香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?

ある程度の年齢になると香典袋を使う機会が増えるものです。しかし、香典袋の表書きは自分が思っている常識が、相手にとっては非常識に映る場合もあります。宗派や地域性も大きいので、一度表書きの書き方をチェックしておきましょう。

目次

  1. 香典袋の表書きの書き方を紹介
  2. 香典袋の表書きは宗派に合わせる
  3. 香典袋の自分の名前の書き方
  4. 会社の部署や夫婦連名の書き方
  5. 香典袋の表書きのまとめ

香典袋の表書きの書き方を紹介

今回は香典袋の表書きの書き方を紹介します。一般的には「御霊前」という文字と会葬者のフルネームを書きますが、実は、御霊前だと霊の概念のない宗教の故人に対して失礼になってしまうんです。さらに、キリスト教はわかりやすいかと思うのですが、メジャーな仏教の宗派も御霊前という表書きが使えないから要注意なのです。

また、会葬者の名前についても、会社関係者の通夜や葬式では香典袋に肩書を書くべきか、また、同僚同士で香典袋をまとめてもいいか悩むものですよね。これは、夫婦で通夜や葬式に参加するときも一緒だと思います。特に、夫の代理で妻が出席するような場合はどうすればいいのでしょうか。
今回は、香典袋の表書きの書き方を詳しく紹介します。香典袋の書き方に困っている人、自分の常識を見直したい人必見です。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

香典袋の表書きは宗派に合わせる

香典袋の表書きは、葬儀がどの宗教・宗派で行われるかで決まります。可能であれば、通夜や葬式に参加する前に宗教・宗派を確認しましょう。

仏教(浄土真宗・禅宗を除く)

仏教の多くの宗派では、亡くなって四十九日経つまで死者の霊魂はこの世に留まり、四十九日経ったら極楽浄土に入って仏になるという考え方を採ります。通夜や葬式のときは亡くなってすぐ、仏様になる前なので、香典袋には「御霊前」という表書きを使います。
「御仏前」という表書きを使うのは、四十九日の法要以降になります。

浄土真宗

仏教の中にも霊の存在を否定する宗派があります。浄土真宗では、亡くなるとすぐに極楽浄土からお迎えが来て、仏様になれます。
だから、浄土真宗では霊というものは存在せず、香典袋に「御霊前」と書いてしまっては失礼になるのです。浄土真宗の通夜・葬儀に参列するときは、香典袋に「御仏前」という表書きを使いましょう。

禅宗

臨済宗、曹洞宗などの禅宗系の仏教も「御霊前」という表書きが使えません。理由は、そもそも極楽浄土という概念を持たず、したがって、四十九日に成仏するという考え方も採らないからです。
禅宗系の仏教の香典袋の表書きは、「御香奠」、「御香料」など教義に対してニュートラルな表現が好まれ、「御仏前」も許容されます。

キリスト教

キリスト教の死者に対する考え方は浄土真宗にどこか似ていて、霊は存在せず、死後すぐに審判を受けます。だから、キリスト教の葬儀に「御霊前」と表書きした香典袋を持って行くのはまずいのです。
そして、市販品の香典袋には蓮の花を描いたものが多いですが、これは仏式なので、それも避けてください。百合の花や十字架の模様の入ったキリスト教用のものがベストで、水引のついたものも無地なら使えます。
表書きは「お花料」または「御花料」と書きます。

神道

神道

神道の通夜・葬儀に持参する香典袋の表書きは、「玉串料」または「御榊料」です。ただ、多神教で仏教とも関係の深い宗教なので「御霊前」も許容されるようです。
とはいえ、やはり蓮の花の印刷された香典袋は失礼になるので、無地の白黒か双銀の香典袋を使いましょう。

不明の場合

宗教・宗派別の香典袋の表書きの書き方を見てきましたが、日本人は宗教に熱心な人が少ないため、故人の宗派が事前に確認できない場合もあります。そういうとき、仏教であれば「御香奠」と「御香料」は宗派を問わずに使えます。
もっというと、浄土真宗や禅宗の人であっても、教義に興味がないために「御霊前」の香典袋に違和感を感じず、むしろ「御仏前」が間違いだと信じ込んでいる方が多いくらいです。
こうした現状を踏まえて、多くのマナーブックでは「御霊前」はどんな宗教・宗派にも使えるとしています。さすがにキリスト教にはまずいのでしょうが、仏教と神道なら「御霊前」は許容されます。

香典袋の自分の名前の書き方

香典袋の下方には、会葬者の名前をフルネームで書きます。

会社名を入れる場合

ビジネス上の付き合いがあった場合は、フルネームに会社名と肩書を添えます。

会社の部署や夫婦連名の書き方

会社関係者が亡くなったときや、夫婦で付き合いのあった方が亡くなったとき、連名で香典袋を書くこともあります。その場合の書き方を紹介します。

会社

会社関係者の連名で香典を渡す場合、3名までなら全員の名前を書いてもよいとされています。肩書が上の人が右、下の人が左になるようにします。
人数が多い場合は「○○株式会社 □□部一同」とするか、代表者名を書いて「他●名」または「外一同」などと書き添えましょう。

夫婦

夫婦で通夜や葬儀に参列するとき、基本的に夫の名前だけで構いません。ただ、妻側の親族の不幸のときや、夫婦ぐるみの付き合いがあった場合は連名にします。
また、夫の代理で妻が参列する場合は夫のフルネームの下に小さく「内」と書き添えます。

香典袋の表書きのまとめ

いかがでしたか?香典袋の表書きの書き方を紹介しました。
現代は信仰というより、葬儀とお墓のための宗教という考え方の人が多いため、熱心な信者でない限り、表書きは広く許容してもらえるはずです。しかし、名前をしっかりと書かないと、ご遺族の方がお礼をしようと思ったときに困ってしまいます。特に連盟の香典袋の書き方を覚えておきたいものです。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「香典袋・表書き」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典袋・表書き」についてさらに知りたい方へ

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!のサムネイル画像

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!

葬儀で渡すご霊前とは?ご仏前との違いや書き方・金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡すご霊前とは?ご仏前との違いや書き方・金額相場も解説!

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介しますのサムネイル画像

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!のサムネイル画像

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「香典袋・表書き」についてさらに知りたい方へ

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!のサムネイル画像

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介しますのサムネイル画像

一周忌の香典袋の表書きは?書き方やマナーについても紹介します

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!

葬儀で渡すご霊前とは?ご仏前との違いや書き方・金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡すご霊前とは?ご仏前との違いや書き方・金額相場も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと