新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけよう

大事な人が亡くなって初めて迎える盆を新盆と言います。まだまだ気持の切り替えも難しい時期ではありますが心を込めて供養したいですよね。ここでは新盆の供養に関する知識をまとめてみました。ご参考にしていただければ幸いです。

目次

  1. 新盆って何だろう?
  2. 気になる新盆のお布施の相場
  3. 新盆を迎えるにあたって服装は?
  4. 新盆に招かれた場合
  5. 新盆と供養のまとめ
  6. 終活の専門家に相談してみよう

新盆って何だろう?

精霊馬

普通の盆と新盆の違いってなんでしょうか。その違いについて記載してみます。

そもそもお盆とは

毎年一度ご先祖様が私たちの元に帰ってくる期間のことをお盆と言います。明治時代以前は7月15日頃をお盆として先祖供養していましたが、現代では8月13日~8月15日頃に執り行って供養するのが主流となっています。迎え火を焚いてご先祖様が家を間違わないようにお迎えし、親族や生前の友人を招いて供養します。お盆の最終日には送り火を焚いてご先祖様を送り出すこの流れがお盆の内容となります。

では新盆とは

新盆とは名前から分かるように初めてのお盆のことを言います。御葬式、初七日、四十九日法要を行った後にくるはじめてのお盆のことを指します。つまりお盆までに四十九日を終えていない場合は翌年が新盆となりますので注意が必要です。はじめてのお盆になって故人にも大切なものとなりますので、親族や親しかった人たちをお招きし、僧侶に自宅に来て貰って供養してもらうのが一般的です。

新盆で供養するために必要なものは?

まず白提灯を用意します。これは新盆でのみ使用します。初めて戻ってくる故人が迷わないようにという意味が込められているそうです。色のついた盆提灯は親戚などから贈られる場合がありますが、家族が用意しても問題ありません。こちらは繰り返し使用できます。そして「盆棚」と呼ばれるものを作成します。地域によって慣習が違う為異なる場合もありますが、大体は経机にまこもや敷物を敷き、故人の好物や季節の果物を供えます。あとなすの牛やきゅうりの馬を作成しておけば完成です。

新盆を迎えるにあたって注意すること

早め早めの行動が肝心になります。お盆のシーズンは僧侶も会食できるお店も多忙になります。また提灯や盆棚のための品物が足らない、良いものがない、と言った事態もありえます。金銭面でもお布施や御返しなど用意しておく必要があります。初めての故人のお盆ですので、早めに準備をしてお迎えし、みんなで供養しましょう。

気になる新盆のお布施の相場

葬儀

僧侶を招いて供養した場合はお布施が必要となります。いったいどのくらいが相場なのでしょうか。

新盆の供養の場合は高め

新盆でのお布施の相場は30,000円から50,000円と言われています。菩提寺や地域によって違いがありますので、ご近所の方にそれとなくきいてみるのがベストです。それに自宅まで来てもらった場合は車代、会食に参加してもらえない場合は御膳料を用意しておきましょう。特にこの時期の僧侶は多忙で会食参加が難しいことが多いです。あらかじめ御膳料を用意しておくとスマートでしょう。お布施はお布施としてお渡しし、車代と御膳料は一緒に渡しても問題ありません。

新盆以降の供養のお布施は

新盆以降に迎えるお盆で僧侶に供養してもらう場合の相場は新盆からいうとぐっと下がります。大体5,000円~20,000円のようです。ただ変わらず家まで来てもらう場合は車代、御膳料などが必要になってきますので忘れずに用意しておくようにしましょう。

新盆を迎えるにあたって服装は?

お葬式とはまた違う法要供養となる新盆。いったいどのような服装で迎えると良いのでしょうか。

お墓

礼服がベスト

夏ですし暑い気持ちも分かりますが、礼服で参加が一番好ましいです。招く側であれば尚更礼服をお勧めします。ただ家族と相談して決めるのが一番ですので、相談の上周囲と合わせた服装にするようにしましょう。もしも礼服じゃない場合でも黒やグレーなど落ち着いた色の服装を心がけましょう。

新盆以降の服装は?

新盆以降は平服でも問題ありません。新盆は親族以外を招く場合が多いですが新盆以降は親族のみになるかと思います。黒や白やグレーなどの落ち着いた色の服装で迎えましょう。お盆にまとめてお墓参りに参加する場合は足元が不安定な可能性もあります。その場合はパンプスではなくスニーカーが必要だったりしますので事前に確認しておきましょう。

新盆に招かれた場合

今までの記載は招く側のものでしたが、もしも初盆に招かれた場合はどういうところに気を付ければ良いのでしょうか。マナーを守って心から供養をしましょう。

服装はどうすればいいの?

まずは招いてくれた側に服装を訊ねましょう。親族側が平服なのに招かれた側が礼服では失礼に当たってしまいます。平服でと言われた場合には黒やグレーの落ち着いた色の服を着用しましょう。夏なので暑いのは分かりますが、露出の少ない服装を心がけましょう。また素足は厳禁です。靴下もしくは黒いストッキングを着用しましょう。

持って行くものは?

まず御仏前と御供を持っていきましょう。御仏前は大体5,000円~10,000円、御供は2,000円~5,000円ほどの季節感のあるお菓子などを持っていきましょう。また古い習慣で近しい親族は新盆に提灯を送るというものがありますが、現代では場所がないため提灯を出さない場合があります。最初に親族の方に問い合わせてみましょう。問い合わせができなかった場合は「御提灯代」として包んでおけば問題ありません。

新盆と供養のまとめ

精霊馬

いかがでしたでしょうか。故人にとっても残された人にとっても初めてのお盆です。心をこめて供養してあげたい気持ちはみんな同じだと思います。お盆の時期は僧侶も忙しくなりますので早めからの準備をして良いお盆を迎え、供養をあげて頂ければ幸いです。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

シェアする

「新盆・供養」に関連する記事

「新盆・供養」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    1
  • 樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。

    2
  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

    3
  • お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

    お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

    お墓そのものがマイカーやマイホームと並ぶほどの一生の買い物といわれている以上、その費用の負担というのは家族の中でも非常に大きな問題です。このため、誰がお墓の費用を負担すべきかを決めておくことが重要となります。今回は、お墓の費用負担について見ていきましょう。

    4
  • 霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

    霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

    終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

    5

関連する記事

「新盆・供養」についてさらに知りたい方へ

初めて迎えるお盆。新盆の準備、提灯の意味と飾り方のサムネイル画像

初めて迎えるお盆。新盆の準備、提灯の意味と飾り方

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスしますのサムネイル画像

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスします

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!のサムネイル画像

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!

新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介しますのサムネイル画像

新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介します

もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のことのサムネイル画像

もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のこと

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

3
お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

4
霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと