葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

お墓に水をかけますか?なぜ水をかける派・かけない派が分かれるのか

お墓参りの時には、お墓に水をかける光景はよく見かけます。そのため、お墓参りでは、水をかけるのが当たり前だと思っている人もいるかもしれません。しかし、お墓に水をかける派とかけない派がに別れます。今回は、お墓に水をかけることも様々な視点から解説していきます。

お墓に水をかけたら怒られた…

人々

お墓参りをするときには、お墓に水をかけるのか、それともかけないほうが良いのかと迷った経験をした人もいるのではないでしょうか。
このお墓参りの際には、お墓に水をかける派と、かけない派に別れます。
お墓参りの時に、お墓に水をかけようとして怒られたといった経験をした人もいるかもしれません。

水をかける派とかけない派がいることで、結局のところどちらが正しいのかと思っている人もいるでしょう。

ここでは、

  • お墓に水をかけるのは結局どちらが良いのか
  • お墓に水をかけるのはどんな意味があるの
  • お墓に水をかけていけない理由とは
  • どんな水のかけ方をしたら良いのか

について紹介します。

お墓に水をかける派・かけない派それぞれの理由をご紹介していきたいと思います。
今までどちらが正しいのかと悩んでいた人はぜひ参考にしてみてください。

お墓に水かけは"どちらでも良い”

お墓

お墓に水をかけるのが良いとする人もいれば、お墓に水をかけてはいけないといった人もいるため、結局のところどちらが良いのかと悩んでしまいます。
お墓参りの際には、正しい方法で供養をしたいと考えている人も多く、どちらが正しいのかとハッキリさせたいところでしょう。

しかし、この墓に水をかけることは、どちらが正解で、どちらが悪いといったことはありません。
お墓に水をかけるかどうかは、結局のところお墓参りをする人の考え方次第ということです。

お墓に水をかける派、かけない派にもそれぞれ理由があります。
どちらがいいか迷っている人は、それぞれの理由をよく確認して、自分が納得できる方を選ぶと良いでしょう。

お墓に水をかける意味

お墓

どちらが良いのかと迷っている人は、まずお墓に水をかける意味を知っておく必要があります。
お墓に水をかけるのは仏教やお祭り、風習などが関係しているという考え方があります。

仏教の考え:餓鬼への施し

仏教では六つの世界があるとされ、 その世界を輪廻すると言われています。
六つの世界とは、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道です。

この六つの世界の一つ、餓鬼道には水がないとされています。
生前に贅沢三昧した人は餓鬼道に落ちると言われ、餓鬼は下等な鬼とされています。

もしご先祖様が餓鬼道に言ってしまった場合には水に飢えている可能性があります。
そのためお墓参りをした時にはお墓に水をかけるのが良いとされるという考え方です。

お墓に水をかけることは、この餓鬼にも慈悲の心で施しをすることにもなります。

浄土真宗は関係ない?

宗教によっては、お墓に水をかけることはご先祖様に水をかけるのと同じことだと、良くない行為としているところもあるようです。
しかし浄土真宗では、水をかける必要があるのであればかければ良いとされています。

掃除の時では水をお墓にかける必要があります。
この様な場合では浄土真宗では水をかけることは問題ないとされています。

お茶をかける祭り(花祭り)の影響

仏教徒の行事として花祭りがあることをご存知でしょうか。
毎年4月8日に行われる行事で、この日はお釈迦様が誕生した日とされています。

この花祭りの特徴が、お釈迦様の像に甘茶をかけるということです。

お釈迦様が生まれた時に龍が現れ、その龍から吐かれた水を産湯に使ったとされています。
その産湯に使った水が甘い水だったので、花祭りでは甘茶をお釈迦様の像にかけるようになったようです。

日本の多くが仏教徒でもあり、このお祭りからお墓には水をかけるという考え方があります。

風習として残っている

昔からお墓は、故人が宿っているものとして扱われ、お墓を大切に扱う人は多いです。
いつも雨風にさらされているお墓を、お墓参りをしたときくらいは、水をかけて綺麗にしたいと思うのは当然のことでしょう。

大切なお墓を汚れたままにしておくのは忍びないと、お水をかけて墓石を綺麗にするという風習が残っていると考えられます。

お墓に水をかけてはいけない理由

人々

お墓に水をかける意味を知ると、やはりお墓参りの時には水をかけるほうが良いのではと思ってしまいます。

しかし、お墓に水をかけない派にも正当な理由があります。

仏様への無礼にあたる

お墓に納骨をするときには開眼法要を行います。
この開眼法要はお墓に故人の魂を宿す法要です。

このことでただの石であったお墓が、魂の宿ったお墓となります。
魂が宿っていることで、お墓に水をかけることは、仏様に対して頭から水をかけることと同じ行為となるので無礼になるという考え方があります。

墓石=仏様とされていることもある

お彼岸やお盆にはお墓参りをしますが、この時にはご先祖様はあの世から帰ってきて、お墓で子孫のお出迎えを待っていると考えられています。
そのため、お墓=仏様(亡くなった人)といった考え方の人も多いようです。

せっかくご先祖様が帰ってきてくれたのに、そのご先祖様に向かって水をかける行為は無礼になるというのは、納得できる理由の一つではないでしょうか。

墓石が割れることがある?

お墓に水をかけてはいけない理由の一つとして、墓石が割れることを理由としている人も多いです。

石は急な温度変化によってヒビ割れを起こすことがあります。
そのため、墓石に水をかけたことにより、その時の温度変化によって墓石が割れる可能性があるという考え方です。

お盆でのお墓参りでは暑い夏に行われるため、日中に太陽の熱で温められた墓石は想像以上に熱くなっていることがあります。
この状態の墓石に水をかけることで、急激な温度変化によって墓石を傷める原因となると考えられています。

よっぽどの暑さでなければ問題がない

温度変化は墓石に影響を与えることは確かですが、よほどの暑さでなければ問題ないと考えられます。

基本的には、墓石は常に雨風にさらされ、常にその温度変化の影響を受けています。
そんな環境にあってもお墓にヒビが入ることはほとんどありません。

このことからも、お墓参りの時に少量の水をかけたからといって大きな影響はないと考えられます。

骨壺に影響がある?

お墓に水をかけてはいけないと考えている人の中には、お墓の中には骨壺があり、その骨壺に影響があるのではと考えている人もいます。
お墓に水をかけたことにより、骨壺に水が入ってしまうことを心配しているようです。

そもそも骨壺まで影響しない

お墓の中には、骨壺を入れるための部屋があります。
その部屋はカロートと呼ばれ、通常は水が浸入しないように防水加工されていたリ、水が侵入しても上手く排水水ができるように工夫がされています。

そのため、一般的にはお墓に水をかけた程度では骨壺に水が入る心配はありません。
そもそも墓に少量の水をかけただけで骨壺に影響があるようなお墓では、雨が降った時には大変なことになってしまいます。

このようなことが起こらないようにお墓は作られているため、骨壺への影響はないと考えられます。

墓石に水は悪影響ではない

お墓

水をかけてはいけない理由を見ると、ご先祖様に対して無礼になるという理由に関しては納得できるのですが、墓石に対しては水は悪影響はないと考えられます。

水にはお清めの意味がある

水には、昔からものを清めるといった意味合いで用いられています。
神社などでも参拝者を清めるための手水舎(てみずや)があります。

お墓に水をかけることは、お墓を清める、霊を清めるといった意味があります。

そもそも墓石は雨にさらされている

墓石に水をかけてはいけないとよく言われている理由が墓石への悪影響です。

暑い夏では、冷たい水を墓石にかけることで温度変化によってヒビ割れを起こす可能性がある。
冬では、水が凍り、膨張することでヒビ割れを起こす、といった悪影響がよく言われています。

しかし、そもそも墓石は雨にさらされていることから、これらの理由で墓石に悪影響を及ぼすのであれば、すぐにお墓はボロボロになってしまうことにもなります。

雨にさらされていても何十年も形を保っていることからも、お盆の時にお墓に水をかけたからといって墓石にそれほどの悪影響を与えることはまずないでしょう。

お墓への水のかけ方

お墓

お墓参りをするときには、まず墓石や墓地周辺の清掃をします。
周辺の草取りをしたり、墓石についた汚れをタオルなどを使って綺麗に落とします。

花筒や線香皿なども綺麗にしたら、乾いたタオルで綺麗に水分を拭き取ります。
線香やお供え物などをした後に、お墓に水をかけてお墓を清めます。
その後に墓石よりも低い姿勢で合掌しましょう。

水をすくう「ひしゃく」を用いる

墓石に水をかけるときにはひしゃくを使ってかけます。

墓地の中には桶とひしゃくを無料で貸し出しているところもあります。
お墓参りの時には、この桶とひしゃくを借りて、合掌前にお墓に水をかけて、お墓の清めや餓鬼への施しをしてあげましょう。

ペットボトルでかける

墓地の周辺には水道がないといったところもあるのではないでしょうか。
お墓に水をかけてあげたいと思っても、これでは水をかけるのも大変です。

そんなときに便利なのがペットボトルです。
ペットボトルなら水を運ぶのも楽ですし、そのまま墓石に水をかけてあげることができます。

ジュースやお酒をかけてはいけない

お墓に魂が宿っているとされるため、故人が好きだったジュースやお酒を飲ませてあげたいと墓石にかける人も多いです。

普段から墓石は雨にさらされていることからも、水をかけても問題はないのですが、ジュースやお酒は墓石にはかけないことが大切です。

アルコールは水とは違い、墓石を傷める原因になるとも考えられていますし、ジュースやお酒は墓石にシミを作る原因ともなります。
綺麗なお墓を保つためにも、ジュースやお酒はかけないようにしましょう。

こちらも読まれています

いつまでも綺麗に使うために〜正しい墓石の磨き方講座!

墓石の磨き方で、やってはいけないことがあるのでしょうか。 建立したての墓石と築20年以上を経た墓石では、劣化の程度も速度も違います。 正しい墓石の磨き方を知って、水垢やさびなどの頑固な汚れも対処していきましょう。

お墓への水かけまとめ

お墓

いかがでしたか?
この文章では、お墓参りの時に墓石に水をかけるべきなのかということについてみてきました。

  • お墓に水をかけるのは結局のところどちらでもよい
  • 水をかけることには餓鬼への施しやお墓を清める意味がある
  • 水をかけることで仏様への無礼にあたることにもなるが、墓石への悪影響はない
  • 水をかけるときには墓石や周辺を清掃してからかける

などが分かりました。
お墓に水をかけることには賛否両論あると思いますが、大切なのはお墓参りをするときの気持ちではないでしょうか。

家族や地域によってお墓への考え方は様々です。
ご先祖さまや故人への感謝の気持ちさえあれば、お墓に水をかけても、かけなくても良いお墓参りをすることができます。

今回の記事が、あなたなりのお墓への向き合い方を見つける手助けになれば幸いです。

お墓や供養に関する記事をご用意したので、こちらもぜひご覧になってください。

こちらも読まれています

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

墓石掃除にはいつも時間がかかると感じる人もいるのではないでしょうか。便利なグッズを利用すればこの墓石掃除も楽にすることができます。ここでは、墓石の掃除の仕方、100均で手に入る便利グッズを紹介します。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「お墓・水」に関連する記事

「お墓・水」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「お墓・水」に関連する記事

「お墓・水」についてさらに知りたい方へ

お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

死後遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

仕事の都合や家族そろってのお引越し。ご先祖様が眠るお墓から遠い場所に、というのはよくある事です。ですが、お墓から遠い場所に引っ越してしまう場合でも、解決策はあるのです。のサムネイル画像

お墓が遠いのでお墓参りしにくい!そんな時の解決策をご紹介

「自分はどのお墓にはいるんだろう」と考えたとき、気になってくるのがお墓のルール。実家のお墓には誰でも入れるの?何人まで入れるの?夫と一緒には入りたくないのだけど!誰が引き継ぐの?お墓に刻む文字は?気になるお墓のルールについて詳しく説明していきます。のサムネイル画像

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

みなさんはお墓の中というのがどうなっているのか気になったことはありませんか?どのくらいの広さで、かつどういう構造になるのかというのを知っている方はあまり多いとは言えないでしょう。今回はお墓の中についていろいろ書くとともに、緊急時の対策についても見ていきます。のサムネイル画像

お墓の中でトラブル発生!満杯・水浸しになった時の対象方法とは?

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト