我が家で手元供養、インテリアとしても使える骨壷を紹介します

美しくかわいらしい骨壷があるのをご存知ですか?故人を偲ぶ方法として手元供養をする方が増えてきています。さりげなく身近に置いて一緒に過ごせる手元供養におすすめの骨壷を紹介します。

目次

  1. 骨壷に入れて自宅で手元供養
  2. 喉仏だけ残すことも多い
  3. 身近に置くのに適したミニ骨壷
  4. おすすめの大きさは?
  5. 骨壷は開けていいの?
  6. 骨壷を使った手元供養まとめ

骨壷に入れて自宅で手元供養

大切な故人を身近に感じていたいと思いませんか?

ここ数年、自宅で手元供養をする人が増えてきています。

故人を自宅で家族と一緒に過ごさせてやりたいという思いや、お墓が遠くてなかなかお参りに行けない。何らかの理由でお墓を用意することができないなど、その背景はさまざまです。

また、残された遺族が一人だった場合、故人を身近に感じることで心穏やかに過ごせることもあります。

今回は、自宅で手元供養をするときにおすすめの骨壷や、方法について紹介します。

喉仏だけ残すことも多い

宗派や地域によって、ご遺骨の扱いは違います。
特に喉仏の扱いは、「まず最初に拾う」「最後に拾う」「喉仏だけ別の骨壷に入れる」など、さまざまです。

また、喉仏だけお寺に預けたり、「喉仏供養」といって、喉仏を小さな骨壷に入れ、手元供養することもあります。

なぜ喉仏が特別?

喉仏が特別な扱いをされるのには、主に2つの理由があります。

ひとつは、生死にも関わる”首”という重要な部分の骨であるということ。
もうひとつは、喉仏が「お釈迦さまが座禅を組んで合掌している姿に見える」ことです。

人の身体にお釈迦さまがいた!と、たいそう驚き、祀ったことからはじまった慣習ともいわれます。

女の人にはないの?

喉仏なら、男性にしかないの?
いいえ違います。一般にいう喉仏は「甲状軟骨」といって、火葬すると消えてしまう軟骨です。

お釈迦様として大切に扱われる「のどぼとけ」は、第二頸椎(だいにけいつい)といわれる部分で、女の人にもあります。

また、抗がん剤の治療を受けた方は骨がもろくなることがあり、火葬後に形をとどめないこともあります。

身近に置くのに適したミニ骨壷

袋をかぶせた大きな骨壷を鎮座させるとなると、置く場所を考えてしまいます。
そしてせっかく手元供養をするなら、身近に置いて故人を近くに感じていたいですよね。

そんな「置く場所」と「近くに感じていたい」悩みを解消するのが「ミニ骨壷」です。

さりげなく置いて、インテリアのアクセントになるほど美しくかわいらしい「ミニ骨壷」をご紹介しましょう。

おすすめの大きさは?

まず、手元供養の骨壷は「さりげなく置ける大きさ」がポイント。
片手に収まる大きさか、両手で包みこめる大きさがおすすめです。

密閉式の蓋付きを選ぶと、一緒に旅行などに持ち歩くこともできますね。

素材は、真鍮製(しんちゅうせい)、七宝焼、漆器、木製、ガラス製、磁器、純銀製、純金製などがあります。

故人も気に入ってくれそうな骨壷を選んで、手元供養したいですね。

ミニ骨壷に合わせたミニ仏壇も

昔ながらの格式ある大きな仏壇を置くスペースに、頭をかかえる人は少なくないようです。
手元供養のミニ骨壷にも合い、現代の住宅環境に合った「ミニ仏壇」はいかがですか。

骨壷は開けていいの?

骨壷に納められた後でも、骨壷は開けて大丈夫です。

宗教上、法律上ともに何の問題もありませんが、法律上ご遺骨の所有者は喪主になります。
気持ちの面からも、喪主の了解をもらうようにしましょう。

そして大切な故人にも「手元供養するからね」と声をかけながら骨壷をあけましょう。

分骨しても大丈夫?

分骨すると成仏できないのではないかと心配される方がいるようですが、大丈夫です。

分骨したご遺骨を手元供養のために置く場合、特別な書類は必要ありません。

ただし注意点として、分骨した後、再びご遺骨を埋葬した場所に戻す予定があるなら、分骨証明という書類が必要になります。

書類の発行は状況により変わりますが、①墓地管理者②お寺なら住職③公営墓地なら管理する役所などになります。

どう扱えばいいの?

骨壷を開けてご遺骨を移す時は、箸を使っても、手で移してもどちらでも大丈夫です。
ご遺骨は約800度の高温で火葬されているため、衛生上の問題はありません。

骨壷に入れた後、カビなどが生えることもめったにないといわれますが、湿気やカビの栄養となるものが触れることのないように扱う必要があります。

置き場所は、直射日光の当たらない場所を選ぶようにしましょう。

手元供養の最後は?

大切に身近に置いてきた手元供養のご遺骨。持ち主である人に、もしものことがあった時のことを考えておきましょう。

方法は主に2つあります。
一つ目は、持ち主と一緒に納棺してもらう方法。
二つ目は、手元供養のご遺骨をもとの埋葬場所に戻す方法です。

一つ目の方法は、家族にその事を伝えておくか、わかるように書いておく必要があります。
二つ目の方法は、分骨する時に「分骨証明」を発行してもらう必要があります。

骨壷を使った手元供養まとめ

いかがでしたか?

手元供養とは、亡くなった大切な人を偲び供養するとともに、残された人の気持ちを大切に救ってくれる方法のひとつです。

供養する側にとって心穏やかになる選択肢として、この記事がお役に立てれば嬉しいです。

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「手元供養・骨壷」に関連する記事

「手元供養・骨壷」についてさらに知りたい方へ

大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷についてのサムネイル画像

大切な方の遺骨を常に身近に。手元供養の方法と骨壷について

手元供養という新しい形の供養を選ぶ方が増えてきています。 骨壷とは思えないような美しいデザインの

身近な場所で供養をしたい。分骨用の骨壷についてのサムネイル画像

身近な場所で供養をしたい。分骨用の骨壷について

遺骨を分けてお寺での合祀や散骨を行ったり、手元供養する際に取られる供養方法である分骨。中でも自宅

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像

遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

大切な人を、亡くなった後もずっと身近に感じられたなら…そう思ったことはありませんか? 遺骨を手元

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!のサムネイル画像

手元供養をするための分骨用の骨壷とは?種類や注意点を解説!

火葬後は大体の人がお墓に納骨すると思いますが、手元で供養したい、分骨して故郷にも埋葬したいと思う

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。のサムネイル画像

遺骨を手元供養することで、故人を身近に感じましょう。

忘れられない故人がいる。姿は見えなくても、そばにいて欲しい存在との永遠の別れ。そんな時、遺骨を手

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのできる埋葬方法ですが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用がどれくらいなのか、おすすめの樹木葬ができる墓地・霊園とともに解説していきます。

    1
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    2
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、お墓の値段について費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    3
  • お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際に気を付けるべき注意点というのはあるのでしょうか?もし、あるとすればどのような点に気を配ればよいのでしょうか?今回は、お墓を購入する際の注意点について見ていきます。

    4
  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    5

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと