釣り人必見!オモリの種類の選び方で釣果が変わる?

海釣りや川釣りなど釣りには必ず必要になるオモリ。狙う魚種・釣り場・季節など様々な状況により使用するオモリは様々。オモリの形状やグラム単位の重さの違いで釣果が変わるとも言われています。今回はオモリの種類などについて説明していきます。

目次

  1. 釣りで使うオモリって?
  2. 釣りで使うオモリの種類や特徴を紹介
  3. 釣りで使用するオモリの基準と重さ
  4. オモリとウキの関係性
  5. 釣りので使うオモリまとめ

釣りで使うオモリって?

釣りで使用するオモリは様々な役割をもっています。

餌やルアー付近にオモリを付ける事によりキャスティングの操作性が上がり、より遠くに投げたり、狙い通りの所に投げ入れる事ができたり、ルアーの泳ぐ姿勢のバランスをとったり、魚のアタリを取りやすくするなど、釣りをする為に非常に重要な役割があるのです。

分かりやすく例えると、風の強い日に軽い餌を付けていると風に流されて思い通りの所に投げ入れれません。そこで重めのオモリを付けると風の力に負けずに投げる事ができます。

このように様々な状況下で狙った魚をより釣りやすくする為にオモリは必須アイテムなのです。

釣り

釣りで使うオモリの種類や特徴を紹介

それでは釣りに使うオモリを紹介していきましょう。

狙っている魚、仕掛け、風、潮の流れにより使用するオモリを使い分けなければなりません。

その為オモリの種類は非常に多くの種類があります。

  • ガン玉
  • 割ビシ
  • 中通しオモリ
  • 板オモリ
  • ナス型
  • 六角
  • ジェット天秤

今回は上記の代表的なオモリを紹介していきます。

ガン玉

海でのウキ釣りによく使用します。形状が丸い形をしているので海の中で潮の影響を受けにい為、使いやすいです。

付ける時に強く噛みつけすぎると糸が切れる原因となるので注意が必要。
※糸に傷が付きにくいゴム張りタイプもあり

ジンタン

重さの微調整に使うガン玉の小粒サイズバージョン。

その小ささからかジンタンと呼ばれている。

割ビシ

通称カミツブシ。

歯で噛んでも潰せる程柔らかいことからそのような通称になっている。

ガン玉同様海でのウキ釣りに使用します。

形状は楕円形でガン玉よりずれにくい。

割れ目にラインを挟んで潰すと固定される仕組み。

歯で咬むよりペンチなどでつぶした方がやりやすいです。

思いっきり潰してしまうとラインを傷つけてしまうので注意が必要です。

また丁寧にセットしないと水中でクルクルと回転してしまうことがあります。

中通しオモリ

海でテトラポットなど根掛かりのしやすい場所での釣りや、ウキの浮力を調整する時などによく使用されます。ナツメ型や丸型などがある。

ナツメ型中通しオモリ

中通しオモリの中で基本的な形状をしており、中通しオモリを使うブッコミ釣りに多く使用される。

スリムな形状になっている為、根掛かりしにくく、遠投もしやすい。

だが、ナツメ型のスリムな形状が岩と岩の隙間などに挟まりやすく、ゴツゴツした障害物の多いポイントでは全く釣りにならないことも。

丸玉型中通しオモリ

丸玉型もナツメ型同様に基本的な中通しオモリです。

丸い形をしているので転がりやすく、根の奥の方まで自然と入り込むので、穴の中に潜んでいるカサゴなどを狙いやすくブッコミ釣りには有利だが、逆に根の奥にコロコロと入り過ぎてしまい根掛かりが頻発することも。

テトラポットなどのポイントで穴釣りのオモリとして使われることが多い。

平打ち型中通しオモリ

平打ち型の中通しオモリは、中通しオモリの中で最も根掛かりしにくいためブッコミ釣りでは必須アイテム。

特に根の深い釣り場では必ず必要となる。

しかし根の奥までもぐりこむ事は得意ではない。

またフォール中にゆらゆらと漂ってしまい、その為ハリスが道糸やオモリに絡んでしまうことがあるので注意が必要です。

板オモリ

鉛をシート状に伸ばした平べったいオモリ。

手で簡単に曲げたりちぎったりすることができ必要な重さにカットして使用する。

仕掛けに巻きつけるように使用し、重すぎたら手でちぎれば軽くなるので使いやすい。

基本は抵抗の少ない卵型に丸めて使用する。

ナス型オモリ

その名の通り野菜のなすびに似ている形状をしている。

サビキ釣りの仕掛け胴突き仕掛けを作る時に使用する。

六角オモリ

海での投げ釣りや船釣りで使用される。

ナス型と似ている形状だが、側面がフラットになっている。

潮の影響を受けにく安定性が高いのが特徴。

クッション付オモリ

クッション付きオモリは、クッションゴムが釣り糸にかかる力を緩和してくれて切れるのを防いでくれる役目をもっている。

足元のポイントなどで釣りをする時に役立ちます。

タル付(還付)オモリ

サルカンの役目も担うタル付き(環付き)オモリ。

スナップを併用すればラインをカットせずにオモリ交換もできる。

ジェット天秤

オモリの常識を覆した浮き上がるオモリ。

オモリに付いた3枚の翼により海中で浮くことができ岩などの障害物を躱しやすい。

また糸と絡む事が少なく使用しやすい。

釣りで使用するオモリの基準と重さ

オモリは1号=3.75gを基準に考え2号は倍の7.5g、3号は3倍の11.25Gと計算できるのですがガン玉や割ビシはそのような計算ではありません。

オモリとウキの関係性

ウキを使用した釣りでは、オモリとウキとの関係性も釣果に大きく影響します。

オモリが軽すぎた場合、ウキが立たないので、オモリを重くしてバランスを取りウキを立てます。

逆に、オモリが重すぎた場合は、ウキが沈んでしまうので、オモリを軽くしてウキを立てます。

バランスのとれたオモリを使用することで、魚のアタリもしっかり伝わやすくなり、釣果が大きく変わってくるのです。

釣り

釣りので使うオモリまとめ

いかがでしたでしょうか?
釣りをする時に必要なオモリの基本的な種類を紹介してきました。

あなたも釣りをする際に様々なシチュエーションに合わせてオモリを見直してみれば釣果が変わりますよ。

是非参考にしてみて下さい。

「釣り・オモリ」に関連する記事

「釣り・オモリ」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「釣り・オモリ」についてさらに知りたい方へ

カレイの投げ釣り、様々な仕掛けと仕掛け作りのアイテムのご紹介のサムネイル画像

カレイの投げ釣り、様々な仕掛けと仕掛け作りのアイテムのご紹介

テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。のサムネイル画像

テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。

船釣りをするときにどのような竿を選んだらいいの?のサムネイル画像

船釣りをするときにどのような竿を選んだらいいの?

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣りのサムネイル画像

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

フカセ釣りってなに?フカセ釣りの基本的な知識のサムネイル画像

フカセ釣りってなに?フカセ釣りの基本的な知識

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。のサムネイル画像

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方についてのサムネイル画像

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とはのサムネイル画像

初心者でも簡単!ワームでの釣りの仕方とは

手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとはのサムネイル画像

手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとは

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

関連する記事

「釣り・オモリ」についてさらに知りたい方へ

カレイの投げ釣り、様々な仕掛けと仕掛け作りのアイテムのご紹介のサムネイル画像

カレイの投げ釣り、様々な仕掛けと仕掛け作りのアイテムのご紹介

テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。のサムネイル画像

テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。

船釣りをするときにどのような竿を選んだらいいの?のサムネイル画像

船釣りをするときにどのような竿を選んだらいいの?

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣りのサムネイル画像

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと