浄土宗で永代供養を行う費用について!知恩院や一心寺を比較しました

永代供養を行う施設は数多くありますが、寺院で納骨する場合はその寺院の宗派が関係します。 今回は浄土宗の永代供養はどのようなもので、費用はどれくら必要なのでしょう? 浄土宗で有名な寺院である知恩院や一心寺を例に費用を含めてご説明します。

目次

  1. 永代供養を浄土宗のお寺で行う費用とは
  2. 浄土宗ってどんな宗教?
  3. 永代供養とは
  4. 永代供養を浄土宗のお寺で行う手順
  5. 浄土宗総本山の知恩院で行う永代供養
  6. 大阪の一心寺での永代供養
  7. 永代供養の納骨式当日の持ち物
  8. 浄土宗のお寺での永代供養費用まとめ

永代供養を浄土宗のお寺で行う費用とは

葬儀

日本のほとんどの宗派で永代供養を行ってくれる寺院があります。
その中でも浄土宗の永代供養は独特で、他の宗派とは違った永代供養が執り行われています。

今回は終活のテーマとして浄土宗における永代供養の仕方と、永代供養にかかる費用についてお話していきたいと思います。

  • 永代供養ってどんなこと?
  • 浄土宗では永代供養をどんな手順で行うの?
  • 浄土宗で永代供養を行ってくれるお寺とその費用は?
  • 永代供養をしてもらう際に準備するものは?

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事では永代供養の費用相場・内訳について解説しています。
永代供養を検討している方はぜひ以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

終活ねっとでは、全国の霊園を宗教宗派別に比較することができます。

もし霊園をお探しの方は是非ご利用ください。

もちろん、アクセスや費用でも比較が可能で、一括の資料請求や電話対応も承っております。

費用も明瞭さを心がけておりますのでご安心ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

浄土宗ってどんな宗教?

困った人々

浄土宗というとみなさんは「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えて、阿弥陀如来をご本尊として崇拝する仏教だと認識されることでしょう。

では実際にどんな教えかというと、信徒の方でも詳しく知らない方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

浄土宗はどんな教え?

浄土宗は阿弥陀如来に救ってもらい極楽浄土で成仏することを「他力」といい、阿弥陀如来に救ってもらうためには三心の信心を実践する必要があります。

「三心の信心」とは以下のことをいいます。

  • 「至誠心」 純粋な心で阿弥陀仏を想い浄土往生を願うこと。
  • 「深心」 自身が救われ難い凡夫であることを悟り、阿弥陀如来を信じ「南無阿弥陀仏」と唱えれば必ず救われると心の底から深く信じること。
  • 「廻向発願心」 生前に行う一切の善行の功徳は極楽浄土に往生するためで、ひたすら極楽浄土を乞い願うこと。

この「三心の信心」の実践が「南無阿弥陀仏」の称名念仏で、ひたすらに念仏を唱え阿弥陀如来に救ってもらうのが成仏の一番近道であると説かれています。

しかし法然自身は他の宗派の教えや修行を否定しているわけではなく、自力で成仏できる聖人はその道を進んでも構わないという立場を取っています。

浄土宗の法要や供養の仕方は?

浄土宗では死んだ人は阿弥陀如来に救われて極楽浄土で成仏していると考えていますが、日本の民間信仰を受け入れて、他の宗派と同じく法要や追善供養で故人の冥福を祈ることが多いです。

浄土宗では死んだ人は浄土で仏となっても、何かあればこの世に戻って人を救うことが出来ると考えられているため、この世にいる人と故人の結び付きを深めるために命日やお盆、お彼岸など他の宗派が追善供養をするのと同じ忌日に回向法要が行われます

浄土宗ではこれを便宜上供養と呼んでいます。

考え方が多少異なるだけで故人のためにお経を唱え、お供え物をし、この世に戻ってきたご先祖様をもてなすことに変わりはありません。

永代供養とは

葬儀

永代供養は故人が完全に成仏するまでの間、お墓にお参りに行く人がいなくともお寺が代わって供養を行ってくれる葬送です。

多くの場合お寺や納骨堂を運営する施設に遺骨を納骨し、永代供養料を事前に支払うことで施設が定める期間まで提携する寺院があなたに代わって故人を供養してくれます。

特に昨今の少子化や核家族化でお墓を継いでくれる人がいない方などは、永代供養を選ばれる方が増えています。

民間が運営するの永代供養では宗派を問わない場合がほとんどですが、寺院が運営する永代供養では信徒であるか、あるいは寺院に入壇される方のみが永代供養をできる場合があるので事前に確認が必要です。

一般的な永代供養の費用相場や内訳について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

実際に永代供養ができる霊園・墓地をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

永代供養を浄土宗のお寺で行う手順

お墓

浄土宗での永代供養は他の宗派とは概念が異なり、故人はすぐに阿弥陀如来のご加護で極楽浄土に往生していると考えられているので、この世にある遺骨やお墓は本来意味がありません。

ただし日本では古来先祖崇拝が基本であり、日本に渡った仏教がこれを取り入れお盆やなどで先祖を供養する習慣を作り上げられました。

浄土宗ではこの先祖を敬う習慣自体は良いものであるとされており、先祖を敬うことで仏となった故人を命日やお盆などで浄土から呼び寄せもてなして善行を積み、自身も極楽浄土に行けると考えるのです。

そのため浄土宗では永代供養を「永代祠堂納骨」と言うこともあります。
では浄土宗での永代供養の手続きを見ていきましょう。

菩提寺への確認

まずは自身の菩提寺で永代供養をしたい旨を伝えます
もし菩提寺で永代供養を行っているのなら、そのお寺で行ってもらっても問題ありません。

永代供養を行っていない場合は、他の浄土宗のお寺で永代供養を行っているところを探します。
永代供養を行っている浄土宗のお寺は全国にあります。

納骨するお寺への連絡

納骨するお寺を決めたら、その寺院に納骨する旨を連絡し納骨日を決めます
後ほどご説明しますが、浄土宗の知恩院では当日納骨も可能です。

基本的には事前に電話でお問い合わせをした方が良いでしょう。

お墓の改葬手続き

納骨する際には火葬場から直接お寺に納骨する場合と、遺骨を埋葬していたお墓から遺骨を取り出して納骨する場合で必要な書類が異なります。

火葬場から直接納骨する場合は遺骨の埋葬許可証火葬証明書、分骨した遺骨を納骨する場合には火葬場で発行してもらえる分骨証明書を遺骨と共に寺院に提出します。

お墓にある遺骨を納骨する場合には埋葬証明書受入証明書を用意して役場で改葬許可証を取得し、それを改葬先のお寺に提出します。

どちらも法的に定められていることなので、書類が整わないとお寺で遺骨を受け付けてくれません。

お墓の改装・墓じまいをしたい方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

浄土宗総本山の知恩院で行う永代供養

知恩院

知恩院は京都の屈指の名刹にして観光地でもあり、国宝にも指定されている浄土宗の総本山です。

法然上人二十五霊跡では最後の25番札所です。
なんと驚くことに、知恩院では信徒ばかりか戒名や宗派が違っても納骨ができ、永代供養をしてくれるのです。

知恩院とはどんなお寺で、永代供養はどのように行われ、どれくらいの費用がかかるか見てみましょう。

知恩院とは

知恩院は浄土宗の開祖である法然が京都の地で念仏の教えを説いた吉水地の草庵が前身で、浄土宗を開宗した43歳から没年まで流刑となった数年を除きこの地で説法を続けました。

法然の死後弟子たちがこの地に法然の廟を建てましたが、嘉禄の法難で延暦寺の僧兵によって破壊されてしまいます。
その後、法然の弟子の勢観房源智が御影堂を再建し、「師の恩を知る」ということで四条天皇から「華頂山知恩教院大谷寺」の寺号を下賜されました。

以後何度か消失を繰り返しますが、徳川家康が浄土宗であったことから慶長8年に自身の永代菩提所と定め、寺領七百三石余与えると寺院の造成が強化され、徳川家光の代でほぼ現在の形が完成しました。

そして現在、京都を代表する名刹であり近世の本格的な仏教建築物の代表であるとして本堂と三門が平成14年に国宝に指定されました。

知恩院での永代供養の方法と費用

では知恩院で永代供養をしてもらうにはどれくらいの費用がかかるのでしょう。
知恩院で永代供養をしてもらうには納骨堂が2箇所有り、それぞれ特色が違います。

納骨堂

昭和5年に建立された合祀で遺骨を納める納骨堂で、堂内に阿弥陀三尊や眷属である二十五菩薩が安置され、地下が納骨堂となっていて遺骨を奉納します。

この納骨堂では当日でも納骨を受け付けてくれ、納骨は普通納骨、特別納骨、永代祠堂納骨があります。
全骨、分骨ともに納骨してくれますが、納骨の際には火葬許可証が必要です。

普通納骨の費用は3万円からで、納骨当日の回向と12月の仏名会法要が行われ、12月の法要は1年目のみ通知してくれます。

特別納骨の費用は7万円からで、納骨当日の回向と12月の萬部会法要が行われ、5年間に渡り通知してくれます。

永代祠堂納骨の費用は53万円からで、納骨当日の回向、命日、春と秋の彼岸会の法要が行われます。

納骨堂では一度納めてしまうと出骨してくれることはありません。

寶佛殿(ほうぶつでん)

寶佛殿とは平成4年に建立された納骨堂で、堂内には阿弥陀如来像・四天王が安置され、地下に遺骨が納骨されます。

こちらでは一般的な納骨堂と同じで永代に渡り供養をしてくれますが、10日前までに事前の予約が必要であり、全骨で納骨した場合には遺骨は分けられ、それぞれ納骨堂と寳佛殿に分けて納骨されます。

費用は永代祠堂納骨と同等で、納骨当日の回向と命日、春・秋両彼岸の年3回に法要が行われ、通知も行われます。

知恩院での納骨後の法要

納骨当日に法然上人御堂内で申込用紙に必要事項を記入し、志納所に持っていき受付をします。
受付が終了すると順番に内陣に入り、お焼香とご回向の法要が行われます。
だいたい20~40分程度で終わります。

あとは後日僧侶により納骨堂に安置され、それぞれ上記で挙げた法要を、浄土宗のお勤めで供養してもらうことになります。

全国の霊園・墓地を比較したい方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

大阪の一心寺での永代供養

一心寺

大阪の一心寺は浄土宗のお寺ですが、他の寺院や宗派とは異なった永代供養を行っています。
その特色ある永代供養に関してお話したいと思います。

一心寺とは

大阪にある一心寺は「骨仏」の寺としてしられる法然ゆかりの寺院で、法然上人二十五霊跡第七番札所でもあります。

四天王寺の別当であった慈円の要請で法然が四天王寺の西門に草案を建てて住んだのが始まりで、慶長元年に三河の僧侶・誉存牟上人がこの地で一千日の念仏修法を行い、寺を再興したことがたたえられ、彼の一心称名の姿をもって一心寺と名付けられました。
正式名は坂松山高岳院一心寺です。

江戸時代からお盆の時に行われる施餓鬼法要が年中無休ででき、宗派を問わず納骨や参拝ができる寺として賑わっていました。
嘉永4年から集まった遺骨で阿弥陀如来を作るようになり、明治20年以後は10年毎に骨仏を作っており、これを「お骨佛様」と呼んでいます。

通算で14体のお骨佛様が作られましたが、戦前に作られた6体は戦火で消失してしまっています
平成17年には大阪市の無形民俗文化財にも指定されています。

一心寺での永代供養はお骨佛様への納骨

仏教ではお寺に仏像を寄進することは最上の功徳であるとされていることから、遺族にとって最も尊い存在である個人の遺骨から阿弥陀如来を作り、それを拝むということは先祖供養と阿弥陀如来への崇拝が融合した真の供養であるというのが一心寺のお骨佛様です。

いわゆる合祀という形になりますが、現在に至る130年間の間に200万人に上る方々が「お骨佛様」となって祀られています。

一心寺で納骨すると遺骨は最終的に細かく砕かれ、他の遺骨と共に阿弥陀如来の仏像が作られることとなります。
納骨の費用は「納骨冥加料」と呼ばれ、費用は小骨や分骨では1~2万円、全骨や胴骨だった場合は1.5~3万円掛かります。
また永代祠堂を使用した場合には永代祠堂料として費用が10万円以上かかります。

納骨の際には遺骨の他に火葬証明書とお勤め用の数珠が必要になります。
受付は開館時間に随時行っており、申込書に必要事項を記入し冥加料を収め、遺骨と経木を持って本堂へ入り回向座の受付机に提出し、順番毎に焼香をしてもらいます。

最後に納骨堂に納めれば終了で、だいたい1時間ほどで終わります。

お骨佛様への納骨後の法要

以後毎年4月に年次納骨供養大法要が行われ最後にお骨佛様に姿を変えることとなりますが、次回のお骨佛様の完成平成39年になります。

その間に命日やお盆、春と秋のお彼岸などのお参りは自由に参拝できます。

永代供養の納骨式当日の持ち物

葬儀

さて遺骨を寺院に永代供養してもらうためには当日に何を準備しなければならないのでしょうか?

服装

まずは服装ですが、法要の時に着る服で問題ありません。

一番ふさわしいには色は黒で、男性はスーツ、女性はスーツかワンピースです。
当日に回向法要が行われるので、お勤めのために数珠を持参してください。

遺骨

遺骨は骨壷に納め、外箱と共に風呂敷に包んで持って行きます。

火葬証明書

墓地埋葬法の規定により納骨の際には火葬証明書が必要です。
分骨されている遺骨であれば火葬場で発行する分骨証明書が必要になります。

この証明書がなければ寺院側で遺骨を受け入れてくれません。

改葬許可証

お墓にある遺骨を寺院で永代供養するために納骨するには改葬許可証が必要です。

改葬許可証はお墓のある自治体の役場で交付してもらうことになるので役場に赴き申請書をもらい、必要事項を記入の上その申請書を持って墓地の管理者のところへ行き署名・捺印してもらい、同時に埋葬証明書を発行してもらってから再び役場に赴き交付してもらいます。

火葬証明書と同様に、この改葬許可証がなければやはり寺院側で遺骨を受け入れてくれません。

浄土宗のお寺での永代供養費用まとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか。

浄土宗は他の宗派と違い供養の考え方が異なりますが、故人を敬うことを大切にしていることは同じですから結局のところ供養となるのです。

浄土宗のお寺で永代供養をお考えでしたら浄土宗の教義をご理解頂いてから納骨される方が、その有り難みやが深まると思います。

また浄土宗では著名な寺院でも比較的安い費用で永代供養をしてもらえます。

最後に浄土宗での永代供養と納骨の費用に関してまとめておきます。

  • 浄土宗では人は死ねば阿弥陀如来によて極楽浄土に往生できると考えているため、他の宗派のように追善供養という考え方はありません。しかし、故人はこの世に来て縁者と交流できると考えているため回向法要が行われ、便宜上これを供養と見なしています。
  • 浄土宗の総本山で国宝でもある知恩院では宗派を問わず永代供養をしてもらえます。永代供養料は法要の仕方によって費用は異なりますが、安い費用では3万円から、高い費用では53万円から永代供養をしてもらえます。
  • 同じ浄土宗の寺院でも大阪にある一心寺では納骨された遺骨で阿弥陀如来の仏像を作ることで永代供養としています。こちらも宗派を問わず納骨でき、骨の大きさによって費用は異なり安い場合は1万円~高い場合で3万円で遺骨をお骨佛様の一部にしてくれます。
  • 浄土宗の寺院で永代供養をしてもらう場合は、納骨時に行う手続きは他の納骨堂で永代供養をしてもらう時と同じです。納骨されたあとの供養に関しては浄土宗の教義に基づいて浄土宗のお勤めで法要が執り行われます。

お墓事情や宗教観の違いから現代の葬送の仕方はさまざまです。

今回は浄土宗での永代供養の説明でしたが、自身の宗派を持たず終活で寺院の永代供養を選択することになった場合には、他の宗派の教義や永代供養の仕方などを見比べ、自分に合った寺院や宗派で供養をしてもらってください。

以上、お話がなくなってしまいましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・費用・浄土宗」に関連する記事

「永代供養・費用・浄土宗」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「永代供養・費用・浄土宗」についてさらに知りたい方へ

浄土宗での永代供養の特徴や費用、各地の永代供養墓について解説!のサムネイル画像

浄土宗での永代供養の特徴や費用、各地の永代供養墓について解説!

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説のサムネイル画像

納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説のサムネイル画像

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・費用・浄土宗」についてさらに知りたい方へ

浄土宗での永代供養の特徴や費用、各地の永代供養墓について解説!のサムネイル画像

浄土宗での永代供養の特徴や費用、各地の永代供養墓について解説!

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説のサムネイル画像

納骨堂での永代供養に費用はいくらかかる?相場・内訳を全て解説

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと