突然のお葬式でも慌てない、香典の金額相場を確認しましょう

訃報は突然にやってくるものです。香典金額の相場は?どのような香典袋を選ぶ?葬式の際にどう渡ししたらよいのか?突然の葬式に慌てないため、香典や香典金額について確認しておきましょう。

目次

  1. 葬式の香典はこうしましょう
  2. 香典の金額相場をまとめました
  3. 香典袋へのお金の入れ方解説
  4. 香典袋の中袋への金額の書き方
  5. 葬式の香典準備に慌てない

葬式の香典はこうしましょう

葬儀

香典は、葬式においてお香や線香をお供えするという意味がありますが、現在ではお金をその代わりとして香典袋に包んでお供えするようになっているのがごく一般的となってます。
その香典袋には種類があり、相手の方の葬式形式(宗教・宗派)を知っておく必要があります。

・御霊前・・・・御霊の前に供えるということから、すべての宗教において使用できますが、袋に印刷された絵柄があるときは注意が必要です。蓮は仏教、十字架はキリスト教です。

・御花料・供花料・・・・御花を供えるということから神式以外はどの宗教も使用します。キリスト教ではごく一般的に使用します。

・御香典・御香料・・・・仏式で最も一般的に使用する表書きですが、浄土真宗では、死後直ちに仏になるという思想から、普段は四十九日以降の法要でしか使用しない「御仏前」を使用することもあります。

・御玉串料・御榊料・・・・神道では玉串(榊に紙垂(シデ)や木綿(ユウ)をつけたもの)を奉ることからこのような表書きを使います。

香典の金額相場をまとめました

葬儀

香典の金額は目安としても相場ですが、数字押しては奇数を使用します。これは奇数は陽数、偶数は陰数という考え方があります。以前ほどこだわりはなくなってきてはいますが、香典は、割り切れる偶数の金額はしない方が無難です。

親戚の場合の金額相場

親戚となると、叔父、叔母、いとこが対象でしょうか。親戚の関係も近年、都市部では希薄となってきており、特に近くに住んでいない場合、遠方の場合は、交通費も多額になるので香典だけ送るケースもあります。
叔父、叔母、いとこの場合は、1万円か3万円で、付き合いの度合いやご本人の立場(年齢)で選択されてはいかがでしょうか。

また、義理の父母や兄弟について、同様遠方の場合もあり、地方によって相場に相違がある場合もありますが、基本的には配偶者の両親・兄弟となりますので、義理の関係であってもご自身の両親・兄弟と同様に考えるのが良いかと思います。地方であれば配偶者の方に相場を聞いてもらうことも良いかもしれません。

ご参考までに、親戚を含め、身内についての香典の目安金額を示しますんで、ご自身のお立場(年齢)なども考慮して選択してください。

・祖父母  1万円、3万円、5万円、ですが、孫一同でまとめる場合もあります。
・両親   3万円、5万円、10万円
・兄弟    3万円、5万円
・親戚(いとこ・叔父叔母) 1万円、3万円

そのほかの場合の金額相場

身内でない場合、香典の金額は3千円、5千円、1万円と覚えておいて良いかと思います。特別の関係以外は、まず1万円以上は包むことはありません。

・勤務先の同僚や上司、取引先     5千円、1万円
・勤務先の部下や特別の取引先    1万円、3万円
・勤務先の同僚や取引先の両親     3千円、5千円ですが、会社勤務の場合、部署でまとめて有志一同ですることも多い。
・近隣住民             3千円、5千円
・その他、葬式に参列する方     5千円、1万円

香典袋へのお金の入れ方解説

新札は入れてはいけません

保険・相続

新札を入れるのは、亡くなるのを待っていたかのようにあらかじめ準備していたととらえられないように、してはならないとよく言われることもあります。しかし、新札を使うことは相手への心遣いから必ずしも失礼には当たらないともわれますが、忌み嫌うことは避けた方が無難ではないでしょうか。
また、古いお札がなくてやむを得ず新札を使用する場合は、わざわざ折り目を付けたり、シワをつけたりすることもあります。

中袋へのお金の入れ方

お札が2枚以上になる場合は、お札の向き(表裏左右)を同じ向きに、きちっと揃えて入れるようにすべきです。
中袋にお札を入れる場合、取り出した時にすぐに識別できるようお札の表側が中袋の裏側になるように入れる。つまりお札の向きと中袋の向きは逆ということになります。
これも決まり事ではなく気配りから生じたマナーです。

袱紗の使い方

袱紗(フクサ)は、慶事や弔事に持参する金封を包む小さな風呂敷のようなもので、素材は絹やちりめんでできてています。最近では、使いやすいように金封タイプの略式のものや台付のものもあります。
慶弔行事は儀式だけに、金封を裸で持参するのは礼を失することになりますので、ご家庭や会社に一つ用意しておくことをお勧めします。
なお、様々な色の袱紗がありますが、紫だけが慶事や弔事(結婚式にも葬式)にも兼用できますので、紫のものをひとつ用意しておけばよろしいのではないでしょうか。

お葬式での渡し方

香典袋は、袱紗(ふくさ)に包んで持参します。葬式当日、受付があればそこでバッグなどから袱紗に包んだまま取り出し、目の前で袱紗から香典袋を出して先方から見て表書きが正面 になるように差し出します。ご遺族でない受付の方であっても、お悔やみの言葉を添えて差し出します。
なお、通夜で香典をお渡しした場合は、葬式では記帳だけになります。

香典袋の中袋への金額の書き方

葬儀

中袋は、表面に入れた金額を、見やすく楷書で書くのが良いでしょう。裏面には、郵便番号を含め、省略せずに住所と氏名を書きます。

表面の金額の書き方ですが、旧漢字を使って書くのが通例です。具体的には「金 参萬円 也」などと書きます。この金額を書く旧漢数字とは、一を(壱)、二(弐)、三(参)、五(伍)、十(拾又は壱拾)、また千(阡)、万(萬)です。円は旧漢字の圓を使うこともあります。
このように金額に旧漢字を使うのは、読み間違わないとか改ざんされないなどの理由によるものです。ちょうど手形や領収書の金額を手書きする場合も同様に旧漢数字で書くことが慣行となっています。

葬式の香典準備に慌てない

人々

お通夜の参列は?

突然の訃報で、本日お通夜というケースが良くあります。何も準備できていないのでお通夜に行かずに本葬式に参列することも考えられますが、仕事の関係で本葬式に参列できないこともあります。
お通夜の本来の意味には、一般的に遺族や親族といった身内の方たちが集まり、夜を通して故人を偲び、思い出や感謝の気持ちを思い起こすというものです。
したがって故人との関係が深い方の参列ということになりなりますが、最近では、仕事上から本葬式に出席できないので香典をもってお通夜に参列するということもよくあるケースとなっています。関係が深ければ、両方の出席ということになります。
なお、お通夜への出席は、喪服でなくともよいとされますが、黒のネクタイや喪章ぐらいは付けていった方が無難です。

香典金額は相場で

本来の香典の意味からは、お香や線香の値段でいいわけで、また、突然の出費への扶助的なものであることから相場(目安)があり、それを知っておくことが必要です。
なお、あくまでも不祝儀ですので、相場の金額以上に多額の香典を出すことはあまりお勧めできません。

「葬式・香典・金額」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬式・香典・金額」についてさらに知りたい方へ

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

香典袋の種類、中袋に入れるお札は?恥をかかないための知識満載!のサムネイル画像

香典袋の種類、中袋に入れるお札は?恥をかかないための知識満載!

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話のサムネイル画像

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!のサムネイル画像

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!

知らないと大変!お葬式に参列する際の金額の相場は?のサムネイル画像

知らないと大変!お葬式に参列する際の金額の相場は?

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

一周忌の香典金額について解説!表書きの書き方やマナーについてものサムネイル画像

一周忌の香典金額について解説!表書きの書き方やマナーについても

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!のサムネイル画像

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬式・香典・金額」についてさらに知りたい方へ

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

香典袋の種類、中袋に入れるお札は?恥をかかないための知識満載!のサムネイル画像

香典袋の種類、中袋に入れるお札は?恥をかかないための知識満載!

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話のサムネイル画像

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!のサムネイル画像

今更聞けない、御香典の相場をご紹介します!

知らないと大変!お葬式に参列する際の金額の相場は?のサムネイル画像

知らないと大変!お葬式に参列する際の金額の相場は?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと