葬儀の時に送る供物について!送る側も受け取る側も必見です

葬儀の際に香典の代わりとして、または香典と共にお供えする供物。贈る側としては何が適しているのかや諸々のしきたり、受け取る側としてはお礼状の対応など、どうすればいいか分からない方も多いのではないでしょうか。そんな葬儀の際の供物の疑問点を解消すべく、ご説明します。

目次

  1. 葬儀の供物にお悩みの方へ
  2. 葬儀の供物には何を贈ったらいいのか
  3. 供物を持参するのはいけないの?
  4. 供物の相場を知りましょう
  5. のしの書き方
  6. 供物を注文できるサイトはこちらから
  7. 供物のお返しにはお礼状を
  8. 葬儀の供物についてまとめ

葬儀の供物にお悩みの方へ

葬儀

香典の他に供物を送りたい場合、どんなものを送ったらいいでしょう?
相場も種類も、最適なものを見つけるのはなかなか難しいですよね。

今回は供物の送り方から適したものまで徹底的にご説明します。

さらに供物を受け取った側の対応ま記していますので、送った側、受け取った側、どちらも必見です。

葬儀の供物には何を贈ったらいいのか

一般的なものは果物など

一般的な葬儀の供物は果物などとされています。これは盛籠形式で飾り付けがしやすく映えることや、果物は殺生の概念から外れるので適しているといった説、物によりますが日持ちするのでお供えしやすいなどの説が挙げられます。

その他のものも供物としてお供えできるのですが、宗教によってはお供えしてはいけない物もあります。
以下に、宗教別の代表的な供物と避けた方が良いとされる供物をまとめました。

宗教別の代表的な供物

仏教

仏教での供物は、果物や菓子や茶葉類、缶詰などや故人が好きだったものの他、線香やろうそく等が適しています。
仏教の教えである不殺の考えから、肉や魚などの生ものは供物に適していません。それ以外のものを選びましょう。

神道

神道での供物は、果物や菓子や茶葉類、故人が好きだったものの他に、お酒や海産物もお供えできます。
仏教での供養に使うろうそくや線香といったものは、神道形式の葬儀の場合は避けましょう。

キリスト教

キリスト教では仏教や神道と異なり、花以外のものは贈らない、飾らないのが習慣です。
香典の代わりとして、もしくは香典と併せてお供えしたい場合、供花を用意しましょう。

供物を持参するのはいけないの?

供物を持参するのはいけないとされている理由に、諸般の事情から喪主側が供物や供花を辞退しているケースが挙げられます。この場合、喪主が辞退しているのに自分だけが供物を持って来てしまう、という事態にもなりかねません。

ただ、地域の慣習などによっては、供物は持参するべきだ、喪主側の手間が増えるから直接送るのではなく持って行くべきだ、という場合もあるようですね。

持っていく場合は、自分から喪主の方に供物を持参していいか聞いておきましょう。葬儀場に直接送る際は大抵喪主側に事前に問い合わせたり連絡が行ったりしますが、念の為供物を検討する前に喪主の方に連絡を入れておいた方が良いです。

供物の相場を知りましょう

供物の相場ですが、種類や規模によって様々です。
葬儀社に依頼した場合は飾りつけしやすいように豪華な盛籠の形でお供えされますが、この場合の相場は8千円~1万5千円ほど。供花の場合も一基(一つ)辺りは同じくらいの相場となっているようです。

香典も用意する場合、結構な負担になってしまいますし、先方にも気を遣わせてしまうかもしれません。香典と併せてお供えする場合、数千円程度の箱詰めの供物を用意するのもいいでしょう。

のしの書き方

葬儀や法要の際に使うのしの水引の一例。どちらかと言うと、黒白は東日本で、黄白は西日本で使われる事が多いようですが、気になるのなら事前に地域の慣習について調べておきましょう。

仏式

仏式ののしの書き方は、水引もしくは水引が印刷された所より上側の中心に『御供』や『御霊前』と書き、送り主の名前を書く場合は下側の中心に姓または名、もしくは姓名を書きましょう。この際、通常の濃い墨ではなく薄墨で記載する慣習があります。

のし紙の種類は黒と白(地域によっては黄と白)もしくは総銀の5本結び切りの水引のものを使います。また、蓮の花が描かれているものは仏式専用ののし紙となります。

神式

神式の場合、のしの書き方は基本的に同じですが、表書きは『御供』の他に『奉献』、『奉納』などを書く場合もあります。こちらも、表書きや送り主の名前は薄墨で書くことが多いです。

のし紙の種類は黒白(地域によっては黄白)の5本結び切りのものを使います。神式の場合、絵柄が何も描かれていないものを使いましょう。

供物を注文できるサイトはこちらから

果物・菓子などの飲食物を注文できるサイト

果物や菓子などの飲食物を注文できるサイトです。故人の好みもありますから、色々なケースに対応できるよう、大規模なマーケットサイトをご紹介します。
また、Amazonは品数や種類が豊富ですので、飲食物以外の供物を探す場合も活用できそうですね。

お線香が注文できるサイト

仏式の葬儀でよく供物として供えられるお線香が注文できるサイトです。桐箱や塗箱入りなので高級感があり、お線香の種類も定番のものから微煙タイプ、花の香りのものなどが選べます。

供花を注文できるサイト

どの形式の葬儀でもお供えできる供花を注文できるサイトです。和花も洋花も、スタンド付きのものから祭壇に置くタイプのものなど、様々な用途に適した形式が選べます。

供物のお返しにはお礼状を

お礼状の書き方

供物のお返しにお礼状を書く際には、お供え物を用意して下さった事への感謝に加え、霊前に飾ったという報告や葬儀が無事に終わったという報告も添えて書きます。特に霊前へと飾った報告は、供物や供花というお供え物の性質上重要であるとされています。

供物や供花のお礼は香典返しとは違い、お礼状を送るのに適した時期というものは定められていません。葬儀が終わり次第、なるべく早めにお礼状を送るのがベターでしょう。

供物のお返しの品は贈る?贈らない?

御香典と同じく、供物にもお礼状だけでなくお返しの品も贈った方がいいのでしょうか。
基本的にはお礼状だけで十分だとされていますが、気持ちとして菓子折りを添えるという方も多いようです。

お返しの品の金額としては3千円以内に留めた方が、供物を用意した側も気負わずに受け取ってもらえそうですね。
香典も頂いていてそのお返しも一緒にする場合は、香典の半返し+供物のお返しとしても良いでしょう。

葬儀の供物についてまとめ

葬儀

葬儀の供物についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

送る側受け取る側共に注意しなければいけない点が幾つかあり、葬儀の際に供物をお供えするのは少し難しく思えてしまうかもしれません。

でも、難しそうだと敬遠せずに、葬儀の際にはお香典だけでなく供物もお供えしてみてはいかがでしょう。故人を想って選んだ供物は、きっと喜んで頂けるかと思いますよ。

「葬儀・供物」に関連する記事

「葬儀・供物」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・供物」についてさらに知りたい方へ

一周忌法要に持参する供物の選び方を紹介!注意点も含めて解説しますのサムネイル画像

一周忌法要に持参する供物の選び方を紹介!注意点も含めて解説します

供物に込められた意味を知って正しくお供えしましょう。のサムネイル画像

供物に込められた意味を知って正しくお供えしましょう。

葬儀のお供えの供物や供花についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

葬儀のお供えの供物や供花についてわかりやすく解説します。

17回忌法要に持っていくお供え物の種類は?金額相場も解説します!のサムネイル画像

17回忌法要に持っていくお供え物の種類は?金額相場も解説します!

お供え物に「のし」を付けるのは失礼?お供え物の贈り方のマナーのサムネイル画像

お供え物に「のし」を付けるのは失礼?お供え物の贈り方のマナー

葬儀のときに手向ける供花。そのマナーを知っておきましょうのサムネイル画像

葬儀のときに手向ける供花。そのマナーを知っておきましょう

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

供花ってなに?葬儀でお供えするお花について解説します!のサムネイル画像

供花ってなに?葬儀でお供えするお花について解説します!

家族葬に贈る供花について!贈り方やマナーなども詳しく教えます!のサムネイル画像

家族葬に贈る供花について!贈り方やマナーなども詳しく教えます!

葬儀のお返しってどうするの?お返しのマナーや品物についても解説!のサムネイル画像

葬儀のお返しってどうするの?お返しのマナーや品物についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・供物」についてさらに知りたい方へ

一周忌法要に持参する供物の選び方を紹介!注意点も含めて解説しますのサムネイル画像

一周忌法要に持参する供物の選び方を紹介!注意点も含めて解説します

供物に込められた意味を知って正しくお供えしましょう。のサムネイル画像

供物に込められた意味を知って正しくお供えしましょう。

葬儀のお供えの供物や供花についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

葬儀のお供えの供物や供花についてわかりやすく解説します。

17回忌法要に持っていくお供え物の種類は?金額相場も解説します!のサムネイル画像

17回忌法要に持っていくお供え物の種類は?金額相場も解説します!

お供え物に「のし」を付けるのは失礼?お供え物の贈り方のマナーのサムネイル画像

お供え物に「のし」を付けるのは失礼?お供え物の贈り方のマナー

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと