数珠の色に意味はあるの?色別にみる数珠の材質と意味について

数珠の色に意味はあるの?色別にみる数珠の材質と意味について

お葬式や法事の際に使う数珠。よく見ると様々な色がありますよね。男性が持っている数珠と女性の持っている数珠でも色味が異なります。色によって違いがあるの?どんな色のものを買うべき?そんな疑問にお答えします。

最終更新日: 2020年12月17日

数珠とは

葬儀

お経や念仏、題目を唱える時の回数を数えるために使う仏具のことで、念珠とも呼ばれています。
一般的に、仏事や法要の際、礼拝する時に合掌した手にかけて用います。

正式な数珠は人間の煩悩の数である108の玉から成ります。
108は最も功徳がある数とされています。
この108個の玉に煩悩をつかさどる仏様が宿っており、人間のあらゆる煩悩を引き受けてくれると言われていて、古来より数珠は厄除けやお守りとしても使われています。

また、数珠の輪の中に手を通すことは、仏の世界と自分自身を繋ぐという意味があるそうです。
そのため、数珠はひとりひとり専用に持つもので、貸し借りはしてはいけないと言われています。

二重の正式数珠は宗派ごとに形が異なりますが、一重の略式数珠は日蓮宗を除くどの宗派でも使えます。
略式数珠は108個の半分の54個~の玉数で作られています。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、数珠の色について以下の内容を中心に解説していきます。

  • 数珠の色には意味があるの?
  • 様々な色の数珠について
  • 男性・女性・子供の数珠の違いは?

数珠について疑問をお持ちの方の役に立つ情報をお伝えします。
最後までお読みいただければ幸いです。

数珠の色には意味がある?

数珠の色はその材質によって異なります。
天然石をはじめ、鉱石、木、ガラス、樹脂などから作られており、材質によって値段も様々です。

宗派にもよりますが、オールマイティに使える略式数珠の場合、色の決まりなどは特になく、基本的にどんな色でも問題はありません。
したがって、数珠を購入する際には自分の好みのものを選べば良いでしょう。

地域や慣習による色の違い

東海や北陸地方では、葬儀には色のつかない珠に房は白、法事には色のついた珠で房も色物と使い分けているそうです。
また、赤は慶事の際に使うと言われることもありますが、京都ではお葬式でも赤い数珠を使う地域もあります。

購入する際には、宗派や地域による決まりごとがないか事前に確認すると安心ですね。

七宝

ちなみに、古い文献においては、数珠の珠は七宝が良いとされています。

七宝とは、大乗仏教の経典「無量寿経」においては「金・銀・瑠璃・玻璃・硨磲(しゃこ)・珊瑚・瑪瑙」とされ、「法華経」においては「金・銀・瑪瑙・瑠璃・硨磲・真珠・玫瑰(まいかい)」とされています。

瑠璃はラピスラズリと推定されており、玻璃は無色の水晶、硨磲はシャコガイの殻や白色系サンゴ、玫瑰は赤色系の宝玉を指すと言われています。

様々な色の数珠

材質によって様々な色があるのが数珠です。
たくさんあり過ぎてどれを選べばよいか分からないという人は、好きな色や、好みの素材、また天然石が持つ意味や効果などで選ぶのもひとつの方法です。

透明

透明の数珠といえば、水晶が定番です。
水晶の数珠は「千億倍の福」があると言われており、数珠に最もよく使われています。

弘法大師が師である恵果阿闍梨から授けられた数珠も水晶でできており、経典内では「あらゆる報障を除滅し、一切の悪業染着すること能わず」と説かれています。
年代を問わず幅広く使える数珠です。

●水晶…幸運を招く、精神の安定、あらゆるものの浄化、細胞の再生力・免疫力を高める

白色の数珠には白珊瑚や白瑪瑙、真珠、ホワイトオニキスなどが使われています。
現在は入手困難ですが、象牙でできた数珠もあります。
白は清楚で上品な印象を与え、喪服にもよく馴染み、女性用の数珠として広く親しまれています。

●珊瑚…人生の豊かさの象徴、病気や災厄から人々を守る、悪運を遠ざけ幸運をもたらす
●瑪瑙…勇気を与える、人間関係のつながりの強化、心身のバランスを整える
●真珠…女性の美の象徴、若さと健康を保つ、邪気から守る
●ホワイトオニキス…人間関係を円滑にする、邪念・邪気を祓う

黒系の色の数珠の素材はバリエーション豊富です。
黒檀や紫檀、鉄刀木(たがやさん)といった木から作られるものと、タイガーアイやオニキスといった天然石、また古来から交易やお守りにも使われていた黒曜石から作られるものなどがあります。
落ち着いたシックな色合いは、男性が使う数珠にぴったりです。

●黒檀・紫檀・鉄刀木
唐木三大銘木と呼ばれ、重硬で緻密な木材として古くから高級家具や楽器などに使われています。

●タイガーアイ…物事の本質を見抜き、成功をもらたす、自身と実行力を高める、邪気を跳ね返す
●オニキス…魔除け、邪念を祓い理性を与える、誘惑を振り払う
●スモーキークォーツ…精神の安定、不安の解消、自信を向上させる、危険回避
●ヘマタイト…別名ブラックダイヤモンド、自信や勇気を与える
●黒曜石…潜在能力の開花、強力な魔除け、悪い気を吸収する

紫色の数珠で定番なのは、紫水晶(アメジスト)です。
古来より高貴な石として宗教儀式に用いられることが多く、日本でも産出されています。
落ち着いた色のため、年代を問わず使うことができます。

●アメジスト…癒しと安らぎ、精神の安定、血液の浄化による解毒作用の効果
●アイオライト…心を静めて平常心をもたらす、正しい方向に導く
●スギライト…世界3大ヒーリングストーンのひとつ、心身の浄化・活性化、邪気から身を護る

水色

水色の数珠によく使われているのは、「海の水」と呼ばれるアクアマリンやブルートパーズ、ドミニカ共和国のバオルコ鉱山でしか採れない希少石ラリマーなどです。
爽やかで優し気な雰囲気の水色の数珠は、若い女性に人気があります。

●アクアマリン…ストレスを防ぐ、変化に対する柔軟性、コミュニケーション能力を高める
●ブルートパーズ…集中力・決断力を高める、必要なものやチャンスを引き寄せる
●ラリマー…世界3大ヒーリングストーンのひとつ、マイナスの感情を静める、創造性を高める

男性と女性の数珠、子供の数珠の違い

数珠は男性用と女性用が、珠の大きさや仕立ての色で分かれており、共用のものはありません。
男性用は女性用よりも大きな直径10mm以上の珠が使われており、黒や茶といった落ち着いた色が一般的です。
女性用は直径8mm以下の珠で、明るめの色の房が付けられています。

また、数珠は個人で持つ仏具です。
一人の人間として尊重し、自立心を芽生えさせるためにも、3~4歳頃から本人用の数珠を持たせることは良いことです。

子供用の数珠は、幼児から小学校低学年ぐらいまでの大きさとなっています。
大人同様に木製や天然石で作られたものもありますが、樹脂やアクリルといった低価格で丈夫なものもあります。

また、下記の記事では女性用の数珠の選び方についてより詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

おまけ:数珠のサイズについて

男性用の略式数珠では、現代の標準サイズとされているのが主玉の数が22玉のものです。
他に20玉、18玉とありますが、輪の大きさは同じです。
そのため、玉の数が少ないほど玉ひとつ当たりは大きくなり、迫力と貫禄が出ます。
材質によっても変わりますが、輪の大きさは約28.5cmです。

女性用は主玉の大きさが7mmのものが標準サイズとされていますが、8mmのものもあります。
輪の大きさは約25.5cmです。

数珠の色のまとめ

葬儀

数珠の色についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
数珠はお葬式や法事に使うだけではなく、身を守ってくれるものでもあります。
気に入った色や材質で、自分だけの素敵な数珠をお持ちください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事