今大人気の洋型のお墓について徹底的に解説します!

生き方の多様化とともに、最近ではお墓も多様化しています。今人気なのは、洋型のお墓です。用型のお墓にはどのようなものがあるのでしょうか?メリットやデメリット、購入の際の注意点は?洋型のお墓について解説していきます。

目次

  1. 洋型のお墓の購入を考えている方へ
  2. お墓の種類
  3. 洋型のお墓の費用の相場は?
  4. 洋型のお墓の多様なデザイン
  5. 洋型のお墓には自由な文字が彫れる!
  6. 洋型のお墓を購入する際の注意点
  7. 洋型のお墓まとめ

洋型のお墓の購入を考えている方へ

お墓

日本のお墓といえば「○○家」などと書かれた縦型のお墓が一般的ですよね。
しかし最近墓地へ行くと、従来の和型ではなく洋型のお墓をよく見かけるようになりました。
中には四角形ではなく奇抜な形をしたお墓もあります。
この洋型のお墓、今とても注目を集めているのです。
今回は洋型のお墓購入を考えている方のために、

  • お墓の種類
  • 洋型のお墓の費用の相場は?
  • 洋型のお墓の多様なデザイン
  • 洋型のお墓には自由な文字が彫れる!
  • 洋型のお墓を購入する際の注意点

について詳しく解説していきたいと思います。
洋型のお墓を検討している人必見!
ぜひ最後まで読んで、お墓選びの参考にしてみてくださいね。

お墓の種類

お墓

お墓には大きく分けて和型、洋型、デザイン型の3種類が存在します。
まずは代表的なこの3種類のお墓についてご紹介していきます。
それぞれの特徴とともに、メリットデメリットも見ていきましょう。

和型のお墓

和型のお墓は、みなさんも想像しやすい従来通りのお墓です。
現在の日本では、この形が一番多いですね。
それぞれの宗派によって形や彫ってある文字が違ったりします。
メリットとしては、これから先もこの形は変わらないことが予想され、流行に左右されないことです。
信仰心が強く、伝統を重んじ大切にしたい方にもおすすめです。

一方デメリットとしては、宗派や墓地によって形に決まりがあるため、自分の好きなものを選択することができないことです。
彫刻できる文字にも制限がある場合があります。

洋型のお墓

洋型のお墓は、特に形や文字に決まりがないということが大きな特徴です。
従来のお墓ではなく、特徴のあるものを建てたい人にはおすすめです。
メリットとしては、特に決め事がないので宗教などに関わらず自由なデザインが可能です。
また、お墓を建てるスペースが多少狭くても見栄えがするので、維持費が安く済む場合があります。

デメリットとしては、好みのお墓を作ってくれる石材店を自分で探す必要があることです。
石材店によって作っているお墓は様々なので、たくさんの石材店から選ばなければなりません。
また、従来通りのお墓ではないので、事前に家族とよく相談して決めておくことをおすすめします。
建ててしまってから家族や親族に反対されるという事態は防ぐようにしましょう。
墓地によっては洋型のお墓を規制しているところもあるので、確認しておくとよいと思います。

オリジナルデザインのお墓

洋型よりももっとデザイン性が高いのがオリジナルデザインのお墓です。
「四角形」という形にもこだわらず、楽器の形やアーチ形など様々なデザインが可能です。
メリットとしては、墓地の中でも目を引いたり、個性的なデザインが可能なことです。
例えばサッカーボールやピアノなど、故人が生前好きだったものの形をお墓にすることも可能です。

デメリットとしては、あまり複雑なデザインにしてしまうとかなりの費用が発生する可能性があることです。
また、石材店によって完成度に差も出てきます。
家族の中に従来通りのお墓を希望する人がいる場合は、あらかじめきちんと話し合っておくとよいですね。

洋型のお墓の費用の相場は?

お金

洋型のお墓は石の種類や彫刻内容によって、ずいぶんと価格が変わってきます。
こだわればこだわるほど価格が高騰する可能性があります。
シンプルなものであれば50万円以内のものも存在しますが、数百万円かかるものもあります。
相場がこのくらい、とは一概に言えないようです。
ちなみに全国のお墓購入の平均相場は135万円程度だそうです。

しかし、お墓にかかる費用はこれだけではありません。
墓地を使用するための永代使用料、年間の管理費、お墓を建てる工事費などがかかってきます。
全てを含めた平均相場は200万円~250万円程度のようです。
それも踏まえて、お墓の値段を考えていくとよいですね。

和型のお墓の費用の相場は?

従来の和型のお墓の場合はどうでしょう?
こちらも石材の種類などによって価格が大きく違ってきます。
質の良い石になればなるほど、価格は高騰します。
安価なものであれば30万円くらいから購入できますが、洋型と同じように数百万円かかる場合もあるようです。
こちらも永代使用料など別途料金が発生します。

洋型のお墓の多様なデザイン

お墓

洋型のお墓は多様なデザインが可能です。
中でも最も人気なのは、標準型と呼ばれるタイプです。
あまり高さがなく、安定感があり、すっきりと見えます。
和型に比べると使う石の量が少なくてよいので、費用を抑えられるというのも人気のポイントかもしれません。
また、高さがないことによって耐震にも優れているようです。

洋平型と呼ばれるタイプも人気です。
海外などでよく見かけるように、地面と平行に近い形で墓石が置かれます。
外国風のお墓にしたい方には人気のタイプです。

縦洋型というタイプもあります。
洋型のお墓は通常横長になっていますが、こちらは縦長になっています。
周囲に和型のお墓が多く、埋もれて見えなくなるという場合にはこちらを選択する人もいます。

洋型のお墓購入にかかる費用はデザインによって様々です。
また、石材の種類によっても大きく価格が変わってきます。
各家庭の必要性や故人のイメージに応じて、よく検討していきましょう。

洋型のお墓には自由な文字が彫れる!

お墓

洋型のお墓の魅力は、従来道理の「○○家」ではなく自由な文字が彫れる点にもあります。
故人が生前好きだった言葉や、故人を表すような言葉を彫刻することが可能です。
中でもよく見かけるのは、漢字一文字を彫刻した洋型のお墓です。
「愛、心、絆、悠、祈、想」などが人気の文字のようです。
漢字二文字もよく見かけますね。
「永遠、感謝、希望、飛翔、清心」などがよく使用されているようです。
その他にも四字熟語や英語の文章、故人の好きだった言葉を刻んだお墓もあります。
「ありがとう」や「永遠に」、「ここに眠る」などメッセージのような彫刻も可能です。
文字だけでは寂しい、という場合は絵を彫刻する場合もあります。

こちらの記事も参考にしてください。

こちらも読まれています

墓石に彫刻する【文字の例】どんなものがあるの?

昔は墓石に刻む文字の書体や彫る文字は一様でしたね。でも実は文字に決まりごとはなく、自由に選べるのです。ここではいろいろな墓石の書体例、文例をご紹介していきます。

洋型のお墓を購入する際の注意点

お墓

最後に、洋型のお墓を購入するときの注意点について説明していきます。
トラブルを防ぐためにも、事前にしっかりと確認しておきましょう。

デザインによっては裏に文字が書けない

和型のお墓では、側面や裏面に戒名や俗名、没年月日などを彫刻します。
建てた日や建てた人の名前を刻む場合もあります。
しかし、洋型の場合は少し気をつけなければなりません。
デザインや墓石の形によっては裏に文字を彫ることができないものがあるのです。
どうしても裏に刻みたい文字がある場合は、注文の際に彫刻が可能か確認しておくとよいですね。
また、裏に彫刻が不可能な場合は台座や側面への彫刻も可能です。

仏教の教えが反映されない

日本に一番多い和型のお墓は、仏教の創始者である釈迦のお墓を模したものとされています。
その宗派やお寺によってお墓の形は決まっており、彫られる文字も違います。
使ってはいけない文字や言葉がある場合もあります。
しかし、洋型のお墓は仏教の思想が反映されません。
信仰にこだわりがあったり、仏教を大切にしたい方にはあまりおすすめできないかもしれません。

洋型のお墓を敬遠する墓地も?

墓地や寺院によっては洋型のお墓を規制している場合があるので、注意が必要です。
洋型が認められても、その大きさや形に規制がかかることもあります。
宗教観が墓地や寺院と合わなかったり、周囲の和型のお墓と見た目が違うため、景観が損なわれるなどその理由は様々です。
また、他の利用者から質問や苦情が来ることもあるようです。
どうしても洋型のお墓を、という場合は事前に相談するか、現地を視察するのが良いと思います。
他に洋型のお墓が建っていれば、認めてもらえる可能性が高そうですね。

石材店によってデザインが異なる

洋型のお墓は多様なデザインができる分、石材店によって取り扱えるものが異なります。
石材の種類も価格も様々です。
和型のお墓に比べて選択肢もたくさんあるのは良い点ですが、その分選択に困ってしまうということも起こってきます。
インターネットやカタログでも調べることができますが、写真だけで決めてしまうのは危険です。
実際に石材店を訪れ、加工の状態や石の種類などをその目で確認するのが良いと思います。

家族としっかり相談することが必要

故人や自分自身が洋型のお墓を建てたいと思っていても、家族や遺族の中には従来のお墓にこだわりのある人もいます。
仏教に対しての信仰心が厚かったり、他と違うものを嫌がる人もいるでしょう。
もし洋型のお墓を検討している場合は、事前に周囲とよく相談し、了解を得ておくのが良いと思います。
お墓は自己満足ではなく残された遺族や子孫にも関係するものですから、全員が納得のいくものを選択するのがよい方法だと思います。

洋型のお墓まとめ

お墓

いかがでしたか?
洋型のお墓購入を検討している方のために、たくさんのことを解説してきました。
最近墓地でよく見かけるようになった洋型のお墓について、

  • お墓には主に和型、洋型、デザイン型の3種類があり、それぞれにメリットデメリットが存在するため、よく検討することが必要になってくること
  • 洋型のお墓の相場は石の種類や彫刻する文字などによって50万円くらい~数百万円まで幅があること
  • お墓を建てるためには他にも永代使用料、管理費、工事費などがかかること
  • お墓のデザインと価格には様々なものが存在すること
  • 自由な文字や絵を彫ることができること
  • デザインによっては裏に文字が刻めなかったり、寺院に建てるのを規制されたりするので注意が必要であること
  • カタログや写真だけで決めず、目で見て確かめるとよいこと

などが分かってきましたね。
亡くなった人を埋葬する習慣は、縄文時代から続いているそうです。
お墓を建てることは先祖を大切にする心の現れです。
残された遺族とよく相談し、故人に合ったお墓選びをするのがよいですね。
この記事を参考に、今人気の洋型のお墓もぜひ検討してみてくださいね。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・洋型」に関連する記事

  • 彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介しますのサムネイル画像

    彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介します

    最近では生前墓や個性的なデザインの洋型墓石を建てるなど、今までとはお墓のとらえ方も変わってきています。ここでは、洋型墓石のデザインについて紹介します。

  • 伝統的な和型のお墓の特徴や各部の名称について解説します!のサムネイル画像

    伝統的な和型のお墓の特徴や各部の名称について解説します!

    お墓には様々な種類があります。その中でもこの記事では、古来より日本で親しまれてきた和型のお墓について詳しく解説していきたいと思います。和型のお墓の特徴や名称などに焦点をあてて解説させていただきますので、これを機会により知識を深めてみませんか?

  • 墓石を彩るお花デザインの彫刻について解説しますのサムネイル画像

    墓石を彩るお花デザインの彫刻について解説します

    墓石というとどんなイメージが思い浮かびますか? 以前に比べて、最近では、故人を偲ばせるデザインの墓石も増えています。 その中で一番人気なのはお花のモチーフ。 今回は、故人にピッタリのお花をデザインして、想いを込めたメッセージと共に彫刻する墓石についてご案内します。

  • おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介しますのサムネイル画像

    おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介します

    近頃では時代の変化に合った自分らしいお墓を希望する方が増えています。個性がきらりと光るおしゃれなお墓は、自分らしさを演出できます。今回はおしゃれなお墓を建てたいと考える方に向けて、デザインの工夫や個性の発揮の仕方について詳しく解説いたします。

  • お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

    お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

    なぜお墓を作るのかといった意味について考えたことはありますか?時代ごとにお墓に込められた意味は異なります。今回はお墓を作る意味はもちろん、各宗派のお参りについて、墓石の種類ごとに込められた意味なども解説するのでぜひご覧ください。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

  • お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?のサムネイル画像

    お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?

    お墓といえば四角くて長細い長方体をお墓を想像しますが、近年はとてもデザイン性に富んだお墓が増えつつあります。良いデザイン墓を選ぶコンテストまで開催されいるほどです。今回は、今はやりのデザイン墓石のアイディアや費用などをご紹介します。

  • 墓石のデザインの種類・特徴を解説!デザイン墓石とは?のサムネイル画像

    墓石のデザインの種類・特徴を解説!デザイン墓石とは?

    墓石のデザインが多様になった背景としましては主に、墓石は「自分らしさや故人らしさを表現するもの」と考えられ始めているためです。その他にも宗教関係なども幅広くなったことも理由のひとつです。それでは、墓石のデザインについて、ご紹介したいと思います。

  • 墓石の形にも意味がある?墓石の種類や歴史を紹介!のサムネイル画像

    墓石の形にも意味がある?墓石の種類や歴史を紹介!

    霊園や墓地に行くと同じお墓でも墓石の形が違うことに気づかれるかと思います。その違いの意味を皆さん知っていますか?墓石の形って一体どのような決まりがあるのでしょうか?今回は墓石の形の種類とその歴史についてまとめてみました。

  • より良いお墓の探し方のポイントを分かりやすく紹介します!のサムネイル画像

    より良いお墓の探し方のポイントを分かりやすく紹介します!

    お墓を建てる際にはまず場所探しから始まります。先祖代々続くものが多いですから、より良いものを選びたいですよね。今回はそんなお墓探しのポイントを分かりやすくご紹介していきます。これからお墓を探そうと思っている人必見!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・洋型」についてさらに知りたい方へ

彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介しますのサムネイル画像

彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介します

伝統的な和型のお墓の特徴や各部の名称について解説します!のサムネイル画像

伝統的な和型のお墓の特徴や各部の名称について解説します!

墓石を彩るお花デザインの彫刻について解説しますのサムネイル画像

墓石を彩るお花デザインの彫刻について解説します

おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介します

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?のサムネイル画像

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?

墓石のデザインの種類・特徴を解説!デザイン墓石とは?のサムネイル画像

墓石のデザインの種類・特徴を解説!デザイン墓石とは?

墓石の形にも意味がある?墓石の種類や歴史を紹介!のサムネイル画像

墓石の形にも意味がある?墓石の種類や歴史を紹介!

より良いお墓の探し方のポイントを分かりやすく紹介します!のサムネイル画像

より良いお墓の探し方のポイントを分かりやすく紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・洋型」についてさらに知りたい方へ

彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介しますのサムネイル画像

彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介します

伝統的な和型のお墓の特徴や各部の名称について解説します!のサムネイル画像

伝統的な和型のお墓の特徴や各部の名称について解説します!

墓石を彩るお花デザインの彫刻について解説しますのサムネイル画像

墓石を彩るお花デザインの彫刻について解説します

おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれなお墓を建てるにはどこで個性を出せばいいのかご紹介します

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと