お盆の時期、仏壇の飾りはどうする?お供えの仕方を解説します。

お盆の時期や仏壇の飾り方は宗派や地域によって少しずつ異なりますが、そのいずれであってもご先祖様に感謝し大切におもてなしすることに変わりはありません。お盆の時期の仏壇の飾り方や盆棚のお供えものについて解説します。

目次

  1. お盆とは
  2. お盆と仏壇
  3. 基本的な仏壇の飾り方
  4. 仏壇の扉は閉める?
  5. 地域や宗派等によるお盆
  6. お盆の仏壇の飾り方まとめ

お盆とは

古くからある「祖霊信仰」と、仏教の追善供養「盂蘭盆会」の二つが融合したものが日本の「お盆」のようです。

迎え火

祖霊信仰

祖先崇拝などほかにも呼び方があります。
日本には仏教伝来以前、遡れば縄文時代頃から祖霊信仰(それいしんこう)がありましたが、仏教伝来以降にはそれと仏教徒が習合(しゅうごう)し、盂蘭盆会(うらぼんえ)の「盆」をとって「お盆」と呼ばれるようになったと考えられています。
そのためお盆は仏教だけのものではなく、神道でも祖先が返ってくる時期とされ、御霊(みたま)を祭る行事が行われます。

目連の伝説と盂蘭盆会

釈迦の弟子に神通第一と呼ばれた目連(もくれん、大目犍連などとも)という人物がいました。

目連が修行中、先に亡くなっていた実母のことが気になり、天上界で生まれ変わっているか確認してみると母は天上界ではなく餓鬼界で逆さ吊りの責め苦にあっていました。
神通力で供物を捧げても母の前では燃えてしまい、届けることができません。
驚いて釈迦に相談すると、7月15日に供養することを教えられました。
その通りにすると母は救われ、極楽浄土へ行くことができました。

盂蘭盆会はこの伝説が由来と言われています。

お盆と仏壇

お盆の期間

現在では新暦の8月に行われることが多く、13日にご先祖様をお迎えし、15日、16日にお送りするというのが一般的です。
一方、東京や横浜、金沢旧市街などでは新暦の7月、沖縄や奄美地方などでは旧暦7月15日など地域によって様々です。
期間も14日・15日の2日間だけとする地域や、20日に送るという場所もあります。

ご先祖様をお迎えする

墓や家、仏壇を掃除し飾るだけでなく、地域によっては家までの道のりも掃除したり草刈りをしたりします。
山が近い地方では、山からお盆に飾る花を採ることもあります。
これらは祖先の霊は山に帰り、山からやってくるという古い祖霊信仰の名残と考えられています。

そういった準備が終わると、ようやく祖先の霊を家にお迎えすることになります。

基本的な仏壇の飾り方

一般的に、お盆の時期には仏壇、あるいは仏壇の前などにもう一つ祭壇を作り、供物を並べて飾り付けをします。
祖先の霊を迎え、おもてなしするためのもので、臨時の祭壇のことを「盆棚」あるいは「精霊棚」などと呼びます。

仏壇の前にお盆独特の飾りつけをします

地域や家庭、宗派などによって様々な飾り方がありますが、基本的な飾りを紹介します。

真菰

棚に真菰(まこも)で作ったござを敷き、その上に飾りや位牌、お膳などを並べます。
棚は1段にしたり3段の階段状にしたりと様々です。
真菰ではなく布、あるいは何も敷かない場合もあります。

位牌や仏具

位牌は仏壇から取り出して最奥に置きますが、仏壇のすぐ前に棚を作るときには取り出さないこともあります。
仏壇の中のように、ろうそくなどの灯りも立て、手前にはおりん、香炉なども置きます。
盆提灯は盆棚の左右に1対置きます。

お膳やお供え

位牌の前にお膳やお水、故人の好んだもの、さらに季節の野菜や果物、そうめんや昆布なども供えます。

盆花、水の子、馬・牛など

仏壇

盆花には山から摘んだ花やキキョウ、ミソハギ、ユリ等の季節の花を飾ります。
金や銀の蓮の花の場合もあります。

水の子とは茄子、胡瓜をみじん切りにし、洗った米と混ぜて水を張った蓮の葉の上に盛ったもので、あらゆる霊に行き渡るよう無限に食物をお供えするという意味があるそうです。

馬・牛を飾るのは、脚の速い馬はご先祖様が早く家にこられるように、また帰りは牛に乗ってゆっくりと戻るようにという意味があります。
脚に割り箸やきびがらなどを使って胡瓜で馬、茄子で牛を作ることが多いですが、わらで作るところもあるようです。

その他

五如来幡という、霊を供養する如来の名などが書かれた五色の旗を飾ったり、竹などの青葉を四隅に立てて縄で囲ったりすることもあります。

現在では簡略化している家も多いようですが、基本的な物や意味を知ると気持ちもより込めやすいかもしれませんね。

仏壇の扉は閉める?

特に盆棚に位牌を出している場合は閉めてしまうかどうか迷うかもしれませんが、実はどちらという決まりはありません。
宗派や地域、各家庭にもよりますが、仏教では死や死者は穢れではないので、敢えて扉を閉めて遠ざけなくてもよいようです。
取り出してある位牌以外の祖先にも賑やかに過ごしてほしいから扉を開けておく、夜は気になるから閉めるなど考え方次第です。

地域や宗派等によるお盆

迎え盆

祖先が迷わず帰ってこられるようにという意味の迎え火を焚くのが一般的ですが、焚く場所は墓前であったり、門口であったりします。
火を焚くときも、松明であったり、オガラ、白樺の皮など地域によって燃やす素材もいろいろです。
また、川や海、山やお墓に祖先を出迎えに行く地域もあります。

送り盆

送り盆では迎え火と同じ場所で送り火を焚くのが一般的です。
さらに地域によって川に供物を流したり、海にワラ等で作った船に供物や送り火を乗せて流したりと様々な方法で祖先を送り出します。
京都の五山送り火や、全国各地で行われているたくさんの灯籠を流す灯籠流し、長崎などの精霊舟を流す精霊流しなど、夏の風物詩として有名な行事も数多くあります。

新盆

人が亡くなって最初のお盆を新盆(しんぼん・あらぼん・にいぼん)、初盆(はつぼん・ういぼん)などと呼びます。
内容は地域や宗派によりますが、僧侶を招いてお経を上げたり墓にも提灯をたてたりと、お盆の中でも手厚く供養することが多いです。

浄土真宗

浄土真宗は戒律がないため特別な飾り付けはしませんが、お盆には変わりなく、菓子を供えたり僧侶が読経したりということはあります。

神道

神道でも迎え火や送り火の行事をしたり、墓参りをしたりと、仏教におけるお盆と同じように祖先を供養します。
特に初盆にあたる年には新御霊祭(あらみたままつり)と呼び、仏教と同様手厚く供養します。

お盆の仏壇の飾り方まとめ

大文字

お盆と仏壇の飾り方についてまとめました。
いかがでしたか。
地域や家庭によってもさまざまですが、豪華さや立派さはあまり問題ではありません。
ご先祖様を迎え、おもてなしする気持ちが大切です。

「お盆・仏壇」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「お盆・仏壇」についてさらに知りたい方へ

仏式だけじゃない、神道にもあるお盆の行事を知ろう!のサムネイル画像

仏式だけじゃない、神道にもあるお盆の行事を知ろう!

地域によって時期が違うお盆のお墓参りについてのサムネイル画像

地域によって時期が違うお盆のお墓参りについて

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

神道にも初盆がある?提灯や祭壇はどうすればいいの?のサムネイル画像

神道にも初盆がある?提灯や祭壇はどうすればいいの?

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!のサムネイル画像

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!

日本の素敵な習慣です。お盆にお墓参りをする理由とはのサムネイル画像

日本の素敵な習慣です。お盆にお墓参りをする理由とは

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスしますのサムネイル画像

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

関連する記事

「お盆・仏壇」についてさらに知りたい方へ

仏式だけじゃない、神道にもあるお盆の行事を知ろう!のサムネイル画像

仏式だけじゃない、神道にもあるお盆の行事を知ろう!

地域によって時期が違うお盆のお墓参りについてのサムネイル画像

地域によって時期が違うお盆のお墓参りについて

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

神道にも初盆がある?提灯や祭壇はどうすればいいの?のサムネイル画像

神道にも初盆がある?提灯や祭壇はどうすればいいの?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと