赤ちゃんはお葬式に連れて行って良い?連れていく際のマナーとは

お葬式に出席しないといけないとなった時、赤ちゃんが居たらどうしますか?赤ちゃんはお葬式に連れて行っても良いのか?連れていく場合はなにに気を付ければいいのか、今回は赤ちゃんを持つお母さんお父さんに必見!お葬式に赤ちゃんを連れていく際のことについて紹介します。

目次

  1. 赤ちゃんを連れての葬式の参列はあり?
  2. 抱っこ紐での葬式参列はあり?
  3. 赤ちゃんの葬式での服装は?
  4. こんな時どうしたらいい?
  5. まとめ
  6. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

赤ちゃんを連れての葬式の参列はあり?

葬儀

赤ちゃんを連れてのお葬式の出席はありなのか。答えは、親族であればOKです。ではなぜ、親族以外のお葬式に赤ちゃんを連れていかないほうが良いのでしょうか。

お葬式に連れて行かない方が良い理由

一番最初に上げられるのは、赤ちゃんの泣き声です。赤ちゃんは普段と違うというのにとても敏感です。たくさんの人、嗅ぎ慣れていないお焼香の香り、またお経など、赤ちゃんはびっくりして泣いてしまうのです。また眠いけど眠れない、赤ちゃんはさまざまな理由で泣くのです。お葬式に出席して最後まで泣かずにお利口にしている赤ちゃんなどいないに等しいでしょう。
また赤ちゃんは抵抗力が低いので、あまりにも人がたくさん集まる場所には連れて行かないことをおすすめします。

親族の場合はOK

親族のお葬式の場合は赤ちゃんの出席も大丈夫です。周りに親族の方がたくさんいますから、サポートもしてくれますでしょうし、そこまで気を使う必要もありません。

抱っこ紐での葬式参列はあり?

抱っこ紐

まだ小さな赤ちゃんをずっと抱っこしておくのは大変、また眠ったとしても抱っこじゃないと眠れないという赤ちゃんもいますよね。普段ならすぐに抱っこ紐を使いますが、お葬式という場ではどうなのでしょう?

お葬式で抱っこ紐は非常識ではない

喪服姿で赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしていても非常識ではありません。気になる方は、抱っこ紐を使いたいということを両親や親族に話しておくと良いでしょう。だめとはいわれないと思います。しかしマナーとして、あまりにも派手な色や柄の抱っこ紐は避けた方が良いでしょう。

ベビーカーは?

ではベビーカーの場合はどうでしょう?ベビーカーは大きなものなので、人が多いところでの使用はあまりおすすめしません。もし使用する場合は、邪魔にならないよう、使っていない時は折り畳み端によけておく、人の多いところに突っ込んでいかないなど最低限のマナーは守ってください。

赤ちゃんの葬式での服装は?

赤ちゃんのお葬式の時の服装は、赤ちゃんの月齢にもよりますが、まだねんねの赤ちゃんであるならばそこまで気にする必要はないでしょう。しかしあまりにも派手なものは控えましょう。

色はモノトーンがよい

できるなら黒や白、グレーの服が良いでしょう。もしない場合は、ベージュや薄い水色などでも大丈夫です。

お座りができるくらいの赤ちゃん(セパレートが着れる月齢)の場合はフォーマルな格好をさせてあげましょう。女の子の場合はワンピースでも良いです。もしもの時に慌てないよう、普段からシンプルな服を1セットは持っておくと良いかもしれません。

こんな時どうしたらいい?

人々

赤ちゃんをお葬式に連れていくと、さまざまなトラブルに見舞われてしまいます。こんな時、どうしたらいいのでしょうか?

赤ちゃんは泣くことも…

赤ちゃんはいつどこで泣いてしまうか分かりません。大きな音にびっくりして泣くかもしれませんし、なにもなくても泣くかもしれません。抱っこしてすぐに泣き止めばいいのですが、そうでない場合ももちろんありますよね、そんな場合は途中退席させていただきましょう。
出入り口付近には斎条のスタッフが立っていることが多いです。事前に、「赤ちゃんが泣き止まない場合は途中退席させてもらいます」ということを伝えておくといいですね。
親族席に座る場合は一番後ろの出入り口に近いところに座らせるようにしましょう。なかなか泣き止まない場合は退出し、泣き止ませてからまた戻って構いません。

あまり気にしなくていいという声も…

赤ちゃんが泣いているからと言って、怒る人はあまりいないといえます。むしろ、お葬式という別れを惜しむ悲しい時に、元気な赤ちゃんの泣き声は場を少し和やかにさせてくれます。
またもし、親族の方で、赤ちゃんを見ていてあげるからと言ってくれる方もいるかもしれません。自分に近しい親族の場合はお願いしても良いですね。親族のお葬式であれば、他の親族に甘えることもできます。

赤ちゃんに授乳したい場合

お葬式は時間がかかってしまいます。とくに親族として出席している場合は時間が長いです。大人でもお腹が空いてしまいますから、赤ちゃんはもっとお腹が空いてしまいます。母乳で育てている人が気になるのは、どこで授乳したらいいかですよね。
親族として出席する場合は、控室で授乳するといいでしょう。授乳ケープなどを使えば授乳可能です。それでも嫌だという方は別に控室を開けてもらいましょう。しかし斎条の控室の数は決まっており、その日にお葬式が何件もあれば控室が開いていないこともあります。そのため授乳用に部屋を用意してもらえるはなかなか難しいでしょう。

みんながいない時間帯を狙う

お経を読んでいる間はみんな会場に移動しますので、その時間に授乳をするという手もあります。また、まだねんねの赤ちゃんの場合は、控室で控えていてもいいでしょう。お焼香の時になったら呼んでもらい、交代で見るということもできます。

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんは極力お葬式に連れて行かない方が良いですが、親族の場合は別です。また赤ちゃんといっても月齢によって変わります。しかし親族で出席する場合は、周りに親族がいますので、そこまで難しく考える必要はないでしょう。赤ちゃんは周りを笑顔にしてくれる存在です。周りの方もきっとサポートしてくれますよ。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「赤ちゃん・葬式」に関連する記事

「赤ちゃん・葬式」についてさらに知りたい方へ

  • お宮参りとお食い初めは同時にしてもいいの?

    お宮参りとお食い初めは同時にしてもいいの?

    赤ちゃんが生まれてからすぐに、「お宮参り」「お食い初め」といったお祝いのメイン行事があります。お宮参りとお食い初めが、どんなお祝いなのか、また同時に祝ってもいいのかなどをご紹介します。

  • お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

    お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

    冠婚葬祭の一つであるお葬式は人が亡くなった時に行われる弔事であり、遺族側・参列者側それぞれにマナーや常識などがあります。マナーや常識などを知らないことで人間関係に支障をきたす可能性がありますので、お葬式に参列する時などに知っておきたいことをご紹介していきます。

  • お食い初めには、正式な服装があるって本当?

    お食い初めには、正式な服装があるって本当?

    お食い初めとは、赤ちゃんが食べる物に困ることがないよう行われる行事のことです。お食い初めには正式な服装があります。今回は正式な服装や、現在はどうしているか、またお食い初めについて紹介していきます。

  • 一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!

    一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!

    故人の供養をするときには、礼節に則った正しい服装で臨みたいですよね。一周忌法要では、家族のみで行うこともありますから、どのような服装が適切なのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、一周忌における服装を、場合別に詳しく解説していきます。

  • 葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

    葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「赤ちゃん・葬式」についてさらに知りたい方へ

お宮参りとお食い初めは同時にしてもいいの?のサムネイル画像

お宮参りとお食い初めは同時にしてもいいの?

お葬式に参列する時などに知っておきたいことのサムネイル画像

お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

お食い初めには、正式な服装があるって本当?のサムネイル画像

お食い初めには、正式な服装があるって本当?

一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!のサムネイル画像

一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!

葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!のサムネイル画像

葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと