葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト

お墓の供花、造花を使うのははあり?なし?身近な疑問を解決します

最近よくお墓に造花が飾られているのを見かけます。お墓への供花に造花を使うのはマナーとしてあり?なし?意外と知られていない供花についての疑問を解決します。

お墓に花をお供えする理由

お墓

お墓に花を供える理由は、遥か釈迦の時代に遡ります。釈迦が仏になる前、燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様に会う機会がありました。何か供養したいと考えたものの、何も持ち合わせていませんでした。そこで青蓮華(しょうれんげ)を買って供養したという話がお経の中に出てきます。これがお墓に花を供えるようになった始まりだと言われているのです。

また、仏教における供花は修行の1つであるとされています。厳しい自然に耐えて咲いている花を、修行の誓いとして毎日供えるのです。

お墓に花を供える際は、ご先祖様を大切に思い、花が枯れないように心がけるのが基本です。しかし、遠方に住んでいたりしてなかなかお墓を訪ねることができない場合もあります。そこで最近注目されているのがお墓に供える造花です。お墓に造花を供えることはマナーとしてどうなのでしょうか?

お墓に供える造花

造花

造花を供えるのはマナー違反?

花を供える時、生花でなければいけないという決まりは特にありません。ご先祖様を供養する気持ちがあれば、造花でも生花でもどちらでもよいのです。昔は庭の花などをお供えしていましたが、時代の流れと共にほとんどの人が購入した花を供えるようになったのです。そして最近では造花が注目されてきています。

造花を供える理由

先述したように、お墓に供える花は常に枯らさないよう心掛けるべきなのですが、実際にはかなり難しいことだと考えられます。屋外のため日光や風雨にさらされ、生花はあっという間に枯れてしまいます。毎日水を取り換えることもほぼ不可能です。枯れたままの花が残っているのはなんとなく寂しいですよね。

しかし造花であれば生花よりも遥かに長持ちします。天候や環境にもよりますが、だいたい1年くらいは大丈夫です。水洗いできるものもあります。また、虫がわいたり腐ったりする心配もありません。いつ見ても鮮やかな花が枯れずに供えられているのは気持ちがいいですね。

造花の値段

インターネットで検索してみると、お墓に供える造花の値段は様々です。大きさによって、千円台~1万円を超えるものまであります。平均的なものは1対で3千円前後のようです。必要性や供える場所の広さに応じてうまく選ぶとよいですね。

造花を使う時に注意したいこと

姑 トラブル

造花で思わぬトラブルにも?

思わぬトラブルの可能性

造花の使用率が高くなってきているとはいえ、やはり生花にこだわる人も中にはいます。造花をお供えしたらお姑さんに叱られ、トラブルになったという事例もあるほどです。造花を使用することでお墓に通う頻度が少なくなり、手抜きと捉えられてしまったようです。また、仏教の教えに反すると言う人もいます。まずは家族に相談し、年長者や本家に合わせるのがよさそうですね。

お盆やお正月には生花がおすすめ

上記のようなトラブルを避けるためにも、普段は造花を使い、お盆やお正月などには生花を使っている人も多いようです。使う時期やお墓に通える頻度に応じて使い分けるというのも、トラブルをうまく避ける方法だと思います。

風で飛ばされてしまう危険性

造花は長い間供えておくことが多いですが、物によっては生花とは違い、とても軽量なものがあります。そのため、供えっぱなしにしている間に風で飛ばされてしまうことがあるのです。もし可能であれば、供える前に茎の部分に重りのようなものをつけておくとよいかもしれません。

通販で買えるお墓用の造花

葬儀

最近ではネット通販でお墓用の造花が販売されています。しかも価格によっては生花と見間違うほどの完成度です。ここからは通販で買えるお墓用の造花をいくつかご紹介していきます。

ニューホンコン造花 エコ仏花蓮 2本組
ニューホンコン造花 エコ仏花蓮 2本組

商品価格¥1,836

インターネット販売で5つ星評価のリーズナブルなお墓用造花です。葉から花びらまで1つ1つ丁寧に作られているのがよく分かります。

サイズは約35×19×15㎝、重さは約70gとなっています。お盆やお正月は生花をお供えし、普段には造花という使い方もできます。

この商品を購入
お墓用の仏花(造花)大 ユリ白(百合、菊、小菊など )1対
お墓用の仏花(造花)大 ユリ白(百合、菊、小菊など )1対

商品価格¥3,240

しっかりした作りで、長期のお供えにもバッチリ対応可能。菊、百合、蓮華など供花の定番ともいえるお花が揃っています。

高さも55㎝あり、ボリュームたっぷり。本物そっくりのお墓用造花です。

この商品を購入
【仏花 造花】ふんわりピンクの優しい花束仏花 一対(2束)
【仏花 造花】ふんわりピンクの優しい花束仏花 一対(2束)

商品価格¥7,322

ピンクの花をたくさん使った優しい色合いの供花です。注文の際に「屋外で使用する」と言うことを伝えると、水に濡れても大丈夫なようにしっかりと茎の部分にテーピングをしてくれるという嬉しいサービスも。

サイズは55×35㎝ですが、差込口の長さに合わせてカットすることも可能です。

この商品を購入

今回は3種類の造花をご紹介しましたが、この他にもインターネット通販で買えるものはまだまだたくさんあります。使用目的や予算に合わせて、ぴったりなものをうまく選んでみて下さいね。

お墓用に供える造花まとめ

葬儀

いかがでしたか?今回はお墓に供える造花についてさまざまな視点から考えてきました。造花を使用することは経済面や衛生面で便利な部分が多くあります。お墓に通う頻度も少なくなり、負担も減るでしょう。しかし「お墓には生花」とこだわりのある方もいるのが事実です。

後からトラブルになるのを防ぐためにも、メリットデメリットを家族でしっかり話し合い、年長者に相談して決めるのがよさそうですね。造花を使用する際は、便利なインターネット通販もぜひ使用してみて下さいね。

終活の専門家に相談してみよう

終活ねっと事業主ページでは読者様のニーズ別に終活に関する様々な専門家を紹介しています。
ぜひご利用ください。

事業主ペーシはこちらから

「お墓・造花」に関連する記事

「お墓・造花」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「お墓・造花」に関連する記事

「お墓・造花」についてさらに知りたい方へ

お墓に欠かせないものと言えばお花です。でも生花はすぐに枯れますし後処理に困っていませんか?造花にしてしまえば見栄えも持ちも良いのではとお考えの方もいるかと思います。ここではお墓に供えるお花を造花にすることに着目してまとめてみました。のサムネイル画像

お墓のお花を造花にするのはあり?なし?お花事情を探ります。

1
仏壇や墓前に仏花をお供えしますが、最近では手間のかからない造花アレンジを利用する人が増えています。種類も多く何といっても枯れることのない造花であれば、管理もしやすく手間もかからないため、年配の方にも人気があるようです。ここでは仏花の様々なアレンジを紹介します。のサムネイル画像

今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメント

2
仏壇に飾る花は、生花でないといけないのでしょうか?最近は仏壇に造花を飾ることも増えてきています。造花を飾ることののメリット・宗派の見解などをご説明いたします。人気の造花、プリザーブドフラワーをご紹介します。のサムネイル画像

仏花について、仏壇に飾る花は、造花でも良いの?

3
お墓参りに欠かせないものは墓花ですよね。実は最近墓花として造花を持参する人が増えているってご存知でしたでしょうか?造花でもOKなら長い期間キレイなままでお供え出来て便利ですよね。仏花よりも自由性の高い墓花、知らないマナーや人気の増加をまとめてみました。のサムネイル画像

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

4
春と秋のお彼岸にお盆、月命日など、節目ごとにお墓参りをする人は多いと思います。お墓に行く時に欠かせないのは花。きれいな花をお供えして故人を弔いますが、この花には決まりがあるのでしょうか?お墓にお供えするのに適した花についてご紹介します。のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

5

ランキング

よく読まれている記事です

散骨をはじめとする葬送方法。その一つが樹木葬です。死後は土へと還り大自然の一部となることは、命の自然な形でもあると考えられます。海や空、宇宙などへの様々な散骨と共に、今後ますますニーズの高まるであろう樹木葬について、ご紹介します。のサムネイル画像

死後は土に還る…散骨をはじめとする自然葬、樹木葬について

1
墓石掃除にはいつも時間がかかると感じる人もいるのではないでしょうか。便利なグッズを利用すればこの墓石掃除も楽にすることができます。ここでは、墓石の掃除の仕方、100均で手に入る便利グッズを紹介します。のサムネイル画像

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

2
実は知らないお墓の話として、永代供養があります。
永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。
永代供養の期間についてまとめました。のサムネイル画像

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

3
全国各地に存在するたくさんの墓地。墓地にもさまざまな種類があり、管理者も管理方法も異なります。その管理はどのように行われているのでしょうか?のサムネイル画像

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?

4
引越しなどで、墓地を移転しなければならない場合があります。この場合、もとの墓石を移す、新しい墓地に墓石を建てる、または納骨堂に納めて永代供養をお願いする方法があります。また、分骨することもできます。この記事では墓地の移転についてその基本を解説します。のサムネイル画像

墓地の移転とその手続きについて解説します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト