墓じまいの費用の相場を解説します!改葬や墓石の処分も!

墓じまいは、お墓がある以上いずれ真剣に考えなければいけない事かもしれません。 今回は、墓じまいに関する費用の相場や、様々なケースでかかる費用を中心に 墓じまいで行う儀式、墓じまい後に行う作業などごご紹介します。

目次

  1. 墓じまいとは
  2. 墓じまいの費用の相場は?
  3. 墓じまいした後どうするの?
  4. 墓石の引き取りを行う広島の不動院
  5. 墓じまいにかかる費用まとめ

墓じまいとは

お墓

みなさんは墓じまいについて詳しく知ってますか?

墓じまいとは既にあるお墓を撤去することです。
その後遺骨を永代供養の合葬墓やほかの墓地に移したりします。

墓じまいという行いが注目されてきたのはごくごく最近で、2014年ごろからのようです。
墓じまいをするようになった理由としては

  • お寺の檀家としてお墓を守っていく事の経済的な負担
  • 少子化などによって後継者がいない
  • 先祖代々のお墓が遠く管理が出来ない

などがあるそうです。

墓じまいに関しては賛否が分かれるところです。
将来的に、長期間にわたってお墓参りもされずに無縁仏として荒れ果ててしまうのはなんとしても避けたいですね。
行動を起こせるうちに、いくらかの費用は掛かりますが墓じまいをした方が亡くなった仏様にとっても幸せな事なのかもしれません。

実際に墓じまいをしたい方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまいの費用の相場は?

お墓

お墓は、一般的にお寺や霊園から土地を借りて作られています。
ずっと昔からある先祖代々のお墓だったとしても、お墓に対して永久に持っている権利は、その場所で供養をしていくと言った権利だけで、土地を所有する権利ではないのです。

その為、墓じまいによってお墓を閉じる場合は、借りているお墓の土地を更地にしてお墓の管理者に返却する必要があります。
その際、様々な名目で費用が掛かって来るのですが、実際に墓じまいをする時には、どのような名目でいくらくらいの費用がかかるのでしょうか?

①遺骨の取り出し

墓じまいをする上で一番大切なことが、収められている遺骨を取り出す作業です。
一般的にはお墓を解体して撤去するのと同時に、お墓を建てた石材店にお願いする事が多いです。

撤去するための費用は、撤去にかかる工程や墓地の広さ、墓石の大きさや量などによって様々です。

一般的な相場としては、重機や運搬機が使用できる場合は、お墓の敷地1㎡あたり10万円ほどのようですが、重機が使用できない場合は、ケースによって50万円を超えるなどさらに高額な費用になるようですので、あらかじめ石材店に見積もりを依頼しておくことをおすすめします。

②閉眼供養

お墓を新しく建てる場合は、お墓に魂を入れる開眼供養を行いますが、墓じまいの場合はその反対で、魂を抜くための閉眼供養を行います。

お寺のご住職にお願いしてお経をあげて頂き、お墓を閉じる準備をします。
一般的にこの閉眼供養は、法要なのでお布施が必要となって来ます。

閉眼供養のお布施の相場は、1万円~5万円程度のようです。

以下の記事で閉眼供養のお布施について解説しております。

こちらも読まれています

閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!

開眼供養は聞いたことあるけど閉眼供養っていったい何!?閉眼供養はいつやるの?これにもお布施が必要…?お布施の額は?開眼供養より馴染みのない閉眼供養ですがこれから増える可能性があります。ここで疑問を解消しましょう。

③離檀料

お墓がお寺の敷地の中にある場合、墓じまいをする事で檀家としてのお寺とのつながりがなくなります。
この時に、お寺側より離檀する際の料金を請求されることがあるようです。

墓じまい自体がここ数年で増えてきた事なので、離檀は昔からあった事ではありません。

長年にわたって先祖代々の供養をお願いしてきたお礼と感謝の意味を込めて、離壇料という名目でお寺にお渡しする場合は、1回あたりの法事にかかるお布施と同等の10万円~20万円ほどのようです。

しかし、中にはとても高額な離壇料を要求されるケースもあるそうです。

離壇料には法的な根拠はもともと存在していないので、双方の折り合いのつけ方によって変わって来るようでが、改葬も含めてお墓に関して詳しい行政書士など第三者の力を借りるのも一つの方法です。

墓じまいした後どうするの?

お墓

墓じまいした後は、遺骨はどのように扱ったらいいのでしょうか?

改葬(他のお墓に移す)

ご自身が管理しているお墓が後継者の問題などで管理が難しくなった場合は、改葬して他のお墓に移すことも考えられます。

その場合は、親族の管理している他のお墓に移したり、お寺や霊園で管理している永代供養の合葬墓に移します。

ちなみに遺骨は親族の方であっても勝手に取り出してはいけません。
改葬許可証を必ず取得しましょう。

改葬については以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

お墓の引っ越し!改葬はどうやってやるのが正解なの?

お墓の引っ越しをして、今住んでいる近くに移動させたいと考えている人もいるのではないでしょうか。ですが、お墓の引っ越しはそれほど簡単にできるものではなく、様々な手続きや費用が必要になります。ここでは、そのお墓の引っ越しについて解説します。

永代供養する

改葬の際、遺骨を他のお墓に持っていく場合もありますが、遺骨を永代供養するという改葬が増えてます。
費用が安いことがおすすめの理由です。

永代供養の料金と相場については以下の記事を参考にしてください!

こちらも読まれています

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

散骨する

散骨も近年増えている埋葬方法の一つです。
お墓を管理していく後継者の問題や、費用の安さなどから選ぶ方が増えているようです。

代表的な方法は、海洋散骨と樹木葬です。

海洋散骨

海洋散骨は読んで字のごとく、砕いた遺骨を海にまく埋葬方法です。
費用は個別に行う場合と合同で行う場合、業者に委託して行う場合で大きく変わります。

個別に行う場合の相場が30万円ほどで一番高額です。
反対に一番安価なのが業者に委託する方法で、5万円前後となっています。

樹木葬

樹木葬は、一部の遺骨の上に樹木を植える埋葬方法です。
こちらも費用は大きく幅があり、個人で利用する場合と家族で利用する場合、または合同墓を利用する場合に分けられます。

一般的な相場としては10万円ほどから80万円ほどとなっていますが、新たにお墓を作る費用の相場が200万円ほどなので、そちらに比べると安価になっています。

以下の散骨についてより詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

こちらも読まれています

死後は土に還る…散骨をはじめとする自然葬、樹木葬について

散骨をはじめとする葬送方法。その一つが樹木葬です。死後は土へと還り大自然の一部となることは、命の自然な形でもあると考えられます。海や空、宇宙などへの様々な散骨と共に、今後ますますニーズの高まるであろう樹木葬について、ご紹介します。

手元供養

手元に遺骨を置いて供養することを手元供養と呼びます。

墓じまい後に自宅でご自身のそばにおいて供養する方も増えています。遺骨をそのまま収めるオブジェや、お好みのデザインに加工するタイプなど、選択肢は様々です。

価格の幅も大きく、安価なタイプは数千円からで、高価なものになると数百万円です。
高価な物の方が価値があるわけではなく、ご自身の供養の気持ちが一番大切なので、常にそばにおいて供養が出来るように選ぶといいですね。

以下の記事を参考にしてください!

こちらも読まれています

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

遺骨供養に手元供養という選択肢があるのをご存知ですか?今回は手元供養についてメリット・デメリットから、手元供養を行う際の書類、金額別の遺骨供養方法まで、手元供養に関する情報をまとめてみました。あなたにぴったりの手元供養の方法が見つかるかもしれません。

新しくお墓を建てる場合

墓じまい後に新たに別の場所にお墓を建てる場合は、新しいお墓の墓地の管理者に支払う永代使用料と、工事を請け負っていただく石材店に支払う工事代金がかかります。

こちらの費用の相場は、お墓のスタイルや場所によって大きく変わりますが、120万円ほどから300万円ほどとなっています。

お墓の建立の方法については以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

お墓の建立は具体的に何をすればいいのか?

まだお墓の建立をしたことない人や、既に先祖がお墓を建立してくれていて、お墓の建立をしたことがないという人が多いのではないでしょうか。ここではまずお墓の建立に必要な知識な、建立の流れをまとめてみました。

墓石をもとのお墓から持ってくる場合

墓じまいしたお墓から墓石を持ってくる場合もあります。

墓石の移動は墓石の積み込み作業があるので、運送会社に直接連絡するよりも石材店に頼む方がスムーズに行えるようです。

費用は運送会社の場合、100kmの移動で15万円~20万円となっているようです。

ご遺骨の新しい納骨先を探したい方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

墓石の引き取りを行う広島の不動院

人々

行先のない古い墓石の引き取りを行っている寺院を聞いたことがありますか?

広島県にある不動院は古い墓石の引き取りを行っているそうです。
広大な土地を所有しているため、50年から100年後でも墓石の管理が出来るそうです。

NHKのクローズアップ現代でも取り上げられていて、2014年の10月に放送されています。
墓石の不法投棄が問題となっていましたが、こちらの不動院で引き取っていただけるという事で、注目されました。

費用は2,400円と非常に良心的なので、全国各地から持ち込まれているそうです。
ご供養もご住職がなさって下さるそうですよ。

墓じまいにかかる費用まとめ

お墓

墓じまいの費用の相場などをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

今回の記事では以下のことについて紹介していきました。

  • 墓じまいにかかる費用の相場
  • 閉眼供養について
  • 墓じまい後の作業
  • 墓じまい後、別のお墓に移す時の作業
  • 古い墓石を引き取ってくれる不動員紹介

様々な理由から墓じまいを考える方が増えています。

御先祖様のご供養は、お墓に出向かなくても可能です。
ご自身の気持ちを優先して今後考えていきましょう。

墓じまいの手続きについては以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説します

誰かが亡くなって様々な手続きを経た後出来たお墓は、半永久的に皆さんの身近にあります。しかし、お墓を閉じてしまう墓じまいをせざるを得ない時が訪れるかもしれません。今回は、墓じまいをするためにしなければならない手続きについて解説します。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「墓じまい・費用」に関連する記事

「墓じまい・費用」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「墓じまい・費用」についてさらに知りたい方へ

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!のサムネイル画像

墓じまい・改葬に必要な料金はどれくらい?料金相場をお教えします!

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・改葬について知っておこうのサムネイル画像

お墓が維持できなくなる前に、墓じまい・改葬について知っておこう

墓じまいにかかる費用はいくら?改葬の相場・手順を紹介します!のサムネイル画像

墓じまいにかかる費用はいくら?改葬の相場・手順を紹介します!

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の手順や必要書類、費用などをわかりやすく解説!

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説しますのサムネイル画像

お墓を閉じること、墓じまい・改葬の手続きについて解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと