葬儀の電報の送り方とは?弔電のマナーや金額から送る例文も解説

葬儀の連絡は突然で、慌ててしまいますね。お通夜にも告別式にも参列できない。そのような場合はどうしたらいいのでしょうか?葬儀に参列できない時は、電報(弔電)でお悔やみの気持ちを伝えましょう。今回はあまり使うことのない電報(弔電)のマナーについて紹介します。

目次

  1. 普段使わないから分からない?弔電の送り方
  2. 葬儀だからこそ気をつけたい電報のマナー
  3. いくらくらいの金額で送れるの?
  4. 急な葬儀でも慌てない、電報の例文集
  5. 弔電をもらった場合お礼はどうする?
  6. 葬儀におくる電報についてのまとめ

普段使わないから分からない?弔電の送り方

弔電

お葬式のご連絡は突然やってきます。

どうしても調整がつかず、参列できない、そんな時は電報(弔電)を送りましょう。
いざという時に備えて、電報の送り方を紹介します。

香典も郵送した方がいいのか

電報だけでなく、香典も送りたい場合は、現金書留で送りましょう。
その際のマナーについて紹介します。

香典の送り方

まず不祝儀袋にお金を入れます。
葬儀で渡すのと同じように、封筒には名前や住所を記載しましょう。
不祝儀袋が入る大きさの現金書留封筒を用意します。
白い便箋にお悔やみの言葉を書きます。
便箋は一枚だけにしましょう(二枚は重ね重ねとなり縁起が悪いです。)
送り主と故人の関係が分かるように、一言添えるといいですね。

送り先と時期

香典の送り先は、喪主の自宅です。
現金書留は日時指定ができないため、葬儀会館に送っても葬儀が終了していると遺族がいません。
早く送りたい気持ちはわかりますが、葬儀当日や翌日などは、忙しくしている時期です。
葬儀後一週間をめどに、送りたいですね。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀だからこそ気をつけたい電報のマナー

葬儀の連絡は突然やってきます。
お通夜、告別式共に参列できない場合は、電報でお悔やみの気持ちを伝えましょう。
気をつけたい電報のマナーを紹介します。

電報はいつまでに送るの?

電報は自分が参列できない代わりに送るものです。
告別式の始まる1時間程度前までには着くように手配しましょう。

電報の送り先

電報は葬儀が行われる会場に送ります。
自宅なら自宅の住所、会館なら会館の住所を調べましょう。
あて名は喪主さんです。喪主が分からない時は、(故人名)様ご遺族さま、でも構いません。
会館で複数の葬儀が行われている可能性があります。
間違いのないように、会館や遺族に電話で電報を送った旨、伝えておくといいですね。

差出人の名前だけでは遺族の方が分らないことがあります。
名前の横に、会社名や学校名など個人を特定できる情報を載せてあげると分かりやすいです。

手配が間に合わない時は?

葬儀の連絡がぎりぎりだったり、手配が間に合わなくて、告別式までに電報を届けられないこともあります。
そんな時は、どうしたらいいのでしょうか?
電報が届けられない時は、遺族の方に電話をして、葬儀に参列できないこと、後日自宅へ弔問に伺いたいことを簡潔に伝えましょう。

葬儀の準備で忙しい時です。
「本来なら葬儀に参列して、お別れを申し上げたいところですが、諸事情により参列ができません。
後日改めて弔問にお伺いいたします。」
と簡潔に伝えましょう。

いくらくらいの金額で送れるの?

弔電はどうやって送るのでしょうか?いくらくらいかかるのでしょうか?

電報の頼み方

NTTや郵便局、ネットで電報を送ることができます。
葬儀の時間やどうしたらいいかがわからない場合は、115番に電話をしましょう。

NTTの人と相談しながら手配できるので安心です。
文例や配達日時も相談できます。
19時までの申し込みであれば、基本的に当日中に全国に配達をすることができます。

地域や配達場所によって、受付時間が変わってくるので、確認しましょう。

電報の料金

料金は電報に書く文字数や、台紙によって変ってきます。
目安は3,000~5,000円です。
メッセージだけのものや、線香やお花がついたものなどいろいろと種類があります。
電話で相談したり、ネットなら画面で見ることができます。

急な葬儀でも慌てない、電報の例文集

電報の文例をいくつか紹介します。

  • ご逝去を悼み、冥福をお祈りいたします。
  • 突然の訃報に接し、ただただ驚くばかりです。ご冥福をお祈りいたします。
  • ご生前のご厚情に厚く御礼申し上げるとともに、故人さまのご冥福をお祈りいたします。
  • 突然の訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。ご遺族さまの落胆もいかばかりかとお察し申し上げます。ご冥福をお祈りいたします。

会社関係の人におくる場合

会社関係の方に送る場合は、少し工夫が必要です。こちらに例文を用意しました。

  • 突然の悲報に驚きを禁じ得ません。ご生前のご厚情に厚く御礼申し上げるとともに、故人さまのご冥福をお祈りいたします。
  • 御社●●さまの訃報に接し、ただただ驚くばかりです。ご冥福をお祈りいたします。
  • 突然の訃報に接し、ご遺族の皆様、社員の皆さまに謹んでお悔やみ申し上げます。

弔電をもらった場合お礼はどうする?

弔電を受け取ったら、どうしたらいいのでしょうか?
お礼の伝え方を紹介します。

まずは連絡をしましょう

親しい関係の方なら、まずは電話で弔電のお礼を伝えましょう。
弔電が多かったり、電話番号のわからない方の場合は、ハガキなどで弔電をいただいたお礼を伝えましょう。

連名でいただいた場合は、代表者だけでなく皆さまにもお礼を伝えるといいですね。
いただいてから1週間以内にご連絡をするようにしましょう。

お返しにこんなものを送りましょう

弔電と一緒に香典を送ってくださる場合もあります。
まずは弔電のお礼をお伝えします。
その後、四十九日をめどに香典返しとしてお礼の品を送りましょう。

香典の1/3程度の金額の物が目安です。地域によって異なるので気をつけましょう。

個人ならタオルやお菓子、会社なら社内で食べられるようなお茶やコーヒー、お菓子もいいですね。
無事に故人を送ることができた、とお礼の手紙を添えるといいですね。

葬儀におくる電報についてのまとめ

  • 電報(弔電)の送り方
  • 電報を送る際の注意点
  • 電報にかかる料金
  • 電報をいただいたときの対処法
  • 電報の例文

などについて解説いたしました。
いかがでしたか?
葬儀の連絡は突然やってきます。
参列できるといいのですが、どうしても無理な場合は、電報で弔意を伝えましょう。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・電報」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・電報」についてさらに知りたい方へ

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。

突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方のサムネイル画像

突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方

お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方についてのサムネイル画像

お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方について

葬儀の弔電の送り方とは?弔電の内容や読み方から費用相場まで解説のサムネイル画像

葬儀の弔電の送り方とは?弔電の内容や読み方から費用相場まで解説

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しようのサムネイル画像

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しよう

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説しますのサムネイル画像

家族葬での弔電について送り方やマナー、断り方などを解説します

社葬での弔電ってどう書けばいいの?宛先・宛名の書き方も紹介しますのサムネイル画像

社葬での弔電ってどう書けばいいの?宛先・宛名の書き方も紹介します

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介しますのサムネイル画像

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

故人の家で葬儀を行う自宅葬とは?特徴や費用、マナーなどを解説!のサムネイル画像

故人の家で葬儀を行う自宅葬とは?特徴や費用、マナーなどを解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・電報」についてさらに知りたい方へ

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

お悔やみの電報とその文例についてわかりやすく解説します。

突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方のサムネイル画像

突然の訃報「お通夜」の知っておきたいマナーと電報の送り方

お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方についてのサムネイル画像

お葬式に電報を送る事になったけど…。内容や送り方について

葬儀の弔電の送り方とは?弔電の内容や読み方から費用相場まで解説のサムネイル画像

葬儀の弔電の送り方とは?弔電の内容や読み方から費用相場まで解説

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しようのサムネイル画像

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しよう

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと