献杯の挨拶を頼まれて困った!知っておきたい文例をご紹介します

献杯と乾杯はどう違うの?挨拶を頼まれたけど、言ってはいけない言葉などがあるのではないか。一般的な文例を見たい。そんな方に文例をまじえて献杯の挨拶のポイントをご紹介します。

目次

  1. 献杯とは
  2. 献杯での挨拶の文例
  3. 献杯での挨拶のポイント
  4. 挨拶で使ってはいけない言葉
  5. 献杯での挨拶について まとめ

献杯とは

杯を捧げるという行為はもともと神様や死者のための神聖な宗教的儀式として昔から行われてきました。

献杯(けんぱい)は本来、生きている人に対しても敬意を表する意味で行うものですが、現在は主に亡くなった方を偲(しの)んで行われることが多くなりました。

ではよく知られている乾杯とはどのような違いがあるのでしょうか。

乾杯との違い

乾杯は皆さんのイメージの通り、健康や成功を祝したり、お祝い事の宴会でお酒の入った器をすり合わせて飲み干すものです。
「乾杯!」が合図になって宴会を盛り上げたり、会場全体に一体感をもたらしたりするのに役立ちます。

それに比べて献杯は葬儀や法事のときの会食で行われ、故人を偲んで厳粛な気持ちで行われるものです。もともとの神聖な儀式としての意味合いが強いともいえるでしょう。

献杯のやり方

具体的な所作として、杯は目線の高さに上げ、顔はややうつむき加減。
「献杯」と言うときは落ち着いた抑揚のない声で発声するのが良いでしょう。

献杯での挨拶の文例

挨拶の内容の順番は

  • 自己紹介
  • 故人を偲んだ生前のエピソード
  • 参席者への献杯唱和のお願い
  • 献杯
  • お礼

が基本的流れとなります。
葬儀と法事の場合では内容は少し異なります。
以下、文例をご紹介しましょう。

葬儀での文例

葬儀では火葬が終わって参席者が食事をする精進落としを行います。献杯はこの食事開始の合図の意味合いで行われることが一般的です。
以下の文例は淡々としているように思われるでしょうが、親しい間柄でも感傷に浸って長くなるのは禁物です。短く簡潔にまとめましょう。

部下を送る時の文例

ご指名をいただきました、〇〇株式会社〇〇部の××でございます。
△△さんとは課長としてご一緒に仕事をしてまいりました。

△△さんは、入社以来、真摯に仕事に取り組んで成果を上げるわたくしの自慢の部下でした。
彼を失った悲しみはとうてい言葉では表すことができません。

ここに故人をしのびまして供養の献杯をいたしたいと存じます。
ご唱和をお願いいたします。

「献杯」

ありがとうございました。

友人を送るときの文例

ご紹介をいただきました〇〇です。△△くんとは幼いころから共に遊んだ幼馴染みでございます。
僭越ながら献杯のご挨拶をさせていただきます。

本日△△君と永遠のお別れをすることになるとは今でも信じられません。
突然の悲報にただ愕然とするばかりです。

お仕事も、ご家庭も、これからというときに、本人もさぞ無念なことであったでしょう。
ご遺族のご心中を思いますとどんな慰めの言葉も浮かびません。皆様の悲しみが一日でも早く癒されますことをお祈りいたします。

生前の〇〇君の思い出を胸に冥福を祈り杯を捧げたいと思います。

「献杯」

ありがとうございました。

法事での文例

法事では故人がなくなってからある程度時間がたっているということを考慮して挨拶します。
故人の身内が挨拶する場合、周囲の心配や配慮に感謝し、以下の文例のように現在の報告をする内容がいいでしょう。

親の場合の文例(子供としての挨拶)

本日はお忙しい中、父〇〇〇〇の一周忌法要にお集まりだきまして誠にありがとうございました。
長男の△△△△でございます。
父が永眠してから早くも一年がたちました。

この一年、皆様方には多大なるご心配をおかけするとともに、温かい支援をいただきましたことを心より感謝申し上げます。
私たち家族が少し気持ちも落ち着いてきましたことに、父も安心していることでしょう。

父の生前の懐かしい思い出を語ることがなによりの供養になると思います。
皆様、ささやかではございますが酒食の席をご用意いたしております。お時間の許す限りごゆっくりお召し上がりください。

では、父〇〇の冥福を祈って、

「献杯」

ありがとうございました。

配偶者の場合の文例

皆様、お忙しい中、なき妻(夫)〇〇の一周忌法要にご参列いただきまして、誠にありがとうございました。
妻(夫)がなくなった当初はあまりに急なことで、呆然としておりましたがあれから一年がたち、ようやく心の整理もできました。
この間、皆様方には温かい励ましとお心遣いをいただきまして、誠にありがとうございました。
本日は、故人の思い出を皆様と語りたく、酒肴をご用意いたしました。どうぞ気がねなくお召し上がりください。

それでは、皆様と一緒に故人の霊に杯を捧げたく存じます。

「献杯」

ありがとうございました。

献杯での挨拶のポイント

献杯の挨拶は故人を偲んで敬意を表した内容にしましょう。
また、思い出話が長すぎて冗漫なものにならないように心がけましょう。
あくまで献杯は会食開始の合図として行われることがほとんどなので合図としての役割が主目的、故人のエピソードは付属的なものとして短めにまとめます。

献杯の挨拶の時、参席者がグラスを持ったまま合図を待っている状態ですので、一分以内でまとめられればすっきりと食事を始められることでしょう。

誰が行うか

献杯の挨拶は特に誰がするとは決まっていません。
文例でも示しましたように、故人の身内とは限らず会社の上司や友人が行うこともあります。
その場合、喪主から突然依頼されることになりますが、慌てず、感情的にならず、短くまとめて堂々とそして厳かに故人を弔う気持ちを込めればいいのです。

挨拶で使ってはいけない言葉

結婚式でもお葬式でもその場にふさわしくないとされる言葉、忌み言葉があります。
献杯の挨拶の際も、指名されたらそれを考慮して文例を参考に内容を考えてみましょう。

重ねことば等

「重ね重ね」や「次々」といった重ね言葉や「再び」というような繰り返しを連想させるような言葉は避けましょう。
ほかの例として、

くれぐれも、ますます、いよいよ、またまた
再三、追って、幾重にも

などが挙げられます。

また、「死んだ」という言葉もストレートすぎて遺族に対する配慮が足りないと思われるでしょう。
言い換えとしては

亡くなる、逝く、永眠する、天寿をまっとうする、旅立つ

が適切です。

宗教による違い

挨拶の際、気を付けなければならないのは葬儀や法要がどの宗教にあてはまるのか配慮する必要があります。
上記の文例の中にも「冥福」「供養」という言葉がありますが、実はこれは仏教用語なのです。
「御霊(みたま)安らかに」という表現は神式、キリスト教式の場合に使うことができます。
キリスト教では「死」を「天に召される」と表現します。

献杯での挨拶について まとめ

葬儀

献杯は乾杯と違って初めて聞いたという人もいるかもしれません。
故人のために厳粛な気持ちで行うものだと理解していただけましたでしょうか。
文例では基本的な流れでしかご紹介しませんでしたが、故人を悼み、遺族を気遣う気持ちが込められていればこの限りではありません。
文例にとらわれず、自分の言葉で故人を供養する内容でもかまわないのです。
ただし、忌み言葉や挨拶の長さには配慮しましょう。

「献杯・挨拶・文例」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「献杯・挨拶・文例」についてさらに知りたい方へ

献杯の挨拶の例を紹介。乾杯とはどう違う?のサムネイル画像

献杯の挨拶の例を紹介。乾杯とはどう違う?

3回忌の献杯の挨拶は何を話せばいいの?挨拶の例文やマナーを解説のサムネイル画像

3回忌の献杯の挨拶は何を話せばいいの?挨拶の例文やマナーを解説

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!のサムネイル画像

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介します

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!のサムネイル画像

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介しますのサムネイル画像

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

仏式で行われる通夜振る舞いでの料理とマナーのサムネイル画像

仏式で行われる通夜振る舞いでの料理とマナー

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

家族葬の挨拶状の書き方とは?文例や書く際のポイントもご紹介しますのサムネイル画像

家族葬の挨拶状の書き方とは?文例や書く際のポイントもご紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「献杯・挨拶・文例」についてさらに知りたい方へ

献杯の挨拶の例を紹介。乾杯とはどう違う?のサムネイル画像

献杯の挨拶の例を紹介。乾杯とはどう違う?

3回忌の献杯の挨拶は何を話せばいいの?挨拶の例文やマナーを解説のサムネイル画像

3回忌の献杯の挨拶は何を話せばいいの?挨拶の例文やマナーを解説

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!のサムネイル画像

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介します

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!のサムネイル画像

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと