納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

目次

  1. 納骨堂の種類について
  2. 納骨堂の運営元の種類
  3. 契約内容の種類
  4. 形態の種類
  5. 納骨堂を選ぶメリット
  6. 納骨堂を選択するときの注意点
  7. 納骨堂の種類まとめ

納骨堂の種類について

お墓

お墓について考えることは、さまざまな終活のなかでも大きなテーマです。
生前のうちにお墓を決めることで、遺族への負担が大きく軽減されます。

近年ではお参りのしやすさと維持管理の便利さから、従来の墓地に代わって納骨堂が注目を集めています。
もともと納骨堂は、遺骨を一時的に保管する施設でしたが、時代とともに、永らく遺骨を納めることができる施設に変遷してきました。
少子高齢化社会を迎えたなか、永代供養型の納骨堂を選べば、お墓の後継者にまつわる心配がなくなります。

しかし納骨堂の購入を検討し始めたものの、立地や施設の選び方について迷ったり、費用の高さに戸惑ったりして、なかなか購入に至らない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、納骨堂の種類を中心に、納骨堂とはいったいどのような特徴を持っているのかを詳しくご案内します。
今回の記事を読んでいただくことで、

  • 運営元による納骨堂の種類
  • 契約内容の違いによる納骨堂の種類
  • 形態による納骨堂の種類
  • 納骨堂を選ぶメリット
  • 納骨堂を選ぶ際の注意点

といったことがおわかりいただけると思います。
ぜひ最後まで目を通し、皆さまの納骨堂選びにお役立てください。

また、新たに納骨堂をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。
電話対応や資料請求も可能です。(無料)

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

納骨堂の運営元の種類

お墓

遺骨を納める納骨堂は、永代供養墓の役割を果たします
納骨堂は運営する母体によって、公営と民営のものがあります。
ここでは公営と民営のほかに寺院が運営する場合を含め、3つの運営元の納骨堂をご説明していきます。

公営

公営の納骨堂は、都道府県や市町村など自治体が運営する納骨堂です。
「該当の自治体に〇年以上在住していること」や「葬儀の際に喪主を務めたこと」など、自治体によって申し込みの条件が決められている場合がほとんどです。

例えば東京都が運営する都立霊園の場合、「都内に5年以上居住していること」「現在守っている遺骨があること」などが申し込みの条件になっています。

公営の納骨堂のいちばん大きなメリットは、民営の納骨堂と比べて費用が抑えられるという点です。
また、寺院が運営する納骨堂と異なり、宗旨や宗派が問われることはありません。

しかし、公営の納骨堂は、費用の安さと自治体が運営している安心感から人気が集中しがちです。
定員を超える申し込みがあった場合は、抽選が行なわれます。

申し込み受付は、随時可能な場合と、期間を決めて応募を受け付ける場合があります。
詳しい申し込み方法は、運営元である自治体のホームページなどで確認するとよいでしょう。

民営

民営といっても、株式会社が納骨堂を運営することは法律上できません。
納骨堂の運営主体は、宗教法人または財団法人、社団法人が該当します。
これらはいずれも公益性のある法人です。

民営の納骨堂のいちばんのメリットは、宗旨宗派による制限がないことです。
また、公営の納骨堂と異なり、申し込みの際の細かい条件は定められていない場合がほとんどです。
東京とその周辺では、アクセスのよい便利な立地に建てられているのも特徴と言えます。

民営の納骨堂では、ほとんどの場合、墓地の広告と販売は民間会社が行ないます。
実際に契約するときは、運営主体と広告・販売を行なう会社は別であることを確認するとよいでしょう。

寺院

寺院が運営主体となって維持・管理する納骨堂です。
納骨堂の施設は、ほとんどの場合、寺院の敷地内に建てられます

従来のお墓と違って、ほとんどの場合で正式な檀家になる必要がないという点が特徴です。
檀家としての縛りがないことで、後継者への負担を軽減することができます

現在、寺院が運営する納骨堂は全国各地で増えています。
寺院だけでなく、教会や神社が運営する納骨堂もあります。

契約内容の種類

お墓

永代供養型の納骨堂といっても、納骨堂に納めた形で永久に遺骨の維持管理を行なうわけではありません。
例えば三十三回忌の法要など、所定の期間を過ぎると各人の納骨堂にある遺骨を合祀墓に移す方法が一般的です。
遺骨を合祀墓に移すタイミングによって、納骨堂には二つの種類があります。
ここではその二つの種類を契約内容の違いから確認していきましょう。

契約管理期間後、合祀墓にはいるタイプ

契約上の管理期間中は個別の納骨堂に遺骨を納め、契約期間終了後に所定のタイミングで合祀墓に遺骨を移します
合祀墓に移るタイミングは、納骨堂の運営主体によって異なりますが、三十三回忌や五十回忌にしている場合が多いです。

納骨堂の費用の内訳は、大きく分けて「永代使用料」と「管理費」です。
「永代使用料」は納骨堂を使用する権利に対する費用で、「管理費」は納骨堂を維持・管理するのにかかる費用です。

納骨堂の管理費は、最初の契約時に一括して数十年分を支払うか、または分割して数十年分を支払います。
合祀墓に遺骨を移した後は、管理費は既に払い込んだものとして扱われます。
従って、契約管理期間の後は納骨堂の後継者に負担がかからない方法といえます。

管理費を払い続けるタイプ

こちらは、納骨堂を契約する際に永代使用料のみを支払い、管理費は払い続けるという方法です。
契約時の支払いの負担を抑えることができます。

ちなみに管理費は一年で5千円から2万円ほどが相場です。
この管理費を納骨堂の管理期間中は払い続けることになります。

この方法は、納骨堂を長きに渡って使用したい人よりも、正式なお墓を求めるまでの供養場所として使用したいという人に向いています。
また、納骨堂でいつまで供養するかは遺族の意思に任せたいと考えて、あえてこちらの方法を選ぶ場合もあるようです。

形態の種類

お墓

納骨堂は形態によって、仏壇式・ロッカー式・機械式・位牌式・墓石式の5つの種類に分けることができます。
納骨堂を選定する際には、それぞれのメリットとデメリットを考慮して、納得のいく選択をしたいものです。
ここでは形態による5つの種類について詳しく見ていきましょう。

仏壇式

複数の仏壇が並んだスタイルの納骨堂です。

仏壇式の納骨堂では、下段には遺骨を安置します。
上段に設置された仏壇に位牌やお供えのものを置くことができます。

仏壇式は、寺院が運営する納骨堂で多く見られる形態です。

メリット・デメリット

自宅に置いた場合と同じように、仏壇を使うことができます。
これは仏壇式の納骨堂のメリットです。
上部、下部ともにスペースに余裕があるため、故人の思い出の品や写真などを持参してお参りすることも可能です。
また、一人分の遺骨でなく、複数人分の遺骨を納めることができます。

一方デメリットとしては、費用が高額になりやすい点があります。
また、寺院が運営する場合が多いので、契約の段階で宗派を問われることもあります。

仏壇式納骨堂の相場

一区画分の相場は約30万円前後です。
スペースが広めなので、その分ほかの形態に比べ高い場合が多いです。

ロッカー式

ロッカー型の壇がずらりと並んだスタイルの納骨堂です。
限られたスペースで多くの区画を設置できるので、主に都心で多く見られる形態です。

メリット・デメリット

従来のお墓や納骨堂のイメージを覆すような、明るい雰囲気があるのがメリットです。
また、一つ一つの使用スペースは各人専用の空間ですので、遺骨だけでなく故人の思い出の品も合わせて安置することができます。
鍵をかけて管理するので、安心感があります。

一方のデメリットですが、ロッカー式で一区画が小さいため、無機質な印象を与えることがあるようです。
また、コインロッカーを思い浮かべてしまうという意見もあります。

ロッカー式納骨堂の相場

限られたスペースに遺骨を安置するため、費用が比較的安く抑えられています。
相場としては、一区画が15万円から20万円です。
ただし、都心など立地によっては30万円以上かかる納骨堂もあります。

機械式

機械式の納骨堂は、収納された遺骨が、お参り用の位置に降りてくる方式です。
専用のICカードや鍵などを機械に通すと、機械が読み取って希望の遺骨を選び取り移動させます。

限られたスペースに大勢の遺骨を安置できることから、立地条件のよい都心で多く見られます。

メリット・デメリット

機械式の納骨堂は交通に便利な立地が一番のメリットです。
これは狭い土地に数千もの遺骨を安置できる理由によります。

また、最新の機械を使った施設は、とても明るくきれいな雰囲気です。
機械というと無機質なイメージが思い浮かびますが、ほとんどの場合、納骨のスペース以外に法事を執り行えるホールや休憩所などが完備されています。
機械で応対できるため、納骨堂によっては24時間参拝可能です。


一方でデメリットとしては、万が一機械が故障した場合は、遺骨がお参り用の位置に降りてこないことです。
納骨堂では機械の作動に万全の注意を払っているので可能性は低いものの、せっかくお参りに出向いたのに、機械の事情で遺骨をお参りできないというケースが考えられます。

機械式納骨堂の相場

交通至便の都心にあり、最新型の機械を導入しているため、費用が高めです。
機械式納骨堂の相場は、約50万円から100万円が目安となっています。

位牌式

スペースの中央付近に仏様を安置し、その周りに各人の位牌を立てる方式です。
お参りの際には、各人の位牌に正対して供養することができます。
位牌式の納骨堂では、遺骨は別のスペースに安置する場合が多いようですが、なかには位牌を置いた下の部分に遺骨を安置できる場合もあります。

メリット・デメリット

位牌のみを立てるので、位牌式の納骨堂は広いスペースを必要としません。
従って、費用が比較的安いのがメリットです。
位牌を立てるスペースが取ってあるほかは、納骨堂の内装はごくシンプルな場合がほとんどで、装飾を好まない方に向いています。

一方、デメリットとしては、遺骨自体は位牌と別の場所に安置されることが挙げられます。

位牌式納骨堂の相場

位牌式納骨堂の相場は約30万円から100万円が目安です。
お供えを置くことができる分、ロッカー式の場合に比べてやや高額になっています。

墓石タイプ

納骨堂の個別スペースに墓石を置けるタイプです。
このタイプの納骨堂では、各人のお墓に正対してお参りができ、「室内墓地」との名称で呼ばれることもあります。
お線香やお花を供えることもでき、納骨堂の種類のなかでは従来のお墓参りの感覚に最も近いといえます。
ご高齢の方にも抵抗が少ない納骨堂と言えるでしょう。

メリット・デメリット

一番のメリットは、従来の寺院での墓地と違って室内にあるので、天候や気候の心配がいりません。
また、限られたスペースに効率よく遺骨を安置できるので、屋外の墓地に比べて費用が安く済む場合がほとんどです。
また、他の納骨堂と同じように、交通至便な立地にあることもメリットの一つです。

デメリットとしては、永代使用料に加えて墓石代がかかることが挙げられます。

墓石タイプ納骨堂の相場

費用の相場は約50万円から100万円が目安です。
ただし、特殊な墓石を使うなどの場合には、さらに費用がかかります。

墓石を建てるといっても、占有するスペースは従来のお墓に比べてだいぶ小さく済みます。
高額な土地代がかからない分、従来のお墓より安い値段で済むといえるでしょう。

また、お墓や墓石の費用相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

納骨堂を選ぶメリット

お墓

使う側のニーズに合わせて、納骨堂の種類は複数あることがわかりました。

ロッカー式や機械式といった種類を問わず、納骨堂にはさまざまなメリットがあります。
ここでは、納骨堂が注目を集めている理由を調べていきます。

アクセスがいいことが多い

納骨堂は狭い土地に多くの遺骨を安置できるので、交通至便な立地にある場合がほとんどです。
都心にある納骨堂の場合、郊外の墓地や霊園と違い、公共交通機関だけを使って簡単にアクセスできます。
最新型の納骨堂は、電車や地下鉄の駅の近くにも数多くあり、自動車を持たない方にもおすすめです。

また、特に大都市圏では、機械式の場合を中心に24時間お参りができる納骨堂が増えています
生活が多様化しているなか、早朝や夜遅くても好きな時間にお参りができる安心感も、納骨堂のもつ大きなメリットといえるでしょう。

天気を気にせずお参りができる

ほとんどの納骨堂は施設内にあります。
雨や雪といった悪天候の場合でも、足元を気にせずにお参りができる点がメリットです。

納骨堂の施設はまだ新しい場合が多く、バリアフリーで設計されています。
また、納骨堂の室内には休憩用のスペースも設けられています。
ご高齢の方や小さなお子様がお参りをする場合でも、体調への心配を軽減できます。

納骨堂ならば、屋外の墓地でのお墓参りと違って、天気を気にせず予定通りにお参りをすることが可能です。

墓石が不要なので費用が抑えられる

墓石タイプの納骨堂の場合を除いて、納骨堂では墓石を建てる必要はありません。

ちなみに従来の墓地や霊園にお墓を建てる費用は、平均150万円から300万円が相場と言われています。
納骨堂ではこのうちの墓石代がいらないので、経済的な負担がだいぶ軽くなります。

なお、納骨堂の費用の内訳は、永代使用料管理費のみとなります。
費用が抑えられる点は、納骨堂を選ぶ大きなメリットです。

宗旨・宗派不問のものが多い

納骨堂の運営主体は民営か公営がほとんどです。
いずれの場合も、申し込み者の宗旨・宗派が問われることは、ほぼありません。

また、寺院が運営する納骨堂を契約するにあたっても、檀家になる必要はない場合がほとんどです。

現在では無宗教の方も増えています。
宗旨・宗派不問で申し込みができる納骨堂は、時代に合った選択肢として注目を集めています。

墓掃除や草むしりなど管理の必要がない

従来の墓地や霊園は屋外にあるため、お墓の掃除や草むしりといった維持管理が欠かせません。

地面を舗装していない場合、夏場の草むしりや掃除は意外と大変です
きれいなお墓を維持しようとすると、お墓の後継者に維持管理の負担が全部かかることになってしまいます。

納骨堂は屋内にあり、冷暖房が完備されているので、位牌やお供えの管理をすることは負担になりません。
手間のかかる維持管理が必要ない点が、納骨堂のメリットです。

無縁墓になる心配がない

少子高齢化が進む現在では、お墓の後継者に悩むケースが増えています。

納骨堂はほとんどの場合で、永代供養型となっています。
もし後継者がいなくなっても、納骨堂の維持管理について頭を悩ませる必要はありません。

自分の代だけでなく将来にわたって無縁墓になる心配がないことは、納骨堂を選ぶことで得られる大きな安心感につながります。

納骨堂を選択するときの注意点

お墓

具体的なメリットが多い納骨堂。
早速、納骨堂について検討を始めてみる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実際に納骨堂を選ぶときには、次のような点に注意して検討するのがおすすめです。

納骨期間を確認する

遺骨の安置期間は、納骨堂によって異なります。
納骨堂では、たいていの場合年間管理料を支払うことで、管理者が永代にわたって遺骨の管理と供養を行ないます。
しかし、その期間は未来永劫というわけではありません。
例えば三十三回忌までというように、遺骨を安置する期限を決めている場合がほとんどです。

納骨堂を契約する際には、いつまで納骨できるのか?期間を明確に押さえることが大切です。

納骨期間の終了後について確認

納骨できる期間が決まっている納骨堂の場合、納骨の期間が終了した後は、合同墓で供養を続ける形となります。
合同墓では遺骨を個別に安置するのではなく、ほかの方々の遺骨と一緒に、合わせて安置します。

合同墓に入ると、個別の遺骨を取り出すことは困難です。
納骨する期間が終了した後はどのように供養をするのか?
合同墓に遺骨を移すのか?
といった点を契約前にきちんと確かめましょう。

年間管理費用の有無・金額確認

一般に納骨堂を契約する際には、永代使用料だけを支払う場合と、管理費用も含めた永代使用料を支払う場合があります。

当初の契約で永代使用料だけを支払った場合には、一年ごとに年間管理費用を支払う必要があります。
これは、納骨堂の維持費や遺骨の合同供養にかかる費用として使われます。

納骨堂を契約する段階で、
次年度からの年間管理費用はかかるのか?
かかる場合はその金額を確かめるようにしましょう。

ちなみに年間管理費用の相場は約5千円から1万円ほどで、最も高い場合で2万円くらいです。

日頃の管理方法

納骨堂を選ぶ際、多くの方は自宅からのアクセスが良好な立地の納骨堂を選ぶことと思います。
遠方の墓地に比べて、お参りに行く頻度も増えます。

納骨堂を選ぶ際には、普段の管理がどのようになっているのか?
もチェックする必要があります。

納骨堂の種類にもよりますが、
個別スペースの部分は各所有者が清掃して管理するのか?
管理者の方で一括して清掃、管理するのか?
こういった点をきちんと確かめておくと、後々安心です。

宗教の問題

ほとんどの納骨堂は、宗教あるいは宗派に関わらず、遺骨を納めることができます。
現在では寺院が運営する納骨堂であっても、宗派は問わないとしているケースが多いようです。

しかし、数は少ないですが、なかには「仏教ならば宗派にこだわらない」とする納骨堂があります。
これは、仏教であれば真言宗でも浄土真宗でもOKという意味になります。

なお、ここで気をつけたいのが、「宗教」と「宗派」の違いです。
特定の神仏の教え自体を指す「宗教」に対し、「宗派」とは、該当の宗教の中でどの系譜を信仰するか?を意味します。

納骨堂を選ぶ際には、宗教・宗派に関する規定がないか、忘れずに確かめましょう。

納骨堂の種類まとめ

以上、納骨堂とその種類についてを中心に説明してきました。
参考にしていただけたでしょうか?
最後に今回の内容をまとめてみると、

  • 納骨堂の運営元には3種類(公営、民営、寺院)がある
  • 納骨堂は契約内容によって2種類に分けられる
  • 納骨堂の形態による種類は主に5種類(仏壇式、ロッカー式、機械式、位牌式、墓石タイプ)がある
  • アクセスのよさや経済性など、納骨堂を選ぶメリットは多い
  • 納骨堂を選ぶ際は、納骨期間や管理費用などの確認をする

などが挙げられます。
納骨堂の選定は、終活の中でもメインの位置を占める大切なものです。

どの納骨堂を選ぶのか?は、自分ひとりだけでなく、家族や親族にも大きな影響を及ぼす決定となります。
また、納骨堂に関する知識を種類別に整理することは、納得のいく納骨堂選びにつながります。

今回の記事を皆さまの納骨堂選びにお役立てください。
皆さまが理想にぴったりと合う納骨堂に出会えるよう願っております。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・種類」に関連する記事

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!のサムネイル画像

    室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!

    室内納骨堂をご存知ですか?納骨堂は本来ご遺骨の一時保管場所でしたが、現在新しいお墓の形として注目を集めています。この記事では、室内納骨堂について、メリットや利用費なども踏まえて詳しく解説していきます。

  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!のサムネイル画像

    ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!

    納骨堂には色々な種類があるけどどのタイプが良いの? この記事では納骨堂の中でも、ロッカー式の納骨堂についてピックアップ! ロッカー式納骨堂のメリット、デメリット、費用について解説してきます! ロッカー式納骨堂以外のタイプについても簡単にご紹介いたします!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「納骨堂・種類」についてさらに知りたい方へ

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!のサムネイル画像

室内納骨堂とはなにか?特徴やメリット、利用費まで解説します!

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!のサムネイル画像

ロッカー式の納骨堂についてその長所と短所や費用相場などを解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「納骨堂・種類」についてさらに知りたい方へ

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと