お墓への納骨式は四十九日に行われることが多い?

お葬式が終われば、お墓などに遺骨を納める納骨式のことを考えなければいけませんよね。では、納骨式と四十九日が一緒に行われることがなぜ多いのでしょうか?今回は、納骨式と四十九日法要についてと同日に行う場合のマナーを解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. お墓への納骨式は四十九日に行われるべき?
  2. そもそも四十九日とは
  3. 納骨式とは
  4. 納骨式と四十九日法要が同日が多い理由
  5. 同日で行う場合の1日のスケジュール
  6. 施主が1か月前には準備すべきもの
  7. 施主が当日までに用意すべきもの
  8. 四十九日法要参列者側の心得
  9. お墓がなくて納骨式ができないとき
  10. 仏壇やお墓は絶対に必要なの?
  11. 納骨式と四十九日のまとめ

お墓への納骨式は四十九日に行われるべき?

お墓

お葬式が終われば、しかるべき場所に遺骨を納める納骨式を行うのが一般的ですよね?
では、納骨式はいつ行うのが良いのでしょう?

また、仏教を信仰している場合には四十九日法要が必要な場合もあります。
何度かお葬式に出席したことがある方は、
四十九日法要と納骨式を一緒に行うことが多いのはなぜだろう?

そんな疑問をもったことがあるのではないでしょうか?
改めて考えると、納骨式と四十九日法要と一緒に行う意味ってよく分かりませんよね。
それに、お墓がない人の場合はどうすればいいのかも、悩みの種ですよね。

そこで、この記事では納骨式と四十九日法要の関係について、詳しく解説します。

  • そもそも四十九日とは?
  • 納骨式の意味
  • 納骨式と四十九日法要を同じ日にする理由
  • 同日で行う場合のスケジュールと準備するもの
  • 法要の参列者の心得

以上のことを解説します。
詳しくご説明しますので、納骨式を行う時の参考にしてくださいね。

実際に、全国の霊園を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

そもそも四十九日とは

四十九日とは、人が亡くなってから四十九日目のことです。
通夜や告別式の次に大事な日とされています。

人は亡くなると、身体から魂が抜け出てあの世とこの世の間をさまよっています。
そして、七日ごとに閻魔大王の裁きを受けます。

裁きを七回受けた日、つまり四十九日目にあの世にたどり着くことになります。
あの世が、極楽になるか地獄になるかは、生前の行いと遺族や親族の四十九日法要によって決まると言われています。

つまりそれほど四十九日というものは、大事な日なのです。

仏教的には、四十九日は文字通り49日目のことです。
しかし、法要を行う際には、なるべくたくさんの遺族・親族が集まってほしいものです。
四十九日が平日で、どうしても人が集まらないという時は、前倒しで行っても構いません。

地域によっては、初七日と四十九日を一緒にするところもあります。
ただ、後倒しはダメです。

四十九日は、一般的に喪明けとされています。
1日でも後ろになるぐらいなら、六七日(むなぬか)と一緒に行うようにしましょう。

納骨式とは

お墓

納骨とは、火葬されたお骨を納めるという意味です。
骨壷に入れることも納骨と言いますが、一般的にはお墓や納骨堂にご遺骨を納めることを指します。

納骨式とは、納骨の際に行われる儀式のことです。

お墓や納骨堂は、故人にとっての終の棲家、安住の地です。
ここに納骨することで、故人の魂も落ち着くと考えられています。
そして、読経して皆が手を合わせることによって、成仏したということになります。

一般的には、遺族・親族が集まり、僧侶による読経の後に、お墓に骨壷を納めます。
そして、その後にみんなで食事に行くことが多いです。
遺族の気持ちの整理がついたなら、法要と合わせず、納骨式だけ単独で行ってもよいでしょう。

地域によっては、火葬後に僧侶は立ち会わず、自分たちだけでお墓に納骨するところもあります。
納骨式を行うかどうかは、家族との話し合いや地域の風習によって変わってきます。

納骨式と四十九日法要が同日が多い理由

お墓

納骨式というものは、いつ行うか、いつまでに行うかという明確な決まりはありません。

しかし、一般的には四十九日法要と同じ日に行うことが多いです。
なぜ四十九日の法要と一緒に行うのでしょうか?

ここでは、四十九日法要と納骨式が同日に行われることが多い理由を解説します。

お坊さん・親族の時間調整が一度で済む

納骨式は、いつ行うかには特に決まりはありません。
納骨式や四十九日法要の際には、遺族・親族など、なるべくたくさんの人にお参りしてもらうのが望ましいです。
僧侶に読経していただくこともありますので、同日に行えば、日にちや時間調整が一度で済むということから、一緒に行うことが多いようです。

地域や風習によっては、納骨は火葬後、すぐに行われるところもありますし、お墓や納骨堂がない家では、納骨式は準備ができ次第で、同じ日に行うのは不可能というところもあります。

しかし一般的には、納骨式は四十九日や一周忌など、節目の法要の時に一緒に行う方が多いです。

三周忌までに納骨が必要

納骨というものは、故人が落ち着いた場所で安らかに眠ることができるようにするという意味と、遺族が気持ちを切り替えて、新たな一歩を踏み出す節目となります。

各宗教とも、納骨をいつまでに行わなければいけないという、明確な決まりはないのですが、少なくとも三周忌までに納骨するのが望ましいとされています。

故人も落ち着いた場所で、家族を見守りたいと願っているかもしれません。

同日で行う場合の1日のスケジュール

四十九日法要と納骨式を、1日で行う際の流れの一例をご紹介します。
先に四十九日法要をしてから、納骨式となります。
法要はお寺の本堂や自宅でする場合は、法要後にお墓まで移動します。
最近では、霊園に法要室が用意されているところもあります。

  • 僧侶による読経・遺族、参列者による焼香
  • お墓に移動し、僧侶立会いの下、納骨式
  • 法要・納骨式終了後、会食場所へ移動
  • 施主による挨拶後、お食事
  • お食事がすんだら、引き出物を渡す

四十九日で、喪が明けます。
納骨も同時に行うことで、遺族も気持ちが落ち着くことでしょう。

お食事の席で、親族たちと故人の思い出話をして、今後もよろしくお願いしますなど、親交を深めるようにしましょう。

施主が1か月前には準備すべきもの

困った人々

ここでは、納骨式と四十九日法要を同日に行う際の、施主が準備すべきものをご紹介します。
世間一般の方の流れですので、地域や風習、環境や家族構成、事情によって違うところもあります。

納骨するお墓と仏壇の準備

お墓に納骨する場合は、日にちが決まったら、霊園や墓地の管理事務所に連絡をして、納骨に必要なものと費用の確認をします。
お墓の蓋石の開閉が自分でできない場合や、墓石に彫刻をしてもらう場合は、石材店への連絡も必要です。

また家にある仏壇も法要が行われる日なのですから、お花は新しいものに変え、お供えなどもきちんとしておきましょう。

良い石材店の選び方については以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

良い石材店の選び方のポイントを解説!〜墓石購入の際の参考に〜

墓石を購入するとき、購入する先の石材店はどのように選んだら良いのでしょう?自分で石材店を選ぶことで安くお墓を準備することができます。今回は石材店を選ぶ際に知っておきたいポイントを解説しました。お墓を建てるときには是非参考にしてください。

お寺や親族との日程の打ち合わせ

納骨式はなるべくたくさんの親族に集まってもらいたいものです。
その為、土、日曜日を希望する人が多いので、僧侶の都合もあるでしょうから、早めに相談して予約を取りましょう。
僧侶、親族ともスケジュールの合う日を選ばなければいけません。
卒塔婆が必要な場合もありますので、少なくとも1か月以上前には、はっきりとした日程を決めておきましょう。

墓地への連絡と確認

日にちが決まったら、墓地の管理事務所に、日にちと時間を伝え、持って行くものなどの確認をします。
埋葬許可書や印鑑が必要な場合もありますし、お供え物を乗せる台などを貸してくれるところもあります。
納骨式がよくわからない人でも、管理事務所に問い合わせれば相談にのってくれます
当日、あわてないように、事前に管理事務所に、連絡と確認を取っておくようにしましょう。

法要会場の準備

納骨式を行う前に、お墓の掃除をして、お花やお供え物を並べたりしなければいけません。
お寺の中にお墓がある場合は、法要は本堂で行われるので、会場の設置は必要ありません。
法要が始まるまでに、お墓はきれいに掃除しておきましょう。

会食場所の準備

一般的には、納骨式や年忌法要の後には、会食の席を設けることが多いです。
その為には、お食事をするお店に、日にちや人数、時間などを含めて、予約を取るようにしましょう。
家で会食をする場合は、料理や飲み物の手配をするようにします。
会食場所までの全員の移動方法なども考えておきましょう。

案内状を用意する

親せきへの連絡は、電話でもいいのですが、いつ、どこで、何時に行うかを書いた案内状を送るのもいいですね。
会食の人数を把握するために、出欠を訪ねるのに役に立ちます。

普通は、封書で送り、返信用のはがきも同封します。
最近では、往復はがきを用いるところも増えています。

施主が当日までに用意すべきもの

四十九日法要と納骨式を同日に行う場合、施主が当日までに用意しなければいけないものがあります。
一般的には以下のものが考えられます。

  • お坊さんへのお布施
  • 埋葬許可書
  • お供え物とお花
  • 引き出物

各家で少し事情が変わる場合もありますが、当日になって慌てないように、用意しておきましょう。

お坊さんへのお布施

お坊さんに読経していただくなら、お布施が必要です。
その他、自宅やお墓まで足を運んでいただくなら、お車代も準備します。
会食を辞退されるなら、御膳料も必要です。

同日に行う場合は、納骨式、四十九日法要、それぞれのお布施を用意します。
一つの袋にまとめて入れても構いません。

お布施の相場

お布施には決まった金額はありませんが、世間の相場としては、

  • 納骨式          1~5万円
  • 四十九日などの年忌法要  2~5万円
  • お車代          5000円~1万円
  • 御膳料          5000円~2万円
  • 卒塔婆が必要な場合    1本:2000円~1万円

お車代は、施主側が送迎をした場合はいりません。
また御膳料も、僧侶が会食に出席した場合は、必要ありません。
会食を辞退した時のみ、御膳料として用意します。

卒塔婆は、宗教によって必要なところと使用しないところがあります。
卒塔婆の費用は、明確に決まっていますので、遠慮せず、僧侶に尋ねてみましょう。

四十九日のお布施の書き方について知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

四十九日のお布施の表書きの書き方は?宗派別の表書きや中袋も解説!

亡くなった方のご供養として四十九日の法要には大切な意味があります。お坊さんにお渡しするお布施は読経やご供養へのお礼の気持ちです。今回は四十九日の法要でお渡しするお布施について、表書きに注目して解説いたします。いざという時に役立つお布施の表書きについてです。

埋葬許可書

霊園や公共の墓地では、埋葬許可書がないと納骨できない場合があります。
「埋葬許可書」あるいは「火葬許可証」と印鑑が必要な場合もあります。
どの書類が必要かは、事務所などに問い合わせてください。

お供え物とお花

お供え物には特に決まりはありません。
故人の好きだったものをお供えしてもいいでしょう。

一般的には、以下のものを用意する人が多いです。

  • 乾物:ワカメ、昆布など
  • 季節の野菜:大根、ニンジン、里いもなど
  • 季節の果物:リンゴ、梨、ぶどうなど
  • お酒:日本酒、焼酎など
  • お餅:白い丸餅など
  • お菓子:最中など和菓子や故人の好物でも良い

お墓によっては、お酒の持ち込みがダメのところもあります。
また、お供え物は法要終了後は、持ち帰るようにしましょう。

お花は、バラやアザミのようなとげのあるものや、香りのきつい花は避けます。
一対、用意しますが、お花に特に決まりはありませんので、故人の好きだった花を使っても構いません。
法要の際には、いつものお墓参りの時よりも、大きめの花束にしたほうが良いでしょう。

引き出物の準備

納骨式でも法事でも、来ていただいた方に渡す、返礼の品を準備するようにしましょう。
住んでいる地域が返礼品は用意しない風習があるのなら、それに従ってもいいですが、一般的には、弔事でも慶事でも、集まっていただいた方にお礼の品を渡したほうが良いでしょう。
中身は、和菓子や海苔、コーヒー、洗剤など日持ちのするものを用意することが多いです。

四十九日法要参列者側の心得

お墓

ここでは、四十九日法要に参列する側の、持って行くものやマナーなどを解説します。
気になる香典の相場もご紹介しますので、ぜひ、参考にしてください。

四十九日法要で参列者がすべきこと

四十九日法要に出席してほしいと連絡があれば、なるべく参加するようにします。

会食の準備をしている場合もありますので、出欠の返事は早めにしましょう。
当日は遅刻しないように、集合場所に行くようにしましょう。

法要の服装

服装は、準礼服か「平服で」と言われたのなら、グレーやブラックなどの地味目のスーツやワンピースで参列します。

四十九日の服装について知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!

四十九日の法要は重要な法事ですが、服装をどうすればいいかわからない場合が多いです。親族だけでなく、学生である子供や妊婦の方も参列しますが、喪服の格式や服装のまとめ方について正確に答えられる人は多くありません。この記事で、四十九日に適した服装を学びましょう。

法要の持ち物

持って行くものは、数珠と香典で、後はお供え物を持って行かれる方もいます。
施主と打ち合わせをして、お花は自分が用意するなど分担してもいいかもしれません。

香典の金額の決め方

参列者側の香典の金額は、故人との関係にもよりますが、一般的には1万円~5万円ぐらいです。
会食の席が用意されていて、夫婦が二人とも参列する場合は、少し多い目の金額にします。
親族同士で前もって打ち合わせをして、みんな同額になるようにしてもいいですよ。

施主側は、何かと物入りですから、親族として無理のない程度に手助けしてあげましょう。

四十九日の香典についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説

身内の方の葬儀が終わりしばらくすると、その方の供養の上で重要な四十九日法要を迎えることになります。葬儀と同じように参列することになりますが、この際に気になるのが持参する香典の金額の相場です。そこで今回は、四十九日で持参する香典の金額の相場を見ていきましょう。

お墓がなくて納骨式ができないとき

お墓

先祖代々のお墓があるという方は、問題ありませんが、今現在、お墓を持っていないという方もおられるでしょう。

葬儀が終わってから、お墓の購入を検討し始めると、四十九日には間に合わないこともあります。
そんな時は納骨式は、いつ、どのようにすればよいかを解説しますね。

納骨式は四十九日法要と別日に行うことも

納骨式は、文字通り、お骨をしかるべき場所に納めることですよね。
しかるべき場所とは、一般的にお墓や納骨堂のことです。
しかし、元々持っているという方はいいのですが、葬式が終わってから「お墓はどうしよう?」と考える方もおられます。

それでなくても、葬儀後は色々な手続きや遺品整理などがあり、納骨のことまでは頭が回らないことが多いです。

また、最近では、先のことを考えてお墓そのものを持たないという人も増えています。
いずれにしろ、納骨はどこにすべきかなど、家族でよく話し合って決めなければいけませんので、四十九日法要と一緒に納骨式を行うのは難しくなります。

納骨式のみで行っても良い

四十九日法要と納骨式を同日に行うのは、親族や僧侶のスケジュールを合わせやすく、連絡や手配の手間を軽減できるからです。

納骨式が法要と同日で行うことができなければ、納骨式のみで行ってもいいですよ。

四十九日を過ぎていても何も問題ありませんから、お墓の準備ができ次第、納骨式のみ行えば良いでしょう。

他の年忌法要と同日に行う

納骨式のみ単独で行ってもいいのですが、親族や僧侶への連絡や、お供え物や会食場所の手配などをしなければいけません。

それならば、一周忌や三回忌などのほかの年忌法要と同日に行えば、一度で済むので楽になります。
納骨式は、いつ行わなければいけないという厳密な決まりはありませんので、自分の都合の良い日に合わせても大丈夫です。

納骨までの遺骨の居場所

お墓

お墓の準備ができていなくて納骨ができない場合、遺骨はどこに置いておけばいいのでしょうか?
普通は以下のようなところに保管することが考えられます。

  • 自宅で保管
  • お寺で保管
  • 納骨堂で保管

それでは、それぞれ、保管する時の注意点や、メリット・デメリットを解説していきますので、ぜひ参考にして、自分の最適な保管場所を選んでくださいね。

自宅で保管

火葬後、遺骨を自宅で保管するのは別に法律違反というわけではありません。
納骨までの間、自宅で供養してあげれば、故人も家に帰ってくることができて喜ぶことでしょう。
注意点は、骨壷を置く場所によって、遺骨にカビが生えてしまう可能性があります。
骨壷を桐箱に入れておけば、ある程度はカビの繁殖を防げますが、なるべく、直射日光の当たらない風通しの良いところに置く方が良いでしょう。
湿度の高いところも要注意です。

お寺で保管

自宅で保管が難しい方は、お寺で一時的に預かってくれるところもあります。
お寺で一時預かりというのを明確にしているお寺もありますし、檀家なら無条件で預かってくれるというところもあります。
はっきり、料金設定をしているお寺もありますし、無料というところもあります。
無料の場合は、お布施として5000円程度、包む方もおられます。
まずは、一時預かりをしているかどうかお寺に尋ねましょう。

納骨堂で保管

納骨堂は、本来、遺骨を預かって保管する施設です。
都道府県知事から「納骨堂」という許可を受けた建物施設のことを指します。

昔は一時的に預かる場所とされていましたが、最近はある一定期間、遺骨を収容する場所となってきています。
お墓を持つ予定の無い方は、納骨堂に預けるという方法をとられる方も多いです。

一時的に遺骨を預かってもらえる施設と、一時預かりはしていない納骨堂があります。
一時保管は、料金も格安で、ロッカー式のところに入れられますので、お骨にカビが生える心配はほとんどありません。
とにかく、納骨堂に一時預かりをしているかどうか問い合わせましょう。

お墓・霊園・納骨堂を探したい方はこちら

自分の住んでいる地域の霊園を探したい方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。

一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

仏壇やお墓は絶対に必要なの?

お墓

仏壇やお墓は、無くても問題ありません

最近では、子孫に迷惑がかかるということで、仏壇やお墓を持たない人が増えてきています。

納骨に関しましては、法律の規制はありません。
無理に納骨をせずに、お骨をずっと手元に置いておいても大丈夫です。

お墓を用意できない方は、納骨堂や永代供養墓や散骨という方法もあります。
家族で話し合って、お墓を建てないという結論になったのなら、無理に用意する必要はありません。

永代供養ができる霊園を探したい方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

納骨式と四十九日のまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
納骨式と四十九日法要について、解説させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

  • 納骨式と四十九日法要を同日で行うと、お坊さんや参列者、会食のお店など、手配が一度で済む。
  • 施主は、スケジュールの調整や準備するものがたくさんある。
  • 納骨式は、法要の日とは別に単独で行っても良い。
  • 納骨できない時は、自宅やお寺、納骨堂で一時的に遺骨を預かってもらっても良い。

このようなことを解説させていただきました。

納骨は、いつまでに行うという決まりはありません。
ただ、しかるべき場所に納骨したほうが、遺族も気持ちを切り替えることができますし、故人も喜ぶことでしょう。

単独で行っても良い納骨式ですが、法要の日と同日で行えば、いろんな手間も省けて施主側もとても楽です。

納骨式をいつ行うべきか悩んでいる方は、各法要の日に合わせて行ってはいかがですか?

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・四十九日」に関連する記事

「お墓・四十九日」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨式の流れをわかりやすく解説!〜準備から当日まで〜のサムネイル画像

    納骨式の流れをわかりやすく解説!〜準備から当日まで〜

    お葬式と火葬が終了したら残すは納骨式のみです。知人友人のお葬式には参加したことがあっても納骨式に参加はしたことがなく、どんな流れで行われているのか知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では納骨式までの流れと、当日の流れをご説明します。

  • 納骨式の準備から納骨式当日までの流れを解説!のサムネイル画像

    納骨式の準備から納骨式当日までの流れを解説!

    納骨式はお通夜や告別式よりも参列する機会が少ないので、その流れというものはよくわかりませんよね。そこで今回は、いざ参列する事になった時にも困らないように、納骨式全体の流れをご紹介します。今回ご紹介するのはごく一般的な納骨式の流れなので、ぜひ参考にして下さい。

  • 納骨の法要、かかる費用は?参列時の服装は?お布施の相場は?のサムネイル画像

    納骨の法要、かかる費用は?参列時の服装は?お布施の相場は?

    告別式、お葬式を終え、四十九日を迎えれば納骨ですね。いざ納骨となると、法要の費用はどれくらいかかるのか、挨拶はどうしよう、参列するときの服装は?と分からないことだらけでしょう。そんな納骨の法要にまつわる疑問に答えていきます。

  • 納骨式の時に納骨堂に支払うお布施の費用についてまとめましたのサムネイル画像

    納骨式の時に納骨堂に支払うお布施の費用についてまとめました

    ご親族の方が亡くなられ火葬が終わると次にしなくてはならないのが納骨式です。 この時に納骨堂に支払うお布施(費用)ですが、いくらにするのか悩みますよね。 世間一般ではいくら渡しているのか気になるところです。 終活ねっとでは納骨堂に支払うお布施の費用について紹介します。

  • お墓への納骨はどうすればいい?手順や時期を詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓への納骨はどうすればいい?手順や時期を詳しく解説します!

    お墓への納骨について、時期や流れや費用についてご存知ですか?お葬式と同様に、お墓への納骨のことは、人生で何度も経験するようなことではなく、よく分からないという方が多いのも自然なことです。皆さん一緒に、納骨の基本的な部分について知っておきましょう!

  • 納骨の時期はいつがいい?宗教による違いものサムネイル画像

    納骨の時期はいつがいい?宗教による違いも

    奏法には、土葬、風葬、火葬などがありますが、現在の日本では、ご遺体を火葬するのが主流です。骨壺に入れられたお骨をお墓に入れる納骨には決まった時期があるのでしょうか?そこで宗教によっても違いがある納骨の時期について解説します。

  • 納骨式っていつ行うのがいいの?時間はどれくらいかかる?のサムネイル画像

    納骨式っていつ行うのがいいの?時間はどれくらいかかる?

    葬儀の後は納骨式を執り行います。ただ、どれくらい時間を置いてから行うものなのか見当がつきますか?また、納骨式後に大事な予定が入っていた場合、納骨式にどれくらいの時間がかかるかの気になります。今回は、納骨式にかかる時間について調べてみました。

  • お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介しますのサムネイル画像

    お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介します

    亡くなった身内の方の葬儀で最後の段階がお墓への納骨ですが、もちろん勝手にやることはできずに所定の手続きが必要です。特に、納骨を行うのが初めての方にとってはどのような手続きが必要なのか想像がつかないでしょう。今回は、お墓への納骨の際に必要な手続きを見ていきます。

  • 墓地・霊園に納骨する際に必要な費用を内訳・相場とともに詳しく解説のサムネイル画像

    墓地・霊園に納骨する際に必要な費用を内訳・相場とともに詳しく解説

    お葬式を終えた後は、墓地・霊園などにご遺骨を納骨する必要がありますよね。では、納骨する際に必要な費用はどれくらいなのでしょうか?今回は、墓地・霊園に納骨する際に必要な費用についてその内訳・相場を詳しく解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説しますのサムネイル画像

    四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説します

    四十九日は故人が極楽浄土に行けるよう供養する、大切な法要です。四十九日当日は納骨式も併せて行なうのが一般的で、施主として手配することが多いのが特徴です。葬儀から意外と早く訪れる四十九日。今回は四十九日の法要と納骨、事前の準備についてご案内します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・四十九日」についてさらに知りたい方へ

納骨式の流れをわかりやすく解説!〜準備から当日まで〜のサムネイル画像

納骨式の流れをわかりやすく解説!〜準備から当日まで〜

納骨式の準備から納骨式当日までの流れを解説!のサムネイル画像

納骨式の準備から納骨式当日までの流れを解説!

納骨の法要、かかる費用は?参列時の服装は?お布施の相場は?のサムネイル画像

納骨の法要、かかる費用は?参列時の服装は?お布施の相場は?

納骨式の時に納骨堂に支払うお布施の費用についてまとめましたのサムネイル画像

納骨式の時に納骨堂に支払うお布施の費用についてまとめました

お墓への納骨はどうすればいい?手順や時期を詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓への納骨はどうすればいい?手順や時期を詳しく解説します!

納骨の時期はいつがいい?宗教による違いものサムネイル画像

納骨の時期はいつがいい?宗教による違いも

納骨式っていつ行うのがいいの?時間はどれくらいかかる?のサムネイル画像

納骨式っていつ行うのがいいの?時間はどれくらいかかる?

お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介しますのサムネイル画像

お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介します

墓地・霊園に納骨する際に必要な費用を内訳・相場とともに詳しく解説のサムネイル画像

墓地・霊園に納骨する際に必要な費用を内訳・相場とともに詳しく解説

四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説しますのサムネイル画像

四十九日はすぐにやってきます。準備と当日の納骨について解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・四十九日」についてさらに知りたい方へ

納骨式の流れをわかりやすく解説!〜準備から当日まで〜のサムネイル画像

納骨式の流れをわかりやすく解説!〜準備から当日まで〜

納骨式の準備から納骨式当日までの流れを解説!のサムネイル画像

納骨式の準備から納骨式当日までの流れを解説!

納骨の法要、かかる費用は?参列時の服装は?お布施の相場は?のサムネイル画像

納骨の法要、かかる費用は?参列時の服装は?お布施の相場は?

納骨式の時に納骨堂に支払うお布施の費用についてまとめましたのサムネイル画像

納骨式の時に納骨堂に支払うお布施の費用についてまとめました

お墓への納骨はどうすればいい?手順や時期を詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓への納骨はどうすればいい?手順や時期を詳しく解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと