新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介します

故人を初めて迎えるお盆である「新盆」は、特に丁重に行われます。より粗相のないように「お供え」も用意しなければなりません。でも、新盆にはどのようなお供えを選べば良いのでしょうか。お供えに関することと合わせてご紹介します。

目次

  1. 新盆のお供え物について
  2. 「のし」の書き方
  3. 金額の相場は?
  4. お供え物を選ぶ
  5. 精進料理について
  6. お供えを送る時期は
  7. 新盆のお返しはどうする
  8. 新盆のお供えまとめ

新盆のお供え物について

新盆を迎えるに当たって、どのような準備をしたらいいか困ってませんか?

特にお供え物はどのように用意したらいいのか?何をお供え物にすればいいのか?

これらのことは誰も教えてくれません。なんの用意もできずに、新盆を迎えて焦ってらっしゃる人もいると思います。

でも、この記事を読めば大丈夫です。
お供え物の用意の仕方、お礼の仕方、お供えの時期など、全てを細かく紹介します。

是非とも最後までご覧ください。

新盆とは

お墓

「新盆」とは、故人が亡くなり四十九日法要が終わった後、初めて迎えるお盆です。

つまり四十九日法要が終わる前にお盆を迎えた場合は、次の年が新盆ということになります。

また、四十九日法要が終わった後にすぐ新盆ということもあり、故人の身内の方にとっては忙しい日々となります。

新盆の行い方はいろいろありますが、一般的には親戚や知人を招いて法要を行い、会食の席を用意してもてなします。
招かれた方は、香典とお供え物を用意します。

「のし」の書き方

のし袋、のし紙

「結び切り」か「あわび結び」のものが適しています。

表書き

香典の場合は「御仏前」か「御佛前」で、お供え物には「御供物」、「御供」にします。

金額の相場は?

香典

故人との間柄で変わります。
「3000円」「5000円」「10000円」が相場であり、お住まいの地域においても相場が異なります。
ここは近しい人に確認しておくと良いでしょう。

判断の例としては、親戚以外なら3000円で親戚以上であれば5000円~10000円を用意します。

また、食事がある場合や、お供え物を用意する場合でも変わります。
食事がある場合は香典の上乗せをしますし、お供え物を用意する場合は香典の方は控えめにすることもあります。

お供え物

こちらもお住まいの地域により異なりますが、親戚以上の間柄であれば用意した方が良いでしょう。

金額は「3000円~5000円」が多いようですが、これも地域差が見受けられます。
こちらも近しい人の確認をしておきましょう。

お供え物を選ぶ

新盆のお供えものを何にするかは、判断に悩むところです。

定番ですと、同じお供え物がたくさん集まってしまい、故人の身内は困ってしまうこともありますので、慎重に考えましょう。

また、故人の好きだったものをお供えにすることは両論があるようです。

それは、好きだったものをお供えするのは、まだ故人が亡くなられて日が浅く悲しみが残っており、故人を思い出させてしまうので不適切という考えからです。

ここは周りの風習に合わせる必要がありますが、無難に好きなものにこだわらない方が良いかもしれません。

お菓子

日持ちするものが多いのでお菓子はおすすめです。

お菓子はたくさん集まっても、法要が終わった後に人数分に分けてお持ち帰りして頂くことができますので、無難なお供え物です。

より、小分けになったお菓子が、分けやすくて適しています。

果物

果物は日持ちするものを選んでください。
「バナナ」や「いちご」は日持ちしませんので適しません。

お花はたくさん集まりすぎると飾りきれないことがありますが、気持ちを表現しやすいお供え物なのでお勧めです。

お盆の場合は「菊の花」でなくても良いですが、選ぶのは難しいので、お花屋さんで「アレンジメント」で適したものを選びましょう。

お線香

お線香は、そう多く消費するものではありませんので、たくさんあっても使い切るのが大変です。
故人の身内と常に親しい間柄でないのなら、控えた方が無難です。

精進料理について

困った人々

お盆には故人が自宅にお帰りになるので、精進料理にて振る舞います。

精進料理は「一汁三菜」をご用意します。 (「一汁五菜」もあります)

飯椀

「白米」を用意します。
大盛で上を丸くする場合もあります。

汁椀

「すまし汁」か「味噌汁」を用意します。

つぼ椀

「和え物」を用意します。

平椀

「がんもどき」や「結び昆布」、「いんげん」等の煮物を用意します。

高杯

「香の物」を用意します。

並べ方

仏様から見て、手に取りやすいように配置します。

なお、会席の場合も精進料理が良いですが、最近はこだわらず、おいしいものを用意する場合が多いと思います。

私の住む地域でも、会席の料理はオードブルが振舞われることが多いです。

お供えを送る時期は

遠方に住んでいて新盆に行けない場合、お供えは10日前後に届くように送ってください。

新盆を迎える家へお伺いし、お供えを持って行く時は、13日か14日が良いでしょう。
新盆法要に出席するときは、その際にお供えをお渡しします。

お盆は8月が多いですが、7月のところもありますので注意してください。
日にちは7月、8月同じです。

新盆のお返しはどうする

一般的には、香典とお供え物の合わせた金額の半分から1/3程度を用意します。
これも地域により差があり、1000円~2000円程度という場合も多いようです。

お返しに用意する「引き出物」は、食品や生活用品のような日常の消耗品が多いです。

具体的には、海苔やお茶、お菓子、食用油、調味料等があります。
お米がある場合もありますが、重たいのでご年配の方に負担になります。
全体的にご年配の方が多い場合は、お米ははずした方が良いでしょう。

新盆のお返しは、法要や家の方に来て頂いた方には、お帰りになる時にお渡しし、遠方からお供え物を送られた方には、お盆のあとの2週間をめどに宅配便で送りましょう。
お送りする品物に「お礼状」を添えるとよろしいかと思います。

新盆のお供えまとめ

人々

いかがだったでしょうか。

新盆の迎え方は、お住まいの場所により違いがあると思います。
より、今回の説明だけで判断せず、親しい人に確認してみてください。

故人が亡くなってから初めてのお盆は、まだ故人が亡くなられて日も浅いだけに、みなさんの記憶にも強く思い出が残っています。
より、新盆を丁重に行い、故人を大切におもてなしし、供養しましょう。

「新盆・お供え」に関連する記事

「新盆・お供え」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「新盆・お供え」についてさらに知りたい方へ

新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけようのサムネイル画像

新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけよう

初めて迎えるお盆。新盆の準備、提灯の意味と飾り方のサムネイル画像

初めて迎えるお盆。新盆の準備、提灯の意味と飾り方

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説のサムネイル画像

13回忌に適したお供え物って?注意点やお返しについても解説

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスしますのサムネイル画像

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスします

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!のサムネイル画像

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?のサムネイル画像

お墓参りでお供えをするためにはどういう点に気をつけるべき?

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?のサムネイル画像

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?のサムネイル画像

49日のお供え物の注意点とマナー。金額の相場やのしの書き方は?

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向きのサムネイル画像

仏壇のお供え物にルールはあるの?お菓子の選び方や位牌の向き

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと