故人を手元で偲びたい…手元供養のための分骨について

人は亡くなると火葬され、お墓に入れるのが一般的ですよね?しかし近年、お墓に入るだけではない様々な供養方法が選ばれるようになってきました。今回はその一つである手元供養、および分骨についてご紹介。遺骨を分骨し、手元供養する際の流れや注意点などについても解説します。

目次

  1. 手元供養する際の分骨について
  2. そもそも手元供養とは
  3. 分骨はどうやってやるのか
  4. 手元供養と一緒にすることの多い供養
  5. ペットの遺骨も分骨して手元供養できるの?
  6. 手元供養する際の分骨まとめ

手元供養する際の分骨について

葬儀

手元供養という言葉を最近よくテレビなどで耳にする機会が増えました。
日本で行われている供養の方法としては、火葬した後はお墓に納骨するのが一般的ですよね。

しかし近年、後継者不足や経済的な問題、宗教観の薄れなど、社会やライフスタイルの変化に伴って、これまで当たり前に思われていた供養の仕方だけでなく、さまざまな供養の形に注目が集まっています

新しい供養形態の一つとして、終活ねっとで今回取り上げるのが手元供養です。
「手元供養に興味がある」「手元供養をしたいけど、方法が分からない」「手元供養するには分骨が必要?」など、手元供養分骨について、終活ねっとでは

  • どんな手元供養があるのか
  • 手元供養のための分骨の方法
  • 手元供養で残した以外の遺骨はどうするのか
  • ペットの分骨について

などをご紹介していきたいと思います。
ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

そもそも手元供養とは

仏壇

手元供養とは、自宅供養とも言われ、文字通り手元で故人を供養することです。
つまり、従来であればお寺や墓地、霊園で管理する遺骨や遺灰、またはその一部を自分の手元で管理するという供養の方法です。

暗いお墓に入れるのは可哀そう、故人をいつも身近に感じていたい、そばで見守ってもらいたいと考える方々や、お墓が遠方にあったり、体が不自由で頻繁にお墓参りに行くことができない、嫁いだけれど自分の両親を手元で供養したいなど、さまざまな理由からここ数年、手元供養を望む方たちが増えてきています

その際、遺骨をそのまますべて自宅で保管するケースもありますが、遺骨の一部を分骨し、それを手元に置いておく場合が多いようです。

手元供養にはどういったものがあるのか

自宅や家族のそばに遺骨の一部を置いておきたいと考える人のために、手元供養にはどのような形があるのでしょうか

手元供養の高まるニーズに応えて、最近は様々な種類のものが売られており、仏壇仏具店をはじめ、ネットで検索するとさまざまな商品が見つけられます。
自分や家族の希望や、ライフスタイルに沿ったものを探しましょう。

ミニ骨壺

ミニ骨壺とは、遺骨や遺灰をそのまま入れられる手元供養用の骨壺のことです。

陶器製やガラス製、金属製、木製などさまざまな素材のものがあり、自宅のインテリアにも馴染むよう、色や形、デザインもバリエーション豊かに取り扱われています。

大きめのものから、のど仏だけが入る大きさ、てのひらサイズまで、大きさも各種揃っています。
値段はサイズやデザインなどによって異なりますが、3000円~数万円といったところです。

オブジェ

手元供養のオブジェには小さなお地蔵さまや、天使といった置物や、写真を焼き付けることができるオブジェなどもあります。

こちらも素材はさまざまで、御影石や備前焼で作られたものから、ガラス製、木製、真鍮など、幅広く選ぶことができます。

いずれも中に遺骨を納められるようになっています。
デザイン性が高いものが多く、違和感なくインテリアに溶け込みます。
値段は数万円~となっており、オーダーメイドのものは数十万円かかるものもあるようです。

アクセサリー

身に着けられるアクセサリーも人気があります。
中に遺灰をそのまま入れられるようになっているペンダントや、ブレスレット、指輪など、常日頃身に着けられるアクセサリーは、故人をいつもそばに感じたいという想いにぴったりです。

また、遺骨や遺灰を加工して合成ダイヤモンドを作成するメモリアル・ダイヤモンドというものも知られるようになってきました。
2000年代初めごろに海外で始まったこの方法は、ほどなくして日本からも依頼ができるようになり、年々注文する人が増えているそうです。
他にも、遺灰を練りこんだ土やセラミック、人工石などから作られるアクセサリーもあります。

大切な遺骨がきれいなアクセサリーに生まれ変わって、いつも守ってくれていると感じられるのは、残された者にとっても慰めになるでしょう。

手元供養するために分骨をする必要がある?

手元供養を行いたい場合、絶対に分骨をしなければならないのでしょうか?

分骨についてよく言われるのが、「故人の遺骨を分骨にすると成仏できない」「あの世で五体が揃わない」といったものです。

しかし、これは根拠のない迷信、俗説にすぎません。
実際、分骨は古来より複数の宗教で、尊いものとして行われてきました。
仏教では、お釈迦様の入滅後、遺骨は分骨され「仏舎利」として世界各地の寺院で祀られています。

また、自分の宗派の本山に分骨して納骨することも珍しくありませんし、そもそも西日本では、火葬場で遺骨のすべてを骨壺に納めないことが多いです
お骨上げの際には部分収骨が慣習ですので、この時点ですでに分骨されてると言えます。

そうはいっても、遺骨をばらばらにしてしまうことで、魂が分裂してしまう、何となく悪いような気がする…というイメージを拭えない人もいるでしょう。
手元供養はしたいけれど、分骨はしたくない場合、どうすればいいのでしょうか?

分骨をしなくても大丈夫ではある

どうしても分骨をしたくない、親族の反対によってできない、という場合は分骨せずに遺骨のすべてを手元に保管するという方法もあります

また、手元供養には「こうしなければならない」というような決まりはありません。
遺骨にこだわらなくても、遺髪や故人の思い出の品など、故人を偲ぶ気持ちがあれば手元供養はできると考えるのも一つです。

分骨にはどのようなメリットがあるか

分骨にはさまざまなメリットが考えられます。

  • 遠方に住む兄弟同士などが、それぞれで供養することができる。
  • 現在の居住地と生まれ育った場所が遠く異なる場合でも、分骨して故郷にも埋葬することができる。
  • お墓が遠く不便だったり、体が不自由でお墓参りになかなか行けない場合でも、負担がかからずにいつでも身近で供養することができる。
  • 故人の希望していた供養方法と遺族の希望が合わない場合でも、分骨することでそれぞれの意向に沿った供養が行える。

などです。

分骨はどうやってやるのか

お墓

では、手元供養に必要な分骨の仕方についてご紹介していきます。

分骨を行うタイミング

分骨を行うタイミングは、大きく分けると納骨前納骨後の2つのタイミングとなります。
このタイミングによって、手続きや手間、費用なども変わってくるので注意が必要です。

火葬場

火葬までに分骨をすることが決まっている場合、火葬場でお骨上げをする際に分骨し、その場で分骨用の骨壺に入れるのが一番手間がかかりません

また、火葬して自宅に戻ってから、もしくは四十九日などに、遺族で分骨するケースも多く見られます。
遠方から来ている兄弟や親族間で分骨するには、みんなが揃っている場が一番都合よく、スムーズに行えるでしょう。

墓地

「お墓に入れてしまった遺骨は分骨できないのでは?」と思う方もおられるかもしれませんが、すでに納骨している遺骨であっても分骨することは可能です。
その場合、お寺や霊園の管理者の了解を得て、お墓の中から骨壺を取り出して分骨します。

墓石を動かさなければならないので、石材屋さんに依頼する必要があります。
地域によって異なりますが、およそ2~3万円ほどの作業費用がかかるでしょう。

また、お寺によっては遺骨を取り出す際に閉眼供養御魂抜きなどと呼ばれる供養をしてもらわなければならないこともあります。
一般的に、墓石に文字を追加する時や、お墓の移転・改葬・処分といった際に、ご先祖様の魂が宿っているとされるお墓から魂を抜き取るために行うものですが、分骨するためにお墓を動かす場合にも行う場合があります。
その場合、住職にお経をあげてもらうことになるので、お布施を包む必要があります。

ただし、分骨の際に閉眼供養を行うかどうかも、地域や寺院・霊園によって異なります。
まずはお墓のある寺院や霊園に問い合わせて確認しましょう。

葬儀や納骨の時はバタバタと忙しく、分骨にまで頭が回らなかったけど、気持ちが落ち着いてきた頃にふと、「分骨をしておけばよかったな」と考えることもあると思います。

また、故人本人が散骨などを望んでいたけれど、親族の反対などで行えず、お墓に納骨することになったという場合にも、後から分骨して手元供養を行うことが可能です。

分骨から手元供養までの流れ

分骨から手元供養までをスムーズに行うために、おおよその流れをご紹介します。

分骨証明書の発行は必要?

分骨証明書は手元供養する場合に限れば、原則的に不要です。

分骨証明書というのは、分骨した遺骨を他のお墓や納骨堂などに納める場合に、その遺骨は誰なのかを証明するのに必要な書類で、一般的に、故人の名前や死亡年月日などが書かれているものです。
分骨した遺骨を納骨する際に必要なものであって、分骨自体に必要なものではありません。
したがって自宅など自分の手元に遺骨を置いておくなど、納骨しない場合には分骨証明書はなくても問題ないのです。

ただし、手元供養をしていた方が亡くなった時に、後継者がおらず引き取り手がいないなど、手元に置いていた遺骨を将来的に何らかの事情で、お墓や納骨堂などに納骨しなければならない場合があるかもしれません。
その際には分骨証明書が必要となります。
これがなければ納骨ができないため、非常に重要な書類です。
そんな時に備え、念のために分骨証明書はもらっておいて、大切に保管しておく方が良いでしょう。

火葬場・墓地に分骨をしたいことを伝える

火葬場で行う場合は葬儀社や火葬場にその旨を伝え、分骨証明書発行依頼書などに記入し、分骨してもらいます。
火葬場で分骨用の骨壺を用意してくれるところもありますが、前もって用意しておいて持参することもできます。
分骨をしたい旨伝える際に、そちらも確認しておきましょう。

分骨した後は、火葬場の管理者に火葬証明書(分骨用)を発行してもらいます。
各自治体によって異なりますが、一通数百円ほどです。
何人かで分骨する場合、それぞれに必要となりますので、かならず必要数分を発行してもらいましょう。
なお、火葬場で分骨証明書を発行してもらえるのは火葬の当日のみとなっています。

納骨後に分骨をする場合は、お寺や墓地に分骨希望の旨を伝え、お墓に分骨用の骨壺を持参し、分骨してもらいます。
そして住職や霊園の管理者に分骨証明書を発行してもらいます。
こちらも管理者によって異なりますが、一通数百円ほどです。

手元供養の事業主に相談する

ミニ骨壺やアクセサリーに遺骨や遺灰を納める場合は、自分の希望する手元供養用の容器を購入し、自宅で自分の手で容器に遺骨や遺灰を納めましょう。

遺骨や遺灰を加工する場合は、手元供養の事業主に連絡し相談します。
大切な故人の遺骨を預けることになりますので、信頼できる事業主を選びましょう。

分骨した遺骨を事業主に送る

遺骨を加工してもらう場合には、分骨した遺骨や遺灰を希望の事業者へと送ります
中には自宅に引き取りに来てくれる業者もあるようですが、基本的には事業者の元へ持って行くか、郵送するかになるようです。

なお、現在遺骨を郵送できるのは日本郵便のゆうパックのみとなっています。
遺骨は替わりがきかず、お金で補償できるものではないことから、宅配業者では受け付けていないそうです。
ゆうパックで遺骨を送る時は、中身が出ないように厳重な梱包をし、配送伝票に「遺骨」と明記しましょう。
また、万が一のことを考えて、セキュリティ扱いにする方が安心です。

分骨をする際に注意すべき点

分骨自体は面倒な手続きなど不要ですが、後々のトラブルを招かないためにいくつかの点で注意が必要です。

親族間で合意が取れているか

お墓や供養の仕方については、人によって考え方がさまざまです。
従来のお墓で供養するのが当たり前と思う親族の中には、手元供養に違和感を覚えたり、分骨を嫌がる人もいるかもしれません。
誰が正解で、誰が間違っているということがないため、これは非常に難しい問題です。

しかしいずれにせよ、自分一人だけで分骨を決めてしまっては親族間にもめごとが起きる可能性があります。
それぞれが納得のいく形で納められるよう、事前にしっかりと話し合うことが大事だと思われます。

遺骨の所有者が許可を出しているか

民法では、「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する」とされており、遺骨も、系譜(家系図など)や祭具(位牌や仏壇)、墳墓などと同様に、祭祀を主宰すべき者が所有するのが慣例です。
遺言状などで故人が指定していれば別ですが、たいていは故人の配偶者や子が所有者に当たると考えられます。

分骨する際には遺骨の所有者が、許可を出していなければいけません
所有者以外が勝手に分骨した場合、最悪刑事罰に相当してしまう可能性もあります。

手元供養と一緒にすることの多い供養

散骨

手元供養の場合、遺骨の一部を手元に置くケースがほとんどです。
では、手元に置かない分の遺骨はどうするのでしょうか?

普通のお墓に納骨

手元供養をされる方の多くが、遺骨の一部を手元に置き、大部分は従来通りお墓に納骨しています。

先祖代々のお墓や、新しく建てたお墓に納骨するのが一般的です。

散骨

散骨とは遺骨を粉末状にし、故人が好きだった海や川、山などに遺灰を撒く供養方法です。
ヘリコプターから空へ撒いたり、また風船に付けて空へ放つバルーン葬、ロケットで打ち上げる宇宙葬などもあります。

残された者にお墓のことで負担をかけたくない、配偶者や子供がいない、お墓を建てる金銭的余裕がないなど、多くの人が死後の問題に直面している現代において、従来の墓制度に縛られず、コスト面でも負担の少ない供養方法として、近年最も増加傾向にあります。

散骨だけだと遺骨が手元に残らず寂しいと感じる方の多くが、散骨と一緒に手元供養をすることを選ぶようです。

樹木葬

樹木葬とは墓石を置く代わりに樹木を墓標とし、遺骨を土に還す供養方法です。
1999年に岩手県の祥雲寺で始められ、その後全国へと広まっていきました。

綺麗に区画整理された場所にシンボルツリーを植え、その周りに埋葬する公園型と、お寺や霊園の所有する里山に埋葬し、一人ずつに木を植える里山型があります。
公園型は比較的交通の便の良い都市部に見られる形式です。
サクラやツツジ、イロハモミジなどがシンボルツリーとして人気が高いこともあり、美しい花や紅葉を愛でながらお墓に参ることができると、人気があります。
また里山型は、植樹によって里山が保全され、環境にも良いと言われおり、注目が集まっています。

里山型の人気が増加してきたとはいえ、まだまだ樹木葬は合祀のものが多く、いったん埋葬してしまうと遺骨が取り出せません。
それだとさすがに寂しいという人が、手元供養を一緒に行うことも多いです。

永代供養

永代供養とは遺族に代わって、お寺や霊園が長期にわたり責任をもって遺骨の供養・管理を行ってくれる供養方法です。
最初に料金を納めさえすれば、その後の維持管理費などは必要ないこと、また、宗旨・宗派を問われないことからも、永代供養を望む人は年々増えてきています。

永代供養には、骨壺から遺骨を取り出し、他の人と一緒にひとまとめにして埋葬する合祀墓と、単身または夫婦だけなど個別に納骨される単独墓があります。
単独墓も、17回忌や33回忌、50回忌などある一定の期間が過ぎた後は合葬となります。

永代供養も手元供養と一緒に行う人が多い供養形態になります。

ペットの遺骨も分骨して手元供養できるの?

葬儀

家族同様に大切にかわいがっていたペット。
そんなペットが亡くなった時も、人間と同じように分骨して手元供養できるのでしょうか?

ペットの遺骨は基本合葬

年々増加するペット事情に合わせて、ペットの死後の供養方法もさまざま選べるようになってきましたが、多くは火葬された後、ペット専用の共同墓地や霊園などに合葬されます。

分骨の需要が高まっている

ペットロスという言葉があるように、家族同然のペットを亡くした辛さは計り知れないものがあります。
気持ちの整理がつかないままに、共同の墓地に納められてしまうのは忍びないと感じる方もたくさんいらっしゃるでしょう。

そういう場合に、ペットの遺骨を分骨して手元に置いておくことが、ぽっかりと空いてしまった心の拠り所になるのではないでしょうか。
ペットがいつも寝ていた場所や、お気に入りの場所に遺骨を置いて供養することで、ペットを失った家族にも安らぎが訪れるかもしれません。

そのような気持ちに応えて、ペット用の手元供養用品も最近では豊富に取り扱われています。
ミニ骨壺やオブジェ、アクセサリーなど、人間のものと同じぐらいバリエーションも豊かです。
ペット専用の霊園や、専門店、ネットなどで、好みのものを探しましょう。
なお、ペットの分骨については、分骨証明書なども必要ありません

手元供養する際の分骨まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、手元供養とそのための分骨についてご紹介しました。

  • 手元供養には、遺骨や遺灰をそのままミニ骨壺やオブジェなどに収納するタイプと、遺骨や遺灰を加工してアクセサリーなどにするタイプとがある
  • 分骨は納骨前・納骨後どちらでも可能だが、手続きが少し異なる
  • 手元に残す以外の遺骨は、従来通りお墓へ納骨するか、散骨や樹木葬、永代供養などをする
  • ペットの分骨も人間と同じように行える

といったことが分かりましたね。
亡くなった後も、家族のそばで大切に心を込めて供養したい、そんな気持ちに、手元供養は最善の方法ではないでしょうか。
また、遺骨を身近に置くことで、残された遺族が悲しみを和らげ、心の拠り所とできるのなら言うことありません。

時代の変化と共に供養の仕方が変わっていくのは当然のことですが、手元で供養するのも、お墓に入れるのも、散骨するのも、すべて故人を思う気持ちは同じです。
故人や遺族、親族それぞれの希望に沿った供養ができるよう、手元供養を一つの選択肢として考えてみてください。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「分骨・手元供養」に関連する記事

  • 分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

    分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

    永代供養や散骨、樹木葬など、従来のお墓にとらわれない多様な供養方法に注目が集まる今、分骨についても関心が高まってきています。これまで通りのお墓制度にも、新しい供養方法にも対応できる分骨。その具体的な手続きの仕方や注意点などをご紹介します。

  • 分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

    分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

    家族が離れている・お墓参りに行けない、などの理由から、近年は「分骨」が広まっています。しかし、方法や手順に不安がある人も少なくありません。そこで、分骨の仕方・分骨後の供養の仕方を詳しく紹介します。葬儀前の知識としても役立ちますので、是非お読みください。

  • 永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説のサムネイル画像

    永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説

    永代供養をする前に、分骨について考えたことはありますか?永代供養後にいざ自分で供養したいと思っても手続きが難しく、遺骨を取り出せなくなることもあります。お墓がなくても供養できる、永代供養の際に考えるべき分骨の事例と各種証明書について解説いたします。

  • お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

    お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

    様々な事情によってお墓からご遺骨を分骨する際、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?お墓から分骨をする方法や費用について詳しく見ていきましょう。近年増加している分骨。手続きも様々なものが必要となりますので、しっかりと知識を身に着けておきたいですね。

  • 手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!のサムネイル画像

    手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!

    火葬後は大体の人がお墓に納骨すると思いますが、手元で供養したい、分骨して故郷にも埋葬したいと思うこともありますよね。分骨用の骨壷があればいいなと思ったことはありませんか?この記事では分骨用の骨壷のご紹介と、分骨に関する必要書類などをまとめてみました。

  • 分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

    分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

    「分骨をするのはよくない」と、聞いたことはありませんか?聞いたことがあっても、よくないという根拠は何でしょうか。分骨の必要性やメリットを考察しつつ、よくないとされる理由を探っていきます。

  • 骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説のサムネイル画像

    骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

    昨今の宗教観の変化から遺骨を分骨して手元で供養される方が増えています。 さて、火葬場で分骨してもらう場合は良いのですが、お墓に埋葬した骨壷から改めて分骨して手元供養をすることは出来るでしょうか? 今回は骨壷から分骨する際の注意点についてお話します。

  • 分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説のサムネイル画像

    分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説

    分骨とは、遺骨を分けてそれぞれ違う場所にあるいくつかのお墓へ納骨して供養する事を指しています。お墓や分骨に関して、あまりよく知らないという方の為、分骨にまつわる疑問について様々な角度からご説明していこうと思います。

  • 分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介のサムネイル画像

    分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

    複数の親族間でそれぞれに遺骨の供養を希望する場合には、分骨が必要です。分骨をする時に重要な手順や費用について詳しくご紹介します。ご自身の希望する本山への分骨を検討されている方についても宗派・お寺別に費用をご紹介いたします。

  • 分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説しますのサムネイル画像

    分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説します

    ご遺骨を何らかの理由で分骨したいという場合は所定の手続きを経ることが不可欠です。それでは、分骨に必要な手続きとはどのようなもので、どのような書類が必要となってくるのでしょうか?今回は、分骨という行為を行ううえで必要な手続きについて見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「分骨・手元供養」についてさらに知りたい方へ

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説のサムネイル画像

永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!のサムネイル画像

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!のサムネイル画像

分骨をするのはよくない事?その疑問にお答えします!

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説のサムネイル画像

骨壷内のご遺骨を分骨してもいいの?分骨のルール・手順などを解説

分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説のサムネイル画像

分骨で悩んでいる人必見!お墓への分骨の疑問をわかりやすく解説

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介のサムネイル画像

分骨にかかる費用を手順を追って解説!本山への分骨についてもご紹介

分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説しますのサムネイル画像

分骨するのに必要な手続きを状況・場面別に解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「分骨・手元供養」についてさらに知りたい方へ

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!のサムネイル画像

分骨についてその方法や手続きを状況別に解説します!

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介のサムネイル画像

分骨の仕方を解説!手順や分骨後の供養の方法を紹介

永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説のサムネイル画像

永代供養してからの分骨では遅い?!分骨の事例と証明書を解説

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!のサムネイル画像

お墓から分骨をするには?分骨の方法や費用について紹介します!

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!のサムネイル画像

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと