素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影について

近年、遺影を生前に撮る方が増えてきています。生前に撮るってどうなの?と思われるかもしれません。しかし生前に遺影の撮影をすることで素敵な写真を残すことができるんですよ。今回は気になる方も多い遺影撮影について紹介していきます。

目次

  1. 遺影写真とは?
  2. 遺影写真は生前にとっておこう
  3. 大阪・京都・名古屋のフォトスタジオが人気
  4. 東京巣鴨で人気の写真館
  5. 遺影写真を撮影しよう!
  6. まとめ

遺影写真とは?

人々

遺影写真とは、お通夜や告別式の際に祭壇に飾る写真のことをいいます。葬儀が終われば自宅の仏壇などに飾られます。

遺影写真の選び方

遺影写真は、お通夜までに用意します。ばたばたするのでこの写真を選ぶのがなかなか大変なんです。遺影は故人が一人で写っているものでなければなりません。遺影を選ぶ時のポイントとしては、故人が大きく写っているものを選ぶようにしましょう。集合写真などを選んだ場合、大きく引き伸ばすので写真がぼけてしまう恐れがあります。
写真を大きく引き伸ばしたりなどは葬儀場の方に頼めば行ってくれます。背景処理も行ってくれますよ。

故人の人柄を表す写真を選ぼう

よく笑う人であったなら笑顔の写真など、人柄がにじみ出ているような写真を選ぶのが望ましいです。しかしこの遺影写真、なかなかいいのがないんですよね…。写真をなかなか撮らない方もいますので、直近1年以内の写真がないなんてことも…。

近年はカラー写真が主流

遺影写真といえば白黒が主流ですが、しかしカラー写真の普及とともに遺影写真もカラー写真が選ばれています。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

遺影写真は生前にとっておこう

人々

遺影にする写真を選ぼうとしても、一人で写っている写真がなかったり、あってもいい写真でなかったりなど、遺影写真に関する後悔は付き物です。後悔をしないためにも、生前からいい写真を撮っておくと良いですね。
遺影写真を撮るというよりは、日頃から写真を撮る習慣をつけて置くと良いですね。もしおじいちゃんおばあちゃんがいる場合、お孫さんとのショットなどで笑顔の写真と撮ることをおすすめします。

遺影写真を撮っておくことのメリットは?

遺影写真を生前にとっておくことのメリットは、笑顔の素敵な写真を遺影にできることです。故人の笑顔の写真はお葬式など出席する弔問客を笑顔にしてくれるでしょう。たくさんの人に見てもらう自分の姿ですので、笑顔の写真が良いですよね。

大阪・京都・名古屋のフォトスタジオが人気

大阪・京都・名古屋にあるフォトスタジオ「セルフィット」では、明るい雰囲気の中撮影できるということで人気となっています。
遺影撮影で人気のフォトスタジオですが、遺影だけでなく、証明写真・婚活写真・記念写真などさまざまな写真撮影を行っています。

丁寧なカウンセリング

セルフィットでは、撮影前に丁寧なカウンセリングを行います。遺影となる写真をとるわけですから、思いのこもった素敵な写真が撮りたいですよね。しっかりカウンセリングを行ってくれるので、自分の思いを伝えることができます。

お気に入りの品と撮影

セルフィットでは遺影撮影の際に、自分のお気に入りの品と一緒に写真を撮ることができます。お気に入りの帽子を被っての撮影もOKです。もちろん洋服も自分のお気に入りの洋服で撮影に望みましょう。

出張撮影も可能!

自宅で撮影したいという方や、思い出の場所で写真を撮りたいという方もいらっしゃると思います。セルフィットでは出張撮影も可能となっています。明るい陽の中写真を撮るとより素敵な写真になりますよ。外での撮影で自然な笑顔で撮影することができるかも。

気になる料金

生前遺影セットは16,500円となっています。
撮影料とデータ、キャビネサイズの写真プリント1枚の料金です。

東京巣鴨で人気の写真館

おばあちゃんの街の印象が強い巣鴨に、遺影撮影で人気の写真館「えがお写真館」があります。シニア専門の写真館ですので、安心して撮影に望むことができますよ。

時間をかけてヘアメイク

えがお写真館では、時間をかくじっくりとヘアメイクを行ってくれます。せっかく撮影すのですからきれいな姿で写して欲しいですよね。多くのシニア世代の撮影・ヘアメイクで培った素敵に見せる技術は日本唯一です!

50カット以上も撮影

撮影はなんと50カット以上!始めはぎこちない方も撮るうちに慣れてきてすてきなポージング、素敵な笑顔で写真を撮ることができます。

遺影写真を撮影しよう!

人々

プロに頼むと素敵な写真を撮ってくれます。しかし料金がかかってしまいます。お金をかけたくないという人もいるのでは?そんな方は家族に頼んで自分たちで撮影するという手もあります。

写真は特別なものを用意しなくてもOK

一眼レフなど本格的なカメラでなくても素敵な写真を撮ることができます。何ならスマートフォンのカメラでも良いのでは?きれいな写真を撮ることが大切なのでなく、いかに笑顔の自然な素敵な写真を撮ることができるかが大切です。

家族写真も一緒に

せっかくですから、家族で写真を撮っても良いですね。遺影社員の横にみんなで撮った写真を飾っても素敵です。思い出の一枚になりますね。一人で写真を撮られるのが苦手という方なら一緒に撮っても良いですね。加工処理は葬儀場の方に頼むことができますので安心です。素敵な笑顔の写真を撮りましょう。

まとめ

遺影写真を生前に撮るのはなんだか縁起が悪いんじゃ…と思われるかもしれません。しかしそんなことはありません。生前に素敵な写真を撮ることは残された家族はもちろん、故人にとっても良いことなんですよ。ぜひ機会を作って家族で写真撮影を行ってみてはいかがでしょうか?

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「遺影・撮影」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「遺影・撮影」についてさらに知りたい方へ

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!のサムネイル画像

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!

終活で自分の遺影用の写真を撮ろう!撮影や選び方のポイントも紹介のサムネイル画像

終活で自分の遺影用の写真を撮ろう!撮影や選び方のポイントも紹介

葬儀中の写真撮影はNG?葬儀中のマナーや遺影写真の準備方法を紹介のサムネイル画像

葬儀中の写真撮影はNG?葬儀中のマナーや遺影写真の準備方法を紹介

葬儀で使う遺影写真の選び方や価格は?当日に持つ人や処分方法も解説のサムネイル画像

葬儀で使う遺影写真の選び方や価格は?当日に持つ人や処分方法も解説

葬儀で集合写真は撮ってもいい?撮る意味や金額からマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀で集合写真は撮ってもいい?撮る意味や金額からマナーまで解説

葬儀用の写真の選び方とは?写真作成の費用相場や生前撮影も解説のサムネイル画像

葬儀用の写真の選び方とは?写真作成の費用相場や生前撮影も解説

遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!のサムネイル画像

遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!

家族葬の式中の写真撮影はOK?遺体の撮影は?撮影のマナーを解説!のサムネイル画像

家族葬の式中の写真撮影はOK?遺体の撮影は?撮影のマナーを解説!

四十九日の遺影の選び方は?四十九日後にはどうすればいいの?のサムネイル画像

四十九日の遺影の選び方は?四十九日後にはどうすればいいの?

終活における写真整理の利点とポイントを紹介しますのサムネイル画像

終活における写真整理の利点とポイントを紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「遺影・撮影」についてさらに知りたい方へ

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!のサムネイル画像

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!

終活で自分の遺影用の写真を撮ろう!撮影や選び方のポイントも紹介のサムネイル画像

終活で自分の遺影用の写真を撮ろう!撮影や選び方のポイントも紹介

葬儀中の写真撮影はNG?葬儀中のマナーや遺影写真の準備方法を紹介のサムネイル画像

葬儀中の写真撮影はNG?葬儀中のマナーや遺影写真の準備方法を紹介

葬儀で使う遺影写真の選び方や価格は?当日に持つ人や処分方法も解説のサムネイル画像

葬儀で使う遺影写真の選び方や価格は?当日に持つ人や処分方法も解説

葬儀で集合写真は撮ってもいい?撮る意味や金額からマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀で集合写真は撮ってもいい?撮る意味や金額からマナーまで解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと