アクセサリーにほんの少し遺骨を入れて得られる心の安らぎ

もし亡くなった方が、あなたにとってかけがえのない方だったら、生前よりもその方の存在を大きく感じるのではないでしょうか。傍にいることが当たり前だったら、その喪失感はきっとはかり知れないでしょう。そんな時は遺骨をほんの少しアクセサリーにして身に着けてみてください。

目次

  1. 遺骨の手元供養
  2. 遺骨とアクセサリー
  3. 遺骨ダイヤモンドで本格的なアクセサリー
  4. 遺骨で作るエターナルプレート
  5. 遺骨アクセサリーのまとめとして
  6. 終活の専門家に相談してみよう

遺骨の手元供養

アクセサリー

一般的な場合は、遺骨になって四十九日ご自宅で供養されたら、四十九日法要と共に納骨されることが多いと思われます。
また最近では、四十九日ではまだ納骨する気持ちになれずに、しばらく遺骨を自宅において手元供養した後に、一周忌を機会に心の整理をつけて納骨される方もいらっしゃるようです。
他にも小さな骨壺に遺骨を少し分けて、納骨する遺骨と自宅で供養する遺骨に分骨することもあるようです。
こんなふうに亡くなってもずっと大切に思われている方は、生前もたくさん愛されてきっと幸せだったのではないかと思います。

遺骨とアクセサリー

先のように、遺骨を手元において供養する方は増える傾向にあるようですが、手元供養で常にご自宅に遺骨があると、なかなか旅行など長期で家を空けることに躊躇してしまう方も少なくありません。そこで手元供養の一つで、遺骨の一部をアクセサリーにして身に着けるということが徐々に増えてきています。
このようなものをメモリアルアクセサリーとも言います。
メモリアルアクセサリーに遺骨を入れる際は、遺骨を粉末状にするのが一般的のようです。
どのようなもかをご紹介いたします。(遺骨をアクセサリーの中に入れる納骨タイプのもです)

ペンダントタイプ

ペンダントと言っても、今やチタン製のあまり装飾のないものから普通のアクセサリーと区別できないものまでいろいろあります。

チタン製ペンダント

チタン製のものは、装飾の少ないものが多いのですが、名前やイニシャルなどは刻印していただけると思います。
シンプルなので男性の方が着けても自然な感じになると思います。

装飾タイプのペンダント

装飾性タイプのアクセサリー感覚で着けられるものは、やはり女性向けのものが多いと思います。
形もハート形や三日月形などのかわいらしいものから、エレガントなものまであり、イニシャルなども形によっては刻印していただけるものもあると思います。

ブレスレットタイプ

ブレスレットの場合は、金属製、念珠、ベルトタイプなどが主流であるようです。

金属製ブレスレット

金属製はとてもシンプルで、画像のように刻印も可能なものが多いと思います。
女性に合うようなかわいらしいデザインで、アクセサリーとしてもお洒落なものもあります。

念珠ブレスレット

念珠タイプのブレスレットは色も豊富ですし、色も単色ではなく組み合わせも可能だと思います。
男女ともに着けていただけるものだと思います。

ベルトタイプブレスレット

ベルトタイプも色が豊富で、男女ともに着けていただけるものだと思います。
選ぶ色によっては、シックにもエレガントにもかわいらしくも着けていただけて、手首の細い方にも自分の好きなサイズに調整が可能です。
男女ともに、さりげないアクセサリーとして着けていただけると思います。

指輪タイプ

デザインとしては、シンプルな感じのアクセサリーと言えるものが多いかもしれません。
もちろん男性がはめていただいても違和感のないものもありますが、やはり女性向けのものが多いかもしれません。
石のを使っているものは、特に女性の方にお勧めします。
ほとんどのものは、完全防水となっていますが、もしご注文される際は念のためご確認されることをお勧めいたします。

刻印も可能です。

石が入ると、エレガントなアクセサリーという雰囲気になると思います。
刻印をご希望の場合は、リングの内側にできるかもしれないのでご確認ください。

遺骨ダイヤモンドで本格的なアクセサリー

簡単に説明しますと、遺骨(遺灰)を人工ダイヤモンドを製造するということのようです。
日本国内では、実際には製造できるところはないようですが、スイス、アメリカなどで製造されているので、日本には窓口としての代理店があるようです。
また遺骨ダイヤモンドは遺骨だけではなく、毛髪からも作ることができるようです。

主な製造先として

スイスのアルゴダンザ社とアメリカのライフジェム社が日本国内に代理店があるようです。

製造方法と加工

基本的には、ご遺族から預かったご遺骨や毛髪から熱処理(高温の)をして炭素を抽出して、超高温高圧の状態でダイヤモンドを合成するようです。
合成された遺骨ダイヤモンドは、遺骨中の成分により透明からブルーまでの色合いになるようです。
合成された遺骨ダイヤモンドをそのまま受け取られる場合もありますが、やはりペンダントやリングに加工してもらう方が多いようです。

遺骨ダイヤモンドに対する見解

本当に供養の方法は人それぞれで、供養する人が信じるかどうかだと思います。
そもそも手元供養というものに否定的な方もいれば、いつでも傍にいられることこそ一番の供養だと思う方もいるでしょう。
そこで情報の一つとして、負の情報もお伝えした方が中立的で良いのではと思いました。
ただし、遺骨ダイヤモンドを否定しているわけではありませんので、何を選ぶかは供養される方の気持ちです。
〈否定的な見解〉
日本で火葬された場合、遺骨や遺灰に炭素はほとんど残っていないからダイヤモンドの合成に必要な炭素を抽出することができるのか、という意見もあります。

遺骨で作るエターナルプレート

このエターナルプレートは故人の遺骨(焼骨)を70%含有するファインセラミックスプレートで、耐火性、耐食性で強度もあり暖かみのある質感が特徴です。
プレートですと身に着けることはできませんが、ペンダントやパウダーにすることもできるので、アクセサリーとして身に着けることも可能になります。
今の時代、お墓を建立してもなかなか子や孫まで代々受け継がれるかは難しいところです。
そういう背景もあり、エターナルプレートというものが少しずつ浸透してきているようです。

これはアクセサリーに加工したエターナルペンダントです。
色はプレートと同じように選べるようです。

遺骨アクセサリーのまとめとして

いかがでしたでしょうか。
故人の供養は、人のれぞれで方法も多岐にわたってきています。
それでも故人の遺志がある場合には、その遺志をできる限り尊重してあげましょう。
特に遺志を残していない場合は、供養される方が一番良いと思う方法で良いのではないでしょうか。
その方法の一つとして、遺骨をアクセサリーとして身に着けることもできるということをご紹介させていただきました。
お役に立てれば幸いです。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

シェアする

「遺骨・アクセサリー」に関連する記事

「遺骨・アクセサリー」についてさらに知りたい方へ

  • 遺骨アクセサリーについてその実態や注意点などを解説!

    遺骨アクセサリーについてその実態や注意点などを解説!

    遺骨の供養方法は時代と共にさまざまなスタイルが登場しています。近頃では、愛する故人をいつも身近に感じることができる遺骨アクセサリーが注目を集めています。今回は遺骨を加工するアクセサリーの種類や注意点などを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 遺骨をブレスレットに?新しい供養の形を探ります!

    遺骨をブレスレットに?新しい供養の形を探ります!

    手元供養にもいろいろなスタイルがあります。ブレスレットなどアクセサリーに遺骨を入れて身に着ける形、骨壺に入れて家で管理する形。遺骨が入っているとは思えないブレスレットデザインで今の生活スタイルにあう供養の形を紹介します。

    2
  • 大切な人を身に着ける遺骨ペンダント!その防水力は?

    大切な人を身に着ける遺骨ペンダント!その防水力は?

    ご遺骨の保管方法は納骨だけじゃない! 普段から大切な人を身に着けることのできる”遺骨ペンダント”。 毎日身に着けるものだから水に濡れても大丈夫なのか、その防水力が気になるところです。 この記事では、遺骨ペンダントの種類やそれぞれの防水力についてご紹介いたします。

    3
  • 手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介

    手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介

    新しい供養のひとつ、手元供養をご存知でしょうか?故人を身近に感じられる手元供養は、現代のライフスタイルに合った方法として人気が高まっており、種類も豊富になってきています。今回は手元供養用の種類や費用について具体的にご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

    4
  • 遺骨ペンダントとは?選び方やオススメ商品をご紹介!

    遺骨ペンダントとは?選び方やオススメ商品をご紹介!

    故人の遺骨を納めるものとしてよくイメージされるものといえば骨壷が挙げられます。しかし、骨壷以外にも遺骨を納めるものは存在します。それが遺骨ペンダントと呼ばれるものですが、この遺骨ペンダントという代物は一体どのようなものなのでしょうか?

    5

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    1
  • 親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

    親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

    人が生涯の中で一緒に過ごす相手で最も大切な存在の1つが親です。しかし、親は亡くなった際にお墓がなければ、そのための費用を主に子が負担しなければいけません。しかし、お墓を建てるには多額の費用を要します。今回は、親のお墓を建てる際の費用について見ていきましょう。

    2
  • 樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。

    3
  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

    4
  • 樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

    樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

    樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわからないという人もいるでしょう。そこで樹木葬を希望する人に、樹木葬ができる墓地や霊園の選び方のポイントを説明していきますね。

    5

関連する記事

「遺骨・アクセサリー」についてさらに知りたい方へ

遺骨アクセサリーについてその実態や注意点などを解説!のサムネイル画像

遺骨アクセサリーについてその実態や注意点などを解説!

遺骨をブレスレットに?新しい供養の形を探ります!のサムネイル画像

遺骨をブレスレットに?新しい供養の形を探ります!

大切な人を身に着ける遺骨ペンダント!その防水力は?のサムネイル画像

大切な人を身に着ける遺骨ペンダント!その防水力は?

手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介のサムネイル画像

手元供養の種類やそれぞれの費用についてご紹介

遺骨ペンダントとは?選び方やオススメ商品をご紹介!のサムネイル画像

遺骨ペンダントとは?選び方やオススメ商品をご紹介!

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

2
樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

3
お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

4
樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと