気になる直葬の費用の相場について調査しました!

「お葬式の費用ってどれくらいかかるの?」と考えたことはありませんか? 簡素でも心温まるお葬式をしたいと考えたことはありますか? 今、直葬に注目が集まっています。 費用を抑えつつも故人との最後のお別れができる直葬について調べてみました。どうぞ、最後までご覧ください。

目次

  1. 最近のお葬式は直葬が増えている?
  2. 直葬の費用の相場は?
  3. 地域別でみる直葬の費用相場
  4. 直葬する際に気をつけること
  5. 直葬より安い形式はある?
  6. 直葬以外の葬儀の形式とは?
  7. 直葬の費用についてまとめ

最近のお葬式は直葬が増えている?

葬式

お葬式には高い費用がかかると思っている人は少ないくないはずです。
親しかった故人との別れはできるだけ豪華にしたいという気持ちは誰にもあると思います。
しかし、お葬式に多くの費用をかけてしまうと、その後の生活に支障を来す場合があります。

今、注目されている直葬は費用を最小限に抑えながらも、しっかりと最後のお別れができる葬送方法です。
直葬とは火葬式のみ行うシンプルな葬儀です。

  • 直葬の費用の相場はいくら?
  • 地域で費用の差はあるの?
  • 納骨の費用は?
  • 散骨の費用は?
  • 直葬で気をつける点は?

今回は、実際にかかる直葬の費用をメインに色々と調べてみました。

直葬の費用の相場は?

お金

まず、直葬の費用の支払先が2ヶ所あるというということを覚えておきましょう。
それは、葬儀社と火葬場です。

では、実際の直葬費用の相場を見ていきましょう。

葬儀社への支払いは葬儀プランの費用です。
逝去後から火葬までに必要最低限の準備が必要です。この準備を葬儀社は行ってくれます。
例えば、納棺、出棺、遺体の防腐処置(ドライアイス)、遺体の搬送など、それぞれにかかる物品やサービスの提供を葬儀社は行います。

葬儀社へ払う費用は葬儀にかかる物品料とサービス料です。

葬儀社の直葬費用の相場は10万円から30万円です。
高額なものでは40万円以上というものあります。

葬儀社から提示された直葬費用の中には火葬場に支払われる火葬料も含まれている場合があります。
また、葬儀社から提示された以外の追加料金も発生する場合がありますので、葬儀社との打ち合わせは一つ一つ丁寧に確認しながら行うことが大切です。

火葬場への支払いは火葬料や控室料です。
火葬料は地方自治体によって様々です。
火葬料の相場は2万円から7万円です。
控室料は0〜2万円です。

直葬の費用の内訳は?

直葬費用の内訳は以下の通りです。

葬儀社に支払う分

  • 寝台車:約15,000円(距離に応じて加算される)
  • ドライアイス:10,000円(1日)
  • 棺:30,000円〜80,000円
  • 骨壷:4,000円〜15,000円(葬儀社または火葬場で購入する)
  • 人件費:30,000円〜50,000円

火葬場に支払う分

民間の場合
  • 火葬料:59,000円
  • 控室料:20,000円
公営の場合
  • 火葬料:0~20,000円
  • 控室料:0~10,000円

火葬場に支払う費用の中で控室料というものがあります。
火葬中に待機する部屋です。
家族のみの場合や少人数の場合はロビーを使うと費用はかかりません。

直葬+納骨の費用相場

焼骨後は骨壷をどこに納めるかを決めなければなりません。
しばらく自宅に保管する場合もありますが、お墓に納める人が多いと思います。
そこで、納骨にかかる費用をみたいと思います。まずは、納骨にかかる費用のリストを挙げます。

  • 僧侶のお布施
  • 文字彫刻費用
  • 納骨作業費用

僧侶のお布施

僧侶のお布施は納骨式のお礼です。
納骨する際に僧侶が墓前で礼拝を捧げます。
納骨式にかかる僧侶へのお布施は、約1万円〜5万円が相場です。
依頼する僧侶によって金額が決まっているところもあります。

文字彫刻費用

文字彫刻費用はお墓に故人名を刻む料金です。
これは、暮石などを取り扱う業者に依頼します。
費用は2万円から8万円の相場となります。

納骨作業費用

納骨作業費用は納骨時に石を動かしたりする作業料です。
相場は1万円〜3万円です。

費用相場まとめ

納骨にかかる費用は4万円〜16万円になります。

直葬費用が20万円と考えて、それにプラス4万円〜16万円になりますので、24万円〜36万円が直葬+納骨料となります。

直葬+散骨の費用相場

最近では散骨を希望する人も増えてきています。
散骨はお墓にかかる費用がないために、最近ではこの方法を選ぶ人が増えてきています。
散骨は焼骨を粉末の状態にして捲く方法です。
主な方法には海洋散骨、空葬散骨、樹木葬があります。

海洋散骨の費用

個別散骨 20万円~30万円
家族が船をチャーターして散骨します。
チャーター代は家族が支払うことになるので割高になります。

合同散骨 10万円前後
複数家族が一緒に行う散骨です。
それぞれの家族が船のチャーター代を分担するので安く済みます。
 
委託散骨  5万円前後
業者が散骨を行ってくれます。
家族は同乗できませんが、その分費用は安くなります。

空葬散骨

30万円〜50万円
飛行機やヘリコプターを使って空から海洋上に散骨します。

樹木葬

20万円程度から、高くて70万円程度
散骨の中では費用は高めです。
樹木葬とは樹木を墓石の代わりとする埋葬方法です。

ここで挙げた中で一番安く抑えられるのは、海洋散骨の委託散骨で5万円です。
・直葬費20万円 + 海洋委託散骨費5万円 = 25万円

ここで挙げた中で一番高いものは樹木葬の70万円です。
・直葬費20万円 + 樹木葬70万円 = 90万円

樹木葬は霊園などで行なった場合は、さらに管理料などがかかる場合もあります。
他の散骨に比べて割高になります。

どうして他の形式より安いの?

一般葬の相場は100万円〜200万円です。
これだけの費用がかかる理由は通夜式や告別式といった儀式を行うからです。
儀式を行うためには式場が必要です。式場にかかる費用が発生します。

また、これらの儀式には参列者がいます。その方々への会葬御礼や飲食接待費、さらには寺院への費用がかかります。

しかし、直葬の場合はこれらの儀式を行いませんので、その分費用が安くなるのです。

地域別でみる直葬の費用相場

葬儀

では地域別の直葬の費用の相場を紹介します。

札幌

札幌の葬儀社が提供する直葬プランの費用は、5万8千円〜33万円です。
火葬料は、無料〜49,000円です。
札幌市民は無料で利用できる場合もあります。
控室料は2万円前後です。

東京

東京の葬儀社が提供する直葬費用は、5万8千円〜38万5千円です。

火葬場へ支払う費用は東京23区の場合

 ・民間 火葬料5,9000円 
  控室料 :10800円〜56700円

 ・公営瑞江葬儀所:60,800円
  控室料: 10,600円〜17,620円

 ・公営臨海斎場:34,500円
  控室料:20,000円〜60,000円

市民であれば、火葬料は無料という地域があります。
例えば、立川聖苑は立川市民、昭島市民、国立市民であれば無料です。
また、八王子市営斎場も八王子市民は火葬料が無料です。

京都

京都の葬儀社が提供する直葬費用は7万円〜22万円です。

火葬場へ支払う費用は
・火葬料 :1万〜10万
・控室料:無料〜4万円

京都の火葬場は料金設定が様々ですので、いくつか火葬場のリストを挙げてみます。
低い金額は市民が利用される場合です。高い金額はそれ以外の方が利用される場合です。

京都市中央斎場
火葬料:20,000円〜100,000円
控室料:無料

福知山市斎場
火葬料:20,000円〜60,000円 
控室料:2,050円〜6,150円

宇治市斎場 
火葬料:10,000円〜70,000円 
控室料:2,000円〜7,200円

宮津市火葬場
火葬料:6,000円〜18,000円 
控室料:無料

神戸

神戸市の葬儀社が提供する直葬費用は7万5千円〜27万5千円です。

火葬場へ支払う費用
・火葬料:12,000円〜36,000円
・控室料:無料〜12,000円

神戸市の場合は火葬場は違っても一律の火葬料が設定されています。
市民は控室料が無料です。

福岡

福岡の葬儀社が提供する直葬費用は8万7千円~28万円です。

火葬場へ支払う費用
・火葬料:20,000円〜70,000円
・控室料:5,000円

なぜ地域で費用の差がでるのか?

葬儀社の直葬プランは様々な価格帯があります。
安価なものから高価なものまで様々なバリエーションがありますが、地域によって明らかな金額の差があるわけではありません。
安いプランは必要な物品が基本料として含まれていないケースが多く、必然的に追加料金が発生します。一番安い金額は「葬儀社のアピール」として受け止めた方が良いと思います。

地域によって費用に差がでるとするならば、火葬場にかかる費用です。

地域によって火葬料金が違ってきます。
市民は無料で利用できる場合もありますし、市民以外であれば高い火葬料になる場合もあります。

例えば東京23区に住んでいて民間の火葬場を使うとなると59,000円の火葬料が必要になってきます。
しかし、札幌に住んでいて札幌市民であれば、火葬料が無料になります。
これが地域による直葬費用の差になります。

直葬する際に気をつけること

葬儀

直葬における注意点をいくつか確認しておきましょう。

遺族間の相談はしっかりと

直葬は体力的にも経済的にも負担の少ない葬送です。
しかし、安易に直葬を選んでしまったことで、後々トラブルになる場合もあります。

  • 故人の訃報を知らせずに直葬を行ったために親戚から苦情を受けた。
  • 訃報を知った親戚や友人が次から次に弔問に来て、対応に苦労した。

といったトラブルの例があります。
場合によっては、親戚と疎遠になる場合もあるようです。

直葬にする場合は、しっかりと故人の訃報を知らせて「なぜ直葬にするのか」という理由もお伝えすることが大切です。

後々のトラブルを避けるためにも遺族間の話し合いはしっかりと行いましょう。

納骨する場合はお寺に確認をとる

多くの日本の家には菩提寺があります。
通常、菩提寺がある場合はそのお寺の定めた方法で葬儀と火葬が行われます。
火葬後は菩提寺のお墓に納められます。

直葬を行う場合は、菩提寺にも了承を得ておく方が良いと思います。
お寺が定める方法で儀式を行わなかったことで菩提寺との関係が悪くなることがあります。
また、納骨を断られる場合もあります。

お墓がお寺にあるならば必ず相談しましょう。

直葬より安い形式はある?

お金

直葬よりも費用がかからない葬送の方法があります。

生活保護受給者

生活保護受給者の直葬には自己負担がかかりません。
葬儀社の直葬費用を自治体が扶助してくれます。

自分で葬儀を行う

また、直葬を葬儀社を介さずに自分でする方法もあります。
直葬の費用の内訳で記した棺や骨壷などを自分で調達します。
火葬料を無料したい場合は、火葬無料の地域に所在を移すのがベストです。
もちろん手続きも自分でします。(死亡診断書や火葬許可書など)

費用は5万以内に抑えられるでしょう。

埋葬は自宅の敷地内の散骨ならば費用はかかりません。
散骨のための粉骨も自力で行えば費用はかかりません。

ですが、なるべく業者の方に依頼することをおすすめいたします。

直葬以外の葬儀の形式とは?

葬儀

昔からお葬式は家と地域に根ざしたものでありました。しかし、多様性が認められるようになった現代はお葬式の方法も多種多様にになってきました。

葬儀の形式の種類としては、宗教で分けると

  • 仏式
  • 神式
  • キリスト教式
  • 無宗教式

などがあります。
日本では95パーセントが仏式となっています。

葬儀のプラン も多様化しており、以下のような種類があります。

  • 一般葬(通夜式、告別式)
  • 家族葬、密葬(親族や親しい者だけ)
  • 社葬(会社が主催する葬儀)
  • 一日葬(通夜式はせず、葬儀・告別式のみを一日で行う葬儀)
  • 音楽葬、自由葬(型にはまった形式はなく、故人を偲ぶために一番良い方法で行う)
  • お別れ会、偲ぶ会
  • 無宗教の葬儀(宗教色を出さず、形式は自由にアレンジして行う葬儀)

葬送の儀式は多様化しています。
ニーズと予算を考えて最適な方法を選びましょう。

直葬の費用についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
直葬の費用について解説してまいりました。
この記事をまとめると以下のようになります。

  • 直葬の支払先は「葬儀社」と「火葬場」です
  • 直葬の費用の相場は20万円〜30万です
  • 直葬の費用の差は「火葬料」や「控室料」の差です
  • 散骨は海洋散骨が費用を抑えられます
  • トラブルを避けるためにも、親族やお寺とよく相談することが大切です

葬儀は故人にとっても遺族にとっても大切な節目の時です。
より良い葬送の選択ができるように、今から少しずつ考えておくことが賢明でしょう。
その選択肢の中に直葬があるということを覚えておきましょう。

終活ねっとでは、みなさまが葬儀の選択で後悔されぬように様々な情報を提供しております。
その他の記事も合わせてお読みください。

「直葬・費用」に関連する記事

「直葬・費用」についてさらに知りたい方へ

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!のサムネイル画像

    直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

    直葬という葬儀のスタイルが増えていることをご存知でしょうか?直葬とは火葬だけを行う葬儀のことです。お通夜や告別式を行わない分、時間短縮になり家族の負担はかなり軽減します。そんな直葬について、その所要時間を流れとともに解説してきます。

  • 直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明しますのサムネイル画像

    直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

    最近は直葬を行う方が増えてきていますが、直葬の場合の読経や費用、戒名についてどうすれば良いかあなたは知っていますか?何も知らない状態では、いざという時に困ってしまいますよね。 今回は直葬時のお経や費用、戒名についてまとめましたのでぜひ最後までご覧下さい。

  • 直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

    直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

    シンプル志向の時代の流れとともにお通夜と告別式を行なわない直葬が注目を集めています。今回は直葬のメリットとデメリットについてさまざまな点からご説明いたします。直葬を希望する方もこれから考えたい方も必見の役立つ情報です。デメリットでは注意点もご説明いたします。

  • 葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!のサムネイル画像

    葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!

    葬儀やお墓の費用はご遺族の今後の生活に関わることですから、よく考えて決める必要があります。 でもよく分からないことが多く、費用は見当もつかないという方もおられるでしょう。 今回の終活ねっとの記事では、葬儀とお墓の費用について、内訳も含めて分かりやすく解説します。

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

  • 一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

    一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

    一日葬って聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。葬儀を1日で終わらせるため、家族の費用的・精神的な負担が軽減されます。この一日葬の費用について、今回はわかりやすく解説していきます。

  • 一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

    一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

    一般葬での葬儀でどのくらいの費用がかかるのか、考えてみると意外とわからないものですよね。一般葬でかかる費用が分かっていると、ご自身の終活を進める上でも大変良い目安となります。この記事では一般葬での費用とその内訳について、詳しく解説していきます。

  • 直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とはのサムネイル画像

    直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とは

    一般的な葬儀とは異なる直葬ですが、近年この直葬を行うケースが増えてきています。ですが直葬の場合、菩提寺に納骨ができないなどのトラブルが生まれているのはなぜでしょう?そこで、直葬が増えている理由と、菩提寺へ納骨する方法をご紹介します。ぜひ最後までご拝読ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「直葬・費用」についてさらに知りたい方へ

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!のサムネイル画像

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明しますのサムネイル画像

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!のサムネイル画像

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とはのサムネイル画像

直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とは

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと