納骨堂って無宗教でも入れる?~無宗教でも可能な埋葬方法とは~

お墓をどうするかは悩みの種です。最近では、納骨堂に遺骨を納める人々が増えてきました。しかし、無宗教でも納骨できるのでしょうか?ここでは、無宗教の人でも納骨できる納骨堂やその他の埋葬方法について説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. 納骨堂は無宗教でも納骨できるの?
  2. そもそも納骨堂とは
  3. 無宗教でも納骨堂に入れるのか
  4. 納骨堂以外に無宗教でもできる埋葬方法
  5. 納骨堂・無宗教まとめ

納骨堂は無宗教でも納骨できるの?

お墓

自分や家族が亡くなった後、お墓をどうするか考えていますか?

「自分の家は次男だから新しいお墓を建てなくちゃ」「子どもがいないからお墓があっても守っていってくれる人がいない」「お墓が不便なところにあるので、お参りがしにくい」など、悩みの種でもありますよね。

近年、納骨堂に遺骨を納める人々が増えてきました。
費用が安い、屋内にあってお参りしやすい、など様々なメリットがいわれています。

しかし、納骨堂ってだれでも納骨できるのでしょうか?
「自分たちは無宗教だけど納骨堂に入れてもらえるの?
そういった疑問をもつ人もいると思います。

ここでは、

  • 納骨堂にはどのようなタイプがあるのか
  • 無宗教の人はどこの納骨堂でも納骨できるのか
  • 納骨堂に納骨すればずっと供養してもらえるのか
  • 無宗教の人でも可能な埋葬方法とは

などについて説明していきたいと思います。

ぜひ、最後までお読みください。

そもそも納骨堂とは

お墓

納骨堂とは、遺骨を納めておく建物のことです。

遺骨の納め方の種類としては、

  • ロッカー式…同じ大きさをしたロッカーのようなお壇に遺骨を納めます。
  • 仏壇式…個別の仏壇を置くことができます。上段に仏壇を置き、下段に遺骨を納めます。
  • 自動搬送式…液晶パネルにICカードをかざすと、自働で遺骨が運ばれてきます。

などがあります。

また、メリットとして、

  • 屋内にあるため、天候にかかわらずお参りができる
  • 交通の便がよいところにある場合が多く、お参りがしやすい
  • 墓石を新たに建てるよりも費用が安い

などがあげられます。

無宗教でも納骨堂に入れるのか

葬儀

基本的に納骨堂は宗教不問

基本的に納骨堂に入るにあたって、宗教は不問です
ですが、霊園の運営母体によって異なる部分もあります。

墓地は管理・運営主体によって公営霊園、民営霊園、寺院に分けられます。
ここでは、それぞれの墓地について説明していきます。

公営霊園

都道府県や市区町村など、各自治体が管理・運営している墓地のことをいいます。

誰でも好きな場所に申し込めるわけではなく、

  • 墓地のある自治体に居住している
  • その墓地に納める遺骨を所有している
  • 使用できる墓地をもっていない
  • 一度も遺骨を納めたことがない(改葬・分骨ではない)

などのような利用条件がついています。
したがって、生前申込みができない場合があります。

また、募集している期間や数が決まっており、抽選によって決定します。
ですから、必ずしも希望したとおりに納骨できないこともあります。

メリットとしては、

  • 宗旨・宗派を問わず、また無宗教の人でも利用できる
  • 自治体が管理・運営しているので、経営が安定している
  • 使用料が安い

などといったようなことがあげられます。

公営霊園は、納骨堂に使用期限がもうけられている場合が多くあります。
短ければ1年、長ければ10年~30年ごとに使用料を納め、それ以上納骨したい場合は更新します。
最長更新期間が決まっているところもあります。

使用料は1年で5千円前後のところが多いようです。

民営霊園

公益法人や宗教法人から委託された民間企業が管理・運営をしている墓地のことをいいます。

公営霊園と違い、ほとんど利用条件がありません。

メリットとしては、

  • 宗旨・宗派を問わず、また無宗教の人でも利用できる
  • 駐車場やトイレ、休憩所など、設備やサービスが充実しているところが多い
  • 生前に申込みができる

などといったようなことがあげられます。

民営納骨堂の場合、個別に納骨される場合であっても、一定の保管期間以降は合祀墓に合葬され、永代にわたって供養する、というところが多くあります。
33回忌以降、50年保管以降というところが多いようです。

費用ですが、納骨する期間や人数によって金額は変わってきます。

使用料だけでみると、個人の納骨なら、30万円~100万円ほどが多いです。
家族で納骨する場合だと、150万円前後かかるようです。

その他にも年間の維持費(管理料)を払わなければならない場合も多く、1年で数千円~1万円ほどかかります。
中には保管期間(例えば50年)の分を一括前払いしなければならないところもあります。
その場合、初期費用として、使用料以外に数十万円を支払うことになるので、注意が必要です。

寺院

宗教法人が管理・運営している墓地のことをいいます。

寺院の境内に墓地がある寺院が多く、通常は檀家にならなければ入ることができません。
しかし、納骨堂の場合は、寺院でも宗旨・宗派を問わないところがほとんどです。

メリットとしては、

  • 寺院が運営しているため、手厚い供養が受けられる
  • 法要のことなどについて相談にのってもらいやすい
  • 駅から近い、駐車場がある、といった交通の便がよいところが多い
  • トイレや休憩所などの設備が整っているところが多い

などがあげられます。

納骨期間ですが、期限を設けずに供養してもらえるところもあり、その場合、個別に納骨した遺骨が永代にわたって合葬されないという安心感があります。
ただし、個別納骨であっても、一定期間を過ぎた遺骨は合祀墓に納められ、永代供養されるところもあります。
納骨を検討する場合は、永代にわたって合葬されないのかどうかも確認しておくとよいと思います。

費用ですが、寺院によって、また納骨する人数や納骨壇の大きさ・体によって、大きく値段が変わります。

1人分を納骨する場合だと、30万円~100万円ほどのところが多いようですが、なかには200万円前後かかるところもあります。

また、最初から合祀墓タイプに納骨する場合は、10万円以下ですむ場合もあります。

金額がかなり変わりますので、寺院の納骨堂に納めたいと考えている方は、納骨予定人数や納骨壇の大きさなど、希望する内容と予算が合うよう、いろいろな納骨堂を検討されるとよいと思います。

まれに檀家になる必要があるところも

寺院の場合、檀家にならなければ納骨堂を利用できない場合もあります。
檀家になるということは、その宗教・宗派に属し、供養の一切をそこで行うということです。

その場合、

  • 檀家になるための入壇料
  • お寺の管理・運営費(護持会費)
  • 寺院の改修・修繕費
  • 寺院行事や法要の時などのお布施

などのお金が発生することにもなります。

寺院の納骨堂を利用するときには、檀家にならなければならないのか、宗旨・宗派不問で無宗教でも入ることができるのかを確認しておきましょう。

納骨堂以外に無宗教でもできる埋葬方法

お墓

無宗教の方が遺骨を納める方法は、納骨堂以外にもさまざまあります。
ここではそのいくつかを紹介します。

お墓を建てる

もっとも一般的な方法として、墓石を建てて納骨する方法があります。

先にも述べたように、公営霊園、民営霊園は宗旨・宗派を問わずだれでも利用することができます。
寺院墓地の場合、墓石を建てるときには檀家にならなければならない場合がほとんどです。
無宗教の方はまず公営霊園・民営霊園での納骨を考えてみるとよいと思います。

お墓を建てる場合、下記のような流れになります。

  • 霊園・墓地を決める
  • 石材店を決める
  • 墓石を決める
  • 墓石を設置する
  • 納骨する

ただし、民営霊園や寺院墓地では、石材店を指定されている場合が多くあります。
そのため、好みの石材店を先に決め、そこの紹介で霊園・墓地を決めるという方法もあります。

霊園・墓地を決める際には、区画の広さ、霊園・墓地の立地、かかる費用などを考え、いろいろな霊園・墓地を検討してみるとよいと思います。

墓石を建てる場合の費用ですが、かかる費用は、

  • 永代使用料
  • 管理費用
  • 墓石の購入・設置費用

の3つになります。
永代使用料と管理費用は、利用する霊園・墓地に支払い、墓石の購入・設置費用は石材店に支払います。

費用の総額ですが、大体100万円~300万円ほどが一般的のようです。

永代使用料と管理費用は公営霊園の方が安い場合もありますが、場所によっては高くつくこともありますので、事前によく調べておいたほうがいいと思います。

例えば、都立青山霊園の場合、平成29年度公募の墓地使用料が、

  • 区画面積3.05~3.95平方メートル・・・834万1750円~1080万3250円
  • 区画面積1.60~1.85平方メートル・・・437万6000円~505万9750円

となりました。
このように、公営霊園でも使用料だけで1000万円を超えてしまう場所もあります。

散骨する

散骨は、遺骨を粉末(パウダー状)にして、海などにまく方法です。
墓石を建てるよりも費用がずっと安く、近年、この方法を選ぶ人も増えてきています。

散骨の仕方は以下のようになります。

  • 個人散骨・・・一家族で船に乗り、散骨します。他の家族がいない分、落ち着いて散骨することができますが、その分費用がかかります。大体20万円~40万円ほどが相場のようです。
  • 合同散骨・・・複数の家族で一緒に船に乗り、それぞれ散骨します。他の家族がいるため気をつかいますが、個別散骨に比べて費用が安く抑えられます。大体10万円~15万円ほどが相場のようです。
  • 委託散骨・・・家族で散骨するのではなく、遺骨を業者に預けて代わりに散骨してもらいます。自分たちで散骨をすることはできませんが、その分費用が安くすみます。大体5万円~10万円が相場のようです。

樹木葬

樹木葬とは、従来の墓石を墓標として納骨するのではなく、樹木を墓標として納骨する埋葬方法です。
遺骨を粉末(パウダー状)にして、樹木の下に納骨します。

1999年、岩手県にある祥雲寺(現・知勝院)が始め、その後全国へ広がっていきました。

遺骨は自然のものでつくられた筒や袋を地中に埋めたり、土を掘った穴に埋めるなどし、遺骨が時間の経過とともに自然にかえっていくというのが特徴です。
お墓を代々継承していく必要はありません。
なかにはペットや友人などと一緒に埋葬できる樹木葬墓地もあり、家族以外とも一緒にお墓に入りたい方にもおすすめです。

樹木葬は、ひとりひとりに一本の樹木を植えて埋葬するところや、一本の樹木のそばに複数の遺骨を埋葬するところなど、埋葬の仕方にも違いがあります。

一本の樹木のそばに埋葬する場合、個別に納骨できる場合と、そうでない(合同で納骨する)場合があります。

また、樹木以外に墓誌やプレートなど、個人個人を区別するものも一緒に作られる場所もあります。

費用ですが、10万円~80万円ほどが相場のようです。
墓石を建てるよりもずっと費用が安いことも魅力のひとつです。

永代供養

永代供養墓は、寺院が永代にわたって供養してくれるお墓のことです。

メリットとしては、

  • お墓参りをしてくれる人がいなくても供養してもらえる
  • 墓石を建てるより費用が安い
  • 宗旨・宗派を問わずだれでも受け入れてもらえる場合がほとんど

などがあります。

ただし、永代供養墓は一般的に他の人と一緒に納骨される「合同墓」のかたちなので、一度納骨してしまうと、遺骨を取り出すことができないというデメリットもあります。

費用ですが、安ければ10万円ほどで済みますし、高ければ100万円以上する場合もあります。だいたい平均すると30万円~50万円ほどだそうです。

しかし、この費用は1人分の納骨費用になります。
たとえば家族で永代供養墓に入りたい場合は、家族の人数分だけこの費用がかかる計算になります。
そうすると、下手をすれば墓石を建てるよりも費用がかさむおそれもありますので、注意が必要です。

納骨堂・無宗教まとめ

人々

いかがでしたでしょうか。

今回は、無宗教の人でも利用できる納骨堂や、それ以外に無宗教でも埋葬できる方法について説明しました。

その結果、

  • 納骨堂には、ロッカー式、仏壇式、自動搬送式などさまざまな種類があり、費用が安い、お参りしやすいなどのメリットがある
  • 公営霊園・民営霊園・寺院のどこでも、無宗教の人も納骨堂に納骨できる。ただし、寺院は檀家になる必要がある場合もある
  • 納骨堂では一定期間のみ納骨できるところと、永代にわたって納骨できるところがある
  • 無宗教の人ができる埋葬方法としては、納骨堂以外にも、散骨や樹木葬、永代供養を行うことや、公営霊園や民営霊園に墓石を建てるといった方法がある

ということがわかりました。
亡くなってから自分がどのように供養されていくのか、心配でもありますよね。
事前にお墓や供養の仕方を調べて周りの人に伝えておくだけでも、安心できると思います。

後世にわたってきちんと供養してもらえるように、今から準備しておくこともいいのではないでしょうか。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

終活ねっとは、皆様が納得できる供養の形式を選べるようにお手伝いいたします。
その他にも様々な終活の記事を執筆しております。

合わせてお読みください。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「納骨堂・無宗教」に関連する記事

「納骨堂・無宗教」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 納骨にかかる費用について相場や内訳など丁寧に説明いたします!のサムネイル画像

    納骨にかかる費用について相場や内訳など丁寧に説明いたします!

    葬儀と火葬が終わったら次は納骨です。 でも納骨っていったいどんな費用が必要で、いったいいくらかかるの? 納骨の方法もお墓や納めるだけではありません。納骨堂や最近よく聞く永代供養ってお墓とどう違うの?費用の差は?その他にも、低費用の埋葬方法についてご紹介いたします!

  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

    納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

    費用が掛からず、永代供養をしてくれる納骨堂の人気が高まっています。しかし納骨堂を使用したいと考えていても、具体的な特徴についてご存じない方が多いのではないでしょうか。そこで今回は納骨堂を使用し、永代供養をしてもらう際の費用や注意点などを中心に解説をいたします。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

  • 納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!のサムネイル画像

    納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!

    残された方への負担が少ないと言われている永代供養。 中でも納骨堂は、雨風にさらされないことで注目を集めています。 では納骨堂での永代供養は、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか? 費用の相場を詳しく見ていきたいと思います。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「納骨堂・無宗教」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

納骨にかかる費用について相場や内訳など丁寧に説明いたします!のサムネイル画像

納骨にかかる費用について相場や内訳など丁寧に説明いたします!

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!のサムネイル画像

納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと