いつかお世話になる場所~墓石の種類や価格を知る~

自身一代のみか、子々孫々まで守っていくかもしれないのがお墓ですね。では、墓石にはどんな種類があるのでしょうか?そして、その価格は?そんな墓石の基本について調べてみました。種類や価格を知って、墓石選びの参考になさって下さい。

目次

  1. どんな墓石が良いのか?
  2. 墓石の種類
  3. 墓石となる石材の主な産地
  4. 墓石の価格
  5. 石材店選びは重要
  6. まとめ
  7. 終活の専門家に相談してみよう

どんな墓石が良いのか?

お墓

一般的に墓石を選ぶ時のポイントとして、「硬度が高い」「吸収率が低い」という点が上げられます。日光や風雨にさらされるので、硬くて丈夫なことは重要です。また、雨が降ったり、水をかけたりして墓石が吸った水が凍り、割れてしまうことがあるそうなので、水分の吸収率が低い石材を墓石に選ぶと良いようです。いわゆる「御影石」は、硬度も高く、吸収率も低い種類が多いので、墓石として良く使われるのだそうです。

墓石の種類

主な石材は4種類

墓石に使われる石材の種類は、大きく分けて「花崗岩」「閃緑岩」「斑レイ岩」「安山岩」の4種類があります。そこから産地や成分などの違いで数百種類にもなるそうです。

花崗岩(かこうがん)

墓石として最もよく使われる石材です。硬度、耐久性に優れ、品質の高いものは吸水率も低いものが多く、墓石として用いるのに適していると言われています。一般的に花崗岩を御影石と呼んでいるようです。色は白や赤色などがあります。

閃緑岩(せんりょくがん)

有色成分が多いため、やや黒っぽい色をしています。黒御影石と呼ばれることもあるそうですが、厳密には御影石ではありません。耐久性・耐磨耗性に優れています。

斑レイ岩(はんれいがん)

閃緑岩よりさらに黒味がかっています。閃緑岩と同じく黒御影石と呼ばれることがあるそうですが、やはり厳密には御影石ではありません。磨くと美しい光沢の黒色になります。

安山岩(あんざんがん)

日本の火山岩の中では一番量が多いと言われています。耐久性にも優れ、墓石としてもよく見られます。色は灰色が多いです。

墓石となる石材の主な産地

日本

高級石材になりつつある国産石材

日本中、北から南まで様々な種類の石材が産出されています。しかし、価格の安い外国産の石材に押され産出量、種類共に減少していますが、高級石材としての需要を保っているものもあります。御影石と呼ばれる花崗岩は、神戸市の御影石町付近で多く産出されたためその名が付いたそうです。

中国

価格差で日本産を圧倒

種類、量ともにインドと並ぶ世界で主要な石材の産地です。価格が安く、高級感があると人気の中国産石材。産地は福建省が中心で、他には黒龍江省、山東省、山西省などあります。

インド

世界一、二を争う石材の産地

硬度が高く、吸収率が低いインドの石材。色艶も良いとされています。中国産に比べると、価格は高くなるようです。個性的な色で人気のあるニューインペリアルレッドはインド産です。

その他

種類・価格・色彩のバリエーションも様々

墓石用の石材の産地として代表的なのは、南アフリカ、ポルトガル、スウエーデン、アメリカ、韓国などで、他にも世界中から輸入されています。

墓石の価格

墓石価格に相場はない?

墓石の価格相場はあってないようなものなのだそうです。石材の量と、石材の種類、そして地域差があるため、平均をとったとしてもあまり参考にはならないからです。実際、墓石価格を公表しているところを見てみても、地域によっては100万円近く価格の違うところもあります。これはその地域の気候によって石材の種類を選ぶ必要があったり、地盤の状態で基礎工事をどうするか、などの要因がプラスされることも関係しているようです。
そうは言っても価格もわからないままでは不安ですよね。そこで、墓所が決まっている場合は、その地域のいくつかの石材店に面積や希望の価格、石材の種類などを伝えて、見積もりを取るのが良いでしょう。

石材店選びは重要

インターネットで調べてみると、たくさんのお墓に関するホームページが出てきます。その中には、石材店選びについてのポイントがいくつも見られます。様々なことが上げられていますが、ほぼ共通しているのは次のようなことでしょうか。
・話をきちんと聞いてくれる
・見積書、図面、契約書の提出
・店舗での展示品、または完成品を見ることが出来る
・アフターフォローがある
また、避けるべき石材店は、「契約を急がせる」「大幅な価格の値引きをする」ところのようです。他の店舗に行かせないために「特別に」や「あなただけに」などの言葉で、粗悪な墓石を売ろうとする業者もいるようですので注意が必要です。

また、民営や寺院の墓所では石材店が指定されている場合がありますので、墓所を選ぶときは指定石材店があるかどうか、そこはどんな石材店かをチェックするのが良いでしょう。

まとめ

お墓

墓石として使用される石材には、価格の安いものから高級石材まで様々です。種類や色も含めると、どうやって墓石を決めたらいいのかわからなくなってしまいます。大切な思いのこもった墓石です、じっくりと相談できる石材店を見つけて、後悔のない墓石選びをしたいですね。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

シェアする

「墓石・種類・価格」に関連する記事

「墓石・種類・価格」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

人が生涯の中で一緒に過ごす相手で最も大切な存在の1つが親です。しかし、親は亡くなった際にお墓がな

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることがで

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なの

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわか

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと