墓地の跡地ってどうなってるの?問題ないの?

皆さんはよく都市伝説のように「この辺、昔は墓地だったから」と言う話をきいたことがありませんか? 実際に墓地の跡地はどうなっているのでしょうか? 何が建ってるのでしょうか?法律的に問題ないのでしょうか? 今回はちょっと気になる墓地の跡地について解説します。

目次

  1. 墓地の跡地について
  2. 墓地の跡地に住宅を建ててもいいの?
  3. 土地が墓地の跡地かどうかを調べるには
  4. 墓地の跡地には遺骨が埋葬されているのか
  5. 墓地の跡地まとめ

墓地の跡地について

お墓

皆さんは墓地の跡地がどのように活用されているかご存知ですか?

墓地の跡地が何に変わっているのでしょうか?

墓地がなくなったのでしょうか?
実は墓地が引っ越しをしてしまったというのが正解です。
その跡地に住宅やマンションなどが建てられているため、知らず知らずのうちに近所にあった墓地を見かけることがなくなってきたのです。

墓地の跡地の利用について、普段は気にしていなくても、実際に跡地がどう利用されているか詳しく知っている人は少ないと思います。

そこで今回、終活ねっとでは墓地の跡地について

  • 墓地の跡地に住宅を建ててもいいの?
  • 土地が墓地の跡地かどうか調べるには?
  • 墓地の跡地には遺骨が埋葬されているのか?

を中心に解説します。

ぜひ、最後までお読みください。

墓地の跡地に住宅を建ててもいいの?

困った人々

土地を買って住宅を建てようと考えたときに、皆さんは何を使って土地を探しますか?
きっとチラシや、情報誌を見たりインターネットなどのウェブサイトで希望の場所や土地を探しますよね。
土地だけを買って注文住宅を希望する人もいれば、出来上がっている建売住宅を買う人もいます。

大きな買い物となるだけに慎重に物件を探すことでしょう。

その時に気に入った物件が見つかり、記載されている連絡先に問い合わせてみたら、金額が相場より安く日当たりも良い、土地も広い、将来的にも転売しやすいなど理想的な物件ですが、調べてみると墓地の跡地だった!なんてこともあるでしょう。

取扱会社は宅地建物取引法の関係で「この土地はなぜ、相場より安いのか?」など聞かれた場合に以前は墓地であった、火葬場であった、沼地であったなど理由を正直に告げなくてはならない決まりになっています。
これらのことを前もって聞かれていなくとも、上記のような理由を言わずに販売した多くの場合は、あとで裁判沙汰になる場合もあります。

墓地の跡地に土地を買ったり家を建てたりしても大丈夫かな?
名義変更や税金など法律的に問題があって後々、トラブルになるのでは?
といろいろなことを不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

そもそも墓地の跡地に住宅を建ててもいいのか疑問を持ったことはありませんか?

住宅以外でも墓地の跡地を利用する場合は大丈夫と考えていても同じように不安を感じるのではないでしょうか?

ここでは墓地の跡地に住宅を建てることについて、問題ないのかを解説します。

法律的には大丈夫

墓地の跡地である土地を購入し、家を建てても問題はないのでしょうか?

結論から申しますと、法律的には何の問題もありません

墓地の跡地を購入される場合、地目を「宅地」に変更すれば、どなたでも居住地として購入することができます。

取扱業者は宅地建物取引法により墓地の跡地であったことを購入希望者に説明する義務があるので、基本的に墓地であったことを知らされていなかったという場合は少ないです。

自治体などの墓地は、土地区画整理事業などに関連して移転されることがよくあります。
墓地を他所に新しく建設することによって、不要となった跡地を売却することも法律的に問題ないからと言えるでしょう。

当事者が気にするかどうか

墓地の跡地を購入するかどうかは、購入を考えている方がそれを気にするかどうかでしょう。

墓地の跡地で商売をすると人が集まると言う方もいれば、あそこは墓地の跡地だから何をやってもダメと言われる方もいます。

また、墓地の跡地を気にされるかどうかの多くは、何年前まで墓地だったのか、どのような墓地だったのか、整地後だれが住んでいたのかなどを基準にして考える方も多いです。

金額的にも条件的にも納得がいき、墓地の跡地でも構わないと言われる方もいる一方、墓地の跡地はちょっと考えてしまうと思われる方もいます。

いろいろな考え方がありますが、どちらの考え方も理解できますね。

あとは周りの方やご家族と相談して後々、問題が起きないようにされることをおすすめします。

土地が墓地の跡地かどうかを調べるには

お墓

家や土地を購入しようと考え、気になる物件があった場合、金額や日当たり、広さなども気になりますが、以前に何が建っていたのかなども気になりませんか?

もし、その土地が墓地の跡地だったら?

気になる物件があり、その土地の過去を知りたい場合は、取り扱っている業者・事業主に聞かれるのが良いでしょう。
それで納得できればいいのですが、不安が残る場合はご自身で調べてみることもできます。

簡単な方法としては、国土地理院の国土変遷アーカイブ空中写真閲覧システムを利用してみるのも良いでしょう。
これは明治の陸地測量部時代から、今日に至るまでに作成された地図や航空写真の一部を無料で利用できるシステムです。
ただし、これはすべての土地が見えるわけではないので、これ以外の調査方法をご紹介します。

登記の確認

現在は全国すべての法務局で登記記録がコンピューター化され、従来の登記簿謄本に代わって登記事項証明書などが発行されます。

コンピューター化され、それに伴って使われなくなった紙の登記簿を閉鎖登記簿と言います。
閉鎖登記簿以前に使われていたものが土地台帳です。

閉鎖登記簿、土地台帳をさかのぼって調べることにより明治ごろまでの地目を調べることができます

登記事項証明書はオンライン化されているので全国のどこの法務局でも入手できますが、閉鎖登記簿、土地台帳を調べる場合は、その土地を管轄する法務局(登記所)まで行かなければなりません

昔の地図を確認

地元の図書館に行き、古い地図を調べてみるのもいいでしょう。

墓地であったなら、地図に墓地と明記されているはずです。
まずは図書館に連絡してその土地の古い地図があるかを確認するか、インターネットなどで各図書館のホームページの蔵書を検索するのも効率的です。

近所の人に尋ねる

その土地に足を運んで調べる方法となります。

なるべく近くにお住いの方々に話を聞かれると良いでしょう。
特に昔からお住まいの方やご年配の方、古くから商売をされているお店や地元の不動産会社に話を聞くと、地図や登記簿などではくみ取れない貴重な情報を得られることがあります。

ただし、個人の話なので責任を取れるものでもありませんし、あくまでも参考として最終的には法務局などの公的な機関で地元の方から聞いた話を確認するのが良いでしょう。

墓地の跡地には遺骨が埋葬されているのか

困った人々

墓地の跡地を更地にするにあたって、土地を深く掘ってすべての土を入れ替えるなどの処理をしているところがほとんどなので遺骨が埋葬されていることはありません。

通常、2mから3mと掘り起こして整地されている住宅地が多く、整地後に遺骨などが出てくることなどもありません。

以下で墓地が土葬であったか火葬であったかによる違いを簡単に解説します。

土葬だった場合

昔ながらの埋葬法として土葬がありました。
歴史の古い墓地では土葬だったところもあるでしょう。
では、古い墓地の跡地には遺骨が残っているのでしょうか?

遺骨が土に還るには15年から20年以上の年月がかかると言われています。
この期間の違いは土壌の違いや気候が大きく影響を与えているとされています。

したがって土葬の墓地を更地にする場合には、地中深くまで掘り出してほかの場所に改葬(お墓の引越し)をすることになっています。

火葬だった場合

火葬の場合はどうでしょうか?

上のお墓だけを取り除いて整地しているのでは?と考えていませんか?

土葬と違い、遺骨のみをお墓の中に埋葬する火葬の場合でも、土葬と同じように地中深くまで掘り出してから整地していますので、遺骨などのお墓であった経歴が出てくるようなことはありません。

墓地の跡地まとめ

お墓

いかがだったでしょうか?

墓地の跡地について知らなかったことも多かったのではないでしょうか?

墓地の跡地は良い場所であったり、大きな土地であることが多く、公共機関をはじめ、私たちの身のまわりにおいても、知らないところで利用され役に立っているのですね。

墓地の跡地のまとめとして

  • 法律的には住宅地にしても何も問題はない。
  • その土地が以前、墓地かどうか調べるには登記簿を調べる、古い地図をみる、地元の方に話を聞いてみるなどの方法がある。
  • 墓地の跡地は供養し、土地を深く掘って土を入れ替え更地になっている。

「この辺は昔、墓地だった」という話を聞くことがあります。

比較的に街中にあった墓地の跡地は公的機関ですと学校、警察署、病院になっているところも多く、個人事業者ですとマンション、デパートなどに変わっているところが多いのも特徴です。
また、近年においては郊外の墓地の跡地を利用してニュータウンが続々と増えてきているのも、墓地そのものが見晴らしの良い立地に大きな土地を保有していたからと言えるのではないでしょうか。

ここまで読んで墓地の跡地といっても問題があるわけではないのが、わかっていただけましたか?
気になっていた墓地の跡地についての利用方法も理解していただけたと思います。

また供養や整地も、墓地の跡地と感じさせないようにしっかりと行っているのもわかりましたね。

墓地の跡地だからと敬遠していた一昔前と違い、全体で考えると良いことのほうが多い土地です。

何かの時に、墓地の跡地の話が出たら、この記事を思い出して「それは問題ないよ」と教えてあげてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、ほかにも気になるお墓や供養などについての記事が沢山あります。
ぜひ、ほかの記事もご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓地・跡地」に関連する記事

「墓地・跡地」についてさらに知りたい方へ

  • 墓地の売買はできるのか?墓地の個人所有と永代使用契約を解説!のサムネイル画像

    墓地の売買はできるのか?墓地の個人所有と永代使用契約を解説!

    墓地の売買は個人で行うことは出来るのでしょうか。墓地の売買に関わることは、意外に不透明で知らない事が多いです。今回終活ねっとでは墓地の売買について、法律などの面から詳しく説明します。個人名義の墓地の扱いや、沖縄の墓地の売買についてもご紹介します。

  • 【墓地の承継に登記は必要?】墓地使用権・登記方法を簡単解説のサムネイル画像

    【墓地の承継に登記は必要?】墓地使用権・登記方法を簡単解説

    身内が亡くなると、法要もつかの間すぐ埋葬です。墓地の承継について考えておかないと、争いの種になりかねません。お墓に所有権・登記権はある?墓地使用権て何?誰が引き継ぐ?手続きはどうする?そんな墓地の承継や登記の問題をわかりやすく解説します。

  • お墓の土地について解説!通常の土地と扱いが異なるので注意!のサムネイル画像

    お墓の土地について解説!通常の土地と扱いが異なるので注意!

    お墓の土地と普通の土地の違いについて、考えたことありますか? 墓地なら自由にお墓を建てたり、売ったりできるのでしょうか? 実はお墓の土地と普通の土地では扱いが違うのです。 その違いを理解しておかないと思いもよらぬ問題に直面しかねません。 お墓の土地について解説します。

  • 墓地の見える家に住むのはあり?メリット・デメリットを徹底解説のサムネイル画像

    墓地の見える家に住むのはあり?メリット・デメリットを徹底解説

    安い部件を探したら墓地が見える家だったという話を聞いたことがありますか?人によって家探しの希望条件は様々ですが、墓地の近くを希望する人は多くはありません。怖いイメージのある墓地ですが、墓地の見える家に住むメリットとデメリットについて解説をしていきます。

  • 墓地を売りたい場合どうすればいい?墓じまいや改葬について紹介!のサムネイル画像

    墓地を売りたい場合どうすればいい?墓じまいや改葬について紹介!

    近年は少子化の影響もあり無縁墓となり撤去されるお墓も増えていると言われています。ご先祖様の魂が眠るお墓がそうならないうちに、可能であれば墓地を売りたいと考えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?今回は墓地を売りたいという場合について解説をします。

  • 墓地設置の条件は?許可の基準など解説しますのサムネイル画像

    墓地設置の条件は?許可の基準など解説します

    近年増える墓地や霊園はどのようにして設置されているかご存知ですか?墓地や霊園を経営するには許可が必要となっています。自分たちの使用したい墓地や霊園がどのようにして許可を得て運営されているのか見ていきましょう。

  • 墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説しますのサムネイル画像

    墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説します

    墓地の管理を行なっている墓地管理者という人をご存知でしょうか?お墓を利用する人から提出される届出は、この墓地管理者によって処理されます。墓地管理者は、お墓を利用している人にとって、とても重要な役割があるのです。この墓地管理者について詳しく解説していきます。

  • 墓地の分譲について。墓地は所有者が購入しているわけではない?のサムネイル画像

    墓地の分譲について。墓地は所有者が購入しているわけではない?

    お墓を買うとよく言いますが、墓地の所有権を買うことはできません。では墓地の分譲と宅地の分譲の違いは?墓地の土地はどこが管理しているのでしょうか?墓地の分譲にまつわる疑問にお答えします。今回の記事では墓地の分譲について、わかりやすく解説します。

  • 霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

    霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

    お墓の場所について考えたことはありますか?どのような場所に建てるのがよいのか、費用はどれほどなのか、その選び方のポイントを詳しく解説していきます。お墓の場所の選び方を知ることで、もしものときのために備えておきましょう。

  • 墓地契約について注意点や流れ・費用について詳しくまとめました!のサムネイル画像

    墓地契約について注意点や流れ・費用について詳しくまとめました!

    お墓を建てるためには墓地契約をしなければなりませんが、墓地契約の手順はご存知でしょうか?具体的な方法となるとよくわからない方も多いかと思います。この記事では墓地契約までの流れや手順、費用について解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓地・跡地」についてさらに知りたい方へ

墓地の売買はできるのか?墓地の個人所有と永代使用契約を解説!のサムネイル画像

墓地の売買はできるのか?墓地の個人所有と永代使用契約を解説!

【墓地の承継に登記は必要?】墓地使用権・登記方法を簡単解説のサムネイル画像

【墓地の承継に登記は必要?】墓地使用権・登記方法を簡単解説

お墓の土地について解説!通常の土地と扱いが異なるので注意!のサムネイル画像

お墓の土地について解説!通常の土地と扱いが異なるので注意!

墓地の見える家に住むのはあり?メリット・デメリットを徹底解説のサムネイル画像

墓地の見える家に住むのはあり?メリット・デメリットを徹底解説

墓地を売りたい場合どうすればいい?墓じまいや改葬について紹介!のサムネイル画像

墓地を売りたい場合どうすればいい?墓じまいや改葬について紹介!

墓地設置の条件は?許可の基準など解説しますのサムネイル画像

墓地設置の条件は?許可の基準など解説します

墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説しますのサムネイル画像

墓地管理者の仕事内容から不明な時の問い合わせ先まで徹底解説します

墓地の分譲について。墓地は所有者が購入しているわけではない?のサムネイル画像

墓地の分譲について。墓地は所有者が購入しているわけではない?

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

墓地契約について注意点や流れ・費用について詳しくまとめました!のサムネイル画像

墓地契約について注意点や流れ・費用について詳しくまとめました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓地・跡地」についてさらに知りたい方へ

墓地の売買はできるのか?墓地の個人所有と永代使用契約を解説!のサムネイル画像

墓地の売買はできるのか?墓地の個人所有と永代使用契約を解説!

【墓地の承継に登記は必要?】墓地使用権・登記方法を簡単解説のサムネイル画像

【墓地の承継に登記は必要?】墓地使用権・登記方法を簡単解説

お墓の土地について解説!通常の土地と扱いが異なるので注意!のサムネイル画像

お墓の土地について解説!通常の土地と扱いが異なるので注意!

墓地の見える家に住むのはあり?メリット・デメリットを徹底解説のサムネイル画像

墓地の見える家に住むのはあり?メリット・デメリットを徹底解説

墓地を売りたい場合どうすればいい?墓じまいや改葬について紹介!のサムネイル画像

墓地を売りたい場合どうすればいい?墓じまいや改葬について紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと