美しい花の「和名」をご紹介します!名づけにも!

外来語がそのまま定着していることも多い花の名前ですが、日本語の「和名」を知ることで、より深くその花を知ることができるのではないでしょうか?身近な花の、美しい「和名」をご紹介します。

目次

  1. 花の和名
  2. 春の花・和名と花言葉
  3. 夏の花・和名と花言葉
  4. 秋の花・和名と花言葉
  5. 冬の花・和名と花言葉
  6. 花の和名・まとめ

花の和名

「和名」とは、日本語での名前、習慣的な名称のことです。
花の名前には、海外から伝わった名前が、そのまま片仮名表記で定着しているものが多くあります。日本独自の「和名」や、「花言葉」を知ることで、より花を楽しみましょう!

かわいい&かっこいい花の名前は名づけにも

美しい花の名前・和名は、古今東西、名づけにも人気です。ぜひ参考にしてください。

春の花・和名と花言葉

アイリス

和名:アヤメ属
アヤメ属には、綾目(あやめ)、菖蒲(しょうぶ)、燕子花(かきつばた)などがあります。「いづれがアヤメかカキツバタ」という慣用句があるように、どの花も美しいですが、見分けるのが難しいですね。

アイリスの花言葉は「希望」「知恵」などです。

あやめ

アイリスの和名「あやめ」は、名づけにも人気ですね。

カーネーション

和名:麝香撫子(じゃこうなでしこ)、オランダナデシコ
アメリカで始まった、母の日にカーネーションを贈る習慣は、日本にも浸透していますね。カーネーションは、色によってそれぞれの花言葉を持っています。

赤:「母への愛」など。
白:「純粋な愛」など。
(アメリカでは、亡くなった母には白いカーネーションを供える方もいるとか。)
ピンク:「熱愛」など。

ジャスミン

和名:素馨属(そけいぞく)
ジャスミンは、固有の花の名前ではなく、モクセイ科ソケイ属の総称です。中近東や欧米では女性の名前にも使われます。「茉莉」は、ソケイ種の一部に使われる名前です。

花言葉は「清浄」「無垢」などです。

スイートピー

和名:麝香豌豆(じゃこうえんどう)、香豌豆(かおりえんどう)、麝香連理草(じゃこうれんりそう)
スイートピーは、日本では人気歌手の歌で認知が広まりましたね。
花言葉は「門出」「思い出」などです。

マーガレット

和名:木春菊(もくしゅんぎく)
「マーガレット」は西洋では、女性の名前にも用いられますね。
花言葉は「貞節」「誠実」などです。

夏の花・和名と花言葉

エーデルワイス

和名:西洋薄雪草(せいよううすゆきそう)、花薄雪草(はなうすゆきそう)
エーデルワイスは、歌で聞き覚えのある方が多いのではないでしょうか。最もポピュラーな高山植物と言えそうです。和名は可憐な雰囲気ですね。

花言葉は「大切な思い出」などです。

グラジオラス

和名:唐菖蒲(とうしょうぶ)、阿蘭陀菖蒲(おらんだしょうぶ)
グラジオラスは、葉の形が剣ににていることから、古代ローマの剣闘士の剣・グラディウスから由来する名と言われています。

花言葉は「勝利」などです。

サルビア

和名:緋衣草(ひごろもそう)
日本の複数の地方公共団体が、サルビアを指定の花としてるようです。比較的育てやすいからでしょうか。

花言葉は「尊敬」「知恵」などです。

ダリア

和名:天竺牡丹(てんじくぼたん)
ダリアは、豪華な花の形が牡丹とにていることから、天竺牡丹と言われています。

花言葉は「華麗」「感謝」などです。華麗!見たそのままですね。

ダリア

ダリアの和名は「天竺」=インドですが、原産はメキシコです。日本には、オランダから持ち込まれたそうです。

ミント

和名:薄荷(はっか)
日本でもハッカとして親しまれているミントの名は、ギリシャ神話に登場する女神・メンテーから来ているそうです。

花言葉は「徳」「効能」などです。

秋の花・和名と花言葉

アベリア

和名:花衝羽根空木(はなつくばねうつぎ)
アベリアは、ベル形の小さな花と、強い香りが特徴です。
花言葉は「強運」などです。

クレマチス

和名:鉄仙(てっせん)、風車(かざぐるま)
クレマチスは「蔓性植物の女王」と称えられています。
花言葉は「精神の美」などです。

ポーチュラカ

和名:滑莧(すべりひゆ)
和名の「すべり」は、茹でると滑りが出ることに由来すると言われています。
花言葉は「いつも元気」などです。

ポーチュラカ

ポーチュラカは、高温や乾燥に強く、手間があまりかからないことから、園芸でも人気の花です。食用にもなります。

冬の花・和名と花言葉

サイネリア(シネラリア)

和名:蕗櫻(ふきざくら)
以前は「シネラリア」と呼ばれていましたが、「死」を連想することから「サイネリア」と呼ばれることが多くなったようです。

花言葉は「喜び」などです。

カメリア

和名:椿、海柘榴(つばき)
カメリアと呼ばれることも多い椿は、日本原産の花です。江戸時代から、武士や町人に愛でられていたようです。

花言葉は「誇り」「完璧」などです。

ポインセチア

和名:猩々木(しょうじょうぼく)
ポインセチアは、「クリスマスフラワー」としても親しまれていますね。和名の「猩々」は、お酒好きの、お酒で顔が赤い伝説上の生物です。

花言葉は「祝福」などです。

花の和名・まとめ

花の和名や花言葉を、季節ごとにご紹介しました。
海外由来の名前が馴染んでいる花も、和名を知ることで、その歴史が見えることもあり、興味深いですね。

花の和名や花言葉を知り、ぜひお好みの花を愛でましょう!

「花・和名」に関連する記事

「花・和名」についてさらに知りたい方へ

  • いつの時代も人気!子供につけたい漢字の花の名前

    いつの時代も人気!子供につけたい漢字の花の名前

    時代を問わずとても人気がある命名と言えば、子供に美しい花の漢字の名前を付けること。華やかで可愛らしく、また生命力にあふれる花は、女の子はもちろん、男の子の名前にもおススメです。世界に約20万種あると言われる花の中から、人名に使える漢字の花をご紹介!

  • 感謝の気持ちを花に託して…退職のお祝いに贈る花の選び方

    感謝の気持ちを花に託して…退職のお祝いに贈る花の選び方

    お世話になった方の退職のお祝いに喜ばれるのはやはりお花。でも、どんなお花がいいかしら…と悩んだ方もいるはず。これまでの感謝や尊敬、信頼などを表すのにふさわしいお花を、退職する方のタイプ別に選んでみました。花言葉にお祝いの心を添えて…

  • 素敵な還暦祝いにしたい!花の選び方について

    素敵な還暦祝いにしたい!花の選び方について

    人生で1度きりの還暦祝いですので、大切な家族や友人、知人へ素敵な還暦祝いをしたいと思う人も多いかと思います。普段は照れくさくて伝えにくい感謝の言葉とともに素敵な花をプレゼントするのはいかがでしょうか?そこで今回は還暦祝いの花の選び方についてご紹介します。

  • 貰って喜ばれる贈り物、縁起いい花とタブーな花 

    貰って喜ばれる贈り物、縁起いい花とタブーな花 

    お祝いなどで贈る縁起担ぎの花、ひとつ間違えると相手に不快感を与えるといいます。縁起の良い花とタブーな花をご紹介します。縁起の良い花は、ゲン担ぎや花言葉、花の姿などから分けられているといいます。失敗しないためにも、ひとつの知識として覚えておきましょう。

  • お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

    お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

    お盆にお墓参りに行く際、お花をお墓にお供えすることが多いのではないでしょうか。お花をお供えする際には、決まり事やお供えしてはいけないお花などがあるといわれています。今回は、お盆のお墓参りのお花についての疑問点を紹介します。

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「花・和名」についてさらに知りたい方へ

いつの時代も人気!子供につけたい漢字の花の名前のサムネイル画像

いつの時代も人気!子供につけたい漢字の花の名前

感謝の気持ちを花に託して…退職のお祝いに贈る花の選び方のサムネイル画像

感謝の気持ちを花に託して…退職のお祝いに贈る花の選び方

素敵な還暦祝いにしたい!花の選び方についてのサムネイル画像

素敵な還暦祝いにしたい!花の選び方について

貰って喜ばれる贈り物、縁起いい花とタブーな花 のサムネイル画像

貰って喜ばれる贈り物、縁起いい花とタブーな花 

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!のサムネイル画像

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!上品!和服にも合う!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!上品!和服にも合う!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと