愛するペットの火葬と納骨を一緒にできる霊園のご紹介

ペットの火葬ができる所が増えてきましたが、トラブルも多いです。愛するペットの火葬を誠意を持って執り行ってくれることろをご紹介いたします。

目次

  1. ペットの火葬について
  2. 土葬との違いは?
  3. 火葬にかかる費用について
  4. 火葬と納骨がセットになった霊園
  5. ペットの火葬についてまとめ

ペットの火葬について

愛するペットが亡くなった時、悲しみは尽きないでしょうが、誠意を持って大切に扱ってくれる霊園や火葬を行ってくれる場所を選びたいですね。ペット火葬については、トラブルも多く、飼い主として業者を見分けることも大切です。

ペット火葬を請け負う霊園や寺院

ペットの葬儀・火葬・納骨がセットになっている物が多く存在します。葬儀を執り行い、費用によって違いはありますが、個別火葬や合同火葬をし、納骨も個別・合同に分けられています。どのタイプが良いのか、飼い主側が決める事ができます。

ペット移動火葬車で行う業者

ペットの火葬を出張によるサービスで行います。車中にて火葬・葬儀ができる仕組みとなっています。寺院などに向かうことがなく、自宅付近のスペースで火葬をしてくれます。多くは業者が請け負い、納骨は提携先のお寺まで届けてくれるしくみです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

土葬との違いは?

火葬と土葬の違いは、費用の問題もありますが、土葬する土地に多くの問題が出てきます。自宅の庭などでは、法律上問題はありませんが、他人の土地や、山に埋葬することは原則としてマナー違反です。最近ではペットも火葬が当たり前になってきました。

土葬による注意点

自宅庭に埋葬するに当たり、後で他の動物に掘り起こされないように注意が必要となります。ある程度の深さを確保して埋葬しなければなりません。近くへの環境問題も考慮しなければなりません。
霊園なら、土葬を受けてくれることがありますのでそちらをお勧めします。

火葬にかかる費用について

動物霊園や、寺院などでペット葬儀・火葬・納骨をしてくれる所では、個別、もしくは合同か選ぶことになります。費用とはどのくらいかかり、違いがあるのかご説明いたします。地域によって差はありますが、平均的な相場をご紹介いたします。

個別火葬

個別火葬とは、他の飼い主の方のペットたちと一緒になる合同とは違い、単体で火葬して頂くサービスです。ペット移動火葬車の個別ですが、寺院や霊園でもペットの個別火葬を受け付けてくれます。費用は、合同火葬の費用より割増しとなります。

相場としては、ペットの種類や、体重によって上下しますが、猫・小型の犬あたりで平均2万円前後が相場となっています。犬でも大型犬となると、2万円から最大で5万円くらいが相場です。小動物(ハムスター・鳥)の場合は、1万円から2万円前後が相場です。

合同火葬

合同火葬とは、他の飼い主様のペットたちと一緒に火葬することを指しています。しかし、大型犬など合同でできない場合などは、お断りされる場合もありますのでご注意ください。料金としては、個別火葬の1割から2割ほど安くなります。

ペット火葬後の収骨・納骨

合同火葬の場合は、概ね業者が収骨をして合同の納骨堂に納めてくれます。どうしても自分で収骨がしたい場合は、個別火葬をお勧めします。個別火葬の場合は、収骨もさせてくれるサービスがあります。そして、納骨も自身でお墓の用意や納骨スペースを借り供養することができます。

火葬と納骨がセットになった霊園

ペット

ペットが亡くなった時には、自分で動物霊園や寺院をご利用することをお勧めします。合同・個別どちらでも宜しいですが、最後まで安心して葬儀や供養ができる方法を選びましょう。悪徳業者に引っかかると、後で悔しい思いをすることにもなります。

東京「ペット葬儀 東京霊園」

こちらは、東京都獣医師会霊園協会の会員となっていて、安心して利用できます。葬儀は、基本として個別葬儀・個別火葬です。料金は30000円~特別プレミアムセットで15万円が料金プランです。オプションプランもあり、プラスして付加サービスを受けられます。

横浜「ポチ・たま霊園」

こちらは、合同・個別と両方のプランがあります。料金も、猫の場合17000円~(合同)です。埋葬は、個別でお墓、納骨堂・合同祀の3種から埋葬できます。お墓や納骨に関しては、別途料金です。
とてもリーズナブルな料金です。

名古屋「動物霊園、長楽寺」

こちらは、合同・個別と両方のプランがあります。古くから動物の葬儀を執り行っているお寺となっています。あの有名な「盲導犬サーブ」もこちらで永久の眠りについています。料金も2万円~動物の大きさにより、また合同・個別でも差があります。葬儀後の埋葬も可能。

大阪「平野動物霊園」

ペットの葬儀から納骨までをセットとしています。料金は、火葬費用10000円(小動物)~6万円あたりとなっています。納骨は個別プランと合同供養等への埋葬と分かれています。合同の場合、1万円から2万円あたりです。

福岡「久留米ペット霊園秋光の園」

火葬は個別で、納骨は個別・合同と分かれています。火葬費用は「小型動物で10000円~大型動物で50000円となっています。また合同納骨は3000円となっています。個別の火葬でありながらリーズナブルな料金でのサービスです。

ペットの火葬についてまとめ

ペットを飼う方が増える中、もしもの時にどうすれば良いのか考えてしまいます。ペット火葬のトラブルも多いので、安心して葬儀・火葬・納骨ができる場所を選びたいですね。全てがの設備が整っている場所をご案内させていただきました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「ペット・火葬」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「ペット・火葬」についてさらに知りたい方へ

ペットの供養方法と種類について解説のサムネイル画像

ペットの供養方法と種類について解説

ペット火葬の費用はどれくらい?火葬の流れや種類についてもご紹介のサムネイル画像

ペット火葬の費用はどれくらい?火葬の流れや種類についてもご紹介

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

動物の葬儀のやり方は?費用や注意点・マナーから斎場までご紹介!のサムネイル画像

動物の葬儀のやり方は?費用や注意点・マナーから斎場までご紹介!

ペット葬儀の料金を動物の種類・形式別に解説!供養の料金もご紹介!のサムネイル画像

ペット葬儀の料金を動物の種類・形式別に解説!供養の料金もご紹介!

ペットを霊園で火葬する料金は?具体的な料金や葬儀の流れを解説!のサムネイル画像

ペットを霊園で火葬する料金は?具体的な料金や葬儀の流れを解説!

猫の火葬ってどうすればいいの?その後の安置方法についてもご紹介!のサムネイル画像

猫の火葬ってどうすればいいの?その後の安置方法についてもご紹介!

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介しますのサムネイル画像

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介します

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!のサムネイル画像

ペット霊園での供養にかかる値段はいくらくらいか詳しく解説!

自宅でペットの火葬はできる?注意点や費用相場、訪問火葬車まで紹介のサムネイル画像

自宅でペットの火葬はできる?注意点や費用相場、訪問火葬車まで紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「ペット・火葬」についてさらに知りたい方へ

ペットの供養方法と種類について解説のサムネイル画像

ペットの供養方法と種類について解説

ペット火葬の費用はどれくらい?火葬の流れや種類についてもご紹介のサムネイル画像

ペット火葬の費用はどれくらい?火葬の流れや種類についてもご紹介

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

動物の葬儀のやり方は?費用や注意点・マナーから斎場までご紹介!のサムネイル画像

動物の葬儀のやり方は?費用や注意点・マナーから斎場までご紹介!

ペット葬儀の料金を動物の種類・形式別に解説!供養の料金もご紹介!のサムネイル画像

ペット葬儀の料金を動物の種類・形式別に解説!供養の料金もご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと