熱田神宮の草薙の剣の神話と歴史!いつか公開される?

熱田神宮の草薙の剣の神話と歴史!いつか公開される?

熱田神宮は城と並ぶ名古屋の観光名所です。熱田神宮は三種の神器の1つ草薙の剣を御神体にしていることでも有名です。「草薙の剣って実在するの?」「見られるの?」という疑問も当然わいてくるでしょう。その辺り、どうなのでしょうか。

最終更新日: 2020年02月10日

熱田神宮の御神体

熱田神宮

熱田神宮は三種の神器の1つ、草薙の剣を御神体としていることで有名です。
残り2つの三種の神器は伊勢神宮と皇居にあり、その意味では熱田神宮は神道のトップ伊勢神宮に並ぶ神社なのです。
今回は、熱田神宮と草薙の剣について、神話や歴史を紹介します。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回、「終活ねっと」では以下の項目を中心に解説していきます。

  • 熱田神宮と草薙の剣の神話
  • 三種の神器とは
  • 熱田神宮の草薙の剣は本物?
  • 草薙の剣の一般公開は?

熱田神宮と草薙の剣についてわかりやすく説明しています。
ぜひ最後までお読みください。

熱田神宮と草薙の剣のいわれ

熱田神宮の創建に関わる神話を紹介します。

草薙の剣

熱田神宮の御神体は草薙の剣(くさなぎのつるぎ)です。

草薙の剣の由来は神代まで遡ります。
高天原で乱暴な行いをして、父・伊弉諾(いざなぎ)と姉・天照(あまてらす)を怒らせた素戔嗚(すさのお)は、地上に追放され、出雲で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治します。
そのときに八岐大蛇の体内から見つかった神剣が草薙の剣です。

天孫降臨

草薙の剣は一度高天原にいる天照に献上され、天孫降臨に際して天照の孫の瓊瓊杵(ににぎ)が再び地上に持ち込みます。

日本武の伝説

人代になると、草薙の剣は地上に天照を祀っていた元伊勢(現・奈良県桜井市)、伊勢神宮と移動し、天照の巫女だった倭姫(やまとひめ)によって甥の日本武(やまとたける)に与えられます。

草薙の剣の神威により日本武は東征に成功していましたが、あるとき草薙の剣を妻・宮簀媛(みやすひめ)に預けたまま出掛けたのが原因で加護を失い、命を落とします。

熱田神宮創建

遺された宮簀媛が草薙の剣を御神体として天照(熱田大神)を祀ったのが、熱田神宮の始まりだといわれています。

草薙の剣と三種の神器

瓊瓊杵が地上に持ち込んだ神器は草薙の剣だけではありません。
全部で3つあり、三種の神器といいます。
これらを持っていることは正統な天皇であることの証です。
ここで、残りの神器について説明します。

八咫鏡

八咫鏡(やたのかがみ)は、天の岩戸隠れのとき、石凝姥(いしこりどめ)という神様が作ったといわれています。
瓊瓊杵が地上に持ち込んだ後は、天照自身が宿るものとして扱われ、伊勢神宮の御神体となっています。

何度かの焼損と作り替えを行っているらしいのですが、それでも実物を目にするのは厳禁で、遷宮の際も厳重に包まれることが有名です。

八尺瓊勾玉

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)もも天の岩戸隠れのときに作られたもので、作ったのは玉祖(たまのおや)という神様です。
瓊瓊杵が地上に持ってきた後も代々天皇家に実物が伝えられているとされます。

天皇が受け継いだ三種の神器

このように、実物が皇居にあるとされているのは勾玉のみです。
剣と鏡も皇居にあるにはあるのですが、「神器と同居は畏れ多い」という考えからレプリカなのです。

そのレプリカさえも、壇ノ浦の戦いで安徳天皇が抱えて入水、南北朝時代にもどちらが所有している三種の神器が正統なのか争いがあり…と何度作り直され、いくつあるのかわかりません。

熱田神宮の草薙の剣は本物?

ところで、不謹慎だとわかってはいても、熱田神宮の草薙の剣は本物なのか、あるいは、偽物にしても何らかの実体は祀られているのか、気になりませんか。

そもそも神話を信じるのかという問題は一旦おいて、熱田神宮の草薙の剣が本物かどうか、興味深い伝承を紹介したいと思います。
伝承上は、鏡のような作り替えはなさそうです。

盗難事件

草薙の剣は飛鳥時代、天智天皇の頃に盗難に遭っているようです。
ある僧侶が朝鮮半島に持ち出そうとしました。
しかし、草薙の剣の不思議な力で遭難し、結局草薙の剣は日本に戻ってきたそうです。

神剣の祟り

日本に戻ってきた草薙の剣を天武天皇は宮内に保管しました。
天武天皇はあるとき病に倒れ、占いによって、草薙の剣を熱田神宮に返さなかった祟りだとわかりました。

そこで草薙の剣は熱田神宮に返されますが、祟りは解けず、天武天皇は崩御します。
レプリカの草薙の剣を皇位継承の神器としたのは、その次の持統天皇だといわれています。

火災

平安時代に熱田神宮が火災に遭うものの、草薙の剣に被害はなかったようです。
神職が確認したそうですが、祟りなどは伝わっていません。

再度の祟り

熱田神宮の草薙の剣の祟りは、時代がずっと下り、江戸時代に再び起きます。
改修工事の際に、草薙の剣を見ようとした神職たちがいて、首謀者をはじめ、その場にいた神職は1人を残して祟りで亡くなったとのことです。

疎開

都市部にある熱田神宮は、戦時中疎開しようとしました。
御神体を移す際、草薙の剣は袋に入っており、実物を見た人物はいなかったそうです。

熱田神宮の草薙の剣は実際に見れる?

当然といえば当然ですが、熱田神宮の草薙の剣は一般公開されたこともなく、そもそも神職でさえ見ることができません。
ですから、熱田神宮の草薙の剣が公開されることになるとすれば、そのときは日本神話の信者が全くいなくなり、神様に仕える神職も巫女も存在しなくなってからではないでしょうか。
信仰が薄れたとはいえ、御朱印が流行り、可愛いお守りが話題になる今、熱田神宮の草薙の剣が公開される時代はまだまだ先のように思います。
熱田神宮の草薙の剣の実在や真贋は「神のみぞ知る」ということなのでしょう。

熱田神宮の草薙の剣のまとめ

いかがでしたか?
熱田神宮の御神体・草薙の剣を紹介しました。
祟りの話など、予想外に怖い話になってしまいました。
信仰は一定のルールを守らなければいけないということなのでしょう。

三種の神器の実物が祀られるのは熱田神宮と伊勢神宮の2カ所だけです。
東日本から伊勢に行くときは、名古屋で乗り換える方が多いと思います。
ぜひ、熱田神宮にも寄りたいですね。

「終活ねっと」では、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社参拝の正しい作法について詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 鹿島神宮のご利益は勝負運!スポーツマンや受験生、恋愛にも?のサムネイル画像
    鹿島神宮のご利益は勝負運!スポーツマンや受験生、恋愛にも?

    鹿島神宮はかつては伊勢神宮に並ぶ格式を与えられた古社です。鹿島神宮のご利益は幅広く、昔からいわれているものには、勝負や交渉、出世、地震除けなどがあり、最近は恋愛のご利益でも話題なのだそうです。そのいわれはどこにあるのでしょうか。

  • 熱田神宮のお守りで、きっと素敵なご利益が訪れる予感!のサムネイル画像
    熱田神宮のお守りで、きっと素敵なご利益が訪れる予感!

    日本三大神宮のひとつである、名古屋市の「熱田神宮」。地元の人から「熱田さん」と呼ばれています。その偉大なるパワーのご利益を授かることができるお守り。熱田神宮には、どんなお守りがあるのか、どんな効果があるのか。お守りについて説明します。そして各種紹介します。

  • 熱田神宮の、ご加護を頂けるご利益を数々をご紹介いたしますのサムネイル画像
    熱田神宮の、ご加護を頂けるご利益を数々をご紹介いたします

    熱田神宮では、数々の神事や、祈祷をしております。そのご利益とはどんなものがあるのか。年間の神事にまつわるご利益も含め、熱田神宮の素晴らしををご紹介いたします。

  • 神社の御神体って何のこと?御神体の種類別に詳しく紹介します!のサムネイル画像
    神社の御神体って何のこと?御神体の種類別に詳しく紹介します!

    神社に行くと本殿や大岩などに白い紙をつけた縄がされているのを見ますよね。 何となく近づきがたい雰囲気を持っていると思いませんか? 縄でくくられているものは御神体。 つまり、神の宿るもの。 古来より人々に礼拝されてきた神社の御神体は多岐に渡るので一緒に見ていきましょう。

  • 熱田神宮の見どころは?歩き方・アクセス・御朱印やお守りを紹介!のサムネイル画像
    熱田神宮の見どころは?歩き方・アクセス・御朱印やお守りを紹介!

    熱田神宮は名古屋の名所のひとつです。日本武尊(やまとたけるのみこと)の草薙剣(くさなぎのつるぎ)が祀られ、織田信長が桶狭間の戦いの直前に戦勝祈願をしたことでも知られる神社です。熱田神宮の見どころや行事、アクセス方法に名古屋めしまで、役立つ情報をご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事