お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説します

皆さんはお墓参りにはどのくらいの頻度で行かれていますか?お墓参りには決まった回数や時期というものがあるのでしょうか?そこでお墓参りはどのくらいの頻度で行くべきなのか、回数や時間帯について解説します。お墓参りのマナーを覚えて、故人やご先祖様に会いに行きましょう。

目次

  1. どのくらいお墓参りに行きますか?
  2. お墓参りの頻度は?
  3. お墓参りはどの時期に行くのが良い?
  4. お墓参りに行く時間は?
  5. お墓参りに頻繁に行くのは良くない?
  6. お墓参りの頻度について まとめ
  7. 終活の専門家に相談してみよう

どのくらいお墓参りに行きますか?

お墓

お墓参りにはどのくらいの頻度で行かれていますか?
お墓が近くにある場合は、割と行きやすいですが、遠方の場合なかなか行けませんよね。

できるだけ行きたいと思ってはいても、行けなくて自分は世間からずれているのではないかと心配にもなりますよね。

そこで、今回この記事では以下のことを説明していきます。

  • お墓参りに行く頻度・意味
  • お墓参りに行く時期
  • お墓詣りに頻繁に行くのはどうなのか?

お墓参りの頻度は?

お墓参りに決まった頻度や回数はありませんので、行けるものなら毎月でも毎週でも構いません。
何度行ったかという頻度の問題ではなく、いつでも行きたいと思った時に、お参りをするという気持ちが大切です。

年に3〜4回の頻度で行く人が多い

地域や風習にもよりますが、お墓参りには、年に3~4回の頻度で行く人が多いです。
納骨堂の場合は、1年に1回程度という方もおられますし、すぐそばにお墓がある方は、毎日朝夕2回お参りをする方もおられます。

お墓参りの意味

お墓参りというものにはどんな意味があるのでしょう?
お墓参りは掃除をしに行く日と勘違いされている方もおられますが、お墓参りはご先祖様や故人を偲ぶ日です。

ご先祖様や故人はずっとお墓にいるわけではなく、目には見えませんが私たちの周辺で、私たちが危ない目に合わぬように、落ち込んだ時は元気づけてくれるように守ってくれています。
日ごろ、助けていただいたことへの感謝と成仏を願うために、お墓参りをするのです。

目には見えませんが周辺にいるのですから、日々の生活の中でも感謝の心を忘れないようにするのはもちろんですが、忙しく過ごすうちについ忘れがちになってしまいます。

お墓という対象物があることで、感謝の心と成仏を願うことを改めて思い出すことができるので、お墓参りにどのくらいの頻度で行けばよいかという決まりはないのです。

ただ、あまり行かなくてお墓が荒れ放題になっているとご先祖様も悲しくなりますので、年に3~4回の頻度でお墓参りに行くことをおすすめします。

お墓参りはどの時期に行くのが良い?

お墓参りには、お盆春と秋のお彼岸命日に行かれる方が多いです。
最近では年末年始にもお参りされる方も増えています。

お盆

お盆にお墓参りに行く方はとても多いでしょう。
お盆は、ご先祖様が現世に戻って来る日とされていて、あの世とこの世が最も近づいている人もされています。

さらに、仕事がお休みになるところも多く、里帰りで家族が集まりやすく、揃ってお墓参りに行けばご先祖様もとても喜んでくれることでしょう。

年に3~4回の頻度でしかお墓参りに行けない方は、少なくともお盆は必ずお参りしていただきたいです。

お墓

春の彼岸

春彼岸は、毎年3月の春分の日をはさんで前後3日、合計7日間です。
春分の日は3月の20日あるいは21日です。
3月20日が春分の日の場合、17日が彼岸の入りとなり、この日にお墓参りに訪れる方が多いです。

彼岸にしなければいけない特別なことはありませんが、普段より念入りにお墓を掃除して、家族でご先祖様のことを話すきっかけにしてもいいかもしれません。

秋の彼岸

秋彼岸は、毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日、合計7日間です。
秋分の日は9月22日あるいは23日です。

春の彼岸と同じく、彼岸の入りにお墓参りに行く人が多いですが、秋分の日は祭日ですので、仕事や学校がお休みなので家族で訪れるという方も多いです。
ぼた餅、おはぎはお彼岸のお供え物の定番となっています。

命日

親や配偶者など、身近な方が亡くなられているのなら、命日にはお墓参りに行きたいものです。
お墓に向かって語りかけながら、故人のことを思い出し冥福を願うことこそ、大切な供養となります。

年忌法要がない年でも、命日にはお墓参りをして故人に今の生活などを報告しましょう。
訪れることで故人も喜んでくれますよ。

命日のお墓参りについてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

命日のお墓参り~命日にはいかなければならないの?

亡くなった日である命日にはお墓参りに行く。 ですが、なぜ命日にお墓参りをするのでしょうか。 当たり前に考えていた命日のお墓参りを改めて考えてみました。

その他

最近は年末年始にお墓参りする方も増えてきています
年末にお墓をきれいにして、ご先祖様や故人も気持ちよく新年を迎えられるようにしましょう。
1年間、元気に過ごせたことを感謝しましょう。

そして年始には今年、1年無事に過ごせるように祈りに行きましょう。
お供え物にお餅やお雑煮を持って行っても良いでしょう。

年末年始のお墓参りに関しては以下の記事で詳しく解説してますので、ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

年末年始のお墓参りはどうしていますか?注意点を確認しましょう

仕事や学校で忙しかったりお墓が遠かったりすると、お墓参りの機会は意外と少ないものですよね。でも家族全員が集まる年末年始は、お墓参りにぴったりのタイミングです。そもそもお墓参りをしてもいいの?ここでは年末年始のお墓参りとその注意点についてご案内します。

他には、就職が決まった、結婚が決まった、悩みごとがあるなど、ご先祖様や故人に報告するためにお墓参りに行ってもいいですよ。
何もないけど、ただ会いたくなったからお参りに行ったというのもいいですね。

お墓参りに行こうと思った日が吉日ですので、頻度や回数を気にする必要はありません。

お墓参りに行く時間は?

お墓参りに行くのにふさわしい時間帯というのがあるのでしょうか?
夜に行ってはいけないという話を聞いたけど、本当なのでしょうか?

午前中に行きましょう

お墓参りに行く時間帯は、できるだけ午前中が望ましいです。
これは、一日の用事のついでにお墓参りをするのではなく、お墓参りが最優先でなければいけないというところから来ています。

しかしお墓が遠い場合は午前中に行けない時もありますので、その場合は昼を過ぎてもなるべく早い時間に行くように心がけましょう。

夕方や夜に行ってはいけないというわけではありませんが、暗くなると足元が見えづらく、転んだりすれば周りは砂利や墓石があって大変危険ですので、なるべく明るいうちの方が良いでしょう。

暗くなってからお墓に行くと死者に連れていかれるとか、悪霊に取りつかれるなどの話もありますが、これは怪我をしないようにという意味で言われていることです。
ご先祖様は決して、お墓参りに来た人に悪さはしませんので安心してください。

お墓参りに頻繁に行くのは良くない?

お墓参りの頻度が多いと、良くないことが起こるという方もおられるかもしれませんが、お墓参りに行ってはいけない日などありません。

毎日、行かれる方もおられますし、そもそもご先祖様や故人に会いに行っているのに悪いことが起こるはずがありません。

頻繁に行けば、お花のお水を変えてあげられますので、長く花が綺麗なままになりますし、雑草も小さいうちに抜くこともできます。

ちょっとした汚れもこまめに掃除できますので、大げさな掃除道具を持って行かなくても常に綺麗なお墓を保つことができるという利点もあります。

お墓参りの頻度について まとめ

お墓

お墓参りはどのくらいの頻度で行けばよいという決まりはありません。
それぞれに事情もあるでしょうから、世間一般のお墓参りの頻度より少ないからと気にする必要はありません。

  • お墓詣りに行く頻度:1年に3〜4回の頻度で行く人が多い
  • お墓参りには、お盆、春と秋のお彼岸、命日に行かれる方が多い
  • お墓参りに行く時間帯は、できるだけ午前中が望ましい
  • お墓参りに行ってはいけない日などない、好きなだけ行ってよい

やはりお墓参りにはできるだけマメに行くようにしたいものですね。
今そこにあなたがいるのはご先祖様がいたからこそですので、感謝の気持ちを忘れないようにしましょうね。

お墓参りのお供えに関しては以下の記事で詳細に説明しております。
ぜひ合わせて呼んでください。

こちらも読まれています

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?

毎年のお盆やお彼岸の時など、私たちは1年の中で何度かお墓参りに行く機会を持つことがあります。お墓参りといえば、お掃除をし、お供え物をして、お線香をあげて合掌するというシーンが一般的です。さて、お墓参りでお供え物をするときには何に気をつけたらよいのでしょうか?

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

「お墓参り・頻度」に関連する記事

「お墓参り・頻度」についてさらに知りたい方へ

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

ご先祖様の供養のために行うお墓参り。お墓参りは、1年でどのくらい行くのが良いのでしょうか。今回は

お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介のサムネイル画像

お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介

お墓参りは亡くなった方とご先祖様のご冥福を祈り、感謝の気持ちを伝える大切な機会です。毎月の月命日

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

お墓参りはいつ行けばいいの? そう聞かれると、お盆・年末年始・お彼岸・命日が思い浮かびます。 で

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒にのサムネイル画像

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒に

お墓参りに行くべき日に、どうしても行けない場合がある…そんな時も多いはずです。お墓参りに行かない

朝行く?それとも午後?お墓参りの時間について解説しますのサムネイル画像

朝行く?それとも午後?お墓参りの時間について解説します

お墓参りに行く時間は決まっているのでしょうか?お墓参りには、行ってはいけない時間帯というものがあ

ランキング

よく読まれている記事です

  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    1
  • 樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。

    2
  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

    3
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介します

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介します

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    4
  • 霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

    霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

    終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

    5

関連する記事

「お墓参り・頻度」についてさらに知りたい方へ

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介のサムネイル画像

お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒にのサムネイル画像

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒に

朝行く?それとも午後?お墓参りの時間について解説しますのサムネイル画像

朝行く?それとも午後?お墓参りの時間について解説します

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介しますのサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介します

4
霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと