手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介

新しい供養のひとつ、手元供養をご存知でしょうか?故人を身近に感じられる手元供養は、現代のライフスタイルに合った方法として人気が高まっており、種類も豊富になってきています。今回は手元供養用の種類や費用について具体的にご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 手元供養の種類について
  2. 置物の手元供養の種類
  3. アクセサリーの手元供養の種類
  4. 遺骨を加工した手元供養品の種類
  5. 手元供養が近年なぜ人気なのか
  6. 手元供養の種類まとめ

手元供養の種類について

お墓

手元供養とは、自分の手元に遺骨を置いておくという供養方法です。
火葬後の遺骨は一般的に、四十九日をもってお墓や霊園などに埋葬しますよね?
手元供養では、遺骨または遺骨の一部や遺灰を、自宅など自分の手元で供養します。

何となくのイメージは思い浮かぶと思いますが、具体的にどうするのか?どれぐらいの費用がかかるのか?など、疑問に思っている方も多いと思います。

そこで終活ねっとでは今回手元供養の種類について、

  • 手元供養の種類 置物タイプ
  • 手元供養の種類 アクセサリータイプ
  • 手元供養の種類 加工タイプ
  • 手元供養が人気の理由

などをご紹介していきたいと思います。

散骨や樹木葬とともに、近年注目が集まっている手元供養について、一緒に見ていきましょう。

置物の手元供養の種類

困った人々

置物タイプの手元供養にはどのような種類があるのかをご紹介します。

オブジェ

手元供養の置物としてよく見られるのが、お地蔵さまオブジェです。
災難や厄からの救済、子供の庇護、人々の苦悩を大きな慈悲の心で包み込んでくれるといわれるお地蔵さま。
お寺の入り口や道端など、普段の生活でも見かけることが多く、人々を見守ってくれる存在として昔から親しまれてきた存在です。
そのやさしげでぬくもり佇まいるたたずまいから、手元供養のオブジェとしてとても人気があります。

お地蔵さまのオブジェは、信楽焼や備前焼、美濃焼などの陶器製のものから、木製、木目込人形など種類もさまざまで、多くは中に遺骨を収納できるようになっています。
価格は幅広く、数千円のものから、オーダーメイドで10万円ほどするものもあります。
幼い子供やお孫さんを亡くされた方、故人のやさしい笑顔を思い出したい方などにおすすめです。

また、遺骨を中に閉じ込めたガラスのオブジェや、故人の写真を焼き付けたフォトオブジェなどもあります。
スタイリッシュで違和感なくインテリアに溶け込みやすいので、来客などには分かりにくく、さりげなく手元供養をしたい方におすすめです。

ミニ骨壷

手元供養に注目が集まりつつある近年、急激に種類が増加したのがミニ骨壺です。
火葬場で入れられる飾り気のない骨壺とは違い、素材も形もデザインも、驚くほどバリエーション豊かに販売されています。

手元供養用の骨壺にはさまざまな種類のサイズがありますが、ミニ骨壺といわれるものは、手のひらサイズ、片手に収まるサイズのものです。
中に入れられる遺骨はほんの少量ですが、場所を選ばず飾れるため、大変人気があります。

また、素材やデザインが豊富で、幅広い中から選ぶことができます。
シンプルで色やデザインも豊富な真鍮製は、小さくても重みがあり、気密性にも優れています。
モダンでさりげない存在感が現代のライフスタイルに合わせやすいステンレス製は、頑丈でお手入れも簡単。
また、陶器製には自然の土の色そのままを活かした温かみ溢れるものや、備前焼、有田焼、信楽焼など日本の伝統的な焼き物でできたものがあり、落ち着いた雰囲気です。
ヒノキやクス、黒檀といった銘木から造られた骨壺は、ナチュラルでぬくもりを感じられます。

ガラス製、磁器製、七宝焼き、漆器などさまざまなミニ骨壺があるので、故人や遺族の好み、イメージ、部屋の雰囲気などに合わせたものを見つけることができるでしょう。

価格は素材やデザイン、職人もの、一点ものなどでかなり違いがありますが、安いものなら3000円ほどから、高いものは何十万円するものまであります。

ミニ祭壇

住宅時事情によって自宅に仏壇が置けない、仏壇を継ぐ立場にない、昔ながらの大げさな仏壇はちょっと…など、昔ながらの仏壇がないお宅も今は多いかと思われます。
仏壇はないけど、故人のために手を合わせることのできる場所は欲しいと思っている方には、ミニ祭壇がおすすめです。

ミニ祭壇もさまざまなデザインがありますが、飾り棚や飾り台に、ミニ骨壺や故人の写真を飾るフォトフレームを置くタイプが多く見られます。
その他にも、線香立てやろうそく立て、一輪挿し、おりんなど、それぞれ好みのものを置くことができます。

木製や真鍮製、ガラス製のものが多く、いずれもシンプルで、リビングや和室などどこに置いても違和感なく日常に溶け込むようになっています。

価格は、数千円ほど~数万円
何を揃えたらいいのか分からないという方には、ミニ骨壺や線香立てがセットになったものもあります。

メモリアルプレート

故人の遺骨が生まれ変わるメモリアルプレートにも注目が集まっています。
メモリアルプレートとは、遺骨から不純物を取り除きパウダー状にして金属化合物粉末と合成加工し、ることによって遺骨成分を含むファインセラミックプレートに成型するものです。

お墓が無い、またお墓は持たないが、遺骨をそのまま自宅に置いておくのには抵抗があるという方にはぴったりです。
また、遺骨の一部はお墓に入れたい、散骨したいという方でも、メモリアルプレートは遺骨のほんの一部で作ることができます

シンプルかつコンパクトなため、場所を選ばず飾っておくことができます。
故人の名前や写真なども刻印でき、遺骨をいうイメージから解放された美しい形で、故人の思い出を永遠に偲ぶことができます。

価格はサイズによって異なりますが、15万円~22万円ほどとなっています。

アクセサリーの手元供養の種類

困った人々

アクセサリータイプの手元供養にはどのような種類があるのかをご紹介します。

ペンダント

手元供養としてのアクセサリーで最も人気のあるのが、このペンダントタイプです。
メモリアルペンダント、アッシュインペンダント、カロートペンダントなどと呼ばれています。

ペンダントの中にごく少量の遺骨や遺灰を入れられるようになっているものが一般的です。
よりコンパクトにしたい方には、遺骨を埋封して一体化させるタイプもあります。
多彩なデザインがあり、普通のペンダントと変わりなく気軽に身に付けられます。

また、金属アレルギーの方向けに、チタン製ステンレス製などアレルギーの出にくい素材でできたペンダントも販売されています。
アレルギーが出にくいだけでなく、丈夫で軽く、お手入れも簡単です。

注意点は、お風呂や就寝などの際に外して無くしてしまわないようにすること、服などに引っかけてチェーンなどが破損し、落としたりしないように気を付けることです。

価格は安いものは2000円ぐらいから。
宝石などのついたものは数十万円ほどしますが、だいたい2万円~5万円のものを購入する方が多いです。

リング

常に身に付けられるものの代表は、やはりリングです。
リングには、裏側などに少量の遺骨を入れられるタイプと、樹脂などで流し込んで遺骨をリングと一体化させるタイプがあり、一体化タイプの方が人気となっています。
一体化タイプは完全防水仕様のため、水仕事やお風呂なども付けたままでも大丈夫。
身から外すことがないので、紛失する心配もありません。

リングは肌に密着するため、より故人との一体感を得たい方におすすめです。
密着しているため邪魔になることもなく、常に目に入りやすいので、いつも見守ってくれていると感じることができるのではないでしょうか。

価格は2万円~数十万円ほどになります。
誕生石などをいれたり、刻印をすることもできます。

ブレスレット

まだあまり種類はありませんが、これから増えてきそうなのがブレスレットタイプです。
革ひもに遺骨を入れるチャーム部分がついた腕時計のようなデザインのものや、バングルタイプ、チェーンタイプなどがあり、ペンダントは揺れや肩こりが気になる、リングはサイズが難しいという方におすすめです。

また、普段アクセサリーをつける習慣がないという方には、ブレスレットの中でも数珠タイプなら抵抗なく付けられるのではないでしょうか?
遺骨を入れる納骨玉を中心に、水晶やローズクォーツといった淡い色合いのものから、アメジスト、オニキスといった落ち着いた色合いのもの、また男性用の数珠でよく使われている虎目石などもありますので、年齢や性別に関係なく、誰もが身に着けやすいアイテムだと思われます。

価格はいずれも2万円~10万円ほどです。

ブローチ

ブローチタイプは、素肌にアクセサリーが触れるのが苦手、アクセサリーを付ける習慣がない、金属アレルギーが酷いといった方におすすめです。

遺骨や遺灰を入れたブローチは、普段は自宅に飾っておくこともできますし、出かける際には身に着けることも可能です。
アクセサリーが苦手な方でも、洋服の襟元やバッグなどに付けることもできるので、気負わず取り入れやすくなっています。

価格は2万円~3万円です。

お守り

神社などでもらうような、お守り型の手元供養品もあります。
遺骨を袋に入れ、お守り袋に収納したものは、普通のお守りのように持ち歩くことができ、値段も3000円ほどと低価格です。

また、木や竹、真鍮、アルミなどで作られた、手のひらにすっぽりと納まるお守りもあります。
寂しい時や辛い時に手でぎゅっと握りしめることで、精神的な安らぎを得ることができるかもしれません。

こちらは8000円~2万円ほどとなっています。

遺骨を加工した手元供養品の種類

困った人々

加工タイプの手元供養にはどのような種類があるのかをご紹介します。

人骨ダイヤモンド

2002年、海外で遺骨から人工ダイヤモンドを作り出す技術が発明されました。
遺骨や毛髪などから炭素のみを抽出し、グラファイト微粒子へと精製、超高温・高圧によってダイヤモンドを生成するというものです。
日本からも依頼することができ、注文する人は年々増加しています。

人工的に作り出されたダイヤモンドといっても、その輝きや硬度、透明度、品質などは天然のダイヤモンドと比べてもまったく遜色がないです。
また、それぞれの遺骨に含まれる微小元素によって、人骨ダイヤモンドの出来上がりの色は異なります。
無色透明から淡い水色、深い青と、ひとりとして同じ人がいないように、遺骨からできるダイヤモンドもひとつとして同じものはありません

リングやネックレス、ピアスなどアクセサリーに加工することもでき、大切な故人が美しいダイヤモンドに姿を変えていつもそばにいてくれるという感覚を持つことができます。

制作期間は、会社やダイヤモンドのサイズによって異なりますが、3か月~6ヶ月ほど。
価格は最も小さな0.1ctで30万円ほど2ctになると300万円を超えることもあります。

麗石

遺骨を、石英やガラスなど結晶石の成分となる材料と共に高温で溶かした後、ゆっくりと冷却し、結晶を析出して成長させた人工宝石麗石といいます。
天然石には見られない色やきれいな模様があり、型に流し込んで製作するので、どんな形にも加工することができます。

ペンダントやリングといったアクセサリーに加工したり、数珠の一部として取り入れたり、オブジェとして飾ったりと、さまざまな場面に対応可能です。
また強度もあり、めったなことでは破損しません。
もし割れた場合でも、溶かして再生することができます。

価格は10万円~30万円となっています。

手元供養が近年なぜ人気なのか

お墓

手元供養を選ぶ方には、さまざまなケースが見られます。

  • 長年連れ添った夫婦のどちらかが亡くなったり、家族を亡くしたりして、寂しさや喪失感からどうしても遺骨を手離せない
  • 子供や孫にお墓の負担をかけたくない、お墓が遠方にあるためお墓参りが困難、経済的にお墓が建てられない、お墓は不要と考えているなど
  • 故人が散骨や樹木葬を望んでいるが、全部無くなってしまうのは忍びない、手を合わせる対象を残しておきたい
  • 仏壇の代わりとして部屋に置きたい

このようないろんなケースに対応できる新しい供養方法として、手元供養の需要は高まっています。
以下で手元供養が人気な理由を掘り下げていきたいと思います。

故人を身近に感じられる

お墓に埋葬したり、散骨などで手元から遺骨が離れてしまうと、言いようのない寂しさや喪失感を感じてしまうことがあります。
そんな方々の心の慰めになるのが手元供養です。
いつも身近に置いておくことで、故人がそばで寄り添っていてくれるような気持が得られ、悲しみが和らいだり寂しさを紛らわすことができます。

費用がそれほど高くない

お墓を建てる場合の費用の相場はおよそ170万円前後になります。
また、永代供養や樹木葬などはお墓よりは安くすみますが、それでも数十万円はかかります。

その点、手元供養ならものにもよりますが、かかる費用は数千円から数万円ほどですむものもあり、自分たちの予算に合わせた手元供養品を選べるという点もポイントです。

お参り・供養がいつでもできる

お墓はあっても遠方だったり、高齢、体が不自由などでお墓に行くのが困難な場合でも、手元供養なら自宅でいつでも故人に手を合わせ供養することができます
常に身近にあるので、毎日語りかけることもできます。

手元供養の種類まとめ

お墓

手元供養の種類費用について詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

  • 自宅に飾って置ける置物タイプには、オブジェやミニ骨壺などがある
  • 身に付けられるアクセサリータイプには、ペンダントやリングなどがある
  • 遺骨を加工するタイプには、ダイヤモンドや霊石などがある
  • いずれも費用は数千円~数百万円と幅広く、それぞれの予算に応じたものがある
  • 故人を身近に感じられる、お墓参りや供養がいつでもできるなどメリットが多い

というようなことが分かりました。

永代供養や散骨、樹木葬など、近年は従来のお墓という制度にとらわれないさまざまな供養の形が注目されるようになってきました。
手元供養は、これまでのお墓への埋葬だけでなく、新しい供養方法と組み合わせることも可能です。
より故人を近くに感じ、残された者の心の拠り所にもなる手元供養は、今後ますます増えていくでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは「手元供養の種類」以外にも、手元供養についてより詳しく解説した記事が多数あります。ぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「手元供養・種類」に関連する記事

  • 遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

    遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

    大切な人を、亡くなった後もずっと身近に感じられたなら…そう思ったことはありませんか? 遺骨を手元供養すればそれが可能になります。 終活ねっとでは遺骨の手元供養について具体的な種類や方法を紹介します。 ぜひあなたに合った形を見つけてくださいね。

  • 遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

    遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

    遺骨の「手元供養」はお墓のいらない新しい感覚の供養方法です。お墓離れという言葉もある現在、遺骨の「手元供養」が注目を集めています。今回は遺骨の「手元供養」についてご案内します。アクセサリーやプレートなど、手元供養にぜひおすすめのアイテムも紹介していきます。

  • 手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説しますのサムネイル画像

    手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

    最愛の人のご遺骨は、毎日身近に感じられるように、手元供養したいと思いますよね。でも、そのためには費用がどれぐらいかかるのか、相場や内訳をしっかり把握しておきませんか?今回は、手元供養の費用についての内訳や相場を開設したいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

  • お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

    都市化と生活スタイルの変化によるお墓離れが進んでいます。宗教観の変化、お墓のある田舎が遠い、経済的にお墓を建てることが難しいなどの理由があります。そこで従来の供養に代わる方法として手元供養が注目されています。今回はお墓に代わる手元供養についてご紹介いたします。

  • 遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

    遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

    忘れられない故人がいる。姿は見えなくても、そばにいて欲しい存在との永遠の別れ。そんな時、遺骨を手元供養するという方法はいかがでしょうか?自宅で遺骨を手元供養をする方法をご紹介いたします。

  • 手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

    手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

    跡継ぎやお墓参りが難しくなり、墓離れが進む現代。手元供養という新しい方法があるのをご存知ですか?今回は手元供養の方法や手順について詳しく解説していきます。お墓の継承に悩んでいる方、新しい供養の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

  • 遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理についてのサムネイル画像

    遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

    遺骨の供養方法で悩む方はたくさんいらっしゃいます。最近では、永代供養が注目される一方で、愛する故人を身近に感じることができる手元供養の人気が高まっています。今回は、永代供養と手元供養について解説します。役立つ情報ですので最後までご覧ください。

  • 遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

    遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

    遺骨供養に手元供養という選択肢があるのをご存知ですか?今回は手元供養についてメリット・デメリットから、手元供養を行う際の書類、金額別の遺骨供養方法まで、手元供養に関する情報をまとめてみました。あなたにぴったりの手元供養の方法が見つかるかもしれません。

  • 大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷についてのサムネイル画像

    大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷について

    手元供養という新しい形の供養を選ぶ方が増えてきています。 骨壷とは思えないような美しいデザインの骨壷は、インテリアの一部としても違和感がありません。 近年のライフスタイルの変化により、今後ますますニーズが高まるであろう手元供養についてご紹介します。

  • お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

    お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

    遺骨や遺灰をお墓とは別に自宅などで供養する手元供養が増えています。常に遺骨を身近に置き、故人を偲ぶことができる手元供養について解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「手元供養・種類」についてさらに知りたい方へ

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説しますのサムネイル画像

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理についてのサムネイル画像

遺骨を永代供養をするなら、手元供養も考えては?遺骨の管理について

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介しますのサムネイル画像

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷についてのサムネイル画像

大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷について

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「手元供養・種類」についてさらに知りたい方へ

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像

遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説しますのサムネイル画像

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓なしの手元供養?手元供養をお墓代わりに?詳しく解説します!

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと