永代供養料の相場は?損をしないように知っておきましょう!

永代供養料の相場は、どの位か?わかりにくいですね。ここでは、永代供養料の範囲やその納骨期間によって費用が変わるのかなどを見て行きます。永代供養料の相場は、全国各地域で変わります。

目次

  1. 永代供養料ってどんな料金?
  2. 永代供養料の相場は?
  3. 永代供養料に消費税はかかるのか?
  4. どこで永代供養すればよいか
  5. まとめ

永代供養料ってどんな料金?

永代供養料の相場を考えるにあたり、永代供養とはどのような事であり、現在一般的に頭に浮かぶものと違いがあるのかを考えます。

そもそも永代供養とは

基本的にお寺は永代供養です。お寺には、過去帳がありそれには檀信徒の戒名などを書いてあります。お寺では、毎朝のお勤めやお彼岸・お盆などの法要の時に、全てをお寺に縁のある方々として供養します。

壇信徒とは

檀信徒は、檀家と信徒をまとめた言い方です。世間一般では、檀家はその寺にお墓を持っている家で、信徒はお墓を持たないが葬儀や法事などを任せている方を言っている事が多いようです。

檀信徒の永代供養料の相場は?

葬儀・納骨・法事法要などにお渡しするお布施の総計です。葬儀(お通夜・葬儀・告別式)で相場は、15万円~50万円くらいです。これには、戒名・読経も入った相場です。49日法要・一周忌法要の相場は、3万円~5万円位で三回忌以降の相場は5千円~1万円位です。当面は、これらが永代供養料となります。他に、管理費として年当たり3千円~1万5千円の費用が掛かります。

現在一般的に言われる永代供養とは

お墓

1990年代頃から、特に都会でのお寺・霊園・墓地に於いては墓地を拡大するにも物理的に難しくなる中、また核家族化など社会形成の形態が変化する中、共同永代供養墓をもうけることにより、少しでも多くの方を受け入れられるようにしたシステムです。

永代供養の形態は

納骨の時に、ご遺骨を骨壺から取り出して共同永代供養墓に埋葬する直接合葬式や、一定期間ご遺骨の入った骨壺を納骨堂に保管し後に共同永代供養墓に埋葬する保管後合葬式があります。
地域にもよるのかもしれませんが、一般に「喉仏」と呼ばれる第二頸椎を入れた小型の骨壺と普通の骨壺に分けて入れ、小型の骨壺を本山へ納骨し、普通の骨壺のご遺骨はお墓に納めます。

霊園や墓地などの永代供養料金の範囲とは

永代供養の形態によって範囲もかわります。一般的には、永代供養料金に含まれるものは、永代供養料(永代にわたり供養する費用)・永代使用(墓地使用料)・永代管理料(永代にわたる管理費用)・納骨料(納骨の手数料)・霊費、刻字料(戒名や家紋などの彫刻費用)などで一括に払う事が多いようです。但し、契約の内容によりこの範囲は変わります。

永代供養料の相場は?

永代供養料の相場を考えるにあたり、永代供養の形態別に必要な料金をみて永代供養料金の相場を見ます。

直接合葬式の相場

共同永代供養墓のあるお寺・霊園・墓地に、納骨するとすぐにご遺骨を骨壺から取り出して共同永代供養墓に埋葬する為に、骨壺の保管料金は当然かかりません。
従いまして、永代供養料金としてはその分安くなります。相場は、基本料金で10万円位から50万円位の所が多いようです。しかし、各お寺・霊場・墓地によって差がありますので実施する時には確認が必要です。

保管後合葬式の相場

直接合葬式と違うのは、遺骨を入れた骨壺を一定期間保管した後に共同永代供養墓に埋葬する為、一定期間の納骨堂での骨壺での保管がある事です。
当然、骨壺の保管期間によって永代供養料金に保管料に相当するものが加算されるのが相場です。
保管期間は、お寺・霊園・墓地によってまちまちで決まっているわけではありません。公営の墓地などでは10年間とか20年間の表示であったり、お寺などでは十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌などで期間を区切っていたりと各施設によっていろいろです。
また、保管期間の法要の回数や、遺族のお参り時の骨壺の出し入れなど不確定要素も多いです。永代供養料金の相場としては、100万円位から150万円位ですが、不確定要素も多いのでさらに高い場合もあるかもしれません。

永代供養の費用相場や内訳について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

永代供養料に消費税はかかるのか?

永代供養料金に消費税はかかるのか、という点についてです。
これまでの項目でも記述しました様に永代供養料金には、各種の項目が含まれておりその性質も異なります。
結論としては、墓地の土地永代使用料には、消費税はかかりません。その他の物には管理料も含めて消費税がかかります。従いまして、永代供養料金には消費税を含んでいる事が相場のようです。

永代使用料は消費税以外も非課税

墓地の永代使用料は、使用権を借りる為に、当然、固定資産税や不動産取得税も、また相続財産でもありませんので相続税も対象外です。

どこで永代供養すればよいか

檀家・信徒の方は、菩提寺に納骨し永代供養をします。
個人のお墓を新たに作る場合は、墓石や墓地永代使用料が別に必要となります。墓石は、50万円位からで100万円~200万円が中心です。永代使用料は、周辺の地価にも左右されるようですが20万円~100万円位が多いです。

菩提寺をもたない場合は

霊園や墓地は、公営は勿論公営でない場合も宗教や宗派にこだわらず出来るところが沢山見られます。お寺の場合も、同様に宗派にこだわらず受け入れてくれる所も多いようです。
いままで見てきたように、お墓を作る事と比べると費用は安く済むのは当然です。

まとめ

永代供養料の相場は、地域やお寺・霊園・墓地などの要素だけでも幅があります。
永代供養する場合は、費用と内容をしっかりと確認する事が必要です。多くの場合は、全てを一時払いで済みますが、時には管理費関係は年払いなどのところもあるようです。樹木葬なども永代供養の一つと言えると思います。特に、都会では核家族化や墓地用地の確保が難しいなどの理由で共同永代供養墓の利用による永代供養が増えています。

永代供養以外の供養形態の費用相場や、お墓の購入費用などについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養料・相場」に関連する記事

「永代供養料・相場」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説のサムネイル画像

    永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

    永代供養・共同墓地について解説いたします!

    核家族化と少子高齢化が進んだ近年では一般的なお墓を持たず、永代供養の共同墓地を選択する人が増えています。 共同墓地に入った場合に供養はどうするのか気になりませんか? 永代供養と共用墓地の疑問について解説いたしますのでぜひ最後までお読みください。

  • 永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

    近年増えている永代供養ですが、その実態についてご存知でしょうか?費用が安いと良く耳にしますが、どのようなメリットがあるか知ってから選びたいものです。この記事では永代供養を選ぶメリットについて、費用や宗教の違いなど様々な面から解説いたします。

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

    永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

    最近は少子化などの影響で永代供養の施設を利用する人が増えてきています。それと同時に永代供養をめぐるトラブルも色々と起きています。永代供養ではどのようなトラブルが多いのか?それを予防するにはどうすれば良いのか?一緒に考えていきましょう。

  • 東京にある宗派別永代供養墓を紹介します!終活に役立つ!のサムネイル画像

    東京にある宗派別永代供養墓を紹介します!終活に役立つ!

    唐突ですが、皆さんは終の棲家後のお墓は決まっていますか。終活を考える時に、重要になるのがお墓選びですが、近年は、永代供養墓にする傾向があり、特に東京都内に希望する方が多い様です。今回は、東京にある宗派別の永代供養墓を紹介します。

  • 永代供養料とお布施は別?表書きの違いや金額の相場を解説のサムネイル画像

    永代供養料とお布施は別?表書きの違いや金額の相場を解説

    永代供養料とお布施、この二つは本来別物であり、違いがあることについてご存知でしょうか。どちらもお墓や、供養などのためにに必要な費用です。ここでは、永代供養料とお布施の詳細について解説し、その違いについて説明します。

  • お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

    お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

    近年永代供養を選択される方が増えてきています。では、お寺での永代供養とはそもそもどんなものなのでしょうか。またお寺での永代供養料の相場はどれくらいなのでしょうか。お寺の永代供養料について注意点を含めてご説明いたします。

  • 永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

    永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

    永代供養のお墓では、お墓の管理や供養を墓地管理者が行います。お墓の承継で悩む必要はなく、永代供養のお墓にする方も増えています。しかし永代供養のお墓といっても供養の仕方などがよく分からず、不安な方も多いでしょう。永代供養できるお墓について分かりやすく解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「永代供養料・相場」についてさらに知りたい方へ

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説のサムネイル画像

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

永代供養・共同墓地について解説いたします!

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

東京にある宗派別永代供養墓を紹介します!終活に役立つ!のサムネイル画像

東京にある宗派別永代供養墓を紹介します!終活に役立つ!

永代供養料とお布施は別?表書きの違いや金額の相場を解説のサムネイル画像

永代供養料とお布施は別?表書きの違いや金額の相場を解説

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養料・相場」についてさらに知りたい方へ

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説のサムネイル画像

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

永代供養・共同墓地について解説いたします!

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと