老人扶養親族の所得控除とは?親族との同居の有無

「老人扶養」とは、自立して生活できない者の為に親族などが面倒を見る事ですが、皆さんのご両親が年老いたらどうしますか?元気なうちに子供たち親族で扶養するにはどうすればいいのでしょうか。今回は他人事じゃない「老人扶養」について詳しく見て行きたいと思います。

目次

  1. 老人扶養親族 条件
  2. 老人扶養親族 年金収入者
  3. 老人扶養親族 所得
  4. 老人扶養控除
  5. まとめ

老人扶養親族 条件

『老人扶養控除』の前に、その『老人』とは誰の事なのか?

「年老いた人が老人でしょう」っと、言いたいですが実のところどうなのか、初めにそのあたりから見て行きましょう。

扶養親族って?

本人から見た血族(血の繋がった)以外の、妻(夫)側の親族を『姻族』と言います。

この中で『扶養親族』となる人たちは、子供・ご両親・祖父母など、6親等までの血族と3親等までの姻族が扶養控除の対象となります。

なのでAさん(夫)の奥様方、曾祖父母や甥姪まで入ります。

扶養控除に年齢制限

そこで『老人扶養』の『老人』とは、年齢が70歳以上になる親族を表します。

『老人扶養』の年齢の上限はもちろんありません。

同居していないと対象外?

扶養控除を受けるうえで、年齢や親等の他に『生計を一緒にしていること』とあります。

田舎にご両親を残して、東京へ上京してきたAさんは、すでに居を構えて25年以上にもなります。子供は独り立ちしましたが、あと10年ほどで定年が待っています。

今更仕事を辞めて実家に戻ることも出来ません。

収入も年金のみのご両親を『老人扶養』を活用したいけど、そのご両親も長く親しんだ故郷を離れるつもりもなく、同居は無理のようです。

なので『一緒に暮らしていない』からご両親を『扶養』に入れてあげることが出来無いと思っているようです。

こういう例はどうしたらいいのでしょうか。

別居していても対象!

安心して下さい、前述のAさんは、ご両親や祖父母が別の場所で生活を営んでいても『扶養親族』対象にすることが出来ます。

『生計を一緒にしていること』とは、同じ屋根の下に同居していることではなく、仕送りなどの生活費や療養費を本人(Aさん)が賄っていることが条件なんです。

ここで気を付けて欲しいのが、いくら仕送りをしているからと言っても、明らかに扶養される側(御両親など)が自立して生活できる収入があると、『扶養親族』対象外となります。

老人ホームは?

今まで同居していた、あるいは別居していて『老人扶養』で控除してきていたけど、老人ホームへ入ることになったらどうなるのでしょう?

入院などでは、同居していた場合『同居老親』として控除対象でしたが、老人ホームへの転居では『同居老親』ではなく『別居』としての『老人扶養控除』は受けられます。

老人扶養親族 年金収入者

人々

Aさんのご両親は、先ほども記述したように、Aさんの援助以外では、公的年金だけが唯一の所得です。

公的年金は「雑所得」として扱います。この詳しい説明は次で記述していくことにしましょう。

老人扶養親族 所得

老人(70歳以上)でなくても、同居や所得によってもちろんご両親を扶養親族に入れる事が出来ます。

雑所得(控除額)は、〈公的年金などの金額-公的年金控除額=38万円以下(雑所得)〉を満たしていれば『老人扶養控除』を受けられます。

計算上の公的年金控除額は、年齢や受給金額によって異なります。

65歳未満
70万1円から129万9,999円まで 70万円
130万円から409万9,999円まで 37万5,000円
410万円から769万9,999円まで 785,000円
770万円以上          1,555,000円

65歳以上
120万1円から329万9,999円まで 120万円
330万円から409万9,999円まで 37万5,000円
410万円から769万9,999円まで 78万5,000円
770万円以上         155万5,000円

所得税の特例

上記の計算で条件を満たしていれば、所得から引かれ課税されません。また、公的年金等の収入金額の総額が120万円以下の場合、所得金額は「0円」となります。

老人扶養控除

Aさんは、源泉徴収義務者へ仕送りなどを証明する書類を添付し提出する必要はありません。

しかし、会社によってはきちんとした計算をしたいなどと言う理由から、振込伝票などの送金が証明できる物を求められることもありますので、それら証明できる用紙はコピーして保管しておくことをおすすめします。

そして年末調整でAさんが、会社へ提出する扶養控除等(異動)申告書に記入する事柄は「扶養親族の欄」へご両親の氏名と続柄、住所、生年月日です。

同居と別居『老人扶養控除』の違い

まず、申告書の書き方です。老人扶養親族欄に「同居・老親等」が明記されている箇所があります。

ここを、控除額「58万円」の同居なら「同居老親等」を囲み、控除額が「48万円」の別居なら「老親等」を丸で囲みます。

健康保険で得を

親を「老人扶養親族」にしたAさんは、控除のおかげで税金の負担軽減ができました。

そして健康保険も親を「被扶養者」として加入させることになります。

医療費がある一定額を越えた高額になった時に、払い戻しが受けられる高額療養費制度の恩恵も受けられます。

これは「老人扶養親族」と合算が出来るので負担が抑えられお得となります。

加入している会社の健康保険によってこの条件が違ったりするので、確認してみて下さい。

健康保険の方では

まとめ

人々

いかがでしたでしょうか。ご両親などを扶養することで所得税の軽減が得られ、その分ご両親に手厚い援助をしてあげることが出来るのは、とてもいいことですよね。

これを機に同居してみるのもいいかもしれませんよ。

最後にもう一つ「老人扶養親族」としての条件を満たして、所得控除が受けられても「健康保険」にはもう一つ条件が加わります。

それは遺族年金です。こちらも収入と見なされるため注意する必要がありますのできちんと確認してくださいね。

「老人扶養・親族」に関連する記事

「老人扶養・親族」についてさらに知りたい方へ

  • 老人扶養控除について【わかりやすく】解説!知らないと損する?のサムネイル画像

    老人扶養控除について【わかりやすく】解説!知らないと損する?

    扶養控除をすると得することがたくさんあるのをご存知ですか?特に、70歳以上のご両親や親族がいるご家庭のみなさん!老人扶養控除の申告をしていますか?老人扶養控除を知って今年は得をしちゃいましょう。

  • 遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介のサムネイル画像

    遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介

    大事な方が残した遺族年金や自分がもらう年金には税金はかかるのでしょうか? 今回は遺族年金を始めとした年金にかかる税金とその手続きである確定申告を解説します。 また、遺族年金の受給者を扶養にした時の注意点や確定申告が不要となる条件についてもお話ししていきます。

  • 介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

    介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

    所得を得ると税金を支払わなければなりませんが、余分な税金は納めたくありませんよね。介護保険料は、生命保険や個人年金保険料と同様に税金から控除を受けられます。しかし介護保険料や控除について、あまり詳しくない方も多いと思いますので、今回はその解説をいたします。

  • 納骨代は相続税で差し引きされる?相続税の考え方を解説します!のサムネイル画像

    納骨代は相続税で差し引きされる?相続税の考え方を解説します!

    平成27年相続税法が改正され、基礎控除額が大きく減額されたことによって、相続税の申告が必要となる人が増えました。 相続税を正しく申告するためにも控除について知りたい方必見です。 葬式費用は控除されると聞いたけど納骨代は? 納骨代も葬式費用に含まれるのでしょうか?

  • 終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!のサムネイル画像

    終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!

    終活の一環として、終の棲家となる老人ホームを自分で決めておきたいという方はいらっしゃいませんか?けれども、何を決め手に選んだら良いのでしょう。今回は、老人ホームを選ぶときに着目すべき情報をまとめてみました。終活に役立つ情報満載です。

  • 老後の資金は夫婦でいくら必要なのか御存じですか?のサムネイル画像

    老後の資金は夫婦でいくら必要なのか御存じですか?

    65歳定年時に必要な老後の資金については、多くの報告がなされています。まず、多めの意見と少なめの意見を紹介し、それを基に検討を加え、筆者の考えをまとめました。老後の資金を考える上で、読者の皆さんの参考になればよいのですが。

  • 高齢者が年金を受給する際に知っておくと便利なことを解説!のサムネイル画像

    高齢者が年金を受給する際に知っておくと便利なことを解説!

    高齢者の生活を支える年金。その年金の仕組みや制度について実は知らないことが多いのではありませんか?いったいいつからもらえるの?将来年金はどうなるの?ここでは、高齢者の年金受給について詳しく解説していきます。きっと何かの役に立つはずです!

  • 増加する高齢者の生活保護。その受給条件や金額とは?のサムネイル画像

    増加する高齢者の生活保護。その受給条件や金額とは?

    近年、高齢者の生活保護受給者の数が増加傾向にあります。 高齢者が生活保護を受給する際の条件や共に受けられる扶助について詳しく説明します。 また、生活保護を受けながら老人ホームに入居が可能かどうかもご紹介します。

  • 生活費以外にもかかる老後のお金と対策についてのサムネイル画像

    生活費以外にもかかる老後のお金と対策について

    年金だけでは足りないといわれている老後の生活費ですが、日常の生活費以外に、どんな費用が必要なのかをまとめてみました。また、老後の生活を迎えるために準備しておきたいことをご紹介しています。

  • 養老保険の税金について知っておこう!養老保険の満期と控除についてのサムネイル画像

    養老保険の税金について知っておこう!養老保険の満期と控除について

    養老保険は貯蓄と保険を兼ねた便利な保険で、年末調整や確定申告で社会保険控除が受けることができます。満期になれば保険金が出ますが、受取人を誰にするかで税金の種類や納税額が変わってきます。養老保険の税金や控除についてよく理解し、損をしないようにしましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「老人扶養・親族」についてさらに知りたい方へ

老人扶養控除について【わかりやすく】解説!知らないと損する?のサムネイル画像

老人扶養控除について【わかりやすく】解説!知らないと損する?

遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介のサムネイル画像

遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

納骨代は相続税で差し引きされる?相続税の考え方を解説します!のサムネイル画像

納骨代は相続税で差し引きされる?相続税の考え方を解説します!

終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!のサムネイル画像

終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!

老後の資金は夫婦でいくら必要なのか御存じですか?のサムネイル画像

老後の資金は夫婦でいくら必要なのか御存じですか?

高齢者が年金を受給する際に知っておくと便利なことを解説!のサムネイル画像

高齢者が年金を受給する際に知っておくと便利なことを解説!

増加する高齢者の生活保護。その受給条件や金額とは?のサムネイル画像

増加する高齢者の生活保護。その受給条件や金額とは?

生活費以外にもかかる老後のお金と対策についてのサムネイル画像

生活費以外にもかかる老後のお金と対策について

養老保険の税金について知っておこう!養老保険の満期と控除についてのサムネイル画像

養老保険の税金について知っておこう!養老保険の満期と控除について

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「老人扶養・親族」についてさらに知りたい方へ

老人扶養控除について【わかりやすく】解説!知らないと損する?のサムネイル画像

老人扶養控除について【わかりやすく】解説!知らないと損する?

遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介のサムネイル画像

遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

納骨代は相続税で差し引きされる?相続税の考え方を解説します!のサムネイル画像

納骨代は相続税で差し引きされる?相続税の考え方を解説します!

終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!のサムネイル画像

終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと