通夜での作法を知っていますか? 服装、あいさつ、焼香などなど

学校を出て就職してから年数がたちますと、次第に付き合いが増えてきます。1人でお通夜に参列して焼香する機会も出てきます。受け付けでの作法、焼香、服装など、お通夜の作法全般について勉強しておきましょう。

目次

  1. 通夜について
  2. 通夜に参列するときの服装
  3. 受付での作法
  4. 香典
  5. 焼香の作法
  6. 通夜の会場での作法
  7. おわりに

通夜について

葬儀

通夜とは、遺族や近親者が故人とお別れするため、一晩中故人に付き添う儀式でした。昔は、遺体の腐敗臭を消すために夜通し香を炊き続ける必要があったのです。

しかし、最近では、仕事の都合などで、告別式に参列できない人の、お別れの場にもなっています。また、現在では保存技術(ドライアイスなどの)により、遺体から腐敗臭が発生することは、ほとんどありません。

現在は、通夜も簡素化されて夜通しではなく、1ー2時間の「半通夜」が普通になっています。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

通夜に参列するときの服装

葬儀

男性の場合

服装は黒のスーツ、白のシャツ、黒無地のネクタイ、黒の靴下、黒の革靴。ベルトも黒色がのぞましいです。

そのほかに、
*タイピン、ポケットチーフなどはしません。
*時計やハンカチも派手なものは避けます。
*金の装飾品はしません。

女性の場合

服装は黒のスーツかワンピース、黒の靴、黒又は肌色のストッキング、黒のバッグ。

そのほかでは、
*遺族より格式が上の喪服は着ない方が良いです。和服は避けます。
*香水、ネイルは避けます。
*バッグは、革、毛皮の素材は避けます。
*結婚指輪、一連の真珠首飾りまでは良いですが、それ以外のアクセサリーは着用しません。

男女共通

*携帯電話の着信音は、式場に着く前に鳴らないように設定しておきます。
*喪章をつけて参列する人がいますが、喪章は遺族が身に付けるものです。
*毛皮のマフラーやコートも身に着けてはいけません。

受付での作法

葬儀

通夜の会場には遅くとも開始時間より10分ほど前に着くようにします。式場に着いたら、まず芳名帳に記帳します。氏名と自宅の住所を書きます。 受付で係の人に簡単にお悔やみの言葉を述べ、香典を渡します。

最近は個別カード方式も増えてきています。この場合は、カードに記入してから、そのカードと一緒に香典を受付けに渡します。

受付けでの挨拶

受付で最初に一礼したときは、「このたびは、(御愁傷様でございます)」など簡潔に挨拶。前半ははっきり言いますが、後半のカッコ部分はトーンをおとして、つぶやく程度でよいです。

ふくさから香典を取り出し、渡すときは、「御霊前にお供えください」といいます。
受付が済んだら「お参りさせていただきます」とあいさつし、会場に入ります。

代理出席の場合

記帳の際、名前を書いた下や横に小さく「代」と書きます。 妻が夫の代理で参列するときは、名前の左下に「内」と書くのが作法です。

香典

葬儀

香典袋の表書き

香典袋の表書きは宗教や宗派によって異なりますが、仏式弔事の場合、「御霊前」が広く使われます。その下に会葬者の氏名をフルネームで書きます。表書きと名前は薄墨で書くのが正式です。

中包みには、表の中央に金額、裏側には住所と氏名を書くのが作法です。

香典はいつ渡す

通夜と告別式の両方に参列する場合は、香典は通夜のときに渡すのが作法です(その場合には、告別式では記帳のみをします)。

香典を渡す時の作法

香典を出す際の作法は、まず、ふくさごと受付の台に置いて目の前で開けます。香典の向きを相手から見て正面になるようにして、両手で差し出します。

もし 受付がないときには、遺族か世話役に手渡すか、拝礼の後、霊前に供えます。直接、祭壇に供えるときは、香典は祭壇側に正面を向けて置くのが作法です。

焼香の作法

葬儀

焼香の作法は地域や宗派によって多少異なりますが、基本的な焼香作法の一例を下に示します。

焼香の作法例

遺族・親族に一礼し、祭壇の2、3歩手前に進みます。祭壇に向かって一礼して焼香台の前まで進みます。焼香台に置かれた香炉の右側にある抹香を右手の親指と人差し指、中指の3本でつまみながら手を返して目の高さまで持ち上げ、香炉の上まで下げ、指をこすって抹香を落とします。

この焼香の動作を3回行い、そのあとに合掌します。再度祭壇、遺族・親族の順に一礼をして退場します(若しくは元の場所に戻ります)。

焼香動作は1回だけでも良い

なお、焼香の動作は1回だけでも失礼には当たりません。気になるようでしたら、前の人の焼香回数に合わせてもよいでしょう。

通夜の会場での作法

葬儀

通夜の席が決められているときは案内に従い、決められていないときは、前から詰めて座るようにしましょう。 会場内では知り合いに会っても、話すときは小声で、言葉少なくします。あいさつも目礼する程度にします。

通夜振舞い

一般の弔問客は焼香をすませ次第退席しますが、通夜振舞いに招かれたら、なるべく応じるようにします。
故人とそれほど親しい間柄でない場合でも、1口でも箸を付け、その後、早めに退席するのが良いでしょう。

おわりに

お墓

お通夜に参列するときの作法についていろいろと紹介してきました。いかがでしたか?

時代とともに通夜のあり方も。変わってきたようですね。仕事の関係で昼間の告別式には参列しにくいため、通夜だけに参列する人が多くなってきているのです。

初めての人は焼香の作法が心配になるようです。焼香の作法は宗派によって細部は異なりますので、ほかの参列者の焼香作法と多少異なっても、気にせずに、この記事で紹介した焼香作法で進めてよいです。静かに、地味に、故人や遺族に寄り添う気持ちでいれば、問題はありません。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「通夜・焼香・作法」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・焼香・作法」についてさらに知りたい方へ

葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説しますのサムネイル画像

葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説します

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?のサムネイル画像

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?

葬儀の作法をご紹介!数珠の持ち方や焼香の手順・香典についても解説のサムネイル画像

葬儀の作法をご紹介!数珠の持ち方や焼香の手順・香典についても解説

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介のサムネイル画像

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?のサムネイル画像

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?

葬儀に参列する際のマナーとは?服装や香典・焼香のマナーを解説!のサムネイル画像

葬儀に参列する際のマナーとは?服装や香典・焼香のマナーを解説!

覚えておきたい「焼香の作法」前の人の真似がダメな理由のサムネイル画像

覚えておきたい「焼香の作法」前の人の真似がダメな理由

葬儀での焼香順位や焼香の作法とは?宗派による回数の違いもご紹介のサムネイル画像

葬儀での焼香順位や焼香の作法とは?宗派による回数の違いもご紹介

遺族側の葬儀での服装って?挨拶や焼香のマナーもご紹介!のサムネイル画像

遺族側の葬儀での服装って?挨拶や焼香のマナーもご紹介!

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょうのサムネイル画像

通夜に参列するときに慌てない、焼香のやり方を確認しましょう

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「通夜・焼香・作法」についてさらに知りたい方へ

葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説しますのサムネイル画像

葬儀・通夜のマナーの注意点は?服装・香典・数珠・挨拶を解説します

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?のサムネイル画像

お通夜に焼香のみで帰るのは失礼になるの?

葬儀の作法をご紹介!数珠の持ち方や焼香の手順・香典についても解説のサムネイル画像

葬儀の作法をご紹介!数珠の持ち方や焼香の手順・香典についても解説

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介のサムネイル画像

告別式でのお焼香はどうしたらいい?作法やマナーなどを紹介

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?のサムネイル画像

お通夜に遅れることは許されますか?失礼になりませんか?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと