葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト

葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

葬儀の服装にきまりはあるの?

葬儀

葬儀とは、故人とかかわりのあった人たちが集まって、故人の冥福を祈り、最後のお別れを行う儀式のことです。

出席する方は、故人や遺族に対して、失礼のない服装を心掛けるのがマナーです。

はっきりとした決まりがあるわけではありませんが、あまりに常識はずれな服装だと、ひんしゅくをかってしまいます。

しかし、葬儀にふさわしい服装というものが、はっきりわかっているという方は、案外少ないものですよね。

一人前の大人として、きちんとした服装で葬儀には参列したいものです。

そこで、この記事では、いまさら聞けない、葬儀の服装について、詳しく解説します。

  • 男性の喪服・女性の喪服
  • 親族と一般会葬者の服装の違い
  • 通夜と告別式では服装は変えるべきか
  • 夏の服装について
  • 外国では、葬儀の時の服はどんなものを着てるの?

などについて、説明します。

マナー違反をしたからと罰則があるわけではありませんが、一人前の大人として、ぜひ知っておきたい常識です。

喪に服している遺族に対しても、そして故人に対しても失礼のない服装と心使いが必要です。

葬儀に出席して、自分だけ浮いてしまったり、大恥をかいてしまうことがないように、ぜひ、この記事を最後まで読んで、参考にしてくださいね。

男女の喪服のちがいは?

困った人々

この章では、男性と女性の基本的な喪服について解説します。

葬儀は突然、連絡が入るものです。

ちゃんとした喪服を用意しようと普段から思っていたけど、つい先送りにしてしまって、いざという時に困ったということにもなりかねません。

ちょっとした小物の選び方ひとつを間違っただけでも、マナー違反になる場合もありますので、これを機会によく学んでおきましょう。

子供や赤ちゃんが出席する時は、どのような服装にすればよいかも併せてご紹介しますので、ぜひ、参考にしてください。

男性の場合

葬儀

男性の服装は、基本的にはブラックフォーマル(礼服)で出席するのがマナーです。
ビジネススーツでも、黒色のものはありますが、ビジネススーツと礼服は違います。

一見すると黒のビジネススーツも礼服に見えないこともありませんが、やはり形や上品さが違います。

多くの人と一緒に並ぶと、違いがはっきり分かりますので、やはり、礼服で葬儀に行くのがマナーです。

仕事の帰りにあわててお通夜に駆け付けるのなら、普段着ているビジネススーツでも一応、OKですが、告別式に行く場合は、礼服を着ていくのが望ましいです。

礼服を持っていない場合は、黒かダークグレーか濃紺のスーツでも構いません。

しかし、冠婚葬祭用の礼服は、社会人の身だしなみとして、最低一着は用意しておいた方がいいでしょう。

なお、男性が喪主を務める時は、正喪服として和装にしてもかまいません。

男性の和装は、黒の羽織袴ですが、現在では持っている人は少ないので、必ず着なければいけないということはありません。

ワイシャツの選び方

礼服の中に着るワイシャツは、真っ白のものにします。
色がついていたり柄の入っているものは、失礼に当たりますので絶対やめましょう。

また、着古してよれよれのワイシャツもみっともないですから、普段から別に用意して、アイロンもかけておくようにしましょう。

また、カフスは付けないようにします。

ベルトの選び方

ベルトは、通夜、葬儀共ににしましょう。
アニマル柄や蛇皮、ワニ皮などのものは、殺生をイメージさせるので避けましょう。

バックルは光るものや金色はNGです。
シルバーで落ち着いた雰囲気の黒のベルトを使うようにしましょう。

靴もワニ皮や蛇皮など一目でそれとわかるようなものは避けましょう。
普通の黒のビジネスシューズなら大丈夫です。

黒であってもブーツや、おしゃれすぎるものは避けましょう。

ネクタイの選び方

ネクタイは、柄の無い真っ黒のものにします。

通常はネクタイピンは付けませんが、派手でキラキラしていなければ付けても大丈夫です。
ネクタイピンも真珠のものでしたら葬儀に適していますね。

仕事帰りに急にお通夜に出席しなければいけなくなったら、せめてネクタイと靴下は黒にしましょう。

コンビニや100円ショップにもありますので、用意するようにしましょう。

女性の場合

葬儀

一般的に女性の場合は、黒のワンピースかスーツを着ます。
丈は膝が隠れる程度を意識しましょう。

最近では、パンツタイプの礼服を着られる方も増えてきています。
遺族側の方は、通夜、葬儀共にパンツタイプはNGです。

和装は、正喪服と言って、三親等までの人が着ることができる一番格式が高い喪服です。
洋服が一般的でなかった昔は別ですが、現在では、喪主や遺族のみが着るものであって、一般参列者は、洋装で行くようにしましょう。

なお、遺族は必ずしも和装である必要はありません。

洋装

女性用の礼服は、いろんなデザインのものがありますよね。
ブラックフォーマルとして販売されているものなら、どんな形の物でも大丈夫です。

しかし、あまり凝ったデザインのオシャレなものは失礼に当たるので、できるだけシンプルなものを選ぶようにしましょう。

礼服は、時々しか着ないので、数年は利用できるように流行に左右されずに、落ち着いたデザインのものにした方がいいですよ。

スカート丈は膝が隠れるぐらいで、正座をすることもありますので、タイトなタイプよりもフレアやプリーツのスカートになっているものの方が良いでしょう。

肌の露出は、なるべく控えるようにします。
ノースリーブの服なら、必ず上着を着るようにしましょう。

ストッキング

ストッキングは、肌色よりもを履くようにします。
しかし、黒といってもレース模様や柄が入っているものは控えましょう。

タイツは黒であってもNGですが、例外として雪深い地方ではタイツもOKとされているところもあります。

なお、真夏であっても生足はマナー違反です。

ワンピース

女性の礼服は、スーツ、ワンピース、アンサンブルなどがありますが、ジャケットがないワンピースは、デザインによってはオシャレで可愛いものもあります。

子供の幼稚園の入園式や卒園式に着るような、晴れ晴れとした雰囲気のあるデザインの礼服は、葬儀にはふさわしくありません。

また衿が広く、肌の露出が多いものは着ないようにしましょう。

和装

和装は、正喪服になりますので、三親等までは着用できます。
あるいは、故人の親友や葬儀委員長が着ることもあります。

一般的には、故人の妻や娘が着る場合が多いです。
喪に服する立場なので、通夜、葬儀、告別式を通じて正喪服を着ます。

帯は、黒無地のものを使用します。

袋帯か名古屋帯にしますが、地域によって異なりますので、わからなければ葬儀場の方に尋ねてみるのが良いでしょう。

帯留めや髪飾りは、付けないようにしましょう。

足袋

足袋はにしましよう。
お化粧は、頬紅は付けないのがマナーです。

基本的に薄化粧にし、アイシャドーは付けないか控えめに、口紅は真っ赤なものは避けるようにします。

子供の服装

子供の服装は、幼稚園や学校の制服があればそれを着せましょう。
制服がない場合は、地味な色合いで落ち着いた雰囲気のよそ行きの服にします

あまりカジュアルすぎないものであれば、それほど気にする必要はありません。
靴もできれば黒が良いのですが、なければ清潔な靴を履かせるようにしましょう。

赤ちゃんの服装

赤ちゃんを葬儀に連れて行く時の、赤ちゃんの服装は基本的に何でも構いません。
黒やグレーなどの服があればいいのですが、なければあまり派手でなければ気にする必要はありません。

ベビーカーや抱っこひもも、状況に応じて上手に使いましょう。

あまり人が多くて邪魔になるようなら、ベビーカーは会場の入り口に置いておく。
葬儀の間中、ずっと抱っこするのも大変ですので、抱っこひももあれば便利です。

ただ抱っこひもが派手でふさわしくないと感じたならば、使わない方がいいかもしれません。

授乳中の場合、お母さんが喪服を着ているとおっぱいをあげるのが困難になってしまいます。

授乳しやすい前開きの礼服もありますが、新たに購入しなければいけないし、使う機会があまりないことからちょっともったいないですよね。

控室で授乳できるように、大きなケープを持って行ったり、授乳しやすい黒の服で行って、式の最中だけ、礼服に着替えるようにしてもいいかもしれません。

もし遺族が、式もそのままの格好で良いと言ってくれたら、お言葉に甘えてもいいでしょう。

葬儀に適した靴えらび

靴は黒の布製か、革製であれば光沢のないものなどで大丈夫です。
サンダルやピンヒールなど、つま先やかかとが見えるものはマナー違反です。

留め具が金色のものなどは注意が必要です。
光る素材で作られているものや柄の入ったものは、避けるようにしましょう。

ブーツや長靴は基本的にダメですが、雪が降っている時に参列するのであれば、会場までは長靴でも大丈夫ですが、中に入ったらパンプスなどに履き替えるようにしましょう。

ヒールの高さは、それほど気にする必要はありませんが、葬儀会場の床に響くようなヒールはやめた方が無難ですので、ヒールが太目で履きやすい靴を選ぶようにしましょう。

アクセサリーについて

アクセサリーは、基本的には結婚指輪以外は外さなければいけません。

結婚指輪でも石の付いたものは、石の付いてる部分を手のひら側にまわすか、外すようにします。
時計も金や宝石のついたもの、キラキラ光るものは、外してバッグの中に入れておくようにしましょう。

例外的に、涙を意味する真珠のネックレスやイヤリングは、付けても大丈夫です。
ただし、真珠であっても二連のネックレスは不幸が重なるとして、お通夜や葬儀にはNGです。

迷ったら、身につけない方がよいでしょう。
髪飾りなど、華やかになりがちなものも避けるようにしましょう。

マニキュアや香水もだめですよ。
オシャレなネイルがすぐには取れないという方は、黒のレースの手袋を利用するのも方法です。

喪服の種類を確認しましょう

葬儀

喪服には、正喪服と準喪服、略喪服の三種類あります。
正喪服は一番格式が高いもので、3親等までの遺族側が着用するものです。

和装は正喪服になりますので、喪主や遺族のみが着用を許されているものです。
一般会葬者は、正喪服を着てはいけません。

準喪服は、正喪服に準じた服装で、一般的な礼服といえば準喪服のことを指します。
いわゆるブラックフォーマルと言われるもので、告別式には準喪服で参列するのがマナーです。

喪主や遺族が、準喪服を着ても問題ありません。

略喪服は、年忌の時になどに着る平服のことで、普段着ではなく略喪服のことを指します。
黒や濃紺などのダークカラーの、スーツやワンピースが略喪服になります。

急ぎのお通夜は、略喪服でも許されますが、告別式には着ていかないようにしましょう。

親族と一般会葬者との服装の違いはある?

困った人々

葬儀の際の服装に、親族と一般会葬者に違いはあるのでしょうか?
親族というのは遺族側ということで、喪に服する立場でもあります。

一般会葬者とは、故人とは血縁関係がない、知り合い、友人などのことを指します。
ここでは、親族と一般会葬者の服装の違いについて解説します。

親族

喪主や三親等までの親族は、通夜、告別式、ともに正喪服を着用するのがふさわしいです。
しかし、用意ができなかった場合は、準喪服でもそれほど問題はありません。

和装、洋装、どちらでも構いませんが、親せきが、喪主や遺族より格上の服装にならないようにしましょう。

例えば、喪主である故人の妻が、準喪服を着ているのに、親せきの方が和装にするのはやめておきましょう。

親族で、どのような服装にするか、打ち合わせしてもいいですよ。

一般会葬者

正喪服は、親族だけに許されているものですから、一般会葬者は、準喪服を着用するようにします。

準喪服とは、一般的なブラックフォーマルのことを指しますので、小物やアクセサリーに気を付けて、着用すれば問題ありません。

一般会葬者は、通夜は平服でも大丈夫ですが、告別式は準喪服で参列するのがマナーです。

通夜の服装とのちがい

困った人々

通夜の時と、葬儀・告別式の時とは、服装は違うものなのでしょうか?

遺族は、喪に服するので通夜も告別式も正喪服、あるいは準喪服を着用するのが原則です。
一般会葬者の方は、昔は訃報を聞いて慌てて駆けつけるという意味で、平服で行くことが多かったです。

逆に、喪服で行くと、まるで準備していたようだとひんしゅくをかったものです。

しかし、最近では、通夜だけ出席する人も多く、通夜の席が最後の別れとなるので喪服で行かれる方がほとんどになっています。

通夜の連絡は急に入るものですから、平服で行ってもマナー違反にはなりません。
平服で行く場合でも、靴下とネクタイは黒にしましょう。

男性の場合

男性の場合、通夜にはブラックスーツやダークスーツで行くのが一般的です。
会社帰りに駆け付けるのであれば、ネクタイと靴下だけ黒にすれば、とりあえずOKです。

もし用意できるのであれば、通夜でも礼服を着用したほうが良いでしょう。
また、地域によっては、通夜は本当に普段着で参列するというところもあります。

普段着であっても、派手な色は避け、落ち着いたデザインで地味目の色、そして清潔なものを着るように心がけましょう。

告別式は、どの地域でも礼服で行くのがマナーです。

女性の場合

女性の場合、通夜には黒か地味な色で落ち着いたデザインの、ワンピースかスーツで行くのが一般的です。

パンツスタイルでも、礼服なら問題ありません。
会社帰りに行きたいけれど服装が派手で、、という人は、なるべく着替えるようにしたいものです。

どうしても着替えることができない方は、通夜はあきらめて告別式に参列するようにするか、アクセサリーなど外せるものは外して、目立たないようにお参りをしてすぐ帰るようにしましょう。

告別式は、あらかじめ時間が分かっていますので、準喪服で行くようにしましょう。

夏の葬儀はどんな服装?

困った人々

葬儀の連絡は、季節に関係なくいつ訪れるかわかりません。
真夏の暑い時期に、葬儀に参列する場合、半そでじゃダメかな?と疑問に思われる方もいるでしょう。

そこでこの章では、夏の葬儀に出席する場合の、服装のマナーについて解説します。

クールビズはあり?

最近は、オフィスでもクールビズが当たり前になりつつあり、ジャケット無しで半袖、ノーネクタイで過ごされる方も多いです。

しかし、葬儀の場合は、たとえ猛暑であってもクールビズはマナー違反です。
葬儀は、故人の冥福を祈り、最後のお別れをする大事なセレモニーです。

会場につくまでは上着を脱いでいてもいいですが、中に入る時はきちんとした格好をするのがマナーです。

たくさんの人の中で、一人だけ上着を着ずに、白い半そでのシャツを着ていると遺族に対しても失礼ですし、常識がないと思われて、恥をかくこともあります。

半袖はいいの?

中に着るワイシャツは、半袖でも構いません。

白のワイシャツに黒のネクタイを付けていれば、半袖でもいいように思えますが、肌の露出は控えるのがマナーですので、準喪服でも略喪服でも半袖のままでいるのはNGです。

葬儀が始まったら、上着はちゃんと着るようにしましょう。

上着、ネクタイは不要?

最近の葬儀会場は、冷房もちゃんと効いていますので、会場内では上着を着るようにしましょう。
ノーネクタイももちろんNGです。

あまり、汗がだくだく流れるのもみっともないので、夏用の礼服を用意しておくのも一つの方法です。

故人の冥福を祈るために葬儀に出席しているのですから、自分の快適さばかり考えずに、正式な服装で参列しましょう。

葬儀が終わったら、ネクタイを外して上着を脱いでも大丈夫です。
大事な葬式に参列しているのですから、暑くても我慢するようにしましょう。

女性の服装は?

女性も、上着を着た方がよいでしょう。
アンサンブルのように、中が半袖やノースリーブのワンピースの場合でも、上着は着るのが原則です。

肌の露出はなるべく控えるようにしなければいけないのですが、七分袖のワンピースで、礼服として販売されているものであれば、一応OKということになります。

しかし、一周忌や三回忌法要ならともかく、通夜や葬儀の時は長袖を着た方がいいでしょう。

ちなみに、暑くても生足はNGです。
必ず黒のストッキングを履くようにしましょう。

たとえ色が黒であっても、ホットパンツやミニスカート、まるで海に遊びに行くような恰好で参列するのはやめた方がよいですね。

葬儀の持ち物について

葬儀

葬儀に行く場合は、服装はもちろん、持ち物にも気を使いたいものです。
タブーとされているものもありますので、確認するようにして、大勢の前で恥をかかぬようにしましょう。

ハンカチ

ハンカチは、たとえブランドものであっても、柄物は避けるようにしましょう。
しかし、無地で派手でなければ、何色でも一応大丈夫です。

ハンカチにはそれほど制約はありませんが、光沢のあるものやタオル地はやめておいた方が無難でしょう。

弔事には白いハンカチが基本ですから、普段から用意しておいた方がいいですよ。

バッグ

バッグは、光沢の少ない布製か革製の黒のものにします。
洋装、和装、どちらにも合うバッグなら、いざという時に安心です。

注意点としましては、あまり小さいサイズだと持ち物がすべて入りきらない可能性があります。

香典袋や財布、数珠、ハンカチ、携帯電話のほか、予備の黒のストッキングや黒エプロンを持って行く場合もあります。

なるべく、一つのバッグに入るような大きさのものを選びましょう。

時計

葬儀の時に腕時計をしていると、誰も注意はしませんが、気づかないうちにマナー違反となっている場合があります。

特に、金色や宝石が付いていてキラキラ光るもの、一目で高級品だとわかるもの、Gショックのよう
に遊び心がある腕時計は、通夜、葬儀の席にはふさわしくありません。

銀の文字盤で黒の革ベルトなどの、シンプルなデザインの腕時計なら付けていても問題ありません。

不安に思ったのなら、葬儀の間はポケットにでも入れておくのが無難です。

数珠

葬儀

葬儀には数珠が必需品と思われている方もおられるでしょうが、数珠は本来、僧侶が読経を唱えるために使っていた仏具です。

したがって、仏式の葬儀以外では、数珠は必要ありません。
また、仏式の葬儀に参列する場合、信仰する宗派の数珠を準備します。

宗派によって、数珠の形が違いますが、信仰する宗派が決まっていない方は、宗派にかかわらず利用できる略式数珠を持って行けばよいでしょう。

仏教以外を信仰されている方が、仏式の葬儀に出席する場合は、無理に数珠を用意する必要はありません。

袱紗(ふくさ)

葬儀

袱紗(ふくさ)とは、香典のような重要なものを包む時に使う、絹製の布のことをいいます。
大事な贈り物などを汚すことなく包むためにあって、袱紗は慶事の時にも使われます。

慶事の時は、赤やオレンジなどの暖色系か紫色の袱紗を使います。
弔事の時は、青や紺などの寒色系か紫色の袱紗を使います。

ハンカチや風呂敷でも代用できるので、袱紗は葬儀の時に必ずいるもというわけではありません。
しかし、これからも袱紗を使う機会もあるかもしれませんので、一枚は持っていてもいいでしょう。

慶事、弔事、ともに使える紫色がおすすめです。
最近の袱紗は、一枚布になったものもあります。

また、のし袋がちょうど入る袋状になったものや、数珠など小物を一緒に入れることができる形のものもあります。

中身がはみ出さないように留め具がついたものもありますので、使いやすく好みのものを探しましょう。

赤城 ふくさ 紫 慶弔両用 ハ21
赤城 ふくさ 紫 慶弔両用 ハ21

商品価格1188円

長く使うことができる定番の袱紗です。

この商品を購入

喪服をレンタルする場合は?

困った人々

葬儀の際の服装は、喪服が基本ですが、出張先であったり、持っていないという方は、レンタルすることもできます。

一般参列者は、お通夜は平服でも構いません。
黒でなくてもグレーや濃紺のスーツでもOKです。

しかし、告別式には喪服で参列するのがマナーです。
ちなみに遺族は、通夜も喪服を着るようにしましょう。

喪服のレンタルは、葬儀屋や貸衣装屋、最近ではインターネットレンタルも登場しています。

葬儀屋がレンタルを行っていなくても、貸衣装屋に連絡してくれる場合がありますので、まずは相談してみましょう。

着付けもしてくれるところもありますので、和装をレンタルしてもいいかもしれません。

インターネットレンタルは、格安なのですが、届くまでに時間がかかることと、サイズが合うかどうか着てみるまで分からないことがデメリットです。

キリスト教の場合の服装は?

人々

初めてキリスト教の葬儀に出席する時は、服装は何を着ていけばいいのか、決まりはあるのか不安になりますよね。

基本的には、キリスト教の葬儀に行くときの服装は、一般的なブラックフォーマルで問題ありません。
夏の暑い時期は、ジャケット無しで白いワイシャツに黒ネクタイでも大丈夫です。

キリスト教の葬儀は、故人が天に召されたことを、喜び祝ってほしいという願いが込められていますので、協会によっては明るく派手な服装を望む場合もあります。

まるで結婚式のような、華やかで明るい服装で参列する場合もあります。
数珠は仏具ですので、キリスト教のお葬式には持って行く必要はありません。

外国の葬儀の服装は?

葬儀

外国では、葬儀の際にはどんな服装で参列しているのでしょう?

宗教によっての違いはありますが、一般的なヨーロッパやアメリカ、フィリピンの一般的な葬儀の際の服装についてご紹介します。

ヨーロッパの服装

ヨーロッパの国々は、キリスト教徒が多いので、葬儀も明るく華やかな雰囲気です。
火葬が禁じられている国もありますし、故人との別れは身内だけで静かに行うのが原則となっている国もあります。

服装は、ブラックカラーが基本ではありますが、喪服というものはなく、ド派手でなければどんな服装でも良いようです。

ヨーロッパは歴史が古く、伝統を重んじる国が多いので、上品な雰囲気の服装で参列する人が多いようです。

しかし最近では、ノースリーブでミニスカート、アクセサリーをいっぱいつけている人などもいて、日本人から見るとちょっとびっくりする服装の人もいるようです。

アメリカの服装

アメリカの葬儀の時の服装は、ブラックカラーが基本とはなっていますが、喪服のようなものはなく、何でもいいというのが一般的です。

アクセサリーも特に制限はなく、マニュキュアもOKで、ピンヒールでも生足でも大丈夫なようです。

男性は黒に限らず無地のネクタイプラス白や黒のワイシャツやダークスーツなどが一般的なようです。

ジーンズやチノパンで参列する方もいるようです。
日本とはだいぶ違いますよね。

フィリピンの服装

フィリピンは、アジアでは珍しくキリスト教信仰の人が圧倒的に多いです。

フィリピンは、日本と同じく、通夜と葬式が行われますが、日本では1日の通夜が、フィリピンでは3日~1週間ほど続きます。

また、大家族が多いため、葬儀に参列する親族が100人を超えることも珍しくないそうです。
服装は、喪服という概念がありませんので、基本的には何を着ても良いということになります。

もちろん、礼服を着ても問題ありません。
Tシャツやジーンズでもいいのですが、一つ気を付けなければいけないのが、赤い服と装飾品はNG
ということです。

赤はクリスマスカラーで、幸福と祝福を意味するので葬儀にはふさわしくないというわけです。

服装はなんでもいいのですが、ただ、色はブラックやブルーなど暗めにして、黄色やピンクのような派手目のものは、避けるようになっているそうです。

葬儀の服装についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
お通夜や葬儀の時の服装について解説しましたが、参考になりましたでしょうか?

  • 遺族は通夜、告別式、ともに正喪服が望ましい
  • 一般会葬者は通夜は平服でも良いが、告別式は準喪服
  • 夏でも肌を露出するような服装はNG!葬儀にクールビズはダメ!
  • 喪服を持っていない場合はレンタルすることもできる。ネットレンタルは安いが、サイズの問題や、届くまでに日にちがかかることがデメリット。
  • 国によって葬儀の服装のマナーが違う。

この記事では、上記のようなことをご紹介しました。

意外と知っていそうで、知らないことも多い、葬儀に行くときの服装のマナーですが、間違っていても特に誰も注意してくれるわけではありません。

マナー違反は、自分の恥だけではなく、故人や遺族に対しても失礼に当たります。
葬儀というものは、故人の冥福を祈り、最後の別れをする大事なセレモニーです。

常識がない服装で参列すると、遺族も嫌な気分になってしまいます。
マナー違反でも、特に注意されるわけでもありませんし、マナーを知らないまま、歳をとればさらに恥の上塗りになってしまいます。

マナーは覚えておいて損はありませんので、よく学んで、恥をかかないようにしましょうね。

この記事がお役に立てれば、うれしく思います。

終活の専門家に相談してみよう

終活ねっと事業主ページでは読者様のニーズ別に終活に関する様々な専門家を紹介しています。
ぜひご利用ください。

事業主ペーシはこちらから

「葬儀・服装」に関連する記事

「葬儀・服装」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「葬儀・服装」に関連する記事

「葬儀・服装」についてさらに知りたい方へ

葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。中でもバックは最も目立つアイテムの1つです。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバック 押さえておきたい選び方

1
葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。のサムネイル画像

葬儀の受付を任された際、どんなマナーを守ればいい?

2
冠婚葬祭には、行っていい日取りと・行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りがわからない人も実は多くいます。今回は大安に葬儀はおこなっていのか?などご紹介します。のサムネイル画像

「大安・仏滅に葬儀は行えない?」今更、人に聞けない悩み

3
葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。のサムネイル画像

葬儀に参列するとき、ふさわしいネックレスはどんなもの?

4
お葬式の際、どうしても服装や香典ばかりに目が行ってしまい、花の種類や手配について知らない方は多いんじゃないでしょうか?花は葬儀には欠かすことのできない大切な物ですので、今回は葬儀の際のお花の種類から手配方法まで詳しく紹介します。のサムネイル画像

これを読めば完璧!葬儀の際のお花の手配について

5

ランキング

よく読まれている記事です

お葬式にはいったい何を持って行ったらいいかわからない時はありませんか?この記事では、バッッグや数珠やアクセサリーなど、お葬式での持ち物リストを紹介します。男女別の服装(喪服)につての注意点も説明いたします。
のサムネイル画像

お葬式の持ち物リストを一挙紹介!バッグや数珠や服装など

1
葬儀や法事に欠かせないお焼香。心を込めた丁寧なお焼香は、亡くなった方へのよい供養になりますね。お焼香には正しいマナーがあります。今回は必要な場面で急に慌てることのないように、お焼香のマナーを解説します。のサムネイル画像

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説します

2
お通夜やお葬式の際には、御香典を包むことがあります。そのような時に、迷ってしまうのは、どれくらい包めば良いかという事ではないでしょうか。相手との関係性によって、相場は変わります。今回は、気になる御香典の相場をご紹介します。のサムネイル画像

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!

3
葬儀の最後など、霊柩車が出棺する時、クラクションが鳴るのを度々耳にします。霊柩車がクラクションを鳴らすのはなぜなのか、ご説明します。のサムネイル画像

出棺時に霊柩車が鳴らすクラクションの意味を知っていますか?

4
葬儀の際に香典の代わりとして、または香典と共にお供えする供物。贈る側としては何が適しているのかや諸々のしきたり、受け取る側としてはお礼状の対応など、どうすればいいか分からない方も多いのではないでしょうか。そんな葬儀の際の供物の疑問点を解消すべく、ご説明します。のサムネイル画像

葬儀の時に送る供物について!送る側も受け取る側も必見です

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト