永代供養にしたけど、仏壇や位牌はどうすべき?処分にかかる費用は?

様々な理由から永代供養を選択した場合、お墓の問題が解決しても自宅にある仏壇や位牌の問題は残っていますよね。そこで今回は、実際に永代供養にした後、仏壇や位牌はどのようにしていけばいいのかという事を詳しくご紹介します。

目次

  1. 永代供養に仏壇は必要なのか?
  2. 永代供養の意味
  3. 仏壇・位牌が家にある意味
  4. 家での供養ができる方は
  5. 仏壇を処分するなら
  6. 位牌を処分するなら
  7. 永代供養をした際の仏壇・位牌まとめ

永代供養に仏壇は必要なのか?

仏壇

お墓の場所が遠い、後継ぎがいないなどの現実や、自身が高齢になってお墓参りが難しくなったなどの理由から、お墓の処分をして永代供養を選択する方が増えているそうです。

しかし、いざお墓を永代供養にした時に少し気になるのが、自宅で管理をしている仏壇や位牌の存在ではないですか?

今回は、永代供養を選んだ場合の仏壇や位牌についてまとめてみました。

仏壇や位牌が自宅にある意味や、仏壇や位牌を処分する場合の処分方法などもご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

永代供養の費用相場や内訳について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

例えばこんな事例

代々受け継いできた位牌や仏壇、永代供養をする方の位牌などをどうすればいいのかという事は、永代供養をお願いする寺院や霊園で確認してみる事が一番最善の方法です。

位牌を期間限定で供養

寺院や霊園によっては一定期間位牌を供養して、その後位牌をお焚き上げしたり管理者に戻したりしているところもあります。

一定期間というのは数か月から数年間の間です。この契約期間中は、寺院や霊園がしっかりと位牌の供養を行っているので、契約が満了するまでの間に位牌の管理を今後どうするかという事を、ゆっくりと考える事が可能になります。

墓と同じく位牌を永代供養

また、位牌もお墓のように永代供養を行っている寺院や霊園もあります。

こちらは10年~20年を超えるような長期間の契約になります。
さらにこちらの契約の場合は、位牌を受け継ぐ後継者がいない事が前提の場合が多いので、契約期間が満了するとお焚き上げで位牌の処分を行います。

但し、長期間にわたっての契約となるため、あらかじめまとまった金額の契約金が必要になってくる事もあります。

どちらにしても、寺院や霊園によって位牌の供養や管理方法は様々なので、分からない事は確認してみましょう。

永代供養の意味

仏壇

永代供養とは、様々な事情でお墓参りが出来なくなったりお墓を継ぐ後継者がいない場合に、寺院や霊園が代わりに管理や供養をしてくれるというシステムです。

しかし永代と言っても永久とは違い、大よそ30年から50年間ほどの期間になります。

永代供養は、お墓の管理を怠ったがゆえに先祖が無縁仏になってしまうという最悪の事態を回避できる画期的なシステムですが、あくまでも永久ではないので、個別に永代供養をしていたとしても、多くの場合、最終的には他人と一つの墓に埋葬される合同祭祀という方法を取ることになります。

合同祭祀は何となく敬遠しがちですが、後継者がいなかったり、そもそも結婚をしていなくて一人だったりした場合でも、永代供養で何十年か後に合同祭祀されていれば、自分と一緒に埋葬されているどなたかの身内や関係者の方がお参りに来てくれる可能性があります。

そう考えますと、決して悪い事ばかりではないのかもしれません。

永代供養の期間については以下の記事をご覧ください!

こちらも読まれています

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

実は知らないお墓の話として、永代供養があります。 永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。 永代供養の期間についてまとめました。

永代供養ができる霊園をお探しの方はこちらをご利用ください。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

仏壇・位牌が家にある意味

仏壇

そもそも、仏壇や位牌はなぜ自宅に用意するのでしょうか?

位牌とは

位牌には亡くなった方の戒名や亡くなった年月日、生前のお名前や年齢が記載されていて、一般的には自宅の仏壇でお祀りしています。

ではなぜ自宅に位牌を置くのかというと、位牌は亡くなった方と生きている方の通信手段だからだといった考え方もあるようです。

仏壇の前で手を合わせて亡くなった方に語り掛けると、亡くなった方は位牌を通じて現世に下りてくるのだそうです。

そう考えると、位牌がなくてはご先祖様が現世に帰ってこられないのであれば、位牌は絶対に必要だという事になりますよね?

しかし、宗教の中でも浄土真宗にはそもそも位牌を設置するという考え方は存在していないのだそうです。

位牌に記載されている戒名は、亡くなった方が仏様の弟子になり、あの世で修業を積むことによって極楽浄土へと旅立てるという事に対しての証のようなものです。

しかし浄土真宗の教えでは、修業を積むことで極楽浄土へ旅立てるのではなく、阿弥陀如来様のお力によって、死後すぐに仏となり極楽浄土へと旅立つとされています。

その為、亡くなった時には戒名を授からずに法名と呼ばれるお名前を授かるのだそうです。

戒名の「戒」の字には戒律(かいりつ)を守り、修行に励みます、という意味が込められていて、浄土真宗で授かる「法名」には、戒律を守れない凡人なので、阿弥陀如来様のお力でお導き下さい、という意味が込められているのだそうです。

このような事から考えると、一般的には位牌を仏壇においてご先祖様をお祀りしているけれど、位牌がなかったからと言って、ご先祖様のご供養が出来なくなるわけではないのだという事が分かります。

仏壇とは

仏壇は、亡くなった方をお祀りするために存在しているという考え方が一般的です。

しかし本来仏壇は、亡くなった方のためにあるのではなく、ご本尊のお釈迦様をお祀りするためにあるのだそうです。

生きている方と亡くなった方が、仏壇に向かって一緒に手を合わせてお釈迦様を拝む事によって、亡くなった方の修行の手助けになり、亡くなった方は極楽浄土へと導かれていくのだそうです。

仏壇は、自宅にある小さなお寺と言った意味合いなのですね。

故人の気持ちを考えると

しかし仏壇にしても位牌にしても、現代では正式な意味合いより、位牌は亡くなった方がこの世に生きていた証し、仏壇はその方をお祀りしてご供養する場所という考えの方が浸透しています。

亡くなった方の気持ちになって考えた時に、やはり仏壇も位牌もあった方がいいのかもしれません。

家での供養ができる方は

仏様への供養はあなたや供養するご家族の気持ちの表れです。
供養したいという気持ちの余裕があるならば、家での供養も忘れずに行いましょう。

仏壇・位牌はそのままに

お墓を永代供養に決めたとしても、ご先祖様を供養する気持ちがなくなるわけではありませんよね?

お寺や霊園で代わりに供養していただける永代供養ですが、ご自宅に仏壇や位牌があり、手を合わせられる心の余裕があるならば、仏壇も位牌もそのままにして、今まで通りご先祖様をお祀りしていくといいと思います。

新しく作る必要はない

しかしあくまでもご先祖様の供養というのは気持ちの問題です。

仏壇や位牌がないからと言って供養が出来ないわけではありませんので、わざわざ新しく作る必要はないと思います。

仏壇を処分するなら

仏壇

致し方なく仏壇を処分する場合は、具体的にどのようにしたらいいのでしょうか?

閉眼法要を行う

仏壇は自宅に設置する時に魂を入れるための開眼法要を行います。その為仏壇を処分する場合は、お寺の住職にお願いして魂を抜くための閉眼法要を行ってもらいます。

閉眼法要の費用の相場

閉眼法要も通常の法要のようにお布施が必要です。相場は地域によって開きがありますが、一般的には1万円から10万円ほどです。

閉眼供養後はゴミとして廃棄できる

仏壇もきちんと閉眼法要を行えば、家具と変わりませんので粗大ごみとして回収してもらえます。

費用は500円から2,000円ほどです。

しかし、地域によっては仏壇の回収を行っていないところもありますので、確認が必要です。

お寺・仏具店が全て行ってくれることも

粗大ごみとして回収できない場合は、お寺や仏具店にお願いしてみるのも一つの方法です。

しかし、ゴミとして出すのに比べると一般的に高額な費用が掛かります。

仏具店では宗派に関係なく1万円から8万円ほどかかり、菩提寺では数万円から数十万円とかなりの開きがあります。

位牌を処分するなら

位牌の具体的な処分方法は、大きく分けて2通りあります。

①仏壇と同じく閉眼供養を

位牌にも仏壇と同じく魂が宿っています。その為位牌を処分する際は、お寺の住職に仏壇と同じく閉眼供養を行っていただきます。

この場合もやはり法要なのでお布施が必要になり、1万円から10万円ほどかかりますが、お寺によって金額は様々です。

お焚き上げをして処分する

閉眼供養の終わった位牌は仏壇と同じくゴミとして出すことも可能ですが、一般的には閉眼供養をして頂いたお寺でお焚き上げをお願いします。

②お寺・霊園に永代供養を申し込む

二つ目の位牌の処分方法は、お墓と同じく位牌の永代供養をお寺や霊園にお願いする事です。

永代供養を申し込むと、数十年にわたってお寺や霊園で位牌の供養を行っていただけます。

この場合の年数は、お寺や霊園によって変わりますので、あらかじめ確認が必要になります。
契約年数が満了すると、最終的にお焚き上げをして頂くことになります。

永代供養をした際の仏壇・位牌まとめ

仏壇

永代供養をした際の仏壇や位牌についてまとめましたがいかがだったでしょうか?

  • 位牌は期間限定や永代供養をする事も出来る。
  • 永代供養は永久的ではなく、30年から50年ほどである。
  • 永代供養を選択しても、可能ならば仏壇や位牌はそのまま自宅で供養する。
  • 供養は心が大切なので、仏壇や位牌をわざわざ作る必要はない。
  • 仏壇や位牌の処分には、閉眼供養が必要。

などについて説明しました

生きている私たちが、仏壇に向かい手を合わせる事で心が休まる時もあります。
お墓に行くことは難しくなったとしても、自宅で仏様に向かいあう事が出来るならば、
仏壇や位牌はそのままで供養を続けたいですね。

将来仏壇や位牌も手放すことになった時には、その旨をきちんとご先祖様に伝えておけば、
きっと笑顔で納得していただけます

仏壇と位牌の選び方や、置き方については以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

仏壇にある位牌はご先祖さまや故人の魂が宿ったお参りの対象です。位牌を通じて私たちは、故人と語り合えるのです。この記事では、位牌の種類や選び方、仏壇に安置する方法などを説明します。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「永代供養・仏壇」に関連する記事

「永代供養・仏壇」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養後の仏壇と位牌はどうすればいいの?のサムネイル画像

    永代供養後の仏壇と位牌はどうすればいいの?

    お墓の管理や維持が難しくなり、永代供養を選択する家が増えました。その場合仏壇や位牌はどうするべきなのでしょうか。また永代供養してしまえば家で供養することはできないのでしょうか?永代供養後の仏壇や位牌の取扱から供養方法についてまとめてみました。

  • 永代供養に位牌は必要?永代供養の位牌にまつわる疑問を解決します!のサムネイル画像

    永代供養に位牌は必要?永代供養の位牌にまつわる疑問を解決します!

    近年、少子化が進み、それぞれの家族形態やライフスタイルも変化し、さまざまな理由で永代供養を選ぶ方が増えてきました。仏式のお葬式で用いた位牌は、その後も正式な形になって残ります。永代供養を考えるうえでも、この位牌の取り扱い、一体どうすればいいのでしょうか?

  • 永代供養の際の位牌の扱い方についてご紹介しますのサムネイル画像

    永代供養の際の位牌の扱い方についてご紹介します

    遺骨をお寺で管理、供養することを永代供養と言います。 最近はお子さんがいらっしゃらない家庭も多く、お墓の管理も難しくなってきています。 そんな永代供養では、位牌をどのように扱ってもらえるのでしょうか?今回は、永代供養と位牌のことについて調べてみました。

  • 仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

    仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

    仏壇にある位牌はご先祖さまや故人の魂が宿ったお参りの対象です。位牌を通じて私たちは、故人と語り合えるのです。この記事では、位牌の種類や選び方、仏壇に安置する方法などを説明します。

  • 納骨堂に位牌を置く場合について詳しく解説!のサムネイル画像

    納骨堂に位牌を置く場合について詳しく解説!

    位牌には仏壇や納骨堂に安置して供養のよりどころとする大切な役割があります。仏壇で目にするものの、ふだんの生活では位牌についてなかなか知る機会がありません。位牌の種類やその由来について、さらに納骨堂を利用する場合の位牌について解説していきます。

  • 継承できなくなった位牌の処分はどうすれば・・・のサムネイル画像

    継承できなくなった位牌の処分はどうすれば・・・

    継承できなくなったご位牌の処分方法をまとめています。代々受継がれてきたご位牌をやむを得ず、処分を検討されている方は是非ご覧ください。

  • 位牌の種類と価格について、選び方を紹介します。のサムネイル画像

    位牌の種類と価格について、選び方を紹介します。

    位牌には、故人の戒名などが書き入れられており、故人の魂が宿る依代です。四十九日の法要まで使用する白木位牌と法要の後、仏壇に納めて供養する本位牌があります。価格が高い位牌がよいわけではありません。価格に関係なく、故人を供養する気持ちの問題なのです。

  • お墓と仏壇はどう違う?両方必要?相続は?のサムネイル画像

    お墓と仏壇はどう違う?両方必要?相続は?

    皆さんの周囲にはお墓と仏壇両方ございますか?またこれからの備えとして、お墓と仏壇を準備されようとしている方はいらっしゃいませんか?お墓と仏壇は両方必要なのか、相続すべきなのか皆さんの疑問にお答えします。

  • 樹木葬って位牌は必要なの?供養方法や費用についても解説します!のサムネイル画像

    樹木葬って位牌は必要なの?供養方法や費用についても解説します!

    終活の中で注目を浴びているのが樹木葬です。樹木葬とは埋葬時に許可された樹木の根元に火葬し骨上げしたものを粉末状にし、撒くというものです。それでは樹木葬の際に位牌はどうなるのでしょうか?ここでは位牌に関する疑問などを取り上げ、樹木葬について掘り下げてゆきます。

  • 直葬のとき位牌は必要?位牌の意味や戒名についても説明しますのサムネイル画像

    直葬のとき位牌は必要?位牌の意味や戒名についても説明します

    近年、葬儀を簡易的に済ませる直葬という葬儀形態が注目されて来ています。直葬を検討している方も増加していますが、直葬に関して詳しくご存じない方も多くいらっしゃると思います。今回は直葬を行うとき位牌は必要なのか、位牌の意味や戒名について説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・仏壇」についてさらに知りたい方へ

永代供養後の仏壇と位牌はどうすればいいの?のサムネイル画像

永代供養後の仏壇と位牌はどうすればいいの?

永代供養に位牌は必要?永代供養の位牌にまつわる疑問を解決します!のサムネイル画像

永代供養に位牌は必要?永代供養の位牌にまつわる疑問を解決します!

永代供養の際の位牌の扱い方についてご紹介しますのサムネイル画像

永代供養の際の位牌の扱い方についてご紹介します

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

納骨堂に位牌を置く場合について詳しく解説!のサムネイル画像

納骨堂に位牌を置く場合について詳しく解説!

継承できなくなった位牌の処分はどうすれば・・・のサムネイル画像

継承できなくなった位牌の処分はどうすれば・・・

位牌の種類と価格について、選び方を紹介します。のサムネイル画像

位牌の種類と価格について、選び方を紹介します。

お墓と仏壇はどう違う?両方必要?相続は?のサムネイル画像

お墓と仏壇はどう違う?両方必要?相続は?

樹木葬って位牌は必要なの?供養方法や費用についても解説します!のサムネイル画像

樹木葬って位牌は必要なの?供養方法や費用についても解説します!

直葬のとき位牌は必要?位牌の意味や戒名についても説明しますのサムネイル画像

直葬のとき位牌は必要?位牌の意味や戒名についても説明します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと