生花よりキレイが続く。仏花はブリザーブドフラワーがいい理由

仏花は、生花でなければいけないと思っていませんか?生花はお水をかえたり、何かと手間がかかるものです。仏花を生花からブリザーブドフラワーに替えることでいいことがたくさんありますよ。ブリザーブドフラワーの経済的メリットや知っておきたい取り扱い方法などを解説します。

目次

  1. ブリザーブドフラワーって何?
  2. 仏花をブリザーブドフラワーにするメリット
  3. おすすめのブリザーブドフラワー
  4. 仏花の注意
  5. ブリザーブドフラワーの取り扱い方法
  6. 仏花をブリザーブドフラワーに替えてみよう

ブリザーブドフラワーって何?

ブリザーブドフラワー

ブリザーブドフラワーとは、生花や生葉を特殊溶液の中に漬けて、水分を抜いたお花のことです。造花と違い、見た目は生花と変わらぬ美しさを保ちますし、水を与えることが不要なため、手間をかけずに長い間、きれいなお花を観賞することができます。

仏花をブリザーブドフラワーにするメリット

ブリザーブドフラワー

経済的メリット

たとえば生花を1週間に2回替えるとして月に8回とします。1回のお花代が500円とすると月の生花代は4000円ですね。1年だと48000円ということになります。
1週間に1回の交換だとしても1年に24000円。
ブリザーブドフラワーは種類や大きさにも寄りますが4000円~20000円程度。
生花のお世話をする手間を考えればずいぶんと経済的ですよね。

お手入れの簡単さ

ブリザーブドフラワーは生花を使っていますが水やりの必要は全くありません。また花びらが散ることもないので、ほとんど手がかからないといっていいでしょう。
高齢になってきて、仏花の水替えなどが大変で枯れてしまった、または腐ってしまい異臭がした、なんてことはありえません。
また、長期間留守にするなんて時でも仏花の心配をすることがないので安心ですね。

時間を有効に使えるということ

仏花を週に何度も買いに行く時間。お仏壇の上の花粉や散った花びらや葉の掃除の時間。その時間をお仏壇の前に座って、故人やご先祖様とゆっくりと時間を共有することができます。

おすすめのブリザーブドフラワー

ブリザーブドフラワーは生花を使っていますので基本的には生花と同じように決まりを守っていけばいいことになります。しかしブリザーブドフラワーの仏花はさまざまなアレンジが可能ですので故人が好きだったお花や、故人をイメージしたアレンジをオーダーしてみてもいいですね。
また、最近はモダンな仏壇も増えてきていますので、お部屋の雰囲気に合わせたアレンジも素敵です。

仏花で一般的は「菊」も洋風ならピンポンマム、ことね菊などはどうでしょうか。
和風アレンジには「糸菊」や「輪菊」も素敵です。
天皇家の家紋ともなっている菊の花は仏花には最適で、日本人にはあるとほっとするお花なのかもしれません。

バラ

仏花には「棘のある花をお供えしてはいけない」というタブーがありますが、ブリザーブドフラワーの場合はバラの茎の部分は造花を使用することも多く、また花首のみをアレンジメントしてある場合もありますので故人がバラがお好きなようでしたら、仏花に使用しても全く問題ありません。

ダリア

ダリアは品種も多く、インパクトがあるので、多様なアレンジメントが可能です。仏花にするなら色も落ち着いた紫などを選んでみてはいかがでしょうか。

グリーン系も忘れずに

全体を引き締めるためにもグリーン系の葉ものは必需品です。シャークリーフやラスカスが一般的ですが、好みに合わせてアイビーなどをいれてみると洋風に仕上がります。こちらも故人のイメージに合わせてみてはどうでしょうか?

色合いに迷ったら?

仏花の色は基本的には赤・白・黄色・ピンク・紫の5色となっています。ブリザーブドフラワーのアレンジはたくさんあるので、もしも「たくさんありすぎて選べない!」と困ってしまったときはこちらの5色を基本に選んでみれば失敗することはなさそうです。もっとすっきりしたい!という場合は白・黄色・紫の3色でまとめるといいでしょう。

仏花の注意

これは、ブリザーブドフラワーでも生花でも同じことですが、お供えしていけないとされるタブーがあります。
それは蘇悉地羯羅経(そしつじからきょう)という経典の記述からきていて、棘のある花、悪臭のある花、黒い花はお供えしてはいけないというものだそうです。
解釈には諸説ありますが、お供えしたお花はあの世に届くといわれており、あの世の居心地が悪くなるためにこのようなお花はダメだということです。
この経典にはありませんが同じように毒性のある花もタブーとされていて、彼岸花などは避けられているようです。
ただ、最近は故人、ご先祖様を思う気持ちが最も大切だという考えが多くなってきていますので、タブーにとらわれすぎず、故人の好きなお花などを選んであげましょう。

ブリザーブドフラワーの取り扱い方法

お手入れ方法

ブリザーブドフラワーは水やりが不要ですのでほとんど手間はかかりません。
ホコリが気になるようでしたらドライヤーの弱風で飛ばすか、柔らかい筆でそっととってあげましょう。お仏壇の細かいところを掃除する筆で兼用してもいいかもしれませんね。

してはいけないこと

ブリザーブドフラワーは水やりをしてはいけません。湿気を嫌いますのでカビてしまったりすることがあります。
また、溶液で色うつりすることがありますので、お仏壇にお花が触れない位置に置くようにしましょう。エアコンの風が直接当たるようなこともないように注意してくださいね。

取り替えの時期

ブリザーブドフラワーは強い紫外線にあたると色が落ちてきてしまいます。これは壁紙などと同じ原理です。お花の色が色あせてきてしまったら交換の時期と思ってください。
置いてある場所が湿気が少なく、直射日光があたらないような場所なら数年はキレイな状態が続くでしょう。

仏花をブリザーブドフラワーに替えてみよう

ブリザーブドフラワー

いかがでしたか?
お手入れがほとんどいらず、生花の魅力はそのままのブリザーブドフラワー。
インターネットではたくさんのアレンジメントが販売されていますが、最近では街のお花屋さんでも取り扱うところが増えています。いちど相談されてみてはいかがでしょうか?

「ブリザーブドフラワー・仏花」に関連する記事

「ブリザーブドフラワー・仏花」についてさらに知りたい方へ

  • お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

    お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

    お墓参りのお花の種類やマナー、実は向き不向きのお花の種類があるのをご存知ですか?迷うことやわからない事も多いと思います。ここではお墓参りの供えるお花の種類やマナーについて解説していきます。ぜひこの機会に覚えておきましょう。

  • お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

    お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

    お墓にお供えするお花についてはお花屋さんなどで購入できますので、詳しく調べた方は少ないと思います。 今回終活ねっとでは、普段あまり調べる機会の少ない仏花について調べてみました。 少しでもお墓にお供えする仏花についての知識を深めていただけるとありがたいです。

  • 今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメントのサムネイル画像

    今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメント

    仏壇や墓前に仏花をお供えしますが、最近では手間のかからない造花アレンジを利用する人が増えています。種類も多く何といっても枯れることのない造花であれば、管理もしやすく手間もかからないため、年配の方にも人気があるようです。ここでは仏花の様々なアレンジを紹介します。

  • お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

    お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

    お墓参りの時にはお花を持って行かれる方も多いですよね?ではお花はどのようにして選んでいますか?季節によって種類も変わってきますが、お墓にお供えするお花に決まりやマナーがあるのでしょうか?そこでお墓に持って行くお花の選び方や相場などを解説します。

  • 大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化のサムネイル画像

    大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

    お花をお供えすると一言でいいましても、葬儀にお供えするお花、御仏前にお供えするお花も種々様々です。特に仏様へお供えするお花は、価値観の多様性と変化に伴い、仏壇事情も目まぐるしく変わっている昨今、進化に進化を重ねています。お供えのお花についてお伝えします。

  • 墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

    墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

    お墓参りに欠かせないものは墓花ですよね。実は最近墓花として造花を持参する人が増えているってご存知でしたでしょうか?造花でもOKなら長い期間キレイなままでお供え出来て便利ですよね。仏花よりも自由性の高い墓花、知らないマナーや人気の増加をまとめてみました。

  • お墓にバラの花を供えるのは禁物?仏花に適した花についてのまとめのサムネイル画像

    お墓にバラの花を供えるのは禁物?仏花に適した花についてのまとめ

    バラといえば気高さを感じる美しさと、とげを持つ花というイメージが強いでしょう。お墓にお供えしてもよいような美しさですが、その割にはお墓でバラを備えているところをあまり見かけないようにも思えます。今回はバラを中心にお墓のお花のことを考えてみましょう。

  • お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

    お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

    春と秋のお彼岸にお盆、月命日など、節目ごとにお墓参りをする人は多いと思います。お墓に行く時に欠かせないのは花。きれいな花をお供えして故人を弔いますが、この花には決まりがあるのでしょうか?お墓にお供えするのに適した花についてご紹介します。

  • 決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せようのサムネイル画像

    決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せよう

    仏壇に飾るお花「仏花」には決まりがあるのでしょうか?最近の仏壇に飾るお花事情と、昔からある「しきたり」などまとめてみました。

  • 仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介のサムネイル画像

    仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介

    ご家庭に仏壇がある方にとっては、仏壇に花を供える事は当たり前の事だと思います。しかし、仏壇がないご家庭や、仏壇が身近ではなかった方々にとっては、仏壇に供える花についてはよくわからないですよね。そこで今回は、仏壇の花についていろいろと調べてみました。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「ブリザーブドフラワー・仏花」についてさらに知りたい方へ

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメントのサムネイル画像

今人気です!仏花に造花のフラワーアレンジメント

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化のサムネイル画像

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

お墓にバラの花を供えるのは禁物?仏花に適した花についてのまとめのサムネイル画像

お墓にバラの花を供えるのは禁物?仏花に適した花についてのまとめ

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せようのサムネイル画像

決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せよう

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介のサムネイル画像

仏壇の花を供える意味や、おすすめの花を紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子の置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。のサムネイル画像

命日の意味とお参り、お供え物のマナーを解説。

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと