亡くなったペットを納骨堂で供養してもらうにはどうすればいい?

愛するペットが亡くなり、ペットの納骨堂で供養をしてもらう決心したけれど、どのようにしたらよいのでしょうか。今回はペットの納骨堂の施設や許可、費用はどれくらいかかるのかを、ペットを納骨堂に納めず、自宅で埋葬する方法も含めて紹介します。是非最後までご覧ください。

目次

  1. ペットの納骨堂について
  2. ペットのご遺骨を納骨堂に納骨する方法
  3. 納骨堂に入れずにペットを自宅で供養する
  4. 各地の人気のペット納骨堂と料金相場
  5. ペットの納骨堂を選ぶ際の注意点
  6. ペットの納骨堂についてまとめ

ペットの納骨堂について

ペット

愛するペットが亡くなって、これから供養するにはどのような方法がよいか迷っていませんか?

あるいは今愛するペットは元気だけれど、もし亡くなってしまったら、愛するペットをどのように供養してあげたらよいのだろうかと思ったことはありませんか?

亡くなったペットを供養する方法のひとつに、ペットの納骨堂に納めて供養する方法があることをご存知ですか?

そして、ペットの埋葬方法はさまざまあります。
そのひとつにペットの霊園の納骨堂に納める方法があります。
ペットの納骨堂は亡くなったペットを火葬にしたのち、ペットのご遺骨を骨壺に収めその骨壺を安置する納骨堂のことをいいます。
納骨堂は納骨殿とも霊堂ともいいます。

可愛がっていたペットとは離れがたいですが、愛するペットを供養することは大切なことです。

  • ペットを納骨堂に納めるにはどうすればよいか?
  • 納骨堂にはどんなタイプがあるのか?
  • ペットを納骨堂に納めず、自宅で供養する方法
  • 各地方の人気のペットの納骨堂を紹介

以上のようにペットの納骨堂に関するさまざまな疑問を解説します。

ペットへの愛情はペットが亡くなった後にも続くものです。
愛するペットのをきちんと供養するためにも参考にしていただきたいと思います。

ペットのご遺骨を納骨堂に納骨する方法

猫

本来納骨堂は、期間を設けてご遺骨を預けるところでしたが、近年は定期的に契約更新をして永代供養をしたり、最初から永代供養として納める場合が多くなっています。

ペットの納骨堂は個別に納骨する場合と、合同で納骨する場合があります。
また、ペットの主人の方の宗派や宗教を問わない霊園が多いようです。

ペットの納骨堂の良いところは、個別の墓地は屋外にあるのに対し、納骨堂は屋内のお墓というように大半は屋内にあるため、雨の日のお参りでも濡れる心配がありません。

また納骨堂に納めておくと、引越ししなければならなくなった時にも、他のペット霊園にご遺骨を移動することや自宅に引き取ることも可能です。

ペットの納骨堂に納める場合の注意点は、ペット霊園によって使用料等に差があります
万が一の時に備えて、見学をさせてもらったり、問い合わせをして納得のいくペット霊園を選ぶことが大切です。

人は自分のため家族のために終活があるように、愛するペットに対してもしっかり終活してあげることで、行く末を安心してともに元気に過ごせることが理想といえるでしょう。

納骨堂に納骨するのに許可はいるのか

まず、ペットのご遺骨を納骨堂に納めるのに、何らかの許可が必要でしょうか。
人のご遺骨を納める場合には墓地であれ納骨堂であれ、納骨する場合には埋葬許可証が必要になりますが、ペットの場合は許可をとる必要はありません

愛するペットのご遺骨を納めたい納骨堂との契約をすることで、納骨堂に納骨することが可能となります。

ペットの納骨堂にご遺骨を納める手順

愛するペットを納骨堂に納骨するには、どのようにすれば良いのでしょう。亡くなったペットのご遺骨を納骨堂に納骨をするまでの流れを紹介します。

火葬後すぐにご遺骨を火葬したペット霊園に納骨する場合は、遺骨を収めた骨壺をペット霊園に預けます。
すぐに納骨堂に納める場合と、個別や合同供養祭等で読経後、納骨堂に納める場合があります。

ペット霊園で火葬したご遺骨をしばらく自宅で供養したい場合は、自宅に骨壺を持ち帰ることができます。

気持ちの整理ができた頃に納骨堂に納める場合には、火葬したペット霊園、または新たに納骨堂のあるペット霊園を選び、個別納骨するか合祀納骨するか決めて納骨します。

火葬および納骨の際に読経をしてもらうかしてもらわないかは、飼い主が選ぶことはできます。
しかし、ペット霊園によっては読経しないで納骨することができない場合がありますので、確認をする必要があります。

個別の納骨堂に納骨する

個別の納骨堂に納骨する場合には、骨壺を安置する方法が棚式とロッカー式と、主に2つのタイプに分けられます。
ペット霊園によっては両タイプある場合もありますが、そうでない場合もあります。

それ以外にも仏壇タイプの納骨堂もあります。
希望するペット霊園ではどちらのタイプがあるか、確認するときの参考にしてはいかがでしょう。

棚式

棚式には、上下左右がしっかり棚板で仕切られているタイプや、上下は棚板で仕切られ、左右の仕切りは低めの境がわかる程度の仕切りで仕切られているタイプがあります。

どちらも前面に扉はなく、棚式のタイプは開放的になっているものです。

ロッカー式

ロッカー式はコインロッカーのような納骨堂になっています。
個別に骨壺を安置するので、他の参拝者の目に触れないようになっているものです。

個別になっているので、ロッカーの中は亡くなったペットの個性に合わせアレンジすることが棚式のタイプ以上にできるといわれています。

棚式もロッカー式も限られたスペース内なら骨壺だけでなく、お供えの花や亡くなったペットの位牌や写真、身につけていたもの、好きだったものなどをお供えしたり納めたりできます。

ただしペット霊園によってはご遺骨以外に納めるものに制約がある場合がありますので、あらかじめ確認をすることをお勧めします。

仏壇式

仏壇式はご遺骨を収めた骨壺を仏壇の下の収納部分に納め、上段には位牌や写真を安置したり、仏具や好きだったものなどを納めます。

ペットの納骨堂でこちらのタイプがある納骨堂は、棚式やロッカー式よりは少ないようです。

お参りの仕方

お参りの仕方はペットの霊園によって異なりますが、一般的には個別の納骨の場合は、棚式もロッカー式も骨壺の前で礼拝します。
納骨堂によっては、納骨堂内に礼拝用にご本尊様を祀ってあるところもあります。

合同納骨堂に納骨する(永代供養してもらう)

ペットのご遺骨を個別に納骨する以外に、永代供養を前提として合同納骨堂または供養塔、共同墓地に納骨する方法があります。

合同納骨堂は区画の無い棚に骨壺ならべる場合と、供養塔、共同墓地などは骨壺からご遺骨を出し、亡くなった他のペットと共に埋葬する方法です。
合同納骨堂に納骨する価格は個別よりお手頃です。

骨壺を並べる方法のものは、返骨できるでしょうが、供養塔、共同墓地の場合は他の亡くなったペットとの合同の埋葬のため、何らかの理由があっても一度合祀してしまうとご遺骨を移すことはできなくなるので永代供養してもらうこととなります。

合同納骨堂や合同供養塔、共同墓地を選ぶ理由は、多くの亡くなったペットの飼い主がお参りに訪れたり、亡くなったペットにお友達ができるので寂しくないからという意見が多いようです。

納骨堂に入れずにペットを自宅で供養する

いぬ

ペットを納骨堂に入れずに自宅で供養したいと願う人もいることでしょう。
大切な家族であるペットはたとえ亡くなっていても、いつでも近くにいたいと思うものです。

自宅でペットのご遺骨を供養することを手元供養といいます。
一般的には手元供養とはお寺や霊園に納骨する遺骨の一部を自宅で供養するということのようですが、ペットの場合は分骨だけでなく骨壺に収められたすべてのご遺骨を自宅で供養する場合もあります。

ペットのご遺骨を自宅で供養するのに許可はいるのか

ペットのご遺骨を自宅で供養することに対して、何らかの許可が必要か心配になりますが、この場合の許可をとる必要はありません
愛するペットのご遺骨の供養は自宅でも可能なのです。

供養方法

自宅で愛するペットの供養する方法は、大きく2つの方法があります。
ひとつはペット用の祭壇を作る方法、もうひとつは庭にご遺骨または亡骸を埋葬する方法です。

それではどのようにペットの供養をすればよいのか気になることでしょう。
ペットの供養の際に以下で紹介する方法を参考にしてみてはいかがでしょう。

ペット用の祭壇を作る

まず最初に亡くなったペットのご遺骨を安置するペット用の祭壇または仏壇を用意しましょう。
最近では、ペット用の祭壇または仏壇を販売していますので、そちらを購入することもできますし、そうしたものを利用しなくても大丈夫です。

祭壇または仏壇あるいは四角いお盆などの奥の位置に、ペットのご遺骨を安置します。
手前に少なくとも花立て、香立て、お供え皿など仏具を用意しましょう。
花立には花を生け、香立てにはお線香を、お供え皿には亡くなったペットの好きだった食べ物をお供えするとよいでしょう。

ペット用の仏具はさまざまありますが、日ごろペットが使用していたものを利用することができます。
お金をかけなくても、生前同様にたくさんの愛情をもって話しかけてあげることが一番の供養になることでしょう。

庭に埋葬する

ペットのご遺骨または遺体を埋葬できる場所は、埋葬する人がその土地を所有していなくてはなりません。
ペットのご遺骨は多くの場合庭に埋葬します。
公共の場所や自分が所有していない場所に埋葬することは犯罪となりますので注意しましょう。

庭に埋葬する場合には、亡くなったペットが好きだった場所やできれば日当たりの良い場所、人が踏んだりしない亡くなったペットがゆっくり休め、眠れそうな場所を選ぶのがよいでしょう。

ペットのご遺骨を自宅の庭に埋葬する方法

ペットのご遺骨を自宅の庭に埋葬する場合には、ペットの大きさにもよりますが、30cm以上の土がご遺骨に被る程度の穴を掘ります。
そして、ご遺骨を直接または化学繊維を使用していない「さらし」のような布に包んで納め、掘り起こした土を被せます。
お墓とわかるようにして、供花やお線香を手向けて供養します。

火葬した状態のご遺骨は、骨格がしっかり残るので、ゆっくりと土に還ってゆきます。
早く土に還してあげたい場合には、ご遺骨を細かくしてもらえるか、火葬の際に相談するとよいでしょう。

骨壺入った状態のまま埋葬することも可能ですが、土に還る時間が直接ご遺骨を埋葬するよりもより長くなります。

ご遺骨を埋葬した後に残った骨壺は、怪我の無いよう注意して形を崩し、素材に応じて市町村の廃棄方法に従って廃棄します。

ペットを自宅の庭に土葬にする方法

ペットの遺体を自宅の庭に土葬にする場合は、ご遺骨を埋葬するよりも穴を深く掘る必要があります。
その理由は腐敗臭を防ぐため、浅いと動物に掘り起こされる可能性が高いためです。

ペットの遺体に1mくらい土が被ることを想定して穴を掘り、腐敗を促すため木綿のタオルなどを敷き、土が直接遺体にかからないように再度タオルなどで覆ってあげるか、包み埋葬します。
ペットの遺体に掘り起こした土を被せ、さらに盛り土をします。

盛り土をするのは、ペットの遺体が腐敗するにしたがって、土が徐々に下がっていくからです。
盛り土の上に墓石となる石を置きます。
ご遺骨を埋葬する場合と同様に、供花やお線香を手向けて供養します。

土葬の場合は火葬したご遺骨よりも土に還る時間がはるかに長く、数年をかけて土に還ることとなります
このため最近では土葬ではなく、火葬したご遺骨を埋葬する方法が多くなっています。

各地の人気のペット納骨堂と料金相場

ペット

ペットの納骨堂は日本各地に多くあります。
納骨堂に納骨する際の費用はいったいどのくらいかかるのでしょうか
愛するペットを納骨するために各地のペット納骨堂と契約時の参考料金を紹介します。
ペット霊園は消費税込みの場合、税抜きの場合がありますので依頼の際に確認するようにしましょう。

東京のペットの納骨堂

東京にあるペットの納骨堂があるペット霊園を紹介します。

名称 所在地 個別タイプ 金額(円) 合祀埋葬の金額(円) 特徴 電話番号
ペットワールド六義園 文京区 個室、個別、合同 5,000~1,200,000 5,000~50,000 欧風クラシック調、金額は個室の大きと納骨期間による 0120-180-911
宗教法人 慈恵院付属多摩犬猫霊園府中本院 府中市 棚式、ロッカー式 0~360,000 0~10,000以上 個別の場合は2年ごとの更新、人とペットが共に納骨できる納骨堂あり、足立区に別院あり 0120-948-152

いずれも火葬から埋葬までできるペット霊園です。

ペットワールド六義園は春の合同供養をはじめ、お盆や秋のお彼岸には法要が催され、個別の追善法要にも対応しています。

また、宗教法人慈恵院付属多摩犬猫霊園の0円は、同施設で火葬した場合、棚式の納骨堂に2年間安置する場合の費用です。
人とペットが共に納骨できる納骨堂の料金は霊園にお問い合せ下さい。

宗教法人慈恵院付属多摩犬猫霊園は毎日予約なしで読経や塔婆、お線香や花をお供えすることもきめられた時間内であれば可能です。
追善供養やお彼岸やお盆の供養祭、個別の法事の対応もあります。

また、大事な家族の一員であるペットと一緒に眠りたいとお考えの方もいらっしゃると思います。
終活ねっとでは、東京都にあるペットと一緒に眠れる人気の霊園をランキング形式で紹介しています。
気になる方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

東京都でペットと入れる人気霊園ランキング5選!お墓の値段相場・資料請求

東京都で人気のペットとは入れる霊園を5つランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある永代供養を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。霊園の値段相場や東京都のお墓・霊園事情も解説しています。霊園を検討する際に参考にしてください。

東京都にあるペットとの供養が可能な霊園をお探しの方はこちらをご覧ください。

大阪のペットの納骨堂

大阪にあるペットの納骨堂があるペット霊園を紹介します。

名称 所在地 個別タイプ 金額(円) 合祀埋葬の金額(円) 特徴 電話番号
ひらかた動物霊園 枚方市 棚式(個別、合同) 15,000~50,000 10,000 前面が開閉可能な硝子の扉があり装飾可能 072-808-0833
ワールドペット霊園 南河内郡 棚式 40,000~60,000 10,000~15,000 個別納骨の際に仏具セット付、個別管理費は2年目以降で更新あり 0721-93-1277

いずれも火葬から埋葬までできるペット霊園です。

ひらかた動物霊園は別途骨壺料がかかります。月例法要、春秋のお彼岸、お盆の特別法要が行われ、追善供養などの個別法要にも対応しています。

ワールドペット霊園は共同墓地に埋葬する場合は、百ヶ日忌までのおよそ3ヶ月間は個別納骨堂で供養し、その後合祀埋葬となります。
個別納骨堂に安置期間中は仏具セットは無料です。
また、埋葬後5年間の供養札は有料となります。

大阪府にあるペットとの供養が可能な霊園をお探しの方はこちらをご覧ください。

札幌のペットの納骨堂

札幌にあるペットの納骨堂があるペット霊園を紹介します。

名称 所在地 個別タイプ 金額(円) 合祀埋葬の金額(円) 特徴 電話番号
北海道動物霊園 札幌市 棚式、仏壇式 10,000~65,000 5,000~30,000 金額は1年間の使用料(別途預り金、保証金あり) 豊平萬霊塔は屋内 0120-128-494
ペット霊園やすらぎの丘 札幌市 棚式 11,000~33,000 3,000~6,000 神式による法要 0120-73-3311

いずれも火葬から埋葬までできるペット霊園です。

北海道動物霊園の澄川合祀墓は屋外となります。
法要は火葬前、火葬後や追善供養は個別対応となります。

そして、ペット霊園やすらぎの丘の法要は月例供養祭があり、五十日祭、百日祭、一年祭も対応しています。

北海道にあるペットとの供養が可能な霊園をお探しの方はこちらをご覧ください。

福岡のペットの納骨堂

福岡にあるペットの納骨堂があるペット霊園を紹介します。

名称 所在地 個別タイプ 金額(円) 合祀埋葬の金額(円) 特徴 電話番号
大宰府ペットパーク 大宰府市 棚式(共同あり)、ロッカー式 5,500~25,900 5,000 公園型動物霊園、納骨堂が屋内・屋外にある、2年目からは減額、粉骨サービスあり 0120-7474-78
ペット霊園さわらメモリアルパーク 福岡市早良区 棚式(個別、特別、合同) 3,000~77,000 3,000 個別にはガラスの扉付きの区画あり 0120-565-194

いずれも火葬から埋葬までできるペット霊園です。

大宰府ペットパークでは屋外の納骨堂および合祀墓には、メモリアルプレートとして屋外でも耐久性のある写真とメッセージが載せられるものが7,000円から作ることができます。

ペット霊園さわらメモリアルパークの法要は、春と秋に合同慰霊祭があります。
個別の法要にも対応しています。

福岡県にあるペットとの供養が可能な霊園をお探しの方はこちらをご覧ください。

ペットの納骨堂を選ぶ際の注意点

人々

ここまでペットの納骨堂について詳しく説明してきて納骨堂でペットを供養しようと決めた方もおおいのではないでしょうか。
そんな方に最後にペットの納骨堂を決める上での注意点を説明したいと思います。

管理が行き届いているか

大事な家族の一員であるペットをきちんと供養してもらうためにも、その納骨堂が管理されているかどうかを必ず確認しましょう。
仏様の供花が枯れていないか、床やトイレがきちんと掃除されているかなどを確認しましょう。
また、ただ納骨堂に供養することだけでなく供養祭などペットが安らかに眠ることができる行事を行ってるかどうかも確認してみてはいかがでしょうか。

納骨堂のある土地は借地かどうか

自治体によっては、ペット霊園の土地所有を規制しているところもあります。
実際に大阪市のあるペット霊園が突如閉鎖され利用者のペットのご遺骨がどこにあるかわからないというケースもありました。
ご自分のペットのご遺骨がどこにあるかわからないという状況にならないためにも納骨堂のある土地が借地かどうかを確認してください。

ご自宅からアクセスしやすいか

すべてのお墓に言えることですが、ご自宅からアクセスしやすいかどうか必ず確認してください。
アクセスしにくいところに供養した場合、お墓参りが困難になり大事なペットと顔を合わせられないというケースもございます。
納骨堂を検討の際には必ずご自宅からのアクセスを確認してみてください。

ペットの納骨堂についてまとめ

ペット

愛する家族であるペットの供養のひとつとして、ペットのご遺骨を納骨堂に納める方法について紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

ペットの納骨堂を利用する場合、心に留めておくことは次のようになります。

  • ペットの納骨堂とは、遺骨を骨壺に収め、その骨壺を安置するお堂のことをいい、主に屋内にあります。
  • ペットの遺骨をペットの納骨堂に納め供養する場合や自宅に埋葬、および手元供養する場合において、許可を申請する必要はありません。
  • ペットの納骨堂のタイプには棚式、ロッカー式、仏壇式があり、また1体ごとに安置する区画、複数体安置できる区画、他のペットと合同で安置する方法があります。
  • ペットを納骨堂に納め供養することの利点は、返骨してもらえること、他の納骨堂や墓地への移動が可能なことなどを挙げることができます。
  • ペットの納骨堂の料金はペット霊園により異なり、また同じペット霊園の中でも区画の大きさやタイプ、納骨期間などを基準として金額に差異があります。
  • ペットの納骨堂によって供養である法要の方式、回数が異なります。

以上の事柄をふまえた上で、ペットの納骨堂を予め見学したり、よく問い合わせたりして、選ぶことが大切です。

たとえ亡くなってしまっても、愛しいペットです。
いつでもお参りできて、ご遺骨をゆっくり安らかに眠らせてあげることも供養のひとつでしょう。

ペットの納骨堂や埋葬する方法、区画のタイプは、あなたの大切なペットがどこでゆっくり休むのが幸せなのかを考え、生前のペットの個性を生かしてあげられるとよいですね。

今回終活ねっとでは、「ペットの納骨堂」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますので参考にして見てはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「ペット・納骨堂」に関連する記事

  • 愛するペットが亡くなったとき、納骨堂に納めるという選択のサムネイル画像

    愛するペットが亡くなったとき、納骨堂に納めるという選択

    愛するペットが亡くなった時、あなたはどうしますか?悲しみにくれるでしょう。しかし悲しんでいるわけにはいきません。ペットを埋葬するか、遺骨を納骨堂に納めるかの選択をしなければならないのです。今回は納骨堂を選択する場合についてまとめました。

  • ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介のサムネイル画像

    ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介

    ペットも家族同然。そのような想いでペットと生活している人は多いでしょう。でも、命あるものはいつか必ず死を迎えます。ペットのお墓について考えたことはありますか?どのように供養してあげたいですか?また、一緒のお墓に入れることは可能なのでしょうか?

  • 知っておきたい!大切な家族であるペットのお墓選びのサムネイル画像

    知っておきたい!大切な家族であるペットのお墓選び

    犬や猫などペットを飼っていて、家族同然にかわいがっていらっしゃる方も多いと思います。大切な家族だからこそ、お別れをした後どんなお墓にするか考えておきたいものです。知っておきたいペットのお墓の選び方を説明いたします。

  • 大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!のサムネイル画像

    大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!

    大事なペットが亡くなってしまったらどうすればいいのでしょうか。ペットを永代供養をする場合にはどのような手続きが必要なのか、その費用はどのくらいかかるのかご紹介します。また永代供養以外の供養の方法もご紹介します。

  • ペットのお墓の値段ってどれくらいなの?相場や注意点についても紹介のサムネイル画像

    ペットのお墓の値段ってどれくらいなの?相場や注意点についても紹介

    ペットの長寿化に合わせてペットの終活が話題です。ペットの終活ではお墓について考えることが大きな位置を占めています。今回はペットのお墓について値段の相場を中心に解説いたします。値段だけでなくお墓選びの注意点もご説明いたします。ペットの終活に役立つお墓の情報です。

  • ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!のサムネイル画像

    ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!

    家族の一員であるペットとの悲しい別れが来たらお墓に入れてあげたいと思いませんか?しかしペットのお墓の費用っていくらぐらいが相場なのでしょうか?そこでペットのお墓の費用について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • ペットの供養の方法・種類を一挙紹介します。のサムネイル画像

    ペットの供養の方法・種類を一挙紹介します。

    今やペットは大切な家族の一員です。いつまでも元気でそばにいて欲しい存在ですね。 でも、いつかお別れをする時がきます。 その時のことを考えたことがありますか? 供養の方法は? 供養に必要なものは?等 もしもの時ペットと後悔しないお別れができるように最後までお読みください。

  • ペット可のお墓ってあるの?その他のペットの供養方法も紹介!のサムネイル画像

    ペット可のお墓ってあるの?その他のペットの供養方法も紹介!

    ペットを飼っていらっしゃる方は年々増えているそうですが、ペットが亡くなったときの供養の仕方やペット可のお墓についてご存知ですか? 今回は各地のペット可のお墓や、法律関係、またお墓以外でのペットの供養方法も紹介いたします。 ぜひ参考にしてみてください。

  • ペットが亡くなったときの霊園・墓地ってどうすればいいの?のサムネイル画像

    ペットが亡くなったときの霊園・墓地ってどうすればいいの?

    大切な家族であるペットが亡くなったとき、人間の家族同様、しっかりと見送ってあげたいと思いますよね。どうやって送り出せばいいの?お骨を預ける霊園はあるの?いつか訪れる別れのときの為に、ペットの為の霊園・墓地について学んでみましょう。

  • ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!のサムネイル画像

    ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!

    ペット霊園での供養にかかる値段をご存知ですか?大切なペットがなくなったとき手厚く弔ってあげたいとお考えの方はいらっしゃるかと思います。今回の記事ではペットのご供養にかかる費用はもちろん、ペット霊園での供養方法についても解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「ペット・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

愛するペットが亡くなったとき、納骨堂に納めるという選択のサムネイル画像

愛するペットが亡くなったとき、納骨堂に納めるという選択

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介のサムネイル画像

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介

知っておきたい!大切な家族であるペットのお墓選びのサムネイル画像

知っておきたい!大切な家族であるペットのお墓選び

大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!のサムネイル画像

大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!

ペットのお墓の値段ってどれくらいなの?相場や注意点についても紹介のサムネイル画像

ペットのお墓の値段ってどれくらいなの?相場や注意点についても紹介

ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!のサムネイル画像

ペットのお墓の費用っていくらかかるの?相場や内訳を紹介します!

ペットの供養の方法・種類を一挙紹介します。のサムネイル画像

ペットの供養の方法・種類を一挙紹介します。

ペット可のお墓ってあるの?その他のペットの供養方法も紹介!のサムネイル画像

ペット可のお墓ってあるの?その他のペットの供養方法も紹介!

ペットが亡くなったときの霊園・墓地ってどうすればいいの?のサムネイル画像

ペットが亡くなったときの霊園・墓地ってどうすればいいの?

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!のサムネイル画像

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「ペット・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

愛するペットが亡くなったとき、納骨堂に納めるという選択のサムネイル画像

愛するペットが亡くなったとき、納骨堂に納めるという選択

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介のサムネイル画像

ペットのお墓について埋葬・供養の方法や一緒に入れるお墓などを紹介

知っておきたい!大切な家族であるペットのお墓選びのサムネイル画像

知っておきたい!大切な家族であるペットのお墓選び

大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!のサムネイル画像

大事なペットを永代供養したい!費用や永代供養ができる場所を紹介!

ペットのお墓の値段ってどれくらいなの?相場や注意点についても紹介のサムネイル画像

ペットのお墓の値段ってどれくらいなの?相場や注意点についても紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと