沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説します

日本でも南の方に位置する地域である沖縄。歴史的に本州などとはまた別の独特の文化が花開いたこともあり、お墓の形も、またそこに見られる特徴も本州とは異なっており、沖縄以外の地域の人々でも関心を寄せる人が少なくありません。今回はそんな沖縄のお墓について見ていきます。

目次

  1. 沖縄のお墓について
  2. 沖縄のお墓は大きい!
  3. 沖縄のお墓の種類
  4. 沖縄のお墓の値段の相場
  5. 沖縄ではお墓の前で宴会をする?
  6. 現代の沖縄のお墓事情
  7. 沖縄のお墓についてまとめ

沖縄のお墓について

沖縄

日本の南に位置する沖縄は国内有数の観光地としても有名です。
その歴史も、本州を中心とする日本本土とは別に、中国や朝鮮半島、東南アジアなどの周辺地域との交流を軸に発展してきたため、日本の他の地域のものとはまた異なった独特の文化が花開いてきました。

その独特さのためにエキゾチックな気持ちになることのできる沖縄ですが、文化の発展の仕方が異なってきたことはお墓の形にも大きな影響を与え、日本のほとんどの地域に見られるお墓とは異なる独特の特徴を持ったお墓の発展へとつながりました。

はたして、沖縄のお墓にはどのような特徴があり、また内部はどのようになっているのか不思議に思う人も多いのではないでしょうか?
そこで終活ねっとでは今回、沖縄のお墓について詳しく取り上げていきたいと思います。

沖縄のお墓について、

  • 沖縄のお墓の特徴としてどのようなものが挙げられるか?
  • 沖縄のお墓の種類にはどのようなものがあるのか?
  • 沖縄のお墓の相場はいったいどのくらいか?
  • 沖縄でのお墓参りである清明祭では一体どのようなことをするのか?
  • 現代の沖縄のお墓にはどのような事情があるのか?

を軸に今回の記事を進めていきます。

沖縄のお墓は大きい!

まず、最初に沖縄のお墓に見られる特徴について見ていきたいと思います。

沖縄のお墓の最大の特徴といえばその大きさです。
とはいっても、本州など日本の大部分に見られるようなお墓をそのまま大きくしたものというわけではありません。

一言でいえば、家に例えることができるような大きさといえます。
そして、その中に故人の遺骨を収容できるうえ、きちんと観音開きの扉までついているため、日本の普通のお墓以上に故人にとっての「終(つい)のすみか」であるということを実感できるものになっています。

なお、お墓の中には遺骨を納めるスペースのほか、故人に供養を捧げるための焼香台なども設けられており、いわば現代において普及している納骨堂を家庭や共同体で持っているようなものとイメージしていただければわかりやすいのではないでしょうか。

ちなみに、沖縄のお墓が家と形容できるような形になった理由として、もともと沖縄では風葬と呼ばれる葬送の方法が一般的だったことがあげられます。
風葬とは故人の遺体を洞窟や岩陰に安置し、自然の成り行きのままに風化させた後に残った遺骨をきれいに洗って納骨するというものです。

風葬を行う際に遺体を安置しておくための大きさを確保するためは、ご遺体の周囲に石を積み上げてる必要がありました。
そこから沖縄では家のようなお墓が形成されるようになりました。

沖縄のお墓の種類

沖縄のお墓の特徴をあらかた見てきたところで、今度は沖縄のお墓の種類について見ていきましょう。

大きく分けて破風墓亀甲墓門中墓という3つのタイプがありますが、それぞれについて詳しく見ていきます。

破風墓

破風墓(はふばか、はふーばか)は、沖縄独自のお墓の中でももっとも古くからあるタイプです。
破風とは、日本の伝統的な建築物に設けられている三角屋根の側面についている板のことで、破風墓の屋根もまた三角屋根がついていることからこのように名づけられました。

破風墓は琉球王国時代(1429~1879)から見られていましたが、その間は王室にのみ使用が許されたお墓の形式でした。
このため、その当時は一般庶民が破風墓を建てることは禁止されていました。

日本の明治政府による琉球処分によって琉球王国の時代は終わり、その後の廃藩置県によって沖縄県が成立しました。
沖縄県が成立した段階で破風墓が解禁され、一般庶民が破風墓を建てるという例が徐々に増えはじめました。

三角屋根が特徴的な破風墓がつくられるようになった原因ですが、それは沖縄が台風の通過しやすい地域であるということが大きく関係しています。
つまり、台風によって雨や風の影響にさらされやすい地域であるため、屋根を設けることによって墓室を守ることを可能としたものです。

亀甲墓

沖縄のお墓で破風つきの三角屋根を持つタイプのものが破風墓であるのに対し、亀の甲羅のような形をしているものが亀甲墓(きっこうばか、かめこうばか、かーみなくーばか)です。

亀甲墓はお墓の囲いに設けられた入り口から入って、墓庭(はかなー)と呼ばれる空間と墓室の間にある空間を経て、墓室に至ることができるようになっています。
お墓によっては入口付近に屏風(ヒンプン)を設けて、悪い気がお墓に入らないようにしている場合もあります。

このうち、墓庭は4月の清明祭(シーミー)やお盆の時期に盛んにお墓参りが行われる際に故人をしのびつつ食事を行う習慣のために利用されます。

亀甲墓も破風墓と同様に琉球王国の時代から存在したものですが、こちらも国王に使える士族以外につくることは禁止されていました。
そして、琉球王国の時代が終わった後に破風墓とともに一般に解禁され、それ以降は庶民でも作る人が増えるに至りました。

ちなみに亀甲墓は沖縄の人々にとって人気のあるタイプのお墓です。
というのは、亀甲墓のデザインが女性の子宮をかたどったデザインをしているからといわれています。
沖縄では古くから亡くなった人は母親の子宮に戻るものと信じられてきたためです。

門中墓

先に紹介してきた2つのタイプはお墓の持つ特徴から名づけられましたが、ここで紹介する門中墓(もんちゅうばか、むんちゅーばか)は沖縄に伝統的に存在する一族(父系の血縁集団)で共同で使うお墓を意味します。

門中は17世紀から発達した祖先を共有する血縁集団のことで、門中墓に埋葬される人々はその門中の構成員とされている人々です。
その結束は非常に固いもので、構成員の子弟が教育を受けられるように奨学金を出し合ったり、託児所を設置・運営するといったことも行われています。

その構成員も千人単位の規模を誇るため、お墓の方もより広めのスペースが確保されており、普通の家族用のお墓に比べるとはるかに多くの骨壷を納めることができます。

現在でも門中の構成員がお金を持ち寄って、お墓の新規建設や修繕・管理を行う伝統が生きています。
このため、家族用のお墓に比べるとより規模の大きいお墓を建てることもできます。

ただ、現在では門中意識が薄れてきており、門中から独立する人も少なくないため、かつてほど大きな門中墓は建てられなくなってきています。

沖縄のお墓の値段の相場

お金

ここまで見てきたように沖縄特有のお墓にはいくつか種類があり、なおかつ日本で普通に見られるお墓に比べると大きいものになっています。
しかも、現在でもかつてほどではないとはいえ、継続して作られている状況です。

さて、そこで気になるのがこれらの沖縄特有のお墓を建てるための相場がいったいどのくらいかという点です。
ここでは、それについて見ていきましょう。

沖縄のお墓の特徴としては、昔ながらの伝統に基づいて規模が大きいこと、雨風をしのぐための屋根があること、中で法要ができること、そして亀甲墓のように周りを囲う柵があることなどを考えると300万円以上が相場です。

ただし、建てる場所が普通の霊園である場合、伝統的な規模の大きいものは難しいということも理解しておく必要があります。

沖縄ではお墓の前で宴会をする?

沖縄にも日本と同様、1年のうちで何度か大規模な年中行事があります。

そのうち、お墓にまつわるもので有名なものに清明祭(シーミー)というものがあります。
本土に住む人々にとっても知っている人が少なくない清明祭ですが、一体どのような行事かについてを見ていきましょう。

清明祭(シーミー)とは

清明祭とは、もともとは中国の風習で、先祖代々のお墓に墓参りをし、きれいに清め、墓前で家族や一族そろって食事をする、いわば祖先供養のための行事です。

毎年暖かくなる4月(旧暦3月)に行われますが、これは清明祭の行われる時期が「清明節(二十四節気の5番目の時期)」にあたることに由来しています。
琉球王国の歴史書によれば、この清明祭が最初に行われたのは1768年のことで、琉球が周辺諸国との貿易によって栄えていた際に大陸の風習も伝わって始められるようになったといわれています。

清明祭は大きく分けると「神ウシーミー」と「シーミー祭」とに分かれており、神ウシーミーでは清明節に入ってから最初の日曜日にご先祖様に関係のあるお墓に詣で、その次の日曜に身近な祖先のお墓参りに出かけます。

そして、そのあとで本祭ともいえるシーミー祭を盛大に催すというのが全体のスケジュールです。

清明祭の流れ

それではここで清明祭の流れについて見ていきましょう。

まず、ご先祖様のお墓の掃除を行います。
この掃除はお墓の周りの草刈りに至るまで入念に行われます。

お墓の掃除が終わったら、持参したご馳走をご先祖様の墓前にお供えします。
そして、ウチカビ(ご先祖様の霊があの世で使うためのお金)を焼き、さらに参列者が1人ずつウーコー(線香)をあげていきます。

一通りのお供えが終わった後は、墓前にビニールシートなどを敷いてクワッチーとよばれる料理を広げてみんなで食べます
この食事のひとときでは、泡盛やビールといったアルコール飲料やジュースなども交えて楽しく過ごします。

清明祭のお供え物・料理

清明祭では墓前で楽しく食事をとるのが最大の楽しいひと時ですが、それではその際の料理お供え物とはどのようなものなのでしょうか?

料理は主に重箱料理(いわばおせち料理のようなもの)が出され、田芋(たーんむ:沖縄地域でよく食される芋)や、昆布、ゴボウ、こんにゃく、皮付きの三枚肉、かまぼこ、揚げ豆腐、てんぷらなどが入っています。

なお、用意される料理は必ず奇数個の種類と決まっています。

現代の沖縄のお墓事情

お墓

昔ながらの沖縄のお墓はとても大きく、家族や一族(門中)のためにつくられたものです。
ですが、沖縄においても、他の日本の地域と同様に社会的な価値観が大きく変わってきており、それに伴ってお墓を取り巻く事情も変化を余儀なくされています。

ここでは、沖縄における現代のお墓事情について見ていきましょう。
特に沖縄で終活のためにお墓を建てようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

コンパクトなお墓が増えている

現代の沖縄ではかつてとは異なり、そこまで大きなお墓を建てるというようなことはしなくなりました。
むしろ、コンパクトな規模のお墓が増えている状況です。

こうなってきた要因はいくつか挙げられますが、主なものとして火葬が普及してきたことと、土地確保の問題が挙げられます。

まず火葬の普及についてですが、現代の沖縄でも日本の他の地域と同様に火葬が一般的になってきており、このため風葬を前提とした伝統的なお墓を建てるニーズがなくなってきている状態です。
それによって、国内の他の地域と同じような墓石を組み立てたようなお墓や永代供養墓、納骨堂といったものが広まってきています。

次の土地確保の問題ですが、伝統的なお墓が家と例えられるほどの大きさを持つ分、建てる際にも広い敷地が必要です。
ですが、現在の沖縄でも、特に那覇市などの都心部を中心に深刻な土地不足問題が発生してきています。

このため、新しく伝統的なお墓を建てようとすると行政側から許可が下りないという事例も増えてきており、伝統的なお墓を避ける人もそれに合わせて増加してきている状況です。

墓じまいや改葬をする人が増えている

現代の沖縄のお墓事情として、それまでの伝統的なお墓を墓じまいして、新しくコンパクトなお墓に改葬するという人も増えてきています。

日本の多くの地域と同様に、いくら他の都道府県と比べて出生率が高いとはいえ、沖縄でも少子高齢化が深刻で高齢者の数が増えてきています

そこでこれらの高齢者が自分の子孫に迷惑をかけたくないということで、終活の一環として子孫たちが簡単に管理しやすいように生前のうちからコンパクトなお墓に改葬しようという人も増加しています。

家族墓や兄弟墓が増えている

沖縄でも大きな割合を占めていた門中墓も、門中を重視しない人々の増加に伴ってかつてほど意味をなさなくなりました。
そのため、それに伴って家族墓や兄弟墓といった自分たちのためのお墓を選択する人々が目立ち始めています。

ニーズが高めなのが家族墓ですが、兄弟墓も同様に増えており、兄弟墓に至っては隣同士に並んだ個人墓を兄弟の人数分用意して、それぞれに兄弟の名前を入れるという仕様です。

沖縄のお墓についてまとめ

沖縄

なかなか世間一般に認知されにくい沖縄のお墓について見てきましたが、いかがでしたか?

今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 沖縄のお墓は家と形容できるほどの大きさで、中に焼香台などまで設けられていて供養もできるほどである。これは古くから風葬によって故人の遺体を処理し、その後残された遺骨を洗って骨壷に納めるやり方がとられていた名残のためである。
  • 沖縄のお墓には破風墓、亀甲墓、門中墓という3つのタイプがある。破風墓と亀甲墓は形状から名付けられ、かつては王族や士族のみが使用していたものだが、明治以降に一般にも普及するようになった。門中墓は門中と呼ばれる沖縄古来の血縁組織が共同で使っているお墓全般を指す。
  • 沖縄のお墓にかかる相場はその大きさのため、雨露をしのぐための屋根や中で供養をするためのスペース、周りを囲う柵のことまで考えると300万円以上が一般的である。
  • 沖縄の伝統的なお墓参りの行事である清明祭は毎年4月ごろに行われ、その際には祖先のお墓を清め、お供え物をした上で、持参した料理を墓前に広げて参列者全員で楽しく食事をする。
  • 現代の沖縄では土地の問題や維持管理の問題、価値観の変化などからかつてのような伝統的なお墓を建てるということが少なくなってきている。このためコンパクトな家族墓や兄弟墓、さらに永代供養墓や納骨堂が増えており、その形状も日本で一般的にみられる墓石を組み立てたようなお墓が目立ってきている。

沖縄の伝統的なお墓は見ているだけでも非常にエキゾチックであり、沖縄の歴史を体現していて楽しいものですが、実はそこには沖縄の古くからの文化が息づいています。

現代では沖縄でも日本の一般的なお墓が増えてきている状況ですが、伝統的なお墓は沖縄各地に今でも残っていますので、出かけた折に眺めるだけでも沖縄の文化の独自性をうかがい知る上では欠かせない存在になっています。

そして、沖縄で終活をしている方たちでお墓を新たに建てようという方は、ぜひとも現代の沖縄のお墓事情をよく理解するようにしてください。

終活ねっとでは「沖縄のお墓」以外にも、お墓に関する記事を多数紹介しています。
ぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「沖縄・お墓」に関連する記事

「沖縄・お墓」についてさらに知りたい方へ

  • 沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説のサムネイル画像

    沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説

    日本列島の中でも比較的南に位置する沖縄は、お墓の形や特徴も非常に独特です。その外見を見るだけでも非常にエキゾチックで、国内にいながらも外国に旅行に行くような気持ちになります。このような沖縄のお墓の形は歴史的にどう変化し、現在どうなっているのでしょうか?

  • 沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!のサムネイル画像

    沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!

    初めて沖縄を訪れた人は、沖縄のお墓が大きいことに驚かされることでしょう。沖縄は歴史や風土に育まれた独特の文化があり、そこにお墓の大きい理由もあります。今回はお墓の大きい理由と現代のお墓事情を中心に解説いたします。

  • 沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!のサムネイル画像

    沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!

    沖縄は古くから日本本土とは異なった独特の文化が発達した地域であるため、お墓関係についても独特です。そのため、沖縄でお墓の購入を考えるとなるといろいろと新しく知っておくべき事柄が少なくありません。今回は沖縄でのお墓の購入の際に知っておくと良い情報を見ていきます。

  • 風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?のサムネイル画像

    風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?

    沖縄には本州とは違って独自の文化を持っています。その中のひとつ、沖縄のお墓も、独自の形、考え方を元にしていて、中には文化財として指定されていたり、観光の名所となっているほど貴重なお墓もあるほどです。独自のデザインや風習などをご紹介いたします。

  • 沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!のサムネイル画像

    沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!

    独特な文化を持つ沖縄には、葬儀やお墓にもこの土地にしかない様々なしきたりがあります。今回はそんな沖縄の風習の中から、年行事や納骨やお供えものなど、沖縄のお墓にまつわるしきたりについて詳しくご紹介しましょう。

  • 沖縄のお墓掃除は独特?お参りの方法や掃除方法についてご紹介しますのサムネイル画像

    沖縄のお墓掃除は独特?お参りの方法や掃除方法についてご紹介します

    お墓参りといえば、ご先祖様への供養などの前にお墓の掃除をします。それは、日本の伝統的な方法に限らず沖縄でも同じことです。しかし、沖縄の場合は本土のそれと異なった独特のやり方が行われます。今回は、沖縄のお墓参りの際の掃除のやり方などについて見ていきます。

  • 日本に屋根付きのお墓があるって本当?歴史や背景も紹介!のサムネイル画像

    日本に屋根付きのお墓があるって本当?歴史や背景も紹介!

    日本のお墓といえば、屋根のない雨ざらしの状態で建っているというイメージを抱く方が非常に多いでしょう。しかし、実は日本には屋根の付いたお墓というものが存在します。日本で屋根付きのお墓が作られるようになった背景や歴史を一緒に探究していきましょう。

  • 知っておきたい沖縄のお墓参りのマナーや時期を説明します!のサムネイル画像

    知っておきたい沖縄のお墓参りのマナーや時期を説明します!

    日本国内でも独特の文化を持つ沖縄はお墓参りに関する慣習も非常に独特です。日本の本土に住む方の中にはこの独特さに魅かれて、お墓参りの季節を選んではるばると沖縄へやってくるという方も多いです。そこで今回は、沖縄のお墓参りの時期やマナーなどについて見ていきましょう。

  • 立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?のサムネイル画像

    立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?

    沖縄には、とても大きく立派な亀甲墓(かめこうばか・きっこうばか)というものがあります。この亀甲墓には、どのような歴史があるのでしょうか。本州の人には馴染みのない亀甲墓を通して、うちなーんちゅ(沖縄県民)のご先祖様を大切にする気持ちをご紹介します。

  • お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

    お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

    なぜお墓を作るのかといった意味について考えたことはありますか?時代ごとにお墓に込められた意味は異なります。今回はお墓を作る意味はもちろん、各宗派のお参りについて、墓石の種類ごとに込められた意味なども解説するのでぜひご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「沖縄・お墓」についてさらに知りたい方へ

沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説のサムネイル画像

沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説

沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!のサムネイル画像

沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!

沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!のサムネイル画像

沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!

風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?のサムネイル画像

風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?

沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!のサムネイル画像

沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!

沖縄のお墓掃除は独特?お参りの方法や掃除方法についてご紹介しますのサムネイル画像

沖縄のお墓掃除は独特?お参りの方法や掃除方法についてご紹介します

日本に屋根付きのお墓があるって本当?歴史や背景も紹介!のサムネイル画像

日本に屋根付きのお墓があるって本当?歴史や背景も紹介!

知っておきたい沖縄のお墓参りのマナーや時期を説明します!のサムネイル画像

知っておきたい沖縄のお墓参りのマナーや時期を説明します!

立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?のサムネイル画像

立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと