教えましょう!神棚の祀り作法と塩の使い方!

今回は、神棚をご家庭で祀ってみようと思っている方必読です。最近はホームサンタ―でも神棚のキットが結構置いてありますが、そこに『お塩』などをお供えするのを知っていますか?しかしお塩は、どのような種類を使えばよいのでしょうか。まずは作法から覚えて行きましょう。

目次

  1. 神棚には塩・水・米をお供えしましょう
  2. 神棚にはどんな種類の塩を使う?
  3. 神棚の塩の置き場所
  4. 神棚にお供えする塩の量
  5. 塩は毎日取り替えなければいけない?
  6. 神棚の塩の捨て方は?
  7. まとめ

神棚には塩・水・米をお供えしましょう

お家に神様を、お迎えする神棚を備えただけではいけません。

そして、お願い事ばかりをするのではなく、毎日神棚にお祀りした神様に、きちんと朝・夕の挨拶をしましょう。

そうした日々の精進を重ねることで、家庭を神様が守ってくれると言われています。

神棚には、神様の食事である『塩・水・米』がお供えの毎日の基本となります。

神棚のタイプによって、そのお供えの置き方も違ってきますので、まずは神棚のタイプから簡単にご紹介していきましょう。

神棚のタイプ

神様をお祀りする神棚のタイプは、通常「一社」や「三社」などが一般的ですが、ご家庭によっては「五社」などもお祀りしているところもあります。

一社の時に納める、お札は手前から「天照大御神神宮」のお札、2番目に氏神様のお札、そして一番後ろへ、個々の崇拝神社のお札を重ねてお祀りしましょう。

三社の神棚の場合は、中央の社に「天照大御神神宮」、神棚へ向かって右側の社へは氏神様、その反対の左側へ崇拝神社、という具合にお祀りします。

『塩・水・米』そして『お神酒(おみき)』

日本の神様をお祀りする神棚には、食事としてお米は欠かせません。

なので日本では大昔の古来から大変貴重な食品として珍重されている『塩・水・米』を、神様への供物として、お供えします。

『御神酒(おみき)上がらぬ神はなし』とも云われることから、お酒はお供えしなくていいのか?

と、思った方もいるかと思いますが、このことわざからもら分かるように、お神酒は最高の供物と言われ、お家の特別な事柄(家庭内の祝い・正月など)に、果物、野菜なども一緒にお供えするといいでしょう。

取り付け場所豆知識

さまざまな家庭の建物事情もあり、神棚をお祀りする場所も限られてしまう場合がありますよね。

特に都会のマンションや一戸建てには、常にどの場所も、神棚の上に人が通る部屋があったりします。

そんな時は、神様に失礼が無いように、神棚上部の天井へ『雲』と一文字書かれた物を貼ると、神様にバチが当たらなくなります。

神棚にはどんな種類の塩を使う?

盛り塩などは、古来中国からの影響で今でも日本で、お清めとして使用されていますね。

神様へささげる塩もまた「清め」としての意味合いもあり、神棚へお供えする塩は、そんじょそこららの物ではいけない気がします。

決め手は「天然塩」

神棚へお供えする「塩」は、海水から作られた「天然塩」を使います。

一般的な調理用のお塩は、科学的に手が加えられている為、サラッとし過ぎてお供えしずらいので機能性からも、海水から精製されたお塩がもっとも適しています。

天照大御神が御座す伊勢の三重県では、日本の海水を昔ながらの手作業で作ったお塩を、常用している方もいらっしゃいます。

近年ではネット通販でもこだわりの「天然塩」が売られているので手に入りやすくなっていますね。

神棚の塩の置き場所

基本は真ん中に『米』を配し、向かって右側へ『塩』、そして左側へ『水』をお供えします。

また、これら神様の食事『水・米・塩』の両脇にお榊、米の手前、又は、水や塩の奥にお神酒をお供えするといいでしょう。

一列で置かれる場合は、向かって左から【水・お神酒・米・お神酒・塩】となります。

神棚にお供えする塩の量

はっきり言って、この量!と言う決まりはありません。

食事となる『米』や『塩』は、神社の五穀豊穣祭事なので、無理にご家庭で真似ることはありませんが、器となる「かわらけ」の大きさにもよりますが、大さじ1杯から2杯ほどでちょうど格好がつくでしょう。

塩は毎日取り替えなければいけない?

何事も、食べ物をそのまま何日も放置しておくのは良い事ではありません。

だからと言って毎日交換しなくてはいけないという決まりがあるわけでもないんです。

神様にとって一番大切なものはきれいなお水とお榊ですので、重要とされています。

しかし私たち人間側からの気持ちとして、『塩』を供える訳ですから、朝などの参拝でお供えし、終えた時点で下げてもいいほどなんです。

要は気持ちなので、自分の出来る範囲の事を心掛けましょう。

神棚の塩の捨て方は?

神様への感謝の気持ちの食事、神饌(しんせん)は、神さまと人間が一緒に食する『神人共食(しんじんきょうしょく)』と言う、神道の祭り「新嘗祭(にいなめさい)」に見られる行事と同じなんです。

神棚の『塩』は、神様からのお下がりとして、お料理に美味しく使い頂くことが良いでしょう。

まとめ

神棚

神棚の『塩』についての作法はいかがでしたか?

神様への毎日の参拝で、お供えする『塩・水・米』を毎日気にするより、家族みんなの神様への気持ちが一番大事だという事です。

その上で自分たちの出来る範囲で、『塩』などの神饌(しんせん)をされることをおすすめします。

シェアする

「神棚・塩」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「神棚・塩」についてさらに知りたい方へ

神棚の費用相場や購入の注意点、設置場所などを全て解説。のサムネイル画像

神棚の費用相場や購入の注意点、設置場所などを全て解説。

神棚のお供え物の選び方や配置を解説します!のサムネイル画像

神棚のお供え物の選び方や配置を解説します!

きっと神様は見ています!正しい神棚の配置とは?のサムネイル画像

きっと神様は見ています!正しい神棚の配置とは?

神棚のお供え物の配置や順番、交換タイミングを解説!のサムネイル画像

神棚のお供え物の配置や順番、交換タイミングを解説!

神棚の飾り方やお供え物の並べ方を解説します!のサムネイル画像

神棚の飾り方やお供え物の並べ方を解説します!

神棚に供える水。その量・入れ物・入れ方・位置をご紹介。のサムネイル画像

神棚に供える水。その量・入れ物・入れ方・位置をご紹介。

神様へのお供え物の種類と作法や半紙の使い方を解説!のサムネイル画像

神様へのお供え物の種類と作法や半紙の使い方を解説!

神棚を自宅に作ってみよう!神具やお供えの並べ方をお教えします!のサムネイル画像

神棚を自宅に作ってみよう!神具やお供えの並べ方をお教えします!

正しい神棚への供え方 配置方法と順番は?のサムネイル画像

正しい神棚への供え方 配置方法と順番は?

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向きのサムネイル画像

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「神棚・塩」についてさらに知りたい方へ

神棚の費用相場や購入の注意点、設置場所などを全て解説。のサムネイル画像

神棚の費用相場や購入の注意点、設置場所などを全て解説。

神棚のお供え物の選び方や配置を解説します!のサムネイル画像

神棚のお供え物の選び方や配置を解説します!

きっと神様は見ています!正しい神棚の配置とは?のサムネイル画像

きっと神様は見ています!正しい神棚の配置とは?

神棚のお供え物の配置や順番、交換タイミングを解説!のサムネイル画像

神棚のお供え物の配置や順番、交換タイミングを解説!

神棚の飾り方やお供え物の並べ方を解説します!のサムネイル画像

神棚の飾り方やお供え物の並べ方を解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと