神様へのお供え物の種類と作法や半紙の使い方を詳しく解説!

神様へのお供え物の種類と作法や半紙の使い方を詳しく解説!

職場や家庭に神棚を置いたら、神様へお供えをしますよね。いったい何を、どんな風にお供えするべきなのでしょうか。この記事では、神様へのお供えの作法を紹介します。

最終更新日: 2020年12月17日

ちゃんと知りたい、お供えの作法

仏壇

神様へのお供えの作法を知りましょう。

職場や家庭に神棚はありますか?あるとしたら、お供えはしていますか?
お供えはしているけれど、詳しい作法を知らないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では、何を、どのように神様へお供えするべきなのか、その作法を紹介したいと思います。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、お供え物に関して以下のような事柄を中心に解説していきます。

  • 神棚には何をお供えしたらいい?
  • 野菜や魚をお供えする際の作法は?
  • 神棚の半紙の使い方

自宅や職場に神棚がある場合はお供えをすることが多いでしょう。
お供え物や作法に関するあらゆる情報をまとめているので、お供えについて詳しく知りたいという方に役に立つ内容となっています。

ぜひ最後までお読みください。

神様へのお供え物の基本は米、塩、水

神棚

この3つを、できれば毎日神様にお供えしましょう。

神様へのお供えは、神様へご用意するお食事です。
基本的には、米、塩、水を毎日神様へ捧げます。
このとき、実は順序や配置に決まりがあります。
お供え物が米、塩、水の場合は、中央に米、向かって右手に塩、左手に水をお供えします。
(画像を参照してください)

また、順序は、米→塩→水となります。
重要度の高いお供え物から、順番にお供えをしていきましょう。
お米は、神様が自ら育てていた作物だと言われているため、最も重要なお供え物とされています。

お酒をお供えするときの作法

毎月1日と15日は、月次祭です。
この日は、米、塩、水に加えてお酒もお供えしますが、重要度の順序は、米→お酒→塩→水となります。
この順番で、中央に米、その左右にお酒、向かって右手に塩、左手に水を配置してお供えします。

2列でお供えする場合は、神様に近い方の列の中央に米、その左右にお酒を配置し、神様から遠い方の列の向かって右手に塩、左手に水をお供えします。

野菜や魚をお供えするときの作法

新鮮な四季折々の自然の恵みを、神様にお供えします。

氏神様のお祭や、お正月や家族のお祝いの日などは、普段のお供え物に加えて、餅や野菜、尾頭付きの魚などの四季折々の初物もお供えしましょう。
その場合、お供えの順序は米→酒→餅→魚→野菜→果物→塩→水となります。
配置は、中央の米から、順位の高い順に向かって右、左と配置していきます。

神様にお供えする魚の頭と尾の向き

お供えする魚の向きも大切です。
中央か、向かって左にお供えする場合は頭を右にし、向かって右にお供えする場合は頭を左にします。
また、海の魚はお腹が神様の方を向くように、川魚は背中が神様の方を向くようにしてお供えします。

野菜、果物を神様にお供えするときの作法

野菜や果物をお供えするときは、彩りを大切にして、季節の新鮮なものをお供えします。
また、においが強いニンニクやニラ、ネギなどは避けましょう。

野菜も魚と同様、お供えするときの向きがあります。
花が咲く方が野菜の上位なので、そちらを御神前または中心線(正中)に向けるようにします。
正中より右にお供えするときは上位を左に向け、左にお供えするときは上位を右に向けます。

また、下記の記事では神棚のお供え物の選び方や配置を紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

神棚に欠かせない半紙の使い方

神棚に必要な道具は多くありますが、その中でも半紙には様々な使い方があります。
そんな、神棚に欠かせない半紙の使い方を、ここでいくつか紹介します。

お供え物に敷く

お供え物は三方(さんぼう)に盛り付けますが、半紙を敷いて、その上にお供え物を置きます。
その際、半紙を折るのですが、その折り方に決まりがあります。

1. まず、半紙を横向きに置きます。

2. 右下の部分を持ち、左上に持っていきます。

3. 左上の角より手前で折り曲げて完成です。

左上の角を過ぎると弔辞の折り方になります。
また、半紙の左下を右上に持って行くと、これも弔辞の折り方となってしまうのでくれぐれも注意しましょう。

「雲」や「空」と書いた半紙を天井に貼る

神棚の上に生活スペースがある場合は、神棚を踏んでしまわないよう、「雲」や「空」、または「天」と書いた半紙を天井に貼ります。
神棚を取り扱っている神具店に置いてある場合や、神社で用意してくれる場合もあるようです。

墨汁や筆などの道具がない、神具は全て購入したいという人は、神具店や神社で探してみると良いかもしれません。

「神棚封じ」でお供えや礼拝を中止する

大切な家族に不幸があったときは、神棚の扉を閉じ、半紙を正面に貼って神棚を封じます。
神棚封じをする理由は、神道では死を「穢れ(気枯れ)」と言い、穢れを神棚や神社に持ち込んではいけないとされているからです。

五十日祭が終わるまで、あるいは四十九日の忌明けまで神棚を封じたら、その後は半紙を取り外して、普段のお供えや礼拝を再開しましょう。

また、穢れ(気枯れ)を神棚に持ち込んではいけないので、神棚封じは家族以外の第三者に行ってもらうのが望ましいのですが、最近は家族が行うことも多いようです。

神様へのお供え まとめ

神様への日々のお供えは、神様にお食事を捧げる大切な儀式です。
正しい作法を知った上で、毎日丁寧にお食事をお供えしたいものです。

神棚へのお供えは、神様に日頃の平穏と自然の恵みへの感謝を伝えるための儀式とも言えるでしょう。
正しい作法ももちろん大切ですが、神様への感謝の心を持ってお供えをすることが、何よりも大切なのかもしれません。

また、下記の記事では神棚の扱い方や処分方法について紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事