散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!

少子高齢化の後継問題や墓地事情から散骨を選ばられる方が増えています。 一方日本には墓埋法があり遺骨はしかるべき所に収めなければ違法となってしまいます。 はたして散骨は違法になるるのでしょうか? ここでは散骨を法的な側面からご説明します。

目次

  1. 散骨は違法なのか
  2. 散骨関連の法律
  3. 違法となる海での散骨
  4. 違法となる陸地での散骨
  5. 違法とならない散骨可能な場所
  6. 散骨の許可に必要な手続き
  7. ペットの散骨は違法?
  8. 散骨が違法なのかについてまとめ

散骨は違法なのか

困った人々

少子高齢化によってお墓を継いでくれる親族がいなくなってしまった方、経済的・地理的な問題から墓地を確保でない方、さらに最近の自由な宗教観、等の理由から埋葬法として散骨を選ぶ方々が増えています。

実際、散骨を扱う葬儀業者も多数あり、お客様の要望に応じて様々なプランが用意されるようになっています。

しかし、散骨はどこでも自由に出来るわけではありません。
日本には遺体の扱いに対する刑法や、埋葬方法に関わる墓埋法が存在し、この法律に従わなければ散骨も違法となってしまいます。

今回終活では、散骨は違法になるのかどうか、以下のことに触れながら解説していきます。

  • 散骨に関わる法律はどのようなものがあるのか?
  • 海に散骨する場合はどのような法律に注意しなければならないのか?
  • 陸に散骨する場合はどのような法律に注意しなければならないのか?
  • 散骨に手続きは必要なのか?
  • ペットの散骨に法律はあるのか?

まずは散骨に関わる法律に関して見て行きましょう。

散骨関連の法律

六法全書

散骨に関しては以下の法律に抵触すると考えられます。

死体損壊等

まず、散骨は遺骨をバラバラにする行為なので、刑法190条の規定に抵触すると考えられます。

刑法190条には「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する。」とあり、散骨は死体損壊等の罪に該当するという考え方です。

死体等遺棄罪

散骨は死体である遺骨をある意味捨てる行為なので同じく刑法190条に抵触すると考えられます。

墓地・埋葬に関する法律

また、散骨は墓地以外の場所に遺骨を撒く行為なので墓地、埋葬等に関する法律第4条に抵触すると考えることができます。

墓埋法第4条では「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。」とあり、違反した場合には罰則が課せられる場合があります。

散骨に関する法務省の見解の経緯

かつて、石原裕次郎による「遺骨を大好きな海に撒いて欲しい」という遺言があったため、遺族が法務省に問い合わせたところ、墓地埋葬法があったため許可が下りなかったことがありました。

しかし、これは憲法に規定する「信教の自由」と「思想・信条の自由」に抵触します。
そのため1991年に法務省が、2つの法律に対して「社会的習俗として宗教的感情などを保護する目的だから、葬送のための祭祀で、 節度をもって行われる限り問題はない」 という見解を非公式ながら示したことで散骨が行えるようになったのです。

節度を持って行えば散骨は違法ではない

刑法190条も墓埋法4条にしても、死者に対する敬虔感情を保護法益とすることを目的として設けられ、ご遺体をぞんざいに扱うことで犯罪行為があったとみなしたり、公序良俗を乱す行為を未然に防止するためにある法律です。

散骨自他は死者に対して敬虔な感情を伴って行われる行為です。
つまり、犯罪に見られないように良識をもって散骨をすれば、散骨自体は違法ではないのです。

しかし、どこでも散骨しても良いのかと言えば、決してそうではありあません。
日本にはほかにも様々な法律が有り、場合によってはその法律に抵触する場合があるからです。
なので、散骨を行う場所をしっかり考え、その場所で散骨を行ってもいいいのか、事前に確認する必要があります。

違法となる海での散骨

海

まず散骨で思い浮かぶのは海への散骨です。
日本は四方を海に囲まれていますし、母なる海という言葉もあるように、生命の生まれた海に還えるのはある意味大変ロマンのある埋葬法だと言えるでしょう。

実際、散骨を選ばれる方の多くが海での散骨を希望されています。
ですが、本当に海で散骨を行っても違法にならないのでしょうか?

海での散骨

海は誰のものでもないから自由に散骨できるのでは?と思うかもしれません。
しかし決してそうではありません。

確かに公海であれば国際法に公海自由の原則があり、どこの国のものでもないので、どの国の人間がどんな使用しても一部の行為(海賊行為や薬物取引)を除いて罰せられることはありません。
もちろん公海での散骨も自由です。

公海といっても、ここでは日本の管轄権内である排他的経済水域を言います。
排他的経済水域内であれば日本人であれば誰でも使用でき、且つ誰のものでもありません。
法務省や海上保安庁で散骨を禁止していることもありません。

場所によっては散骨できない場所がある

しかし、同じ海でも散骨ができない場所がありまます。

それは港や養殖場などの漁業権が付与された場所や海水浴場、観光地など海によって生活が成り立っている場所です。

散骨そのものは違法ではありませんが、遺骨は死体でもありますので、関係者にとってはやはり気持ちが良いものではありません。
また、マナーという点でも良くないので避けなければなりません。

風評被害にあえば関係者は感情を害しますし、場合によっては慰謝料請求や損害賠償請求といった訴訟を起こされる場合があります。

また、散骨のために定期航路以外で不特定の乗客を乗せて船を出すにには国土交通省に不定期航路運行の許可を得なければななりません。
知り合いだからといって漁船に乗せてもらって散骨をすると、その漁船が操業違反となり罰せられます。

違法となる陸地での散骨

山

海以外では陸地に散骨することになりますね。
法律上では陸地の散骨する行為自体は違法ではありません。

しかし、海と同様に法律上散骨を行うと違法となる場所は存在しています。
ここでは陸地での散骨について見ていきましょう。

陸地で散骨できない場所

陸地は海と違い所有権が存在し個人、法人、国のどれかが所有していることになります。
所有権があるということは、その土地の所有者に使用の許可が必要になります。

許可を得なければ所有権の侵害に該当し民法で損害賠償請求の対象となってしまいます。
つまり、すでに誰かの所有物となっている土地には散骨はできません。

観光地や住居近くでは散骨できない

国有地は国民全体の共有財産であるため、私的に所有する行為ではない散骨は可能となります。
しかしながら、観光地や住居地近くではやはり風評被害が起こる可能性があるため、慰謝料や損害賠償請求の対象になる可能性があります。
つまり、国産地でも観光地や住居近くでは散骨できません

ちなみに日本一の富士山は風光明媚で国有地だからここに散骨したいと思われるかもしれませんが、八合目以上は浅間神社が所有者になっており、全体が観光地なので散骨はできないと考えたほうが良いでしょう。

取水河川や地下水源近くでは散骨できない

飲用水に使われる取水河川や、名泉と言われるような地下水源があるような場所の近くでは散骨はできません。

墓埋法の土葬に関して水源汚染に配慮するように指摘されているような衛生的な方面と、やはり散骨を気持ちが悪いと思う方もいるという感情的な方面から考えても適切ではないと言えるでしょう。

条例で散骨を制限している自治体もある

一部の自治体では、条例で自治体内での散骨を制限しています。
住民感情に配慮して制定されたものが殆どです。

例をあげると、北海道の岩見沢市・長沼町・七飯長、長野県の諏訪市、埼玉県の秩父市・本庄市、静岡県の熱海市・西伊豆市・御殿場市・伊東市、東京都などです。

自治体によっては、個人の私有地であって自由に散骨できない場合があるので、散骨したい場所が該当する自治体であれば事前に役所に確認を行い、散骨を行う場合はその自治体の許可が必要です。

許可を得ない場合は条例違反となり罰則が課せられます。

違法とならない散骨可能な場所

木々

では逆に、違法とならない散骨可能な場所はどこなのでしょうか。

まず、自分の所有している自宅や土地であれば自由に散骨することができます。
しかし、やはり近隣住人の感情に配慮して行わなければなりません。

また、国有地や共有地で散骨に関して規制している自治体の領有地ではなく、近隣に観光地や住民のいない土地であれば散骨が可能です。

また最近では、空や宇宙は海と同様に所有権が発生しないので、空や宇宙に散骨をする業者が現れています。
これらの場所は個人ではさすがに無理があるので業者に頼むことになります。

散骨の許可に必要な手続き

お墓

節度をもって行われる限り散骨自体は違法ではありませんし、法的に決まったルールがあるわけでもありません。
しかし、散骨の行為自体は近隣住人やそこで生活の糧を得ている人に配慮して行わなければなりません。

まず一般的に散骨で必要な作業は、遺骨を粉状になるまで粉骨する必要があります。

骨と分かる状態で散骨すると先に触れているように死体遺棄に取られる可能性があるのと、やはり誰かが見つけた場合に感情的に気持ちがいいものではありません。
自身で故人の遺骨を粉状にするには感情的に辛いものがありますし、肉体的にも大変ですから専門業者に依頼した方が良いでしょう。
一週間ほどで粉状にして返却してくれます。

第二に、陸地に散骨した場合には散骨した遺骨の上に土をかけたり、落ち葉などで覆ったりしてはいけません。
この場合は埋葬に当たる行為になるので墓埋法違反になります。

第三に自分の所有地以外での散骨の場合は、その土地の所有者や自治体の条例を確認する必要があります。
所有者がいたり、条例があったりした場合はそれぞれその許可を得る必要があります。

ペットの散骨は違法?

ペット

最近ではペットも家族と一緒と考え葬儀を出す家庭も増えています。
中には愛したペットの遺骨と散骨して欲しいという人もいるかもしれません。
ペットの散骨はどういう扱いになるのでしょうか?

結果から言うとペットの埋葬を規定する法律はありません
またペットの散骨を規制する法律もありません。

愛するペットであってもその遺体は人間の遺体と違い、一般廃棄物に分類されるためペット葬儀業者に火葬や葬儀をしてもらったとしても、その遺骨は一般のゴミと同じ扱いになってしまいます。

つまり、法律上はペットの散骨は一般ゴミを撒く行為と一緒とみなされているのです。
ですのでペットを散骨することは違法ではありませんが、やはり節度をもって行わなければならず、人間の場合と同様に遺骨はそれと分からないよう粉状にし、近隣住民の感情に配慮しなればなりません。

散骨が違法なのかについてまとめ

葬儀

この記事では、散骨は違法なのかについて解説してきました。

散骨そのものは節度をもって行う限り違法ではありません。
ただし、散骨を行う場所に関しては、その場所によって民法や条例に触れる場合があり、また近隣住民に配慮して行わなければなりません。
ここで最後に、散骨に関する注意事項をまとめておきます。

  • 散骨そのものは違法ではありませんが、散骨の仕方によっては刑法190条の死体遺棄罪や死体損壊罪、墓埋法の埋葬地に関する法律に抵触する場合があるので注意が必要です。
  • 海や陸で散骨してはいけないという法律はありませんが、海であれば漁業権、陸地であれば所有権などが存在し、それを犯した場合には民法で慰謝料や損害賠償請求の対象になる場合があります。
  • 自治体によっては散骨を制限している所もあり、事前に調査が必要です。条例があった倍は許可申請が必要になります。
  • 散骨は散骨を行う場所の近隣住民の感情に配慮する必要があります。遺骨を粉状にすることでそれと分からないようにして散骨しなければなりません。

いかがでしたでしょうか?
散骨を選ばれた際には、今までご説明してきたことを注意しましょう。
散骨は新しい葬送のかたちとして徐々に広まりつつあります。
人は亡くなると最後は自然に還るのですから、理にかなった葬送であると言えるでしょう。

散骨について考える際にはぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

今回終活ねっとでは「違法となる散骨」について解説しましたが、他にも「終活」に関する記事を多数掲載していますので、もし良ければ他の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までご拝読いただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「散骨・違法」に関連する記事

「散骨・違法」についてさらに知りたい方へ

  • 近年注目の高まる散骨 でも違法性はないの?のサムネイル画像

    近年注目の高まる散骨 でも違法性はないの?

    今、核家族化や少子化といった現代事情などにより、お墓を持たない散骨という葬送方法に注目が集まってきています。遺骨を好きなところに撒いていいの?違法じゃないの?など疑問に思う方に向けて、散骨の方法や違法性などについてご紹介します。

  • 散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

    散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

    現代社会で価値観が多様化する中で自由な葬儀のやり方も増えてきていますが、その方法の1つが散骨です。海や山など好きなところに遺骨をまくイメージがありますが、許可がなくて大丈夫なのかと疑問に思う方も多いでしょう。今回は散骨の許可にまつわる疑問に迫っていきます。

  • 散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

    散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

  • 海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

    海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

    日本では火葬した遺骨をお墓に納めるのが一般的ですが、散骨という方法もあります。今回は散骨の中でも海洋散骨について、その準備方法や費用、法律、海外散骨などすべてを詳しく解説!海洋散骨に興味がある方も、そうでない方も、ぜひ一度目を通してみてください。

  • 散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

    散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨は、いろいろな種類がある供養方法のうちのひとつです。新しくお墓を建てなくていいことと、お墓を維持していかなくていいことが理由で、現代では散骨を選ばれる方が増えています。そこで、散骨について気になる疑問や方法についてご紹介させていただきます。

  • 山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

    山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

    散骨という葬儀方法を御存じでしょうか。これは山や海で行う自然葬の一つで、遺骨をお墓に納めず、自然に還すという葬儀方法です。なじみがない方が少なくないと思いますが、山に散骨する方法をとられる方が増えています。ここでは山への散骨について紹介します。

  • お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

    お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

    昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

  • 散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!のサムネイル画像

    散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!

    お墓を持たずに遺骨を自然へ返す、散骨という御供養を最近よく耳にするようになりました。しかし、この鎖骨という方法は法律的にはどのように解釈されるのでしょうか?散骨についての法律問題について一緒に考えてみましょう。

  • 墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説しますのサムネイル画像

    墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説します

    以前は家のお墓に埋葬する方法が主流でしたが、最近は納骨堂や永代供養墓、合祀墓、自然葬と数多くの埋葬方法があります。その中でも注目を集めている散骨は墓地埋葬法ではどのような扱いになっているのでしょうか。墓地埋葬法における散骨について詳しく解説します。

  • 故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とはのサムネイル画像

    故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とは

    遺言によって骨を大好きだった場所、思い出の場所に散骨してほしい、と希望をされるケースも増えてきています。散骨をする際には、どのような許可が必要なのでしょうか。許可や方法などについてご紹介いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「散骨・違法」についてさらに知りたい方へ

近年注目の高まる散骨 でも違法性はないの?のサムネイル画像

近年注目の高まる散骨 でも違法性はないの?

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!のサムネイル画像

散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!

墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説しますのサムネイル画像

墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説します

故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とはのサムネイル画像

故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とは

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと