山型

お寺の裏山などを利用して自然に囲まれた里山に埋葬しシンボルとしての樹木を植えるのが里山型です。

樹木葬の中でも、特に自然を感じることができるため、「大自然の中で永眠したい」という希望がある方に多く選ばれています。
都市型よりも郊外にある分、料金が安い場合が多いです。

その反面、子孫がお墓参りに来る際に、交通手段が少ない、山道を歩いて登らなければいけない場合がある、などのデメリットも考えられます。

以下に里山型のメリットデメリットをまとめておきます。

  • メリットは都市型と比較して料金が安い場合が多いということ。
  • デメリットはお墓参りの負担が大きくなる場合があるということ。

都市型

里山型に対し、近年人気がでているのが都市型です。
公園霊園内の一部に樹木を植え、その周りの区画に埋葬する方法です。

民営だけでなく公営の霊園にも樹木葬ができる所ができてきており、主に首都圏を中心に増えつつあります

里山型に多い、埋葬する度に新しい苗を植えて成長を見守るというより、シンボル的な樹木を植えてその周りの区画に埋葬する形式が多いのも特徴です。

郊外にあることの多い里山型よりも、料金が高くなる傾向があります。
その反面、通常の霊園などと同様の交通手段を利用できるため、お墓参りの負担が比較的少なくて済む場合があります。

以下に都市型のメリットデメリットをまとめておきます。

  • メリットは都市にあるので交通手段が多く、お墓参りがしやすいということ。
  • デメリットは自然を感じる醍醐味が薄いことや、里山型と比較して料金が高い場合が多いということ。

樹木葬をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、樹木葬の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

散骨

仏壇

散骨は、遺族や子孫が永遠に心のなかで供養するという観点で考えると、永代供養の一つといえます。
散骨にも様々なスタイルがあるのでご紹介していきましょう。

故・石原裕次郎氏が散骨したことで、日本でも散骨が広く認識されました。
また、ロックバンドXJAPANの故・hideさんが散骨されたことが報道されると、若い世代にもそのスタイルが知られ、受け入れられるようになってきました。

日本では、埋葬等を行う場合の手続きについては墓地、埋葬等に関する法律が定められていて、その規定によって火葬した後の焼骨が墳墓に埋葬されたり、納骨堂に収蔵されるための手続きが定められています。

散骨を規制する法律はありませんが、場所や方法によっては「遺骨遺棄罪」に該当する可能性や、近隣住民とのトラブルに発展する可能性も考えられます。

散骨の種類について、ご紹介していきましょう。

海洋散骨

「散骨」と聞いて海を思い浮かべられる方が多いと思います。

陸地で行う場合と比べて制限が少ないため、日本で散骨というと海洋散骨が一般的です。

散骨が「遺骨遺棄罪」に該当するかについて、法務省が出した非公式な見解は「散骨が節度をもって行われる限りは違法性はない」とする一般的な概念論を述べているのにとどまっています。
一方、陸地への散骨は厚生労働省が平成16年に明確に規制の対象としています。

これらの見解が事実上、海洋散骨は法律に抵触しないと考えられている所以です。

また、海上保安庁は以前ホームページで「祭祀として節度があれば遺灰は廃棄物に該当しない」と見解していました。(現在は誤解を生むためか削除されています。)

海洋散骨は違法ではない、といっても様々な条件があります。

  • 遺骨はパウダー状に細かく粉砕する
  • ある程度まで陸地から離れた場所にする
  • 養殖場などの常設漁業地域や海水浴場の近くを避ける
  • 航路や船舶交通の海域を避ける
  • 祭祀として行う(葬送儀礼を行う)前提である

これらの条件を守って散骨するのは、一般の方だけでは難しいと思われます。

そこで、海洋散骨を請け負う業者・事業主が日本には数多くいます。

業者・事業主に依頼して、散骨の代行をお願いすることも可能です。
その場合は写真付の証明書など発行してくれる所もあります。

物語などで、「私が死んだら、海へ帰してください」と言うシーンがありますが、実際に海洋散骨を利用する方も増えてきているのです。

山への散骨

前でも触れましたが、日本で「散骨」というと海洋散骨が一般的です。
ではなぜ陸地に行う散骨が一般的ではないのでしょう

まず、陸地の場合は他人の私有地に無断で行うことができませんし、自己の所有地でも近隣から苦情が発生する恐れがあります。
自治体によっては規制するための条例を制定したところもあります。

農業を行っている場合は近くで散骨されると風評被害を受ける懸念がありますし、それ以外でも土地売買の際に価格に影響しかねません。

陸地での散骨は、山を含めてかなり厳しいのが現状です。
「死んだら、大自然のなかで眠りたい」と考える方は、前述の「樹木葬」のように、法律で許可された土地に埋葬されるという選択が賢明かもしれません。

宇宙葬

海でも山でも、散骨するにはいろいろな制限が存在することがあります。
それなら、宇宙ならどうでしょうか?
「死んだらお星さまになる」という夢の考えが、宇宙葬という形で近年では現実化しようとしているのです。

まず、ここで言う「宇宙」とは、一般的に国際航空連盟で規定されたカーマンライン(海抜100キロメートル)を超えた空間のことを指しています。

遺骨の一部をロケットによって宇宙空間に埋葬するのです。
日本では、アメリカの会社と提携し代理店として受け付け、実施している所があります。
「人工衛星」のように地球を周回するものまであります。

気になる法律関係ですが、こちらも海洋散骨を同じように法務省の見解をもとに実施されています。
宇宙であれば、少なくても近隣住民とのトラブルはなさそうですね。

宇宙葬は憧れますが、費用が高額になるイメージがあります。
日本代理店のホームページをみると、様々なプランが用意されており約20万円から2,500万円以上のものまで、実に様々な種類があります。

20万円でしたら、普通に埋葬することを考えると、夢のまた夢…という数字でもないのかもしれませんね。

遺骨の安置方法による永代供養の種類

葬儀

永代供養にはいろいろな形があるということがわかりました。
実際に自分とその家族のことを考えた時、どんな形を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

  • 今現在、自分が供養している先祖の遺骨
  • 自分が亡くなった時、どこに入るべきなのか
  • 子供は?その孫は?一緒に入るのかどうか

これらを整理することが、永代供養を考える重要な要素となるのではないでしょうか。
「誰が」「いつまで」供養するのかを考慮して選ぶ必要があります。

ご先祖様のお墓を、いつまで自分が管理していけるのか、そこに自分が入って、それを子供達に管理してもらえるのか?その費用と場所はあるのか?

遺骨の安置方法だけでも永代供養にはいろいろな選択肢があるのです。
これらを以下で詳しく見ていきます。

合祀型

永代供養の合祀型は、無縁仏と混同されがちです。

無縁仏とは、身寄りがいなくなった場合に寺院が供養する事です。費用は寺院や檀家の方たちで負担することになります。
宗教概念上や死者を重んじる人道的な考えから、「助ける」という意味合いで供養するものです。

永代供養はそれとは異なり、今後継承者がいないという状況を見越して、自身やその親族が事前に寺院に相談し、必要な費用を前もって支払っておくものです。

一般的なお墓でも、無限にスペースがあるわけではないので一定の期間を過ぎた遺骨を合祀することはありますし、永代供養の個別安置型、墓石安置型でも同じケースがあります。

合祀型は、他の家族と一緒に埋葬されます
その点に抵抗感がある、という方も多くいらっしゃいます。

その反面、ひとりぼっちになることがないし、常に誰かがお参りに来て花を手向けてくれるので、安心感があると考える方もいます。
また、家族構成によっては、個別のお墓に入っても、いつかは合祀されるのだから、最初から合祀型を選んでおいて落ち着いた気持ちになりたい、という方もいます。

また、合祀型では他の安置方法と比較すると費用が格段に安くなるケースが多いため、お墓にあまりこだわりがないという方が最初から選択するケースも増えてきています。

集合安置型

集合安置型は、個別の骨壺に分けてた骨壺を一つのスペースに安置します

通常の骨壺よりも小さいものに分骨して安置する場合もあります。
納骨堂や屋外のモニュメントの下など、外観は様々ですがお参りするスペースは共有というケースがほとんどです。
また、個別安置型に比べて、骨壺を自分で管理できないケースが多いです。

個別安置型

個別安置型は、骨壺が一つ一つ分かれています。
家族や夫婦で一つの安置スペースを利用することが多く、通常のお墓に近い感覚でお参りできることができます
〇人分が安置可能、というように大きさが異なる場合も多いため、先のことも考えて選択肢が広いこともメリットの一つです。
ただし、「永代」という言葉を使ってても、一定の期間後は集合型、合祀型へ移されることがありますので、確認が必要です。

墓石安置型(個人墓・夫婦墓など)

墓石安置型はこれまでの一般的なお墓に永代供養を併せ持った形式です。

墓石、墓地を個人または夫婦で占有し、なおかつ永代供養をお願いするというものです。
継承者がいる間は通常のお墓と同様に扱い、継承者がいなくなった場合に合祀に切り替えるというシステムのところもあります。

五十回忌が済むまでは、夫婦でお墓に入っていたいなど、明確な希望がある場合に選択されることが多いです

墓石の費用がかかるので、永代供養料が他と比べて格段に高いことがデメリットでしょう。

永代供養の種類まとめ

人々

いかがでしたか。
今回は、「永代供養」にまつわるお墓、納骨堂から自然葬と呼ばれるものまで、いろいろな種類の永代供養についてご紹介しました。

  • 屋内型の永代供養(納骨堂)には、仏壇型、ロッカー型、位牌型、自動搬送型など、様々な種類がある
  • 屋外型の永代供養墓には、合祀型、集合型、個人・夫婦型などの種類がある
  • 樹木葬は里山型、都市型があり、それぞれにメリットがある
  • 日本での散骨は海洋散骨が主だが、近年では宇宙葬も登場した
  • 遺骨の安置方法によっても種類が色々ある

ということがわかりました。

家族と一緒に永眠したい、一人でも好みにあったスタイルを希望する、埋葬の方法にこだわりがある…など、希望は人それぞれです。
しかし、「供養」は家族や子孫が行うものですから、一人の考えでは決めることができません。
あの世から文句をいいたくなるようなことがあっては、家族も後悔が残るでしょう。
家族に希望を伝え、費用のことなどを話し合っておくことも大切ではないでしょうか。

終活ねっとでは「永代供養の種類」についての解説以外にも、永代供養についてもっと詳細に解説した記事が多数ございます。
ぜひそちらもご覧ください。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・種類」に関連する記事

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

  • 真言宗の永代供養はどこでできる?永代供養の種類や費用も解説!のサムネイル画像

    真言宗の永代供養はどこでできる?永代供養の種類や費用も解説!

    空海によって唐から伝えられた真言宗は、曼荼羅による壮大な宇宙観がよく知るところですが、その真言宗でも少子高齢化の時代の要請により、永代供養を行う寺院が増えてきました。少子高齢化の現代社会では永代供養は多くの人に求められる供養方法です。

  • 終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

    終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

    終活や永代供養と言う言葉を聞くようになって、ご自身の終活について考えるようになった人も多いのではないでしょうか。ご自身のお墓について、誰にも迷惑をかけたくないと考えている方には、永代供養について詳しく知ることが大切でしょう。

  • 永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!のサムネイル画像

    永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!

    永代供養墓には様々な種類があり、費用や供養方法なども多種多様です。上手な選び方をするには、どんな点をチェックしていけばいいのでしょうか?今回は永代供養墓を選ぶ時のポイントや注意点をまとめました。納得のいく選び方が書かれていますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

    家族形態やライフスタイルの変化などにより、一家に一つあった家墓の形ではなく、永代供養を選ぶ人が増えてきています。でも、墓地・霊園によって違いがあることをご存知ですか?個人の意向に合った永代供養をするために、最適な墓地・霊園を選ぶためのお手伝いをします!

  • お寺の永代供養ってどんなもの?かかる費用などについて解説します!のサムネイル画像

    お寺の永代供養ってどんなもの?かかる費用などについて解説します!

    お寺の永代供養とはどんなものでしょうか。永代供養はお寺に限らず納骨堂や霊園など、様々な宗教施設に依頼することが可能です。今回はお寺での永代供養がどんなものか確認しながら、必要な費用について解説します。

  • 個別で埋葬できる永代供養墓について費用やメリットなどをご紹介!のサムネイル画像

    個別で埋葬できる永代供養墓について費用やメリットなどをご紹介!

    永代供養墓には、合祀型だけでなく個別に埋葬できるものもあります。 それなら興味があり終活で検討してみたいと思われる方も多いと思います。 でもどんな埋葬方法なのか、費用も気になりますね。 個別の永代供養墓について、費用やメリットなどをも含めて、分かりやすく解説します。

  • 永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    近年、少子化や核家族化が進み、承継者がいない墓が多くなりました。将来墓参りをする人がいなくなっても、供養や管理をしてくれる永代供養の家族墓であれば、無縁墓になることもなく安心できますよね。今回は永代供養の家族墓について、どのような特徴があるのか解説いたします。

  • 永代供養墓と樹木葬ってなに?違いやそれぞれの特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

    永代供養墓と樹木葬ってなに?違いやそれぞれの特徴を詳しく解説!

    永代供養墓や樹木葬という言葉を目にすることが多くなっていませんか?墓石のお墓に代わるご遺骨の埋葬方法として、また終活のひとつとして、生前に選ぶ方も多くなってきていますが、よくは知りませんという方も多いと思いますので、永代供養墓と樹木葬について詳しく解説します。

  • 永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説しますのサムネイル画像

    永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説します

    最近では、納骨度や樹木葬など様々な供養一つにしても様々な手段が選べるようになりましたね。 みなさんはその中でも「永代供養」をすることで費用を安く抑えられることをご存知ですか? 今回は、永代供養が安くなる理由や永代供養をする際の注意点を中心に詳しく紹介していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「永代供養・種類」についてさらに知りたい方へ

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

真言宗の永代供養はどこでできる?永代供養の種類や費用も解説!のサムネイル画像

真言宗の永代供養はどこでできる?永代供養の種類や費用も解説!

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!のサムネイル画像

永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

お寺の永代供養ってどんなもの?かかる費用などについて解説します!のサムネイル画像

お寺の永代供養ってどんなもの?かかる費用などについて解説します!

個別で埋葬できる永代供養墓について費用やメリットなどをご紹介!のサムネイル画像

個別で埋葬できる永代供養墓について費用やメリットなどをご紹介!

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養墓と樹木葬ってなに?違いやそれぞれの特徴を詳しく解説!のサムネイル画像

永代供養墓と樹木葬ってなに?違いやそれぞれの特徴を詳しく解説!

永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説しますのサムネイル画像

永代供養は費用を安く抑えられるって本当?理由や相場も解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・種類」についてさらに知りたい方へ

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

真言宗の永代供養はどこでできる?永代供養の種類や費用も解説!のサムネイル画像

真言宗の永代供養はどこでできる?永代供養の種類や費用も解説!

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!のサムネイル画像

永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと