墓じまい・改葬時の服装についての疑問点をすべて解決します

新しいお墓に改葬したり、また遺骨を永代供養墓に移したりする際にそれまでのお墓を閉じることを墓じまいといいます。この墓じまい自体が果たして慶事なのか弔辞なのかがわかりにくいために来ていく服装に疑問を持つ人もいます。今回は墓じまいの服装についての疑問に迫ります。

目次

  1. 墓じまい時の服装について
  2. そもそも墓じまいとは
  3. 墓じまいではどういった服装がいいのか
  4. 墓じまいの流れ
  5. 墓じまい時の服装まとめ

墓じまい時の服装について

お墓

先祖代々のお墓の将来のことを考えた時に、跡継ぎがいなかったり、または今のお墓がずいぶんと傷などが目立ってきたりしているという事情にぶつかることが少なくありません。
そこで、その解決のために新しいお墓や、永代供養墓のような管理に手間がかからないお墓に改葬する方が増えてきています。

改葬の際には、お墓を移す前に墓じまいと呼ばれる儀礼が必要となってきます。
つまり、それまでのお墓に別れを告げるために行うものです。

この墓じまいですが、実はめでたいことなのか、それともそうではないことなのかが非常にあいまいです。
その一方で儀礼である以上は、それなりのきちんとした服装は必要なのかもしれませんけど、具体的にどのような服装にすればよいか悩むことも少なくありません。

そこで今回は墓じまいの際に着ていく服装にまつわる疑問を取り上げて、それに対する回答を紹介していきます。

具体的には、

  • そもそも墓じまいとはどのようなものか?
  • 墓じまいの際の服装はどのようなものが適切か?
  • 墓じまいの流れとはどのようなものか?

という流れに沿って説明していきます。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

そもそも墓じまいとは

お墓

それではまず、墓じまいとはいったいどのようなものなのでしょうか?

墓じまいとは、別の場所に新しくお墓を移転したり、そのお墓を建て直したりする際に、それまでのお墓を解体・撤去することです。

解体・撤去された後のお墓のあった場所は更地にされて、墓地を管理している寺院や霊園に返すことになります。

墓じまいではどういった服装がいいのか

お墓

お墓の墓じまいの中で一番メインとなる行事が、お坊さんを呼んで行う閉眼供養や、あるいはお坊さんを呼ばないで行う立ち合いの行事です。

墓じまいの中でも最も重要な行事であるので、その際に着ていく服装について悩む方も少なくないかと思います。

ここでは、墓じまいの際に適した服装を閉眼供養を行う場合と、お坊さんを呼ばないで行う場合とに分けてご紹介していきます。

閉眼供養・魂抜きを行う場合

まず、お坊さんを読んで閉眼供養(魂抜き)を行う場合は、喪服をつけて参加するのが一般的です。

閉眼供養とは墓じまいの際にそれまでのお墓に宿っている故人の霊を供養という形で抜き取ってもらうための行事です。
そのため、お坊さんが読経などを行う極めて厳粛な行事であるため、参加する側も正装という形で参加することになります。

喪服と聞くと黒色の和服をイメージする方も多いかと思います。
ただ、墓じまいを行う場所が墓地である場合ならばまだよいのですが、かなり古くからあるお墓の場合は人里離れた山奥にある場合もあるため、和服のような動きにくい服装ではあまり適しているとはいえません。

そのため、できるだけ洋式の喪服(黒色のスーツに黒色のネクタイ、黒色のワンピースやブラウスなど)を着用していくのがおすすめです。

子供の場合は、白地のシャツに黒か紺のズボン、そして黒い靴下という服装で参加すれば問題はありません。

お坊さんを呼ばない場合

墓じまいを行うという人の中には、お坊さんを呼ばないで行うという人も少なくありません。

ただ、そうなると参加者の規模によって、あるいは喪主の方の考え方によって着ていく必要のある服装が変わってきます。

ここでは、家族・親族といった身内だけで行う場合と、広く親戚を呼んで行う場合とに分けてお坊さんを呼ばない墓じまいでの服装について見ていきましょう。

身内だけで行う場合

まず、家族や親族といった身内だけで行う場合は、服装については平服での参加で大丈夫です。
というのも、お坊さんを呼んで閉眼供養を行うというそこまで格式ばった要素がなく、むしろ身内で行うのであればそこまできちんとした服装をする必要がないためです。

特に、山奥や足場の悪い場所に先祖代々のお墓がある場合は、平服でもより身動きのしやすい服装で行くのがおすすめです。
なるべく汚れてもかまわないような服装を着ていくとよいでしょう。

また、墓じまいの当日に天候がよくないなどの場合は雨合羽や雨靴も合わせて着用していくとよいです。

親戚を呼ぶ場合

身内だけでなく、広く親戚も呼ぶ場合の服装も平服が一般的です。

ただし、喪主の考え方によっては、たとえお坊さんを呼ばない墓じまいでも、きちんと正装して行いたいという方もいるかもしれません。
その場合は、墓じまいのお知らせを送る際に、服装について親戚の間で事前に相談したうえで、きちんと明記するようにしましょう。

というのは、お坊さん抜きの墓じまいの場合、多くの人が平服で行ってかまわないと考えるためです。
そのため、事前に何の指定もない場合、当日に大きな混乱が発生しかねません。

それを防ぐためにも、当日の服装についてあらかじめ相談しておくことはとても大切なことなのです。

墓じまいの流れ

お墓

さて、墓じまいを行うにしても、それには適切な前準備というものが必要になってきます。

ここでは墓じまいにまつわる一連の流れを簡単に見ていきましょう。

受入証明書・埋葬証明書の発行

まずは墓じまいを行うと決めたら、現在お墓のある墓地を管理する寺院や霊園から埋葬証明書を発行してもらいます。

別の墓地に新しくお墓を建てるなどの改葬を行う場合は、移転先の墓地を管理する寺院や霊園から受入証明書(永代供養墓の場合は永代使用許可書)を発行してもらいます。

いずれの書類も、この後に触れる改葬許可証の発行に必要なものです。

改葬許可証の発行

改葬を行うには、現在お墓のある墓地がある市区町村の役所で改葬許可証を発行してもらう必要があります。
この際の必要書類は、先ほど触れた埋葬証明書と受入証明書(もしくは永代使用許可書)、そして改葬許可申請書です。

改葬許可申請書の方は申請者が自分で必要事項を記載・捺印する必要があります。

そして、3種類の書類を添えて役所に申請するのですが、ここで注意しなければいけないのが担当の窓口が役所によって異なるという点です。
そのため、申請の際に混乱しないためにも事前に担当の窓口については確認しておくようにしましょう。

なお、改葬許可証は申請してから数日ほどで発行されます。

石材店・お寺さんに連絡

墓じまいの準備を進めるにあたって避けられないのが石材店やお寺さんへの連絡です。

石材店にはお墓の解体や撤去をお願いすることになります。
ただし、墓じまいについては石材店にとってはあまり喜ばしい話ではありません。

というのは、石材店は本来新規のお墓の建立や、その後のお墓の修繕の方を受け持つため、いわば墓じまいは彼らにとっては縁の切れ目となってしまいます。
最悪の場合、やたらと高額の見積もりを提示してくる場合もあるのです。

このため、日ごろお世話になったいる石材店だけでなく、他にもいくつかの石材店にも相談して見積もりを取ったうえで、契約する石材店を決めるとよいでしょう。

同じことはお寺さんへの墓じまいに伴う閉眼供養の相談にもいえます。
やはり日ごろお世話になっているお寺さんにとっても墓じまいとなれば、檀家が1つなくなるということであまり喜ばれる話ではありません。

そのため、お寺さんに相談する場合は向こうの気持ちも汲みつつ話を進めるのがよいです。
話が詰まってきたら、石材店やお寺さんとの連携をうまくとりつつ、日程や段取り、取り出した遺骨の移転先についての打ち合わせをするようにしましょう。

閉眼供養・魂抜き

墓じまいにまつわる手続きや、準備などが終われば、いよいよ墓じまい当日を迎えることになります。

まず、墓じまいに際しては閉眼供養(魂抜き)を行うことになります。
これは、お墓を建てた際に行った開眼供養でお墓に吹き込まれた故人の魂を抜き、同時に墓石をただの石にするというものです。
この供養によってはじめてお墓の撤去に取り掛かることができるのです。

遺骨の取り出し

閉眼供養によってお墓から故人の魂を抜いた後に、お墓に納骨されている遺骨を取り出すことになります。

この遺骨取出しを実際に担当するのは石材店の方です。
ただし、取り出された遺骨はそれまで納骨されていた環境によっては湿気を含んで溶解していたり、またカビが生えている場合もあり、素人が下手に手を出すと故人の遺骨がひどい状態になりかねません。

そのため、遺骨を取り出す段階についてはすべて専門の業者である石材店にお任せしましょう。
もちろん、遺骨を取り出すときは遺族としてきちんと立ち会うことが大切です。

墓石の解体・撤去

遺骨の取り出しが終われば、ようやく墓石そのものの解体撤去の段階に移ります。

こちらも石材店の方で全面的に担当してもらうものですが、単に墓石を解体・撤去するだけでなく、墓石のあった場所を整地にするところまでやってもらいます。

なお、墓石の撤去費用の相場ですが、通常の墓地であれば1平方メートルあたり10万円とされています。

もちろん、墓石の立地環境によって重機が入りにくい場所や地盤に不安がある場合などの特殊な事情が絡む場合は、それに応じて追加料金が発生する場合もあります。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまい時の服装まとめ

お墓

墓じまいの際の服装について見てきましたが、いかがでしたか?
今回の終活ねっとの記事内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 墓じまいとは、それまでのお墓を移転や建て直しなどに伴って、そのお墓を解体・撤去するための儀礼のことで、お墓のあった場所の土地をきれいに整えて管理者に返すことになる。
  • 墓じまいの際の適切な服については、お坊さんを呼んで閉眼供養を行う場合は喪服で、お坊さんを呼ばない場合は平服が基本。なお、親戚を呼ぶ場合は事前に服装についての打ち合わせをするのが望ましい。
  • 墓じまいの一連の流れは、改葬許可証の発行や石材店・お寺さんへの連絡を経て、閉眼供養や遺骨の取り出し、墓石の撤去・解体というのが一般的である。

墓じまいというのは一般的には葬儀に比べるとあまりなじみがないように見えるうえ、その際の服装についてもどのようにすればよいかがわかりにくいですが、少子高齢化などの影響で墓じまいを行う家庭が増えていることを考えれば、これからは身に着けておくべき知識といえます。

ぜひとも墓じまいやその際の服装についての知識を身に着けて、いざという時のために備えましょう。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「墓じまい・服装」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

墓じまい・改葬の際にお渡しするお布施について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬の際にお渡しするお布施について解説します

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きと費用について解説しますのサムネイル画像

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きと費用について解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓じまい・服装」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際に遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を紹介

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと