いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?

親戚の法事に参加する際、お供え物を持参することがありますよね?地域によっては、現金だったり、現金+品物だったりします。法事が重なると、お供え物も悩んでしまいます。そこで今回は法事におすすめのお供え物をいくつかご紹介します。

最終更新日: 2020年02月28日

法事のお供えとは

親戚の法事に参加することになると、必ずお供えを持参するのがマナーです。

もちろん、故人との関係や地域性もありますが、食事や引き出物を振舞われる場合が多いので、現金と別に、ちょっとした御菓子などをお供えする場合が多いです。

必ずお供え物について事前に相談する

できれば、故人から見てあなたと同じ孫や甥、姪にあたるような関係性の方には、事前に相談しましょう。
金額的にもある程度そろえることは大事ですし、お供えの中身が同じ物に被らないためにも必要です。

また法事は地域性が高いので、地域によっては、お供え物に適さない品物などもあります。
法事が行われる地域出身の方には、必ず事前に相談しておきましょう。
あなたが知っている常識と、相手方の常識がまるで違う場合もあります。

法事でお供え物を用意する際のマナー

法事でお供え物を渡す際にも、もちろんマナーがあります。
簡単にご紹介します。

お供え物の熨斗(のし)の書き方について

お供え物には、必ず仏事にあった包装紙で包装してもらいましょう。
熨斗は四十九日前までは黒白の水引、四十九日後は双銀、黄色白の結び切りの水引きが一般的です。

表書きは「御供」「御佛前」「志」としますが、これも地域によって異なるので、必ず事前に確認しましょう。

お供え物の渡し方

お供え物を持参した場合、勝手に祭壇などに置くのはマナー違反です。
遺族の代表になる施主の方に「お供えください」と一言添えて渡しましょう。

バタバタしていて、なかなか施主の方に会えない場合は、家族の方に一言声をかけましょう。

お金をお供えする場合

お金をお供えする場合は、表書きに「御供物料」「御佛前」と明記します。
四十九日前であれば「御霊前」を、水引は四十九日までは黒白、それ以降は黄白が一般的です。

金額は5000円~30000円が相場ですが、付き合いや食事の有無にもよるので、必ず事前に確認しましょう。

お菓子以外のお供えなら

もし法事のお供え物の希望を事前に伺って「お菓子は他の方が供えるので、できれば他の物を」と伝えられた場合は、1本200円程度のちょっといいフルーツジュースや、缶詰、分けることを考えないのであれば、お線香や、昆布、佃煮、コーヒーもオススメです。

お菓子をお供えする場合のおすすめ

お供え物を、その場で分けて配る地方も多いので、お供えする物は、できるだけ数が多く、日持ちする物が望ましいです。
次回の法事の際の参考になるので、自分が頂いた品物はメモしておくことをおすすめします。

洋菓子のおすすめ

お供えのお菓子としておすすめの洋菓子をいくつかご紹介いたします。

洋菓子でお供えの定番と言えばクッキー、マドレーヌ、カステラ、ゼリーなどです。
これらの洋菓子は、賞味期限が少し長めなのもおすすめするポイントです。

和菓子のおすすめ

事前に親戚間で、お供え物の相談をすると、すでに洋菓子を用意した方がいるかもしれません。
そんな時のために、お供えにおすすめの和菓子も紹介します。

和菓子は年配の方にもとても人気が高く、お供えのお菓子で喜ばれる物が多くあります。
お供えの和菓子として定番なのが、まんんじゅう、煎餅、羊羹(ようかん)などです。
他にも豆菓子などもあるので予算や季節に合わせて選ぶと良いでしょう。

法事のお供えは分けやすい物を

法事の際、お供え物を分ける習慣がある家庭が多いので、今回紹介したような分けやすいお菓子を選ぶと無難です。
また、地域によっては事前に法事の参加人数を聞き、1人1000円程度のお供え物を人数分、各家庭で用意する場合もあります。
その場合、驚くほどの量の引き出物を渡される場合もあります。

初めて法事に参加する場合は、必ず事前に参加する家庭のお供え物について尋ねておきましょう。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事