お墓と納骨堂、どっちに遺骨を安置すればいいのか?

現在、都市部では深刻な墓地不足と言われています。 従来通りお墓を建てるなら、高額な費用を支払うか、あるいは遠隔地で探すかのどっちかしかありません。 一方最近は納骨堂を選択する人たちも出てきています。 はたしてお墓か納骨堂どっちが良いのか、両者の特徴と利点を説明します。

目次

  1. お墓と納骨堂、どっちを選ぶかについて
  2. お墓を選ぶメリット
  3. 納骨堂を選ぶメリット
  4. どっちを選ぶか近年の流れ
  5. お墓と納骨堂、どっちを選ぶかまとめ

お墓と納骨堂、どっちを選ぶかについて

困った人々

テレビや雑誌で最近よく目にするのが墓難民という言葉。
特に人口が集中する都市の住人にとって、従来のように墓地を確保しお墓を建てるのは困難になってきました。

そこで昨今注目を浴びているのが、お墓を建てないで故人の供養をする納骨堂です。
しかしお墓を建てない供養だと何となく寂しい気がするし、何よりご先祖様や残された人たちとの縁が薄くなりそうな気もします。
どっちが良いのかお墓初心者にはわかりづらい問題です。

そこで、今回終活ねっとではお墓と納骨堂のどっちを選ぶかについて

  • お墓を選ぶメリット
  • 納骨堂を選ぶメリット
  • お墓と納骨堂どっちを選ぶのか、近年の流れについて

の順番で紹介していきたいと思います。

ここでは、従来通りのお墓と納骨堂との長所と短所を見比べながら、あなたにとってどっちを選んだら良いかを検討していきたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

お墓を選ぶメリット

お墓

それではまず、お墓を建てて供養することメリットをあげていきます。
お金はかかりますが、より故人を身近に感じることができるかもしれません。

故人を近くに感じられる

お墓は終の棲家と呼ばれるように、故人の魂が住まう場所です。
まして自分が新しく選んで建てたお墓ならば、人によっては墓石へのこだわりもひとしおでしょう。
そして代々受け継いでいくものですから、子供の頃からご先祖様のお墓参りを重ねていくうちにだんだんと愛着も湧いていきます。

お墓が建てられていれば、故人の遺骨が実際に納まり、そこに魂が今もあると考えられるだけで安心できますし、故人とのつながりも感じられます

納骨に費用がかからない

墓地の土地は基本的には寺院や霊園の管理者の所有物です。

しかし、永代使用料という形で墓地の区画を使用する権利を購入し、毎年管理料を支払っている限り、基本的にはそのお墓はあなたのものです。
以後、身内の誰かがなくなりお墓にその遺骨を埋葬する際も、追加で代金を支払う必要はありません

納骨堂などその他の施設を使用する場合、基本的にはお一人様いくらという人数単位で料金がかかります

お墓を受け継ぐことができれば、長い目で見た場合はお墓の方が経済的と言うことができます。

自分たちのスペースを持てる

お墓が建つ墓地で永代使用料を払って確保した区画は、基本的に自分たちが自由に使用できるスペースです。
そこにどのような墓石を建てるのも、また故人にどのようなお供え物をするのも、周りの区画の人に迷惑を掛けない限り自由です。
やはり自分たちのスペースを持てるということは心に余裕が持て、何より自分の家と同じようにお墓に対しても愛着が湧きます。

しかし納骨堂の場合、寺院では他の遺骨を納めた箱と並べられて置かれていたり、近代的な施設を持つ納骨堂ではロッカー式や仏壇式、最新式だと奥の収納庫に納められている遺骨が機械で運ばれてくるものもあります。

基本的には全てが共有スペースなのでプライベートな空間は無く、他の方がいればその人たちにも気を使わなければなりません。

参拝時間の制限がない

お墓がある霊園や寺院の墓地は昼夜を問わず解放されており、身内やあなたに良いことあるいは悪いことが起きた時、またあなたの気持ちを伝えたい時など、思い立った時に何時でも好きな時間に故人のお墓へお参りに行き報告することができます。
また時間を気にすることなくお墓の前で故人と対話できます。

しかし納骨堂では、基本的に休館日は無い場合が多いのですが、施設によってはお正月の前後を休館日にしてるところもあります。

また開館時間が決まっており、たいてい朝9時から遅くても夕方18時には閉まってしまいます。
急な用事が出来たからといって開館前にお参りは出来ませんし、故人の思い出に浸りたいからといって閉館時間を過ぎてもその場にいるといったことはできません。

納骨堂を選ぶメリット

お墓

それでは次に納骨堂メリットについてあげていきます。
お墓の管理ができない、供養にあまりお金をかけられないという方にとっては便利な供養方法です。

管理の手間

納骨堂では遺骨を施設に預けるだけなので、お墓を建てる場合と比べて掃除や維持管理の労力は一切かかりません
最初に永代供養料を納めてしまえば、以後の供養や遺骨の保管は全て納骨堂の管理者が行ってくれます。(永代供養の場合)

お墓を建てるとどうしてもお墓参りを兼ねて年に数回は墓掃除を行わなければなりません
さもないと雑草が生えたり墓石が汚れたりして、場合によっては周囲のお墓を持つ人たちにとって迷惑をかけてしまうことにもなります。

購入費用が安い

納骨堂遺骨を納めてもらう場合、使用料である永代供養料を納めてしまえば代々の家のお墓として利用する場合を除き、その後かかる管理費用などはありません
遺骨を納めるスペースを確保しておけば良いわけですから、施設としては1基あたりのスペースは小さくて済み、その分費用も安く抑えられるのです。

安いところでは10万円くらいから、人気のある施設でもだいたい100万円くらいで納骨が可能です。
供養にかかる経費も発生しません。
少し先のことを考えた場合には納骨堂はとてもコストパフォーマンスが良いのです。

しかしお墓を建てるとなると永代使用料の他にも、墓碑となる墓石代とその設置工事費が発生します。
さらに、檀家でない寺院にお墓を建てる場合には入檀料も必要です。

お墓を新築した時点でたいていの人が100万円以上の出費をしています。
またお墓を建てると、その後も施設の維持管理のための管理料も毎年発生します。

地震や台風などで墓石が倒れてしまったら、その修復代も自費で負担が必要です。
自宅より遠い場所にお墓を建てたならば、その交通費も年間を通じて考えると結構な出費です。
お墓を建てると、その後の維持管理のための出費がとても多いのです。

立地が良い

納骨堂は霊園のように、施設建設のために大きな土地を確保する必要はありません
ビルのような施設にしてしまえば遺骨を納めるスペースは十分確保できます。
特に民営の納骨堂の場合、自分の施設を選んでもらうために駅の近くなど交通の便が良いところに建築されている場合が多いのです。
また郊外型の納骨堂であれば大きな駐車場が完備されている場合がほとんどです。

お墓の場合、自宅の近くに建てられれば問題ないのですが、そうでない場合は遠隔地でしかも立地が悪くなってしまう場合が多いです。

都市部など住宅地の近くで新たに霊園を設置しようとすると、縁起が悪いと言って必ず近隣住民とトラブルになるため、立地の良い場所に建てるのが困難なのです。

また公営霊園だと基本的に必要最低限のサービスしかないため、駐車場が十分に確保されていないこともあります。

お参りがしやすい

納骨堂でのお参りは施設の中で行われます。
中は空調で管理されていますし、何よりお墓のように雨風などの天候に左右されることもありません
一部の施設を除き、開館時間内であれば事前に予約を入れる必要もありません。

服装も自由で、普段着で構いません。
お供え物も施設が禁止しているもの以外であれば、お墓参りと同じようにお供えすることが出来ます。
基本的には自宅の仏壇でおつとめしている感じと似ています。

お墓であるとどうしても野外になるので、お墓参りは天候に左右されがちです。
命日が大雨や大風だとお線香をあげるのも一苦労です。
また最近は夏の気温が高く、特にお盆の時期は歳を取ると肉体的にも大変きつくなります。

どっちを選ぶか近年の流れ

人々

核家族化と少子高齢化、そして人口の都市への集中のために、都市部の人が従来通りのお墓を確保すことが少し難しくなってしまっています。
一体なぜこのような現象が起こっているのでしょうか。

第一に立地条件が良くて、かつ費用がそれほど高くないような霊園は、非常に人気があるためかなりの確率で埋まっています
そのため新規でお墓を建てることが困難になっているのです。

第二に都会にある霊園はどこも永代使用料が高いので、経済的余裕がないととてもお墓を建てられないのです。
もし従来通りにお墓を建てようと思えば、今住む場所から遠く離れた地方に墓地を求めるしかなくなります。

そして家を継ぐ者がいなくなった場合、従来のお墓では無縁仏になってしまう可能性も考えなければなりません。
どっちにしろお墓を建てることは困難が付きまといます。

そこで最近都市部で多くなっているのが、納骨堂です。
遺骨を納めるスペースを施設内に確保すれば良いので、霊園のような広大な敷地を確保する必要もなく、ビルの様に縦に収納スペースを確保すれば都市部の小さな土地にでも建てることが出来ます

何より交通の便が良いところにも建てることが出来ます。
また民営の場合は施設そのものが立派で参拝もしやすくなっています。
承継者がいなくなっても、合祀墓に合祀され供養は施設が代わりに行ってくれるので無縁仏の心配もありません

実際都市部の人たちの間では、従来通りのお墓と納骨堂のどっちにするか半々というくらいに納骨堂を選ぶ人が増えています。
お墓を建てて家を繋ぎ、代々盛り立てていきたいものですが、少子高齢化の波の中ではしかたがなく、これも時代の流れでしょう。

お墓と納骨堂、どっちを選ぶかまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
お墓納骨堂どっちを選んだらよいのか参考になりましたでしょうか?

ここであらためてお墓と納骨堂のメリット、デメリットをまとめておきます。

  • 従来通りのお墓は一戸建て住宅のようなもので、基本的には自分たちが自由に使うことの出来るスペースです。故人の終の棲家ですし、その魂がそこにあり、愛着も湧きます。またいつでも故人に会いに行くことが出来ます。
  • 一方お墓の管理には大変な費用と手間がかかります。また墓の継承の問題はいつか必ず訪れます。どっちにしろお墓を維持することは困難なことが付きまといます。
  • 納骨堂ではお墓のような個別でお参りするスペースが無いことが多い代わりに、費用が安く済み、お墓のような施設の管理をする必要もありません。また交通面の立地も良く、お参りも天候に左右されません。
  • 納骨堂では多くの場合納骨してから一定の期間が過ぎると、他の方の遺骨と合祀されてしまいます。無縁仏になる心配はありませんが、ご先祖様との縁を繋ぐという面では寂しい感じがしてしまいます。

お墓も納骨堂もどっちも長所と短所があります。
しかし、最終的にはどっちも故人へ必要な供養をすることがでできるので、どっちを選ぶかはあなたの置かれた状況と、考え方次第です。
終活ねっとのこの記事があなたの今後の供養の参考の一助になれば幸いです。

終活ねっとでは「お墓と納骨堂、どっちを選べばいいのか」について以外にも、様々な記事を紹介しています。
ぜひそちらもご覧ください。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・納骨堂・どっち」に関連する記事

「お墓・納骨堂・どっち」についてさらに知りたい方へ

  • お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

    お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

    遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。

  • 納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

    様々な供養の形が広がりを見せる昨今、納骨堂や永代供養という言葉が注目を集めています。納骨堂と永代供養とは一体どういうものなのでしょうか。この記事では、納骨堂と永代供養の違いや納骨堂で行うことのできる永代供養についてご紹介していきます。

  • 納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

    お墓を選ぶ基準は何でしょうか? 近年では、一般的なお墓とは違い「納骨堂」や「永代供養墓」など、ご遺族の方に負担が少ない選択肢を選ぶ人が増えています。 それでは、どのお墓を選べば良いのでしょう? ここでは、納骨堂と永代供養墓の違いや、それぞれの特徴を解説します。

  • 都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とはのサムネイル画像

    都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とは

    都市部に暮らす人にとって、自分や家族の死後のお墓の管理に悩んでいる人も多いと思います。この問題の解決策の一つの選択肢として近年増えている納骨堂があります。納骨堂とは遺骨を永代供養してくれる施設です。納骨堂のシステムと永代供養について解説します。

  • 永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

    永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

    皆さんは永代供養墓や納骨堂が流行っていることをご存知でしょうか。 永代供養墓と納骨堂が流行ってどういうこと?と思った方も多いのではないでしょうか。 この記事では永代供養墓と納骨堂がなぜ流行っているのか、供養形態にどのような違いがあるのかを解説いたします。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

    お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

    一生に一度の大きな買い物といってもよいお墓。お墓を建てるにはかなりの費用がかかります。しかし、そもそもお墓を建てないという選択肢はありなのでしょうか?今回はお墓を建てない供養について、様々な方法をご紹介していきます。

  • お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

    お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

    お墓を建てることは、単に故人のご遺骨を納骨する場を用意するというだけでなく、そのご家庭の心のよりどころを用意するということでもあります。ただ、お墓はいつまでに用意すればよいのか気になる方も多いでしょう。今回はお墓をいつまで建てればよいのかについて見ていきます。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・納骨堂・どっち」についてさらに知りたい方へ

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とはのサムネイル画像

都市部を中心に増えている永代供養のひとつの形、納骨堂とは

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと