カラーは紫!古希のお祝いにぴったりなプレゼントをご紹介!

古希は長寿のお祝いの日です。一体どんなプレゼントがふさわしいのでしょうか?この記事では、古希のお祝いにおすすめのプレゼントをご紹介します。

目次

  1. 古希(こき)とは
  2. 古希のプレゼント選び
  3. プレゼントの定番「お花」
  4. ご年配の方が喜ぶお酒
  5. 紫の小物をプレゼント
  6. いかがでしたか?
  7. 終活の専門家に相談してみよう

古希(こき)とは

紫

「古希」という言葉を聞いたことがあっても、由来や何歳のお祝いなのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

古希の由来

古希は、中国の詩人・杜甫が残した一節「人生七十古來稀」に由来していると考えられています。
古来より70歳まで生きることは非常に稀なことであったため、古希がお祝いされるようになったのです。

古希は数え年

還暦が満年齢の60歳でお祝いされるのに対し、古希は数え年で70歳(満年齢で69歳)でお祝いします。
厳密に言えば、古希は還暦から9年後のお祝いになります。年齢をしっかり把握して、正しい年に古希をお祝いしたいですね。

古希のプレゼント選び

紫

古希のお祝いは、還暦の時と同じようにちゃんちゃんこや座布団をプレゼントするのが一般的でした。
ですが、近年では平均年齢が80歳を超えている日本。古希でもお元気な方も多く、さまざまな種類のプレゼントが選ばれているんです。

古希のカラーは紫

還暦は赤でしたが、古希のお祝いの色は紫です。
紫は古来より高貴な色だったため、長寿のお祝いとして紫色のプレゼントを贈るようになったと言われています。そのため、古希のプレゼント選びをする際は紫色のものを選ぶと良いでしょう。
次の項目からは、古希におすすめのプレゼントをご紹介していきます。

プレゼントの定番「お花」

男女問わずに喜ばれるのが、お花のプレゼントです。
古希にふさわしい、艶やかな紫のお花を贈りましょう。

70本紫色のバラの花束
70本紫色のバラの花束

商品価格¥25,272

珍しい紫のバラを、古希のお祝いに合わせた70本まとめた花束です。高貴なバラの花束は、長寿のプレゼントにぴったりですね。
ラッピング包装をしてくれるので、配達後すぐにプレゼントができます。
きちんと加工されているので、活き活きとしたバラが到着しますよ。

この商品を購入

レビューはこちら

70本の薔薇なので、かなりかさばると思っていましたが、思いの外小ぶりで、十数本ずつで小分けすることで室内のあちこち(玄関・洗面所など)に飾ることができとても便利で活用しやすかったです。
紫の色が濃すぎず淡すぎず、古希の祝いにふさわしい気品と華やかさを兼ね備えた見事な薔薇でした。花弁の一つ一つもしょぼくれたり押しつぶされたりせず、70本の一つ一つがいきいきとしていました。

使い方に困ったら、ご家族でバラを分けて持ち帰っても良いですね。

ブリザードフラワー エレガントな紫のボール型ラウンドのアレンジ
ブリザードフラワー エレガントな紫のボール型ラウンドのアレンジ

商品価格¥10,000

バラ、紫陽花など紫の花々を集めて作られているブリザードフラワーです。
長期間保存できるように加工されているため、水やりなどのお世話の必要がありません。
このまま飾っておけるので、ご年配の方へも安心してプレゼントすることがきますよ。

この商品を購入

ご年配の方が喜ぶお酒

お酒

好きな方は、いくつになってもお酒を飲まれますよね。
いつまでも元気にお酒を飲んでいてほしい、という願いを込めて、古希のプレゼントはお酒にしても良いかもしれませんよ。

名入れが人気!

近年では、日本酒などのお酒のラベルに名入れができるサービスが人気です。
感謝の気持ちや、お相手の名前が入っているとオリジナリティがあるので、貰う方もきっと喜ぶはずですよ。

酒器のプレゼント

古希祝い 名入れ江戸切子 グラスカガミクリスタルロックグラス
古希祝い 名入れ江戸切子 グラスカガミクリスタルロックグラス

商品価格¥16,200

普段からお酒を飲まれている方には、切子グラスなどの酒器もおすすめです。
こちらのカガミクリスタル製の切子は、グラスの底面に名前・メッセージなどの名入れができます。
クオリティの高い江戸切子の高級グラスも、ネットならオーダーメイドが簡単です。
昭和9年に創業された老舗ブランドの商品なので、ご年配の方にもきっと喜ばれるはず。

この商品を購入

紫の小物をプレゼント

紫

古希のプレゼントに厳しいルールはありません。
お相手が喜びそうなもので、紫色のプレゼントを選んでみるのはいかがでしょうか。

いかがでしたか?

紫

さまざまな古希のプレゼントをご紹介しましたが、大切なのは喜んでもらいたいという気持ちです。
プレゼント渡して終わりにするのではなく、古希のお祝いの機会に、ゆっくりと一緒に過ごすというのが一番の贈り物かもしれません。
思い出に残るプレゼントが見つかり、素敵な古希のお祝いになることを願っています。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「古希・プレゼント」に関連する記事

「古希・プレゼント」についてさらに知りたい方へ

  • 教えます古希のお祝い「由来」と「プレゼント」

    教えます古希のお祝い「由来」と「プレゼント」

    長い人生の中で、その区切りを祝う長寿のプレゼントや祝の儀式を皆さん知っていますか?長寿社会においてまだまだ若い定年後の「古希(こき)」には、どういったお祝いの仕方やプレゼントが良いのでしょう。今回はそんな長生きのお祝い「古希」を見て来たいと思います。

    1
  • 迷ったらコレ!古希祝いを迎えた女性をより華やかにするプレゼント

    迷ったらコレ!古希祝いを迎えた女性をより華やかにするプレゼント

    70歳のお祝いである古希祝い。古希を迎えても、女性らしくキラキラと輝き、ずっと長生きして欲しい…日頃の感謝の気持ちを込めて素敵なプレゼントを贈りたいですよね。古希祝いをより華やかに彩ってくれる女性らしいプレゼントをいくつかご紹介します。

    2
  • 古希を迎えた父へのプレゼント…どう祝うかを考えよう

    古希を迎えた父へのプレゼント…どう祝うかを考えよう

    古希を迎えたお父様へ贈るプレゼント…なにを送るか、決まっていますか? 平均寿命が80歳を超え、70歳まで生きることは珍しくなくなった昨今ですが、人生の節目となる古希のお祝いにはプレゼントを贈って祝いたいものです。父親という特別な存在へなにを贈るか考えましょう。

    3
  • 古希のお祝い・贈り物に悩んでいるかた必見!

    古希のお祝い・贈り物に悩んでいるかた必見!

    日頃お世話になっているお父さん・お母さんに古希のお祝いをしたいけれど、どんなモノが喜ばれるのか、また離れて暮らしていたりすると、どんな贈り物が喜ばれるのか分からないですよね。今回は古希のお祝いの贈り物に喜ばれるプレゼントを紹介します。是非参考にしてください

    4
  • 70歳のお祝いを素敵な1日に!どうお祝いする?

    70歳のお祝いを素敵な1日に!どうお祝いする?

    70歳のお祝いはたった1度きりです。大切な人のせっかくのお祝いなのでいい思い出にしたいですよね。しかし、どんなお祝いをすればいいのか悩んでしまうこともあります。そこで今回は70歳のお祝いを素敵な1日にするための方法についてご紹介します。

    5

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンデ

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと