葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

介護保険における「特定疾病」の具体病名一覧と診断基準をご紹介

一般的に介護保険を利用してサービスを受けられるのは65歳以上という認識がありますが、実はそうではありません。ほかの疾病とは違った扱いとなる、「特定疾病」が存在するのです。介護保険における「特定疾病」とはどのようなものなのでしょうか?

介護保険がおりる特定疾病とは?

車椅子

介護保険を利用して介護サービスを受けられるのは、65歳以上の高齢者であるという認識が強いのではないでしょうか?

しかし、65歳以下でも何らかの事情で介護が必要になる場合もあります。
そんな場合のために、実は65歳以下の人でも、場合によっては介護保険を利用できることがあるのです。

そこで今回は、

  • 介護保険の被保険者
  • 特定疾病(とくていしっぺい)とは
  • 特定疾病の具体病名一覧と診断基準

この3つの視点から、介護保険と特定疾病について解説していきます。

誰もが利用する可能性がある介護保険のことについて知っておきましょう。
いざという時に困らないよう、最後まで読んでしっかりと理解しておきたいですね。

介護保険の被保険者

介護

日本における介護保険制度は、日本の高齢化社会に伴い2000年度から施行されました。
介護保険法では、介護が必要になった人が食事や入浴、排泄等の介護を受けるなど、必要なサービスを介護保険を利用して受けられるよう定められています。

介護保険料は40歳を過ぎると原則として国民全員に支払いの義務が生じます。
では、どのような人が介護保険を利用できるのでしょうか?

第1号被保険者は65歳以上

第1号被保険者は、65歳以上の人です。
65歳の人で、介護が必要であると認められた人ならば誰でも介護保険を利用して介護サービスを受けることができます。

介護保険を利用するには、「要介護認定」を受けなければならないので、認定のための手続きが必要となります。

第2号被保険者は40~65歳未満

第2号被保険者は40~65歳未満の人です。

40~65歳未満の人は「特定疾病」が原因で介護が必要になった場合にのみ介護保険を利用することができます。

では、「特定疾病」とはどのような疾病なのでしょうか?
次項から詳しく解説していきます。

厚生労働省の定める特定疾病とは

病気

介護保険における「特定疾病」とは、「老化」によって起こる疾病のことです。
その特定疾病により、介護が必要であると認定された場合は、65歳以下でも介護保険の利用が可能となります。
現在の特定疾病は16種類あります。
疾病の具体的病名と診断基準については後にご紹介します。

第2号被保険者の介護保険サービスのために

第1号被保険者の場合は、介護が必要になれば誰でも介護保険を利用することができます。
しかし、第2号被保険者である40歳~65歳の人は誰でもというわけにはいきません
前述したように、「特定疾病」にかかったことで介護が必要になった場合のみに認められるのです。

特定疾病なら介護保険サービスを受けられる

介護が必要であると市区町村に認められた人を「要介護者」、支援が必要であると認められた人を「要支援者」と呼びます。

第2号被保険者で介護保険を利用できるのは、要介護者と要支援者のみになります。
要介護者と要支援者の認定は、各市区町村が行います。
認定を行うことを、「要介護認定」と言います。

要介護度と要支援度にはそれぞれランクがあり、そのランクによって保険を利用できる限度が違ってくるのです。

それ以外の原因では要介護認定されない!?

例えば、特定疾病以外の病気や事故で介護が必要になった場合はどうなるのでしょうか?
この場合、介護保険を利用しての介護サービスを利用することはできません。
自治体などによっては独自のサービスを提供しているところもありますが、介護保険とは別物になってきます。
これは40歳~65歳の第2号被保険者の場合です。

第1号にも第2号にも該当しない39歳以下の人は、いかなる理由で要介護状態になっても介護保険を利用することができません。
介護保険料を支払い、介護保険の適用をされるのは40歳以上の人だけとなっています。

この場合、医療保険を利用するという手段があります。

障害者認定や医療保険の適用が可能

39歳以下で介護が必要になった場合は、まず障害者認定を考えるとよいと思います。
市区町村に申請すると、認定を受けることができます。
認定を受けられた場合、障害者年金を給付することが可能になります。
障害者自立支援法には、自立支援のため介護、訓練等、自立支援医療、補装具などに対する給付を受けることができると定められています。

また、手帳の等級によっては医療保険による医療費の助成が受けられる場合もあります。
詳しくは病院や市区町村に確認するのがよいと思います。

65歳以上なら特定疾病以外も要介護

一方、65歳以上になれば特定疾病以外で介護が必要になった場合も要介護認定を受けることができます。

つまり、介護が必要になった理由を問わず、誰でも介護保険を利用できるというわけです。
特定疾病が原因で要介護状態になり、その状態が半年以上続くと考えられる場合は、要介護認定を受けられる可能性があります。

介護保険と医療保険は同時間帯に使用不可

介護保険と医療保険は原則同時に使用することができません。
介護保険は介護施設の利用(リハビリなども含む)や訪問介護などのサービスに利用できます。
医療保険は病院などの医療機関で治療などを受けた時に利用できます。

保険証の提出を求められる機関は医療保険と考えてもよいと思います。
診療内容が同じであれば、優先的に介護保険が適用される仕組みになっているので、同時利用は原則できないのです。

しかし、これには例外もあります。
例えば医療保険での医療が終了した翌月から介護保険に切り替えるということは可能です。
医療機関と介護施設を違う診断名で利用する場合も可能です。
難病と認められた場合にも、併用できることがあります。
例外かな?と思ったときは、早めに医療機関や市町村区に相談するとよいですね。

特定疾病の具体病名一覧と診断基準

病気

では、特定疾病とは具体的にどのような疾病のことを言うのでしょうか?
介護保険における特定疾病は16種類あります。

それは、

  • がん
  • 関節リウマチ
  • 筋萎縮側索硬化症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 初老期における認知症
  • パーキンソン病関連疾患
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病神経障害
  • 脳血管疾患
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 膝関節、股関節における変形性関節症

となっています。

これらは大まかな病気の系統によって分かれています。
では、今から具体的な病名と、医師による診断基準について解説していきます。

1.がん

一般的に言われる「がん」とは、悪性腫瘍または悪性新生物とも呼ばれる疾病です。
遺伝子が変異することで自分で抑えることができない増殖をする腫瘍で、周りの組織に浸透したり、転移をすることによって更に広がっていきます。

ほとんどの場合、治療をせずに放置すれば死に至ることとなります。
がんは医学的知見に基づき、回復する見込みがないと判断された時のみ特定疾病とされます。
進行性があり、治療を行っても回復の見込みがなく、余命6か月程度であることが診断基準です。

現在治療中の場合でも、症状を緩和させるなど、「治す」ことを目的としていない場合は回復の見込みがないと判断されることになります。

脳腫瘍

脳腫瘍の場合は特定疾病に該当しないので、基本的に介護保険は適用されません。
しかし、脳腫瘍における麻痺などで歩くことが難しくなったり、介護が必要になる場合もあります。
車椅子を用意したり、自宅のバリアフリー化など準備しなければならないことがたくさんあります。

特定疾病に該当しなければ、介護保険を利用することはできないのですが、医師によっては上手に診断書を書いてくれる方もみえます。

嘘の診断書というわけではありませんので、安心してくださいね。
介護保険を利用できるようにするため、あくまで便宜上の診断書を書いてくれるということです。
どうしても困った場合は、病院に相談してみることをおすすめします。

2.関節リウマチ

関節リウマチは全身の関節に炎症が起こる病気です。
変形したり、機能の障害が出る場合もあります。
原因は未だ不明で、これといった治療法も見つかっていませんが、女性に起こることが多い病気とされています。

関節リウマチの場合は、肩や肘、膝など1か所の関節に臨床的な腫れがあること、他の病気が原因でないことが診断基準となります。
関節の腫れを見たり、血液検査をしたりして判断します。

何か所に腫れがあるかや症状がどのくらいの期間続いているかによって、ポイントを付けていき、6点以上が付けば関節リウマチであると診断されます。

3.筋萎縮側索硬化症

通称ALSとも呼ばれる、筋萎縮や筋力の低下を引き起こす病気です。
手足が麻痺することで運動障害が起こったり、話しにくくなったり、食べ物を飲み込みにくくなったりします。
原因は脳や神経からの命令を伝達する運動ニューロンが侵されることであるとされています。

筋萎縮側索硬化症の診断基準は、成人発症であること、進行性であること、検査において一定の条件を満たすことなどとなります。
一般的に男性の方が少し発症率が多く、生活環境を問わず発症しているようです。

4.後縦靭帯骨化症

後縦靭帯とは、脊柱を縦に走っている靭帯のことです。
後縦靭帯が骨化し、神経が圧迫され、神経障害が起こる病気を後縦靭帯骨化症と言います。
最初は首や指先などのしびれを感じ、徐々に手や足の運動障害が起こってきます。
重症化すると歩くことができなくなったり排泄障害が起こったりします。

診断基準は、手足のしびれや痛み、知覚障害、運動障害、膀胱や直腸などの障害、手足の病的反射などの自覚症状があり、それが後縦靭帯の国家と関係があると認められるかどうかです。

レントゲンやMRIで発見することが可能なので、比較的初期の症状で手術などの治療を始められる場合が多いようです。

5.骨折を伴う骨粗鬆症

骨粗しょう症は、加齢などによって骨密度が減ることで起こる病気です。
特定疾病と診断されるのは、その中でも骨折を伴う骨粗しょう症です。
転倒や少しの外傷で椎体骨折や大腿骨付近の骨折が見られる場合や、肋骨や骨盤などの骨折が見られる場合を言います。

現に骨折していない場合でも、骨密度によっては「骨折を伴う骨粗しょう症」と診断される場合があります。
骨粗しょう症の薬は近年開発が進んできています。
多くの選択肢の中から、自分の症状に合わせた薬を選ぶことができるようです。
骨の形成を進めたり、カルシウムを補給したり、骨の吸収を抑制する薬があります。

6.初老期における認知症

認知症は誰でも耳にしたことがある病名ですね。
脳の細胞が働かなくなったり死滅することで、障害を引き起こし、生活に支障をきたす状態を認知症と言います。
年を取ることで起こる物忘れとは違います。

診断基準は、記憶障害や失語、動作や認識における障害、計画を立てたり実行したり順序立てたりすることの障害などが見られることです。

これらの症状があることで社会生活や仕事に支障をきたし、病気になる前と比べると、その機能が著しく低下していることも診断基準となります。

認知症には主に3種類に分類されます。

アルツハイマー病

アルツハイマー病は一番よく聞く病名かもしれません。
主な症状は記憶障害です。
それに加えて整理整頓ができなくなったり、意欲が低下したり、時間に関する認識に障害が起こったりします。

進行すると記憶を保っているのが難しくなったり、自分の名前や家の場所を忘れたりすることがあります。
薬で進行を遅らせることはできますが、根本的な治癒方法はないと言ってよいと思います。

脳血管性認知症

脳血管性認知症は、脳梗塞やくも膜下出血などの脳障害により併発して起こりやすくなります。
脳の血管が詰まることによって、脳に酸素が行き渡らなくなることが原因です。

最初は物忘れから始まることが多いですが、徐々に歩行異常など神経性の症状が起こってきます。
記憶障害はありますが、判断力などは劣らないとされています。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、レビー小体と呼ばれる蛋白が脳にたまることによって起こります。
脳の神経細胞が徐々に減っていく、進行性の認知症です。

症状のよい時と悪い時に大きな差がある場合や、実在しないものが見える幻想を引き起こす場合があります。
次に記載するパーキンソン病の症状が出ることもあります。

7.パーキンソン病関連疾患

筋肉がこわばったり、ふるえたり、動きが鈍くなったり、反射障害が起こったりする病気です。
これらの症状をパーキンソン症状と呼びます。

パーキンソン病関連疾患は、パーキンソン病、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症の3種類に分類され、その症状によって診断が変わります。
パーキンソン症状に対抗する薬を使用し、効果があるかどうかも診断基準となっています。

8.脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症は神経の病気で、歩くときにふらつきがあったり、手が震えたり、ろれつが回らなくなったりします。
小脳に異変が起こることで症状が出る病気であるとされています。
進行はゆっくりですが、重症になると座っていることもできなくなり、寝たきりになることがあります。

診断基準は運動失調が主な症状であること、発病後の進行がゆるやかであること、タイプによっては遺伝すること、小脳や脳幹が委縮していることなどです。
腫瘍や炎症、薬物中毒などが原因で運動失調になったのではないということも診断基準となります。

9.脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、神経が圧迫されたり、血行が悪くなったりすることによって手足のしびれや痛みが起こる病気です。
主に頸椎や腰椎に起こります。

年を取ることによって椎間板の弾力性が次第になくなり、組織が変形するのです。
血行が良くなる、悪くなるを繰り返すことで段々と進行していきます。
歩くことが難しくなったり、転ぶことによって急に悪化したりします。

診断基準は頸椎部、胸椎部、腰椎部のどこか1か所に脊柱管狭小が見られること、症状と脊柱管狭小に関係性があることなどです。

10.早老症

早老症は染色体の先天的な以上によって起こる病気です。
その種類によってプロジェリア症候群、ウェルナー症候群、コケイン症候群などに分類されます。

外見が特徴的で、老人のような顔、白髪または禿頭、発育不全などが見られます。
また、糖尿病や白内障、動脈硬化、老眼、骨粗しょう症などを併発します。
このような特有の症状が出ているかどうかが診断基準となります。

実際の年齢よりも早く老化が進んでしまう病気と言ってもよいでしょう。
一般的に早老症患者の寿命は短いとされています。

11.多系統萎縮症

多系統萎縮症は神経性の病気の一種です。
小脳、大脳、自律神経などに障害が起こります。
発汗機能が低下したり、排尿障害が起こったり、起立性低血圧になったりします。
また、筋肉のふるえや動作がゆるくなる、歩くときにふらつくなどのパーキンソン症状が現れます。

どのような症状が出ているかによって、オリーブ橋小脳萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群、線条体黒質変性症の3種類に分類されます。

12.糖尿病神経障害

糖尿病はインスリンの作用が十分に働かずに体内のブドウ糖が多くなり、高血糖になる病気です。
多尿や脱水症状、体重の減少、疲れやすいなどの症状が現れます。
しかし、糖尿病の診断だけでは特定疾病として認められません。
糖尿病によって神経に影響する合併症を起こしているかどうかが特定疾病の判断要因となります。

糖尿病神経障害は糖尿病によって神経が侵され、足のしびれや痛み、ほてり感などが現れる病気です。
感覚が麻痺するので、傷などをそのまま放置してしまい、壊疽が進んだりすることもあります。

診断基準は足のしびれ、ほてり感など自覚症状、筋萎縮や感覚低下、起立性血圧低下などがあるかどうかです。

13.脳血管疾患

脳出血脳梗塞など、頭の血管に異変が起こることが原因で発症する病気を脳血管疾患と言います。
脳出血は出血群、脳梗塞は虚血群に分類されます。

脳血管疾患それぞれの特徴を解説いたします。

脳出血

脳出血は脳の血管が切れることによって起こります。
初期症状は頭痛や嘔吐です。
進行すると意識障害や昏睡状態を引き起こします。

体の半分が麻痺することが多く、言語、感覚、視覚などに障害が出る場合があります。
発症するときには血圧が急上昇し、日常活動中に発症することがあります。

脳梗塞

脳の血管が詰まることによって起こる脳梗塞
意識障害や体の半分の麻痺、言語障害、感覚、視覚障害など脳出血と似た状態になります。
その他にも健忘症や歩くときのふらつき、嚥下障害などが残ることもあります。

診断基準は、明らかに脳の血管に異常が起こることが原因で生じる症状で、上記のようなものに当てはまるかどうかです。
突発的に起こることが多く、注意が必要です。

14.閉塞性動脈硬化症

動脈硬化症とは、血管の動脈が硬くなることによって血管が狭くなったり詰まったりする病気です。
これによって血流が悪くなり、手足に栄養や酸素が行き渡らなくなってしまいます。
閉塞性動脈硬化症の診断は、皮膚の色や足の壊死などがないかを調べます。
触診をして脈拍も調べていきます。

症状によって度合いがあり、冷たさやしびれを感じるⅠ度、一度に長い距離が歩けないⅡ度、安静にしているのに痛みがあるⅢ度、潰瘍や壊死が見られるⅣ度に分けられます。
このうち、Ⅱ度以上が特定疾病と診断されます。

15.慢性閉塞性肺疾患

主に喫煙者に起こる肺気腫や慢性気管支炎、それ以外の原因で起こる気管支喘息、びまん性汎細気管支炎の4つが慢性閉塞性肺疾患に当たります。
咳や痰、呼吸困難などの症状が一般的です。

肺気腫は呼吸細気管支から先の肺胞が以上に膨らんでいること、慢性気管支炎は痰の出る咳が慢性的に続くことが診断基準です。
慢性かどうかの判断は、その症状が1年に3か月以上あり、2年連続以上あるかで決まります。
気管支喘息は広い範囲に渡って気道が狭くなっているかどうかを調べます。
そしてこの障害が治療によって良くなるかどうかも診断基準です。

びまん性汎細気管支炎は、エックス線検査などによって肺に小さな粒状の影があるか、気管支や肺が膨らんでいるかを調べます。
血液検査も行い、白血球の数が増えているかどうかも調べます。
一般的に、インフルエンザ菌や肺炎球菌が原因であるとされています。

16.膝関節、股関節における変形性関節症

変形性関節症の初期症状は、歩いているときの膝の違和感や痛みです。
加齢や過度のスポーツ、労働、事故などによって軟骨がすり減ることが原因で起こります。
進行すると歩行困難になったり、腫れたり、曲がらなくなったりということがあります。

エックス線検査で骨の状態を調べ、著しい変形があるかどうかを見ていきます。
困難さの程度を数値で表し、診断基準とします。

介護保険と特定疾病についてまとめ

介護

さて、介護保険における特定疾病について見てきました。
特定疾病には様々な症状や診断基準がありましたね。
この記事では、

  • 特定疾病であると診断されれば、40歳~65歳の人でも要介護認定を受け、介護保険を利用したサービスを受けられること
  • それ以外の症状の場合は介護保険を利用できないが、医療保険や障害者年金を利用できる可能性があること
  • 特定疾病には加齢が原因となって起こりやすい16種類の疾病が選ばれていること
  • それぞれに診断基準があり、基準を満たせば「特定疾病である」と認定されること

などが分かりましたね。
診断基準には様々なものがありますが、主にその病気特有の症状が出ていること、そして投薬により症状が改善することが大きな基準となるようです。

「介護状態になる」というのは、決して他人事ではありません。
いつ自分や家族の身に降りかかってくるか分かりません。
介護保険や特定疾病の内容をしっかり理解し、いざという時に備えられるとよいですね。

この記事が参考になれば幸いです。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

「介護保険・特定疾病」に関連する記事

「介護保険・特定疾病」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「介護保険・特定疾病」に関連する記事

「介護保険・特定疾病」についてさらに知りたい方へ

入院する際も介護を頼みたい場合に介護保険は適用されないということはご存知でしょうか?しかし、入院中でも介護保険を適用できる制度があります。誰もが直面する可能性のある入院。そんな時、介護保険をいかに利用することができるのかについて、詳しく解説していきます。のサムネイル画像

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

【日本最大級の介護情報サイト】介護保険制度や要介護認定の仕組みから、介護サービスや介護施設の種類など介護の基礎知識を全て網羅しております。適切な老人ホームの選び方や、介護サービスの利用など、実際に介護を必要としてる方向けの役に立つノウハウなども紹介します。のサムネイル画像

介護の全てを図や表などでわかりやすく解説します。

ある年齢を境に支払義務が生じる介護保険料についてご存知ですか。一体いつからいつまで支払をしないといけないのでしょうか。また介護保険料の仕組みはどのようなものなのでしょうか。意外と知らない介護保険料についていつまで支払う必要があるのかまとめてみました。のサムネイル画像

介護保険料はいつまで支払い続ければ良いのでしょうか?

介護保険制度がどんなものかご存知ですか?名前を知っていても内容や点数・単位計算の仕方を知っている方は少ないでしょう。医療保険の点数との違いとは?今は関係ないかもしれませんが、ご自身やご家族の介護が必要になる前に、介護保険の単位について学びましょう。のサムネイル画像

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?

介護の仕事ってとにかく大変な仕事というイメージはありませんか?体力的にも精神的にも大変だと言える介護の仕事ですが、大変な分やりがいもたくさんあるんです。この記事では誰しもいつかはお世話になる可能性がある介護のお仕事の内容とやりがいについてまとめてみました。のサムネイル画像

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

ランキング

よく読まれている記事です

スロージョギングという運動を知っているでしょうか?テレビで紹介されるなど、最近話題になってきています。今回は、そんなスロージョギングの効果について解説します。スロージョギングの効果を知って行うことで、健康維持にもつながりますよ。のサムネイル画像

中高年に静かなブーム!スロージョギングの効果について解説します!

1

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト